ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/「アクション・マン」 (ビンテージ期) の書籍

 ビンテージ期の 「アクション・マン」 の発売当時に発刊されていた書籍を調べてみました。
 全体でどれくらいの種類が刊行されていたかはよくわからないので、何か見つけたらその都度追加したいと思います。 
d0164702_15300209.jpg




------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「アクション・マン」 の記事へ

------------------------------------------------------------------------------------
アドベンチャー


『アン・アクション・マン・アドベンチャー』  " An Action Man Adventure "
 1967年。 全7冊。 パーネル&サンズ Purnell & Sons Ltd. 刊。
 A.M. というイニシャルのみで知られる、インターミル(国際軍事諜報サービス ) の最高の工作員にして調停主任の活躍。


d0164702_15350957.jpg「ダイブ・トゥー・デンジャー」  Dive to Danger














d0164702_15484851.jpg「アークティック・ミステリー」  Arctic Mystery
──インターミルの最高機密の基地の一つに謎めいた事件が報告され、その調査のため北極圏に A.M. が派遣される──。












d0164702_15351250.jpg「バーサス・ザ・マスター・スパイ」  Versus The Master Spy














d0164702_13442447.jpg「レース・フォー・ザ・ムーン」  Race for the Moon















d0164702_15484553.jpg「スーサイド・サボターズ」  Suicide Saboteurs















d0164702_15350683.jpg「デイト・ウィズ・ディザスター」  Date with Disaster













------------------------------------------------------------------------------------
アクション・マン・ブックス


『アクション・マン・ブックス』  " Action Man Books "
 1971年。 ブロックハンプトン・プレス Brockhampton Press 刊。


d0164702_15304244.jpg「アクション・マン・アンタークティック・エクスプローラー」













d0164702_15303943.jpg「アクション・マン・フットボーラー」














d0164702_15304517.jpg「アクション・マン・パラシューティスト」  Action Man Parachutist
内容:
   An Outline of Airborne History/Action Man joins the Parachute Regiment
   /Action Man – Airborne Soldier/Action Man – ‘Red Devil’
   /Make your own Action Man Training Fuselage
   /Make your own Action Man Dropping Zone
   /Make your own Action Man Weapons Pack
   /Did you know/Make a ‘Leonardo’ Parachute








d0164702_15303612.jpg「アクション・マン・アンダーウォーター・エクスプローラー」














------------------------------------------------------------------------------------
ノベル


『アクション・マン』  " Action man "
 1977年~1978年。 マイク・ブローガン著。 ペーパーバックの小説。
 コーギー・カルーセル Corgi Carousel/エイダン・エリス・パブリッシング刊。
 第二次大戦時を舞台に、アクション・マンとその戦友の G.I. ジョーが活躍する。
特記事項
・ 著者のマイク・ブローガン (本名フレッド・ベーカー) の名は、IDW 版コミック 『アクション・マン』 (2016年) では先代アクション・マンの本名として採用されています。


『スノー、アイス&ブリット』  Snow, Ice and Bullets

d0164702_12574666.jpg

──ドイツの侵略によりノルウェーに閉じ込められた天才的科学者リンドフォース教授は、何としても脱出して祖国解放のために働くことを願っていた。 しかしドイツ軍は彼を自分たちの研究所で働かせようとしていた。

 アクションマンとG.I. ジョーは教授をイギリスに戻す極秘任務についていた。 しかしノルウェーに到着するとそこにはすでにドイツ軍が先回りしていた。 リンドフォース教授は難攻不落の刑務所リシュリュー城に連行されてしまう──。







d0164702_15550114.jpg『ホールド・ザ・ブリッジ』  Hold the Bridge
──アメリカ軍の攻勢を成功させるには 「勇気の橋」 をドイツ軍から奪還する必要があった。 橋を押さえなければ攻撃は成功せず──数千人の命が失われることになる。
 ドイツ軍はタスク・フォースを待ち構えており──攻撃は完全に壊滅した。 アクション・マンと部下を乗せた飛行機も撃たれ、すぐに脱出しなければならなかった。 一握りの部下を従えたアクション・マンは、橋を奪うチャンスが厳しいと知りつつも挑むしかなかった。 アクション・マンはG.I. ジョーと合流し、わずかながら成功率が変わる──。










d0164702_12593969.jpg『ザ・テイキング・オブ・モンテ・カリージョ』  The Taking of Monte Carrillo

──ドイツ軍はモンテ・カリージョとして知られる丘の中に地上部隊を投入して複雑な通信システムを設置した。 連合軍の戦車隊と歩兵は気付かれることなく平原を移動することができず、散り散りにされて荒廃し;橋頭堡は動きを止められていた。

