ブログトップ

The Pit

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。


by joefig
プロフィールを見る

設定探訪/1985年のコブラ側トイ

 1985年のコブラ側トイです。
d0164702_22422902.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「ARAH」 トイ全リストの項へ

-------------------------------------------------------------------------------------
1985年のコブラ側トイ・ラインナップ


      フィギュア
         クリムゾン・ガードv1      イールズv1      テレ-ヴァイパーv1
         スノー・サーペントv1
         トーチv1      リッパーv1      バザー (ブザー)v1
      フィギュア (クリムゾン・ガード・コマンダーズ2パック)
         トマックスv1  &  ゼイモット (ザモット)v1
      ビークル
         モレイ + ランプリーv1
         フェレット ATV      コブラ・フライト・ポッド
         ナイト・ランディング・クラフト      S.N.A.K.E.
      ビークル (シアーズ限定)
         C.A.T.
         S.M.S. (H.I.S.S.  &  コブラ・ミサイル・システム)
      バトルフィールド・アクセサリーズ (コブラ)
         ライフル・レンジ・ユニット
      バトル・ステーションズ (コブラ)
         コブラ・バンカー

-------------------------------------------------------------------------------------
1985年のコブラ側トイ概要


 コブラの兵科・兵種が増えました。 後に多数登場する 「~ヴァイパー」 という名称はテレ-ヴァイパーが初ですが、それ以外では、それぞれの兵科に独自のネーミングを与えようとしていた形跡が伺えます。

 幹部では、双子のトマックスとザモットがシリーズ初の2パックで発売されました。
 またドレッドノックスが初登場しましたが、「コブラ・エネミー」 のロゴが 「ドレッドノックス・ジ・エネミー」 となっている以外は、サブシリーズ/サブテーマとしての差別化は特にありません。

-------------------------------------------------------------------------------------
フィギュア


クリムゾン・ガードv1 (1985年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_18382080.jpg crimson は 「深紅」、「真っ赤」 の意。 血の色のイメージであり、形容詞としては流血を伴う暴力の意味で用いられることもある。
 guard は 「護衛」、「衛兵」 の意。
※中国の文化大革命で猛威を振るった 「紅衛兵」 (英訳ではレッド・ガーズ) の語感のイメージもあるのかもしれません。
素体:
   全て新規造型。
   左上腕にクリムゾン・ガードのインシグニアあり。
   その他、各部に記章や階級章などあり。
      ヘルメット中央部……おそらく記章。 銀。
      肩章……階級章。 黒字に銀。
      袖線……銀1本。 パッケージ・アートでは銀2本。
      エギュレット (肩モール/飾緒)……銀。
      左胸……おそらく略綬。 銀。 パッケージ・アートでは赤+紺+青。
      側線……右脚のみ。 銀1本。
d0164702_3361062.jpg付属品:
   ドレス・バックパック (※コブラ・エリート・バックパック)、
   バヨネット装着 AK48AW はいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コブラ・エリート・トルーパー  コードネーム:クリムゾン・ガード
ファイル名:最高機密
主要軍事特技区分:身分秘匿諜報員
第二軍事特技区分:会計
出身地:各国  階級:E-4 (※コーポラル、伍長) 相当
 クリムゾン・ガードはコブラ軍のエリート・ショック・トルーパーである。 全ての “シージーズ ”は最高の健康状態にあると同時に法学か会計学のいずれかの学位を保持していなければならない。 訓練の最終段階はコブラ本部の最奥部で行われ、書くのすら恐ろしい入隊式を伴うと囁かれる。
 「クリムゾン・ガーズメンは通常の戦場で浪費されるには貴重すぎる。 彼らは一見普通の外観とライフスタイルを装い、身分を秘匿して秘密工作員として国中に散らばっているのだ。 気を付けろ。この親し気な新しい隣人は、そのクローゼットの中に赤い制服が掛かっているかもしれない」



