ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

リタリエーション/ニンジャ・コンバット・クルーザー

 リタリエーションのニンジャ・コンバット・クルーザー (2013年) です。
d0164702_17123795.jpg

※モデル車両としてアーメット・グルカ LAPV とコンクエスト・ナイト XV を追加しました。




このアイテムは KEITEN29 さんが運営されている HP「micro-toys マイクロトイズ」 のFOR SALE を利用させていただいて手に入れたものです。

-------------------------------------------------------------------------------------


 PoC のV.A.M.P.(2010年) のリデコです。
 ベース車両をミサイル・ポッドとガルウイング・ドアで化粧直ししている点は、ARAH時代のVAMPマークⅡ (1984年) を思わせます。
 ミサイル・ランチャーはPoC のウルフ・ハウンド (2010年) からの流用です。
d0164702_21404167.jpg



 この記事を作成した当初は、リデコに際してのモデル車両としてアメリカ軍のジョイント・ライト・タクティカル・ビークル (JLTV、統合軽戦術車両) を挙げていたのですが、先日地上波で TV放映されていた 『ワイルド・スピード MEGA MAX』 " Fast Five " (2011年) を観てようやく気が付きました。

 モデル車両は、『ワイルド・スピード MEGA MAX』 に登場したアメリカ DSS (外交保安部) のルーク・ホブス捜査官 (演:ドウェイン・ジョンソン) が乗り回すアーメット・グルカ LAPV か、同社がベース車両を供給しているらしいコンクエスト社のナイトXV だと思われます。


 アーメット・グルカ LAPV。
 フォード F550 のシャシーに 6.7ℓ ” パワー・ストローク ” V型8気筒エンジン搭載。

d0164702_00392294.jpg



 コンクエスト・ナイトXV。
d0164702_00392803.jpg


 ニンジャ・コンバット・クルーザーとグルカのデザインは完全には一致しませんが、きっとドウェイン・ジョンソンつながりということで、元ネタとして採り入れられたのではないでしょうか。
d0164702_15421945.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------

 三面図。
 ガルウイング・ドアのあるカーゴ・シェルと4連ミサイル・ポッドが付加されたものの、車両本体からはVAMP にあったウインチ機構がオミットされています。
 VAMP にあった細かい付属品もなくなり、唯一アンテナがあるぐらいです。
 サスペンション機構は残されていました。
d0164702_21411625.jpg

d0164702_21414012.jpg

 シールは撮り忘れたので、あとで時間があるときに付け足しておきます。

 斜め前方より。
 地雷待ち伏せに対する防護力は高そうですね。
d0164702_21504393.jpg

 カラーリング的には、市街戦や平和維持部隊への投入をイメージさせてくれます。
d0164702_21511348.jpg

  斜め後方。
  開閉できるようなリアハッチは特にありません。
d0164702_21512928.jpg

 上部から。
 2列目シートの上部はルーフが開口しています。
d0164702_21514993.jpg

 ガルウイングドアを跳ね上げて。
d0164702_2153487.jpg

 4連ミサイル・ランチャー。
 今回のビークルの唯一の武装。PoC のウルフ・ハウンドのリリース時にスプリング発射式のギミックを搭載されており、レバーを端から端へとスライドさせていくと順次ミサイルが発射されます。
d0164702_21533577.jpg

 ARAH 時代のスノー・キャット (1985年) の説明書によれば“ショックウェーブ”エレクトロニック HE-27 250LB ミサイルという名称です。
 なお、ARAH のV.A.M.P.マークⅡ(1984年、1988年)が搭載していたのはスティンガーXK2 ミサイル、タイガー・フォースのタイガー・スティング (1989年) が搭載していたのは“セイバー・トゥース” XK-2 地対空ミサイルという名称でした。

 車体への取り付けはバケット状になったターレット基部をシェルにはめ込むようになっています。
d0164702_2154497.jpg

 付属フィギュアはナイト・フォックスv2
 ハンドルをきちんと持たせることはできません。
d0164702_18453957.jpg

 運転席。
 本体の内装はV.A.M.P.と同じです。
d0164702_18461965.jpg

 30th のV.A.M.P.マークⅡとの比較。
d0164702_18464465.jpg

d0164702_1847174.jpg

d0164702_18472448.jpg

d0164702_18474053.jpg

 RoC のR.H.I.N.O.と。
d0164702_18481298.jpg

 R.H.I.N.O.はやっぱりデカいですね~。
d0164702_18483297.jpg

d0164702_1849484.jpg

d0164702_18491953.jpg

 RoC のスナーラー・サイクルと。
d0164702_19154514.jpg

 治安維持部隊みたいなイメージで。
 ミサイル・ランチャーは外してみました。
d0164702_19174024.jpg

d0164702_1919172.jpg

 両サイドと後部のプラットフォームにペグがあり、フィギュアを立たせることができます。
d0164702_2271698.jpg

 C ピラーとカーゴ・シェル上部にはグラブバーがあります。
d0164702_227374.jpg

 V.A.M.P.のガトリング・ガンを装着。
d0164702_19192865.jpg

d0164702_19194133.jpg

d0164702_19195840.jpg

 RoC のタイガー・クローA.T.V.のBGM-71 TOW ミサイル・ランチャーを装着。
d0164702_19201715.jpg

d0164702_19203733.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、ニンジャ・コンバット・クルーザーでした。
 V.A.M.P.自体出来がよかったので、バリエーションが増えたのは大歓迎です!

 さて、次回はビッグ・ボアです。 それでは!
[PR]
by joefig | 2016-05-17 00:41 | ビークル | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/17920469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KEITEN29 at 2013-03-21 10:52 x
こちらのアイテムもお買い上げ&ご紹介いただきまして誠にありがとうございます!

結構収納場所を撮るビークルだと思うのですが、
歴代のVAMPをお持ちとはスゴイですね
これまでズットコレクションされてきた方には、
今回カラーリングがぐれ一種なトーンになったので、その点がとても新鮮ですね!
ミサイル弾頭等には、ちょっとクリアー気味のオレンジの弾頭が使われることが多いので、
メーカー的には本シリーズのアクセント・カラーのつもりなんでしょうが、
一ファンとしては、他の色による表現の方が良かったのでは?と、
ちょっと考えてしまいますね。
いろいろとオミットされた部分もありますが、どうも「購入しやすい価格」ということを重視しているようで、
ビークル系の特に大型は、価格の据え置き感が高いので、
「その点では、とても助かったなぁ~」と、感じております!
Commented by joefig at 2013-03-21 23:37
>KEITEN29さん
これもお世話になりました!
デカいんですよね~、PoC以降のVAMPって。収納場所はだいぶ厳しくなっております。
スプリング発射のミサイルはもっとリアルだったら嬉しいんですけど、子供がなくさないようにとの