ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

設定探訪/ロディー・パイパー

 イギリスではスコットランドの独立の話題で揺れていますが、今回はスコットランド絡みのG.I. ジョーの話題を記事にしたいと思います。
d0164702_18480195.jpg

 上は2007年のG.I. ジョー・コンベンションにて、デストロ氏族のエンブレムのTシャツを着てキルトスカートを履いたロディー・パイパー。
 画像はトイ・ニュース・インターナショナルより。 TNI さんごめんなさい。




-------------------------------------------------------------------------------------
スコットランド出身のG.I. ジョー・フィギュア


 G.I. ジョー・フィギュアの中で出身地がスコットランドと明記されているのは以下の通りです。

   G.I. ジョー・チーム
      ウインドチルv2 (1994年)/バトル・コー (ブロックバスター)
         ジム・マクドナルド二等軍曹。 ローモンド湖出身。

   アイアン・グレナディアーズ
      ジェームズ・マッカラン・デストロ
         カランダー出身。
      “ラウディー ”・ロディー・パイパー (2007年)/ジョーコン限定 (シングルパック)
         グラスゴー出身。

 また、サンボウ版アニメ第63話 「一族の秘密」 Skeletons in the Closet では、ローモンド湖付近に大邸宅を構えていたアガサ・ドイルという老婦人がなくなった際、遠縁にあたるレディー・ジェイが遺産を相続することになり、彼女がデストロとも縁戚にあたっていたことが判明しています。


 ARAH のイギリス版である 「アクション・フォース」 にまで話を広げると、以下のキャラクターが該当します。

   Z-フォース
      スキップ
         グラント・ジェームズ・キャンベル大尉。 エディンバラ出身。
   Q-フォース
      リヴァイアサン
         ジェイミー・ヒュー・マッカラン (!)。 グラスゴー出身。


 デストロの出身地カランダーの遠景。
 ハイランド地方の入り口とされる、人口2,000 人ほどの小さな町です。
 デストロ城があるのはこの地のどこかなのでしょう。
d0164702_19575826.jpg

 ローモンド湖 (ロッホ・ローモンド)。
 グラスゴーの北約23km、ハイランド地方の南部に位置。
d0164702_19580107.jpg

 グラスゴー。
 スコットランド南西部に位置し、スコットランドの首都エディンバラを上回るスコットランド最大の都市です。
d0164702_20013896.jpg


 映画 『G.I. ジョー』 (ライズ・オブ・コブラ) (2009年) では、劇中に登場したM.A.R.S. ナイト・レイヴン戦闘機には音声コマンドが搭載されており、C.E.O. であるジェームズ・マッカランの出身地スコットランドの言語であるゲール語で登録され、攻撃コマンドの 「タヘイン」 と脱出コマンドの 「クー・マー」 のみが判明しています。
 Teine (タヘイン) は英語の fire に相当。 Cur magh (クー・マー) は、英語ではおそらく put out または bailout に相当するんじゃないかと思います。


 今回の記事では、これまで挙げた中から特にロディー・パイパーについて以下に記したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------
G.I. ジョー・フィギュア


 ジョージア州アトランタで開催された 「インターナショナル・G.I. ジョー・コレクターズ・コンベンション 2007」 において、34 インチ (3.75インチ) のラインから発表されたコンベンション限定フィギュアのメインテーマは 「タンクス・フォー・ザ・メモリーズ」 15体セットだったのですが、どういう理由からか、実在プロレスラーのロディー・パイパーのフィギュアも発売されました。
d0164702_01382208.jpg

 企画的には、G.I. ジョー側のサージェント・スローターに対抗して敵陣営にも実在プロレスラーを加えるという着想だったようですが、ロディー・パイパーが選ばれた理由については joefig にはよく判りません。

 ロディー・パイパーの 「スコットランドのグラスゴー出身」 というギミックを活かすべくデストロの私兵アイアン・グレナディアーズの一員とされ、役割的にはサージ同様トレーナーということになっています。

 コンベンションには本人もゲスト参加し (トップ画像を参照)、台座付きの “ラウディー ”・ロディー・パイパーのフィギュアを贈呈されています。


ラウディー・ロディー・パイパー (2007年)/ジョーコン限定 (スーベニア)  (アイアン・グレナディアーズ)
d0164702_18343531.jpg
 Rowdy Roddy Piper
 コンベンション限定。 1,000体限定。
 25周年記念のロゴがあるものの、いわゆる25th スタイルではなくJvC 系の第2世代の素体。
 モデルは実在プロレスラーである “ラウディー ”・ロディー・パイパー。
 rowdy は 「乱暴な」、「喧嘩好きな」、「騒々しい」 といった意。
d0164702_01065371.jpg