イールズv1 (1985年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_12130320.jpg eel は 「ウナギ」 の意。 アメリカ海軍の特殊部隊 S.E.A.L.s (シールズ) にもひっかけている。
素体:
   全て新規造形。
付属品:
   エアー・タンク、ジェット・パック (※ウォーター・ジェット)、
   フリッパー×2、エアー・マスク (※レギュレーター)、
   JLS ダブル・ハープーンはいずれも新規造形。
コマンド・ファイル:
コブラ・フロッグマン (※潜水工作員)  コードネーム:イールズ
ファイル名:機密
主要軍事特技区分:水中破壊工作
第二軍事特技区分:海洋工学
出身地:各国  階級:E-4 (またはそれ相当)(※スペシャリスト、特技兵)
 イールズはコブラ軍の水中破壊工作のスペシャリストである。 彼らは沖合の掘削リグに偽装したコブラの海上前哨地に配属されて任務に就き、広範なコブラの艦艇の乗組員を増加させている。
 イールズはカリブ海と北大西洋の極寒の暗い深海との2部門からなる過酷な訓練プログラムを受けている。 彼らの訓練課程には海洋構造工学、爆発物、水中戦闘技術、海洋地質学が含まれている。




スノー・サーペントv1 (1985年)/ARAH (シングルパック)
 Snow Serpent

d0164702_12510108.jpg
素体:
   全て新規造形。
付属品:
   サバイバル・パック、対戦車 EK99 ミサイル、ミサイルのスタンド、
   パラシュート・パック、スノーシュー×2、AK-47 (※AK-74) はいずれも新規造形。
コマンド・ファイル:
コブラ・ポーラー・アサルト (※極地強襲兵)
コードネーム:スノー・サーペント
ファイル名:機密
主要軍事特技区分:極地作戦
第二軍事特技区分:歩兵
出身地:各国
 スノー・サーペンツはイールズ (コブラ潜水工作員) の極地スペシャリスト部門である。 彼らはイールズ同様の過酷な訓練プログラムに加え、北極圏上において6ヶ月間の寒冷気象コースを経験しなければならない。 訓練には他にも空挺作戦 (極地条件下)、対戦車処理、スノー-シュー、スキー、カヤックの使用が含まれる。
 「イールズがコブラの海軍部門のエリートであるなら、スノー・サーペンツは最上の最上だ。 氷点下の気温の氷原上にパラシュート降下し、その後は完全装備のフィールド・パック、アサルトライフル、対戦車兵器を携行して50マイルの行軍を行う覚悟があるような者など他にどれだけ思いつくだろうか?」




テレ-ヴァイパーv1 (1985年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_12130512.jpg Tele-Viper
 ヴァイパーの名が付いた初のコブラの兵科。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   コミュニパック (※コミュニケーションズ・パック)、
   VS-11 スキャナーは新規造型。
   ホース。
コマンド・ファイル:
コブラ・コミュニケーションズ (※通信兵)  コードネーム:テレ-ヴァイパーズ
ファイル名:機密
主要軍事特技区分:通信兵
第二軍事特技区分:電子技師
出身地:各国
 彼らはコブラ地上軍のRTO (ラジオ・テレコミュニケーションズ・オペレーターズ) である。 彼らは自動周波数ホッパーを装備したメイン・ユニットのVHFトランシーバー、暗号ユニット、パッシブ・ジャミング、アンチ-ジャミング装置を含んだ標準モジュールの無線パックを携行している。 テレ-ヴァイパー・ヘルメットには過負荷ダンパー付き高解像度イヤホン、2セットの音声発動マイクロホンが組み込まれている。 ヘルメットの内部はオプションのコンピューター・パックが読み込んだものをLEDに変換表示。 オプションの送信モードにはマイクロ波ビーム及びレーザーが含まれる──いずれもベーシック・パックへの後付けで使用可能。