 空襲で焼け出された村に一握りの兵士たちと共に閉じ込められたアクションマンとG.I. ジョーは、モンテ・カリージョを制圧しなければならなかった。 それは不可能な任務だった──だが彼らはその不可能を可能にしなければならない──。






d0164702_18190260.jpg『オペレーション・スカイ-ドロップ』  Operation Sky-Drop

──オペレーション・スカイ・ドロップが進行中だった。 目的:前進する連合軍が川を渡れるよう2つの橋の確保。

 アクションマンとG.I. ジョーを乗せたグライダーを曳航していた飛行機に敵弾が命中し、グライダーは目標とは別の地点に不時着してしまう。 彼らがいるのは川の反対側、ラッヘンの避難した町だった。 そしてそこに30台以上の戦車の装甲師団が迫る。 装甲師団がタスク・フォースの主力部隊まで達してしえば連合軍は敗北してしまう。 答えは一つ──アクション・マンとG.I. ジョーが戦車を排除するしかない──。





d0164702_12544058.jpg『ザ・タフ・ウェイ・アウト』  The Tough Way Out
──アクションマンとG.I. ジョーは2人の仲間たちと共に鉄道トンネルの爆破に成功したものの、ビーチに向かった彼らは50名以上のドイツ軍のパトロールに出くわす。 もはや逃げ場はなかった。

 「ミル」 として知られる難攻不落の捕虜収容所に連行された彼らは、かつてそこから脱出できた者が誰もいない理由を理解することになる。 だがアクションマンとG.I. ジョーはあきらめていなかった。 脱出計画は不可能に思えたが、だからこそそこにチャンスがあった──。







d0164702_18182817.jpg『カウンター・アタック!』  Counter Attack !

──イギリス軍は攻撃されて散り散りになっていた。 そこには 「退却」 の命令しかなかった。 生き延びた兵士たちはダンケルクに集結する。

 ドイツ軍の銃で攻囲された数千の兵士たちは、絶望的な気持ちで海峡の向こうから小型ボートの艦隊が救出に来るのを待っていた。 ドイツ軍の絶え間ない攻撃が続く中、イギリス軍は時を稼ぐ必要があった。

 アクション・マンとG.I. ジョーは 転換し 敵の前進を遅らせる必要があると知っていた。 できることはたった一つ──小人数による反撃だけだった──。






d0164702_18194303.jpg『ザ・スパイ・トラップ』  The Spy Trap












d0164702_20410926.jpg『レイド・オン・シュアンドー』  Raid on Shuando













『ノット・ア・チャンス!』  Not a Chance !


『アバンダン・シップ!』  Abandon Ship !


------------------------------------------------------------------------------------
ミニ・ストーリー・ブック


『アクション・マン・ミニ・ストーリー・ブックス』
 1978年。 エイダン・エリス・パブリッシング Aidan Ellis Publishing 刊。


d0164702_13464725.jpg「ミッション・リリース」  Mission Release












d0164702_15484293.jpg「デザート・デュエル」  Desert Duel















d0164702_13465199.jpg「ジンクス!」  Jinx !














d0164702_13464035.jpg「ザ・フライング・ソーサー」  The Flying saucer
 空飛ぶ円盤が出現。 搭乗していたのはイントルーダーだった。













d0164702_13464431.jpg「ミッション・サボタージュ」  Mission Sabotage















d0164702_17481155.jpg「デンジャラス・デイズ」  Dangerous Days
──ガスマスクに身を包み致死性のガスを放出する小型爆弾を装備した3人の男たちが銀行を襲撃した。 警官隊が取り囲む中、ランドローバーに乗ったアクション・マンとブリット・マンが到着し、強盗を無事逮捕する。 彼らの使った小型爆弾は、インドのミダス山を拠点とする謎の東洋人サガットが製造するものだった。
 アクション・マンとブリット・マンはミダス山にあるサガットの拠点に潜入する──。
ゲスト・キャラクター
   サガット
   (極東出身の謎の東洋人。 インドの休火山ミダス山を拠点とする)
   マッド・モンクス (サガットに従う狂信的な集団)





------------------------------------------------------------------------------------
アニュアル


『アクション・マン・アニュアル』  " Action Man Annual "
 1979年~1985年。 フリートウェイ社刊。


「アクション・マン・アニュアル 1979」  Action Man Annual 1979
d0164702_13423941.jpg 「ザ・ゴースト・パタゴニア」 掲載。


