ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

ハズブロ版コミック/『G.I. ジョー:レゾリュート』

 『G.I. ジョー:レゾリュート』 のコミックです。
d0164702_14225649.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「G.I. ジョー:レゾリュート」 の項へ

-------------------------------------------------------------------------------------
コミック概要


 コミック版の 『G.I. ジョー・レゾリュート』 (" G.I.Joe: Resolute ") (2009年) は、フィギュアのコミック2パックの付属用としてハズブロが製作したものです。
 ただし、コミック2パックが途中でキャンセルされてしまったため、実際に発売されたのは第2号までで、第4号、第5号、第6号はアマゾンやウォルマートの G.I. ジョー商品のキャンペーンで流通しました。

 全6号、各22ページ。 原作はラリー・ハマ。 1話完結の読みきりで、アニメのほうの 『G.I. ジョー:レゾリュート』 のストーリーや設定とは特に関係なく、ARAH の世界観がベースとなっています。

-------------------------------------------------------------------------------------
ダイジェスト


d0164702_14260881.jpg第1号 「シシリアン・ディフェンス」  Sicilian Defense (2009年)
──ショックブラストと彼のチームはアマゾンの熱帯雨林帯でコブラ軍の攻撃を受けていた。 上空からはデストロが戦闘ジェットで武器を放って攻め、一方地上からはコブラ B.A.T. トルーパーズが攻撃してくる。 ジャングルでのワイルドな戦いに備えろ!──(パッケージ裏面の説明文より)
ゲスト・キャラクター
   ナイトロ・デュード (G.I. ジョーの破壊のエキスパート。 毒ヘビに咬まれて死亡)
特記事項
・ レゾリュートのコミック2パック#1 (2009年) に付属。
・ 「シシリアン・ディフェンス」 はチェスのオープニングで用いられる定石の一つ。 後攻で始まりながらも積極的に攻める手。
・ 独自のコスチュームのデストロのほか、スカーレット、ショックブラスト、スネーク-アイズ、コブラ・コマンダー、コブラ・トルーパーズ、B.A.T.s が登場。
・ G.I. ジョーの破壊のエキスパート、ナイトロ・デュードが初登場、死亡。
・ 舞台は南米のシエラ・ゴルドのジャングル。 コブラの戦闘機ファイアーバットのコントロール・モジュールを奪取したスカーレットたちはハンヴィーで逃走中。 B.A.T. の追撃をかわしたものの、スネーク-アイズが負傷し、新入りのナイトロ・デュードが毒ヘビに咬まれて死亡してしまいました。
・ デストロは小型機ディスポイラーに乗って空から攻撃してきます。 ハンヴィーを射程に収めたものの、ちょうどそこへコブラ・コマンダーからの通信が入ったため攻撃に失敗します。
・ ショックブラストは奪ったモジュールの中に位置情報を送信するチップがあることに気付き、追っ手をひきつけるためにこのチップとナイトロ・デュードの遺品である爆発物のバッグを手に車から川へ飛び込みます。
・ スカーレットは破損した H.I.S.S. の中にいた B.A.T.s に気付かれて攻撃を受けますが、頼みの綱のスネーク-アイズは気絶中。 スカーレッドが孤軍奮闘するしかありません。
・ デストロに発見されたショックブラストは搬出列車に飛び移るなどして逃走しつつピストルで反撃、ディスポイラーを撃墜します。
・ ショックブラストとデストロは弾を撃ちつくし、最後は肉弾戦。 優勢となったデストロは地面に倒れるショックブラストめがけて遺跡の石像を叩きつけようとします。 するとショックブラストはナイトロ・デュードの遺品からクレイモア地雷を取り出します。
・ スネーク-アイズが意識を取り戻し、すんでのところでスカーレットを助けます。 ようやく予定の救出地点まで辿り着くと、ショックブラストが先に来ており、ヘリも到着。 ナイトロ・デュードの遺体と共に帰路につきました。
・ デストロの元にコブラ・トルーパーたちが駆けつけました。 彼の仮面にはクレイモア地雷の破片の跡がついていました。






d0164702_14260537.jpg第2号 「22分」  22 Minutes (2009年)
──緊迫した頭と武器の戦いでトンネル・ラットとストーム・シャドウが交戦する。 この熟練の敵たちはパイプやダクト、機械類の暗い迷路の中で1対1で戦い、知恵を絞って互いを出し抜くために弱点を突き、運が良ければ、生きたまま脱出できるだろう!──(パッケージ裏面の説明文より)
特記事項
・ レゾリュートのコミック2パック#2 (2009年) (トンネル・ラットv10 vs. ストーム・シャドウv28) に付属。
・ アラシカゲの鎧を装着したストーム・シャドウのほか、トンネル・ラット、キール・ホール、シップレック、カッター、トルピード、カッパーヘッド、イールズが登場。
・ G.I. ジョーの空母 U.S.S. フラッグ、コブラの戦闘ボートのウォーター・モカシンが登場。
・ 準備稿のタイトルは 「ハイ&ロー」。