バザー (ブザー)v1 (1985年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_18382403.jpg シリーズ名表記は 「ドレッドノックス・ジ・エネミー!」。
  buzzer は 蜂などがブンブンうなる音、「ブザー」 の意。 正しい発音は 「バザー」。
 1985年のドレッドノック3名は、ファーストネームは英語の "every Tom, Dick, and Harry "という言い回し (「誰もかれも」、「猫も杓子も」 の意) から。
 ラストネームはアメリカの詩人ユージーン・フィールドの 「オランダの子守唄」 "Dutch's Lullaby " (1889年) からの引用 (絵本などでは "Wynken, Blynken, and Nod " のタイトルで知られる) で、Blynken は blink (「まばたきする」、「目を細める」)の意。
素体:
   全て新規造型。
   左胸にパラシュート降下記章、不明の記章 (アメリカ空軍の指揮官記章に似たもの) あり。
   左上腕に固有のデザインのタトゥーあり。
付属品:
   バックパック (※フレーム・パック)、ガソリン缶、ダイヤモンド・トゥースド・チェーンソー、ヌンチャカ・アックス (※またはチェーン・アックス) はいずれも新規造型。
d0164702_20392985.jpgコマンド・ファイル:
ドレッドノック  コードネーム:バザー
ファイル名:ディック・ブリンケン (リチャード・ブリンケン-スマイス)
出身地:イギリス、ケンブリッジ
 かつてバザーは極左的なケンブリッジの社会学講師であり、暴走族の社会現象の研究のためオーストラリアに渡った結果、自分がまさに研究対象としていたものになってしまった。 長年の知的な不満は抑制性の精神病的な怒りを引き起こし、技術社会の高価でくだらないものをチェーンソーでバラバラにしたいという激しい欲求となって現れた。
 特技及び犯行手口 (※):湿地帯の始末屋バザーは、ダイヤモンドの歯を仕込んだチェーンソーで鉄鋼、鍛鉄など様々な金属 (装甲板を除く) を切り裂くことができる。
※モードゥス・オペランディ

※ 「犯行手口」 の部分は原文では 「M.O.」。 ラテン語モードゥス・オペランディは英語で言えばモード・オブ・オペレーション。
※後の版では 「長年の知的な不満と社会の偽善的な道徳に対する過激な怒りは、技術社会の……」 となった。

※最後期の版では最初の文が 「短い休暇で自分を見つめるためにオーストラリアへ行き──1年後──怒れる放浪者に変わっていた」 となったものの、シールで元の文が貼られた。


リッパーv1 (1985年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_12202355.jpg シリーズ名表記は 「ドレッドノックス・ジ・エネミー!」。
 ripper は 「切り裂く者」、「切り裂き魔」 の意。
 本名についてはバザーの項も参照。 Nod は「うなずく」、「(眠くて) こっくりする」 の意。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   フレーム・パック、パワー・パック (※発動機)、パワー・ジョウ (※スプレッダー)、油圧ホース、メタル・スプリッター装着アサルトライフルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
ドレッドノック  コードネーム:リッパー
ファイル名:ハリー・ノッド
出身地:タスマニア島、グリム岬
 タスマニアには悪魔がいるが、リッパーはおそらくその中で最もたちが悪い。 同級生からキャンディーを脅し取ったために保育園から追放されて以来、人生の大半を様々な矯正施設で過ごしてきた。 彼は欲望を動機とするプロの犯罪者であり、文明の品位を嫌悪する
──オートバイは例外だが──害虫である。
 特技及び犯行手口 (※):刀剣類や切断用具。 彼が消防士の斧と缶切を合わせたような刃物を用いてゲートや金庫を破ることが湿地帯中で知られている。
※モードゥス・オペランディ
※青字の文は削除されたバージョンあり。


トーチv1 (1985年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_12202107.jpg シリーズ名表記は 「ドレッドノックス・ジ・エネミー!」。
 torch は 「松明」、「放火魔」 の意。
 本名についてはバザーの項も参照。 Wynken は wink (「まばたきする」、「ウインクする」、「目をぱちくりする」) の意。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   BP-47 タンク、アセチレン・トーチ (※酸素アセチレン・トーチ) はいずれも新規造形。
コマンド・ファイル:
ドレッドノック  コードネーム:トーチ
ファイル名:トム・ウィンケン
出身地:オーストラリア、ニューサウスウェールズ州ボタニーベイ
 対象者は14歳の時に施設 (※) に入れられた。脱走して海で商船隊に入り、そこで切断トーチの使い方を学んだ。
後にメルボルン・モーラーズM.C. (※) で乗り回していた。 トーチは無教養で、悔いることなき暴漢であり、突発的で予測不能な暴力的傾向はまさに彼の底知れぬ愚かさと一致する。
 特技及び犯行手口 (※):主に盗んだ車を改造するカッターとして、また時には金庫破りに酸素アセチレン・トーチを使用。 趣味と実益を兼ねた湿地帯漁り。