「ザ・ゴースト・パタゴニア」  The Ghost Pagoda  












d0164702_15334910.jpg「アクション・マン・アニュアル 1980」  Action Man Annual 1980















d0164702_18061266.jpg「アクション・マン・アニュアル 1984」  Action Man Annual 1984














d0164702_15335246.jpg「アクション・マン・アニュアル 1985」  Action Man Annual 1985
目次:
   Dastroyer    Battle Honours    Hunting Tigers
   Sentence yourself to a laugh    Nightdrop    Amazing War
   Action Man's Weapons of War    The Anti-tank Mine    The Bazooka
   U48 Scourge of the convoys    Time for Tricks    Battle Honours
   Hanibals Hussars    Devilfish    Ordeal on Hill 70
   Secret Force    Escape from Stalag Luft III    Speedway's a winner
   The Kids of Stalag 41    Battle of the Atlantic
   Action Man's Twenty Questions    Battle Honours    The Undefeated
   Action Man's Famous Gunfighters    Black Bart    Billy the Kid
   Rescue of the Rumbe    The Cat Strikes    Final Fight of the Red Baron
   Marine Mirth    Nightmare over the Pacific    Battle Honours
   The Glorious Gurkhas    The Long, Long Walk    Brink of Disaster
   Red Devils    Beginners Luck    Amusing War    Demons of the Snow
   Weird Weapons of War    The Submarine    Dangerman of the Oilfields
特記事項:
 同年、フリートウェイは 「バトル:アクション・フォース・アニュアル」 の刊行も開始している。






『ザ・ロング・ガン』  The Wrong Gun

d0164702_13424277.jpg──第二次世界大戦時、アクション・マンはナチス占領下のフランスでアメリカ人科学者を救出するために戦う──。












------------------------------------------------------------------------------------
ステッカー・ブック


『アクション・マン・ステッカー・コレクション』  " Action Man Sticker Collection "
d0164702_13414846.jpg 1983年、フィギュレン・パニーニ社/ミニ・カーズ社刊。
 パック入りのシールを購入してアルバムに貼るスタンプ・ブック。
 5、6ページからなる6つのストーリーが掲載され、各ストーリーのシール数は40枚、完成には計240枚が必要。


「予期せぬ作戦」  Operation Unexpected
 1~40番。
 イギリス王立海兵隊、パラシュート連隊の活躍。
特記事項
・ イギリス王立海兵隊とパラシュート連隊とはライバル同士。


「宇宙からの脅威」  Threat from Space
 41~80番。
 スペース・レンジャーの活躍。
特記事項
・ スペース・レンジャー・キャプテンの名はジャック・ハーディー。
・ 宇宙の騎士 ROM は惑星ザール出身で惑星マルガスの勢力と戦っています。


「爆弾」  The Bomb
 81~120番。
 東京沿岸で貨物船タキワラ丸がシージャックされた。 船には化学物質と爆弾が仕掛けられており、犯人はそれをアメリカで爆発させると脅してアメリカ政府に身代金を要求してくる。
特記事項
・ 特殊部隊の指揮官ボイス提督、カリフォルニアのアマチュア深海探検家サイモン・ハイド、ジープ・ジョンソン、レイフ・ハガーティーが登場。


「仕事は仕事」  A Job is a job
 121~160番。
 ナショナル・バンクの強盗一味を追跡する警察の活躍。
特記事項
・ 白バイ警官のマイク・マクギー、警察のキャプチャー・コプターのパイロットのブラッド・デイヴィスが登場。


「戦友」  Comrades in Arms
 161~200番。
 1942年、北アフリカにおけるイギリス兵とドイツ戦車兵の奇妙な交流。
特記事項
・ ドイツ戦車兵の氏名はハンス・ミューラー、イギリス軍の長距離砂漠挺身隊の兵士はデイヴ・デラニー上等兵。


「日差しの中の雪上戦」  Snow Fight in Sunshine
 201~240番。
 普段はスコットランド高地で訓練に励むパラシュート連隊。 要請を受けてアフリカの小国シャボウティに出動する。
特記事項
・ パラシュート連隊の隊長 “ダンディー・ミッチ ”・シモンズ大尉、隊員のジョニー、フィンレイ、スコーピオン戦車などが登場。

------------------------------------------------------------------------------------


[PR]
by joefig | 2018-04-03 20:02 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/23565914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。