d0164702_14255531.jpg第3号 「コールド・コンフォート」  Cold Comfort (2009年:未刊)
──北極圏にあるコブラの基地テラー・ドロームにいるコブラ・コマンダー。 そこへ G.I. ジョーのスカーレットやスノー・ジョブたちが侵入して交戦となる。
 コブラ・コマンダーは小型戦闘機ファイアーバットで脱出を試みるが、スカーレットが跳びかかる。
 しかし、その後スカーレットとコブラ・コマンダーは崩壊するテラー・ドロームの中に取り残されてしまう──。
特記事項
・ 本来は2009年のコミック2パック (スカーレット vs. アークティック・コブラ・コマンダー) 付属用として製作されたものの、トイがキャンセルされたため未刊行。 ネット上で3ページのみが公開されました。
・ cold comfort は 「わずかな気休め」、あるいは 「わずかな気休めにもならないもの」、「わずかな共感」 の意。 舞台が寒冷地であることとかけたもの。
・ 独自のコスチュームのスカーレットとコブラ・コマンダーのほか、ARAH のコスチュームのスノー・ジョブ、スノー・サーペンツ、テレ-ヴァイパーズが登場。
・ コブラ・テラー・ドローム、アークティック・ファイアーバット (白) が登場。






d0164702_14260224.jpg第4号 「夜を支配するのは誰だ?」  Who Owns the Night ? (2009年9月)
──ニューヨークで建設中の軍用ビルに盗聴装置を仕掛けるためにナイト・クリーパーズが侵入する。 彼らを阻止して盗聴装置を手に入れるためにスネーク・アイズとジンクスが送り込まれる──。
特記事項
・ 本来はレゾリュートのコミック2パック (“ ニンジャ・トレーニング ”・スネーク・アイズ vs. ナイト・クリーパー) 付属用として製作されたものの、トイがキャンセルされたため、ウォルマートのキャンペーンに流用されました。 表紙のアートは変更されてレゾリュートのロゴもなくなり、一定額以上のライズ・オブ・コブラのアイテム購入者に配布されたようです。
・ アラシカゲの鎧を装着したスネーク・アイズのほか、ジンクス、スカーレット、リフト・チケット、バロネス、ナイト・クリーパー・リーダー、ナイト・クリーパーが登場。
・ コブラ F.A.N.G. (ステルス・モードの機能あり)、コブラの盗聴装置 C.E.B.U. (コブラ電子バイパス・ユニット) が登場。
・ 最高機密の軍の情報部のオフィス・ビルはまだ工事が完成しておらず、ナイト・クリーパー・リーダーと部下のナイト・クリーパーが13階の静音室にあるコンピューターに盗聴装置を仕掛けるために F.A.N.G. から降ろされます。
・ すでに G.I. ジョーも敵の任務に気付いており、スネーク・アイズとジンクスもビルに侵入します。 スネーク・アイズがアラシカゲの鎧を着用している説明は特になし。
・ 15階に降りたナイト・クリーパーズは2頭の番犬に遭遇。 なんとか封じ込めてスネーク・アイズたちにけしかけますが、スネーク・アイズは手なずけてしまいます。
・ ナイト・クリーパー・リーダーはコンピューター技術に長け、全ての監視センサーの配線をいじって異常がないように表示させます。
・ 13階で格闘戦となり、その最中にジンクスが C.E.B.U. を奪取。 スネーク・アイズが手なずけた番犬たちも飛び出してきて、ナイト・クリーパーズは撤退していきました。
・ 実は、全ては G.I. ジョーが仕組んだことで、コブラから C.E.B.U. を奪うための作戦であり、建設中のビルもフェイクでした。