※感化院
※モーターサイクル・クラブ
※モードゥス・オペランディ
※青字の文は削除されたバージョンあり。






クリムゾン・ガード・コマンダーズ (1985年)/ARAH (2パック)
d0164702_12114621.jpg
 Crimson Guard Commanders
 トマックスv1、ゼイモット (ザモット)v1 のセット。
 Tomax とXamot は互いのアナグラムとなっている。
特記事項:
・ 準備稿ではMovat とTovam。
・ 25th のv6 (2009年) では姓がローグ Rogueと設定された。 出身が非英語圏であることを考慮すれば、読みはログエとも推定できる。
・ IDW 版コミック以降、姓はパオリ Paoli と再設定されている。


トマックスv1
 Tomax
 トマックスv1、ゼイモットv1 のセット。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ピストル (※レーザー・ピストル)、スカイ・フック+紐はいずれも新規造型。
d0164702_18381567.jpg
コマンド・ファイル:
クリムゾン・ガード・コマンダーズ  コードネーム:トマックス&ゼイモット
ファイル名:機密
特技:潜入、諜報、妨害工作、プロパガンダ、会社法
出身地:地中海の島
 トマックスの名前を大文字で綴って鏡の前に持っていってみてほしい。 それはゼイモットと読める。 同じことがこの実際の兄弟に当てはまる。 ゼイモットの顔にある傷跡を除いてはそれぞれが互いの鏡像なのだ。 この双子は将軍達の反乱が起こるまでアルジェリアで外人部隊の降下兵として活動した。 彼らはアフリカや南米の未開地の戦争で傭兵としての腕を磨いた。 彼らは永遠に兵士でいるには利口すぎた。 チューリッヒへ行き銀行家になった。
 すぐに彼らは国際金融の複雑な事情があまりにも場当たり的で自分たちの好みには合わないということを理解した。 彼らはコントロールが可能な状況を好んだ。 コブラは喜んで彼らにそのコントロールへのアクセス権を与えた。 今、彼らは軍団を指揮する。 しかし彼らの軍団は、三つ揃えを着込み、その戦いを重役会議で行う。 やがて彼らはコブラの敵対者にとって最大の脅威となった。 彼らは鋼鉄や爪、それを支える筋肉や流した汗では戦わない……彼らは書類で追い詰め、相手自身の法で傷つけ、相手が貸した金で殺すのだ。

※アルジェリアで 「将軍達の反乱」 が起きたのは1961年。


ゼイモット (ザモット)v1
d0164702_18381703.jpg Xamot
 トマックスv1、ゼイモットv1 のセット。
特記事項:
・ Xamot の英語読みはゼイモット。 出身が非英語圏であることを考慮すれば、読みはザモットとも推定できる。
・ 日本版ARAH の 「地上最強のエキスパートチームG.I. ジョー」 ではザモット。
素体:
   全て新規造型。
   右頬に傷跡あり。
付属品:
   ピストル (※レーザー・ピストル) はトマックスv1 と同じもの。
   スカイ・フック+紐はトマックスv1 と共有。
コマンド・ファイル:
※トマックスv1 と共有。

-------------------------------------------------------------------------------------
ビークル


モレイ (コブラ・ハイドロフォイル) (1985年)/ARAH
 ランプリーv1 が付属。
 moray は 「ウツボ」 の意。
d0164702_12202670.jpg

主要諸元:
  ■ハイフロー 775HP デストロV型12気筒ガソリン・エンジン (エンジン・カバー開閉)
  ■ハイドロフォイル×前後 (連動で折り畳み可)
  ■パイロット&パッセンジャー・シート (フィギュア2体搭乗可)
  ■ハッチ×2 (各フィギュア1体搭乗可)
  ■ストレージ×左右 (カバー開閉、フィギュア用ペグ×3×左右)
武装:
   ポート/スターボード・ショア-アサルト 55mm キャノン×2門
  ■フライング-ターレット・コマンド・ポスト (旋回、フィギュア1体搭乗可)
      速射 23mm シンクロナイズド・ツイン-バレル・キャノン×1門 (上下)
   リモート照準パイロット操作 19mm マシンガン×1門
  ■水平30口径マシンガン×4門 (旋回)
  ■HE-07A 空対地低空飛行ミサイル×2基 (着脱)
  ■リトラクタブル前方発射ミサイル・ボックス (開閉可)
      HE-J-180 “ ジャンプスタート ” 空対海ミサイル×4基 (着脱)
  ■アングラー-ローンチ水面滑走 “ ブラックレイ ”・トルピード×2 (着脱)
  ■遠隔射出デプス・チャージャー・ビナクルズ (①、②) (展開)
      75ポンド、9インチ・デプス・チャージ・キャニスター×4基
d0164702_13051303.jpgインシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   固有のエンブレム/インシグニア
   Я-07 (船体識別番号)     Я-070X5528