素体:
   ヘッドは新規造型。
   トルソーはDTC のサルヴォv2 (2005年) から。
   ウエスト、脚部はDTC のスピリット・アイアン-ナイフv1 (2005年) から。
   腕部はVvV のハンニバル・リボーン (2005年) から。
   胸にデストロ氏族のエンブレムあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ヘルメット、ジャケットはハンニバル・リボーンから。
   布製のキルト・スカート。
コマンド・ファイル:
アイアン・グレナディア・トレーナー  コードネーム:ラウディー・ロディー・パイパー
主要軍事特技区分:戦闘訓練教官
第二軍事特技区分:特殊勤務 (バグパイプ奏者)
出身地:スコットランド、グラスゴー
 ラウディー・ロディー・パイパーは人格形成期をロイヤル・スコットランド連隊の中で過ごした。 上級教官とぶつかり、戦闘演習中にチームメイトを打ちのめすことから、彼は “ラウディー (※乱暴者) ” というニックネームを得た。 この攻撃的な態度は彼が近接戦闘の訓練において秀でることにつながった。 彼は爆発物、小火器、徒手格闘戦において多くの兵士より高度な戦術レベルのエキスパートとなった。 この天性の資質は、彼が歩兵部隊や上級練兵教官としての地位で最高の栄誉を勝ち得る助けとなった。
 後に彼にはデストロ氏族の一員であるという生得権があることが判明した。 彼は伝統にのっとって傭兵になり、マッカラン城でアイアン・グレナディアの訓練計画を担当した。 攻撃戦術家である彼は、ベストの中のベストだけをアイアン・グレナディア衛兵、アイアン・アンヴィル降下兵、アンダートウ潜水兵に選抜する。 彼の訓練方法は近接戦闘 (CQBT) と、敵をおとなしく従わせるために関節技術などいくつかの異なるファイティング・スタイルの技術が組み合わされたハイブリッド武術が専門である。 全てのアイアン・グレナディアの演習の間、彼は誇りを持って特殊なキルトのユニフォームを着用し、戦闘に入る前にはバグパイプを演奏する。
 「遅かれ早かれ誰もがパイパーに支払うことになる!」


-------------------------------------------------------------------------------------
ロディー・パイパー


 実在のロディー・パイパーは、本名ロドリック・ジョージ・トゥームス。 ノルマン・イングリシッシュ系の姓。
 スコットランドのグラスゴー出身と称していたのはあくまでプロレスラーとしてのギミックで、本当はカナダのサスカチュワン州サスカトゥーン出身のカナダ人でした。
 リングネームのパイパーは試合前にバグパイプを演奏することから。 こうしたパフォーマンスは少年時代にスコットランドに移住した経験から来ているそうです。

 NWA 時代の1977年~1983年の間に3回来日しており、アントニオ猪木や藤波辰巳と対戦したり、ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田を相手にタッグマッチを行っています。

 身長183cm と、レスラーとしては恵まれない体格だったもののマイクパフォーマンスには巧みで、1984年にWWF に移籍した後に人気を得て、1980年代のトップレスラーの一人となり、2005年にはWWE 殿堂入りを果たしました。
 あのロック様が、「ハルク・ホーガンよりもそれに唾を吐くロディー・パイパーになりたかった」 と発言しています。


 人気があっただけに、これまでに何度もフィギュア化されています。
 下は海外サイトから拝借した画像。 G.I. ジョー版もありますね。
d0164702_01073676.jpg

 この中で最も楽しそうなのは、トイビズから発売されたパワー-スラム版です。

ロディー・パイパー (2000年)/パワー-スラム WCW レスラーズ
 6インチ。

d0164702_19580590.jpg

 バグパイプが付属し、バッグ状の部分を押しつぶすと通奏管 (ドローン) と呼ばれる部分の一本一本が発射されるギミックあり。


 1986年からは俳優活動も行っており、最も有名なのはジョン・カーペンター監督の 『ゼイリブ』 " They Live " (1988年) の主人公ジョン・ネイダ役でしょう。
d0164702_00525720.jpg
d0164702_00525384.jpg


 『リゾート・トゥ・キル』 " Immortal Combat " (1992年/日本公開は1994年) という映画では、ソニー・チバ (千葉 真一) と共演!
d0164702_00530281.jpg

 ロス市警のはみだし刑事ジョン・ケラー (ロディー・パイパー) が忍者の子孫の日本人 “JJ ” ことジンタニ・・ジロウ (千葉 真一) と共に猟奇事件に立ち向かうという内容だったようです。

-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、ロディー・パイパーでした。
 スコットランドの住民投票は18日午後10時 (日本時間19日午前6時) までです。 どんな結果になるんでしょうね。
 それでは!

[PR]
by joefig | 2014-09-18 22:00 | 設定探訪 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/21121822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。