d0164702_14255968.jpg第5号 「最終試験」  Final Test (2009年)
──クリムゾン・ガード部隊はコブラの最上のショック・トループスである。 とはいえそれでもなお彼らは昇進に挑める──アイアン・クロー部隊のエリート階級に。 一人の決意あるクリムゾン・トルーパーが厳しい資格プロセスからなる死の試練を経て道を開くために戦う。 彼は成功するか──挑んで死ぬかだ!──(裏表紙より)
ゲスト・キャラクター
   アイアン・クロー・トルーパー (コブラのエリート部隊)
   ラリー (クリムゾン・ガードの一人。 黒人)
特記事項
・ 本来はレゾリュートのコミック2パック (レゾリュート版クリムゾン・ガード & アイアン・クロー) 付属用として製作されたものの、トイがキャンセルされたため、アマゾンのキャンペーンに流用されました。 「G.I. ジョー:ライズ・オブ・コブラ」 のDVD 購入者への特典として無料ダウンロードができたようです。
・ はじめクリムゾン・ガードたちは通常のARAH 版の制服で登場し、“ ゴールデン・パラシュート ” の試験に進めた1名のみは新型の戦闘服 (レゾリュート版のデザイン) を与えられます。
・ クリムゾン・ガードの一人はラリーという名前の黒人です。
・ アイアン・クローは本来は 『G.I. ジョー:エクストリーム』 の敵 S.K.A.R. のボスですが、このコミックではコブラのエリート部隊として複数のアイアン・クロー・トルーパーが登場。
・ 他にはジャイロ-ヴァイパー、コブラの訓練用の標的としてスネーク・アイズとスカーレットのダミーが登場。 本物の G.I. ジョーは登場しません。
・ 昇進試験に挑むクリムゾン・ガードたち。 アパートのような建物の中でダミーの標的相手の銃撃戦に始まり、続いては夜の森をイノシシに追われながら走る “ ウッドクラフト” と呼ばれる試験。しかも助けを求めるクリムゾン・ガードのダミーや有刺鉄線などの罠も仕掛けられており、イノシシに襲われたり、上体を起こしてしまったためにアイアン・クロー・トルーパーズに機関銃で掃射されるなどして候補生は脱落 (死亡) していきます。
・ 次の試験は水中脱出。 通常の水中脱出訓練は底から水面に向かっての脱出ですが、コブラの場合は、底に用意されている一人分だけのエアー・タンクに向かっての潜水レースで、敗者は溺れる仕組みです。
・ 一人のクリムゾン・ガードが先に水中に飛び込み、残ったもう一人はアイアン・クロー・トルーパーに早く潜れとせかされます。 するとアイアン・クローに飛びかかって一緒に水中に引きずり込み、アイアン・クロー・トルーパーのマシンガンをウェイト代わりに使って先に飛び込んだクリムゾン・ガードに追いつき、ストックで彼を倒して潜水レースの勝者となります。
・ 最終試験は “ ゴールデン・パラシュート ” と呼ばれるフリーフォール降下。 最後の一人となったクリムゾン・ガードには新型のヘルメットとタクティカル・ベスト、パラシュートが与えられ、アイアン・クローと一緒に降下開始。 実はパラシュートは作動せず、降下しながら格闘してアイアン・クローから奪うしかありません。
・ クリムゾン・ガードは先の試験中にアイアン・クローから奪っておいたブラス・ナックルを取り出して彼を倒し、パラシュートを奪いました。
・ 気絶したアイアン・クローが意識を取り戻すとそこは地面の上。 彼を生かしておいたクリムゾン・ガードは自分が合格したかどうか尋ねます。 アイアン・クローは合格を認めたものの、クリムゾン・ガードを叩きのめし、感謝されるとでも思ったのか? と吐き捨てました。
・ この一連の試験の厳しさは無能な候補生をふるい落とすためだそうですが、これでは候補生はもちろん、試験を監督するアイアン・クロー・トルーパーにとっても危険でしょう。 おまけに合格した後も組織内に遺恨が残りそうな気が……。






d0164702_14255700.jpg第6号 「スプラッシュ-バン!」  Splash-Bang! (2009年)
──僻地の島にコブラが秘密基地を建造した。 そこにはソナーとレーダーの監視網があり、沿岸をコブラ・ランプリー・トルーパーズがパトロールし、水中には飢えたワニが棲み着いていた。
 そこにデュークが単身潜入し、G.I. ジョー・チームが島を強襲するために監視網を断とうとする──。
特記事項
・ 本来はレゾリュートのコミック2パック (“ ダイバー ”・デューク vs. コブラ・ランプリー) 付属用として製作されたものの、トイがキャンセルされたため、アマゾンのキャンペーンに流用されました。 表紙からはレゾリュートのロゴがなくなり、25ドル以上のライズ・オブ・コブラのアイテム購入者に配布されたようです。
・ 効果音のみでセリフはありません。
・ ダイバー装備のデュークのほか、ガン-ホー、ヘビー・デューティー、リフト・チケット、スカーレット、スネーク・アイズ、コブラ・ランプリーズ、テクノ-ヴァイパーズが登場。
・ コブラ・シー・スレッド、G.I. ジョーのトマホーク・ヘリコプターが登場。
・ デュークは水中でサメと戦った後、ドックに上陸してボートに時限爆弾を仕掛けます。 続いてランプリーズを相手に水中でナイフで戦い、倒したランプリーズに変装して再び上陸、監視ステーションに向かいます。
・ デュークが仕掛けておいた爆弾が爆発し、ドックに向かったランプリーズのほとんどが爆死。 デュークは監視網の動力源であるジェネレーターをピストルで破壊することに成功。 G.I. ジョー・チームが到着してデュークを回収しました。

-------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by joefig | 2018-11-18 23:47 | コミック | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/21421539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。