d0164702_13051186.jpg



d0164702_18382635.jpgランプリーv1 (1985年)/ARAH (モレイ)
 モレイに付属。
 lamprey は 「ヤツメウナギ」 の意。
素体:
   全て新規造型。
   左上腕に固有のインシグニアあり。
付属品:
   サブマシンガン (※ステン9mm) は新規造型。
コマンド・ファイル:
コブラ・ハイドロフォイル・パイロット  コードネーム:ランプリーズ
ファイル名:不明
主要軍事特技区分:ハイドロフォイル・パイロット
第二軍事特技区分:コブラ潜水工作員 (イールズ)
出身地:各国  階級:O3 (※メジャー、少佐) (またはそれに相当)
 ランプリーズはコブラ海軍のエリートである。 ランプリーの資格を得る訓練では、志願者は最高の肉体条件のコブラ・トd0164702_20392665.jpgルーパーで、イールの訓練 (イールはコブラ軍団の水中爆破のスペシャリストである潜水工作員) を修了し、イールとして1年以上作戦に従事していなければならない。 訓練はきわめて選抜的で志願者の50%以上がコースを修了する前に振るい落とされる。








フェレット ATV (1985年)/ARAH
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではストーム・シャドウとファイアーフライが搭乗。
 ferret はケナガイタチの1種。 正しい発音は 「フェリット」。
 A.T.V. は All Terrain Vehicle (全地形車両) の略。
d0164702_12291733.jpg

主要諸元:
   16 バルブ水冷 115 HP 4サイクル・フェンダー・エンジン
  ■ステアリング (可動)
  ■保全ストレージ・コンパートメント (開閉)
武装:
   サイド-スラッグ・エレクトリック CMF-1 10発ランチャー
  ■ドライバー-コントロールド・シンクロナイズド 50口径マシンガン (二連)
      (ステアリングと連動で旋回、上下可動)
  ■レーザー-シーキング・"コム-バット "・ロケット×2基 (着脱可)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   ATV    XØ2
その他:
   撃墜マーク (戦車の図柄の下にスラッシュ×6)
   「COBRA ATV P.NR-16」 (各タイヤのサイド・ウォールにモールドで表記)


コブラ・フライト・ポッド (トラブル・バブル) (1985年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートで登場しているのはテレ-ヴァイパー。
 サンボウ版アニメの企画書によると 「トラブル・バブル」 はG.I. ジョー側からの呼称。
d0164702_12500347.jpg

武装:
   本体:
     ■1XM-97 ミニ-キャノン
     ■ウォーロック LR-3.8 レーザー追尾対戦車ミサイル×2基
  ■固形燃料 SNK-7 空中機雷 (パネル着脱可)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   9  15 E3 MQ  PΘ49-L7a (※2番目の文字は本当はΘではありませんが、該当文字が不明のため当てはめてあります)
   撃墜マーク (航空機×3)


コブラ・ナイト・ランディング (1985年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートで搭乗しているのはファイアーフライ。
 モデルはゾディアック社のインフレータブル・ボート。
d0164702_13040184.jpg

主要諸元:
   オート-インフレート・ナイロン/ポリスキン防弾ボート
  ■42-hp 燃料噴射式船外機 (左右可動、ティラー・ハンドル可動、スクリュー回転))
  ■カーボン-ファイバー・オール×2本 (旋回) 
武装:
  ■空冷45口径マシンガン (旋回、着脱可)
付属品:
   延長バレル 12mm サブマシンガン (※M3 サブマシンガン “グリース・ガン ”)
   双方向通信用無線機
   軽量ファイバーグラス・ショベル
   軽量チタニウム・ナイフ   
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア (ラフト本体)    878 (ラフト本体)
   GIJ-74 S-653x (船外機)
   3 (無線機)


S.N.A.K.E. (スネーク) (1985年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではコブラ (トルーパー) が操縦。
 S.N.A.K.E. 〈1983年〉 のリペイント。
d0164702_13143375.jpg


C.A.T. (キャット) (1985年)/ARAH (シアーズ限定)
 シアーズ限定。 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではクリムゾン・ガードが戦車長。
 C.A.T. は 「クリムゾン・アタック・タンク」 の略。
 G.I. ジョー側の MOBAT (1982年) のリペイント。
d0164702_13035428.jpg

ギミック:
  ■電動モーターによる前後進、右左折装甲 (単一乾電池×2本使用)
主要諸元:
   サイド-2 1,800h.p.タービン・エンジン (シールではV型12気筒、1,200bhp)
   バーグドール・ジャム・システム搭載 (シールによる)
武装:
   Z-68A ツイン-ウォール、55発 140mm キャノン
   50口径速射マシンガン
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   X-Ø8
   「BERGDAHL JAMM SYSTEM」  「V12 TURBO 1200bhp」


S.M.S. (1985年)/ARAH (シアーズ限定)
 シアーズ限定。 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではクリムゾン・ガードが操縦士、コブラ・オフィサーがガナー、スクラップ・アイアンが後部に搭乗。
 コブラ・セントリー、コブラ・ミサイル・システムのセット。
 S.M.S. は 「セントリー・ミサイル・システム」 の略。
d0164702_13035314.jpg


コブラ・セントリー  Cobra Sentry
 H.i.S.S. 〈1984年〉 のリペイント。
武装:
   ツイン連動 EE-8 レーザー追尾対戦車ランチャー
   ヒーテッド・キセノン・スタン-スポット
インシグニア/識別番号:
※シールは基本的に H.I.S.S. と同じ。
   コブラ・コマンド・インシグニア
   788
   GH7c  3/63  V HS12-KM62153 FN-16-R
   N-155967 〈フックの図柄のシール〉

コブラ・ミサイル・システム  Cobra Missile System
 G.I.ジョー側の SMS 〈1982年〉 のリペイント。
主要諸元:
   ミサイル・エレベーター・ポッド 〈熱線追尾ミサイル搭載〉
      アンチ-ジャム搭載
   リモート・プログラミング/発射コントロール・コンソール
武装:
   熱線追尾高爆発ミサイル×3基
インシグニア/識別番号:
   65 〈ミサイル・ポッド〉
   コブラ・コマンド・インシグニア 〈熱線追尾ミサイル〉
   XØ3 HEETSEEK 〈熱線追尾ミサイル〉


ライフル・レンジ・ユニット (1985年)/ARAH (バトルフィールド・アクセサリーズ)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートで射撃しているのはスクラップ・アイアン。
d0164702_13035608.jpg

主要諸元:
   バトル・スタンド×2のほか、
   ブロック状の防護射撃土塁
   “フリップ-ダウン ”・ターゲット×2
   ライフル・ラック 〈ライフル×3丁収納〉
   コーション・サイン・ボード
付属武器:
   バヨネット・アタッチメント装着ハイレート M16-C5 5.56mm ライフル 〈※コルトCAR-15 カービン〉 はエアボーンv1 のXM-16 アタック・ライフル。
   カートリッジ・クリップ装着 M16-A1 5.56mm ライフルはグラントv1 から。
   L-88 7.65mm ジェネラル・パーパス・マシンガンはスノー・ジョブv1 のXMLR-3A レーザー・ライフル。
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア


コブラ・バンカー (1985年)/ARAH (バトル・ステーションズ)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートに描かれているのはデストロとクリムゾン・ガード。
d0164702_13035964.jpg

本体:
  ■ハイ-ポリマー含有モータル・ブロック・シールディング (分割によるバトル・ダメージ・ギミック)
武装:
  ■ロータリー-フィード D-133 7.8mm マシンガン×2 (旋回)
  ■近接信管地対空 MK-91H ミサイル (ランチャーから着脱)
      MK-91 “スリップストリーム ” 固形燃料スラスター
      モノ-マウント・ランチャー
インシグニア/識別番号:
   「コブラ」    コブラ・コマンド・インシグニア
   HA772350 (MK-91H ミサイル)

-------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/20263665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by joefig | 2014-09-04 19:23 | 設定探訪 | Trackback | Comments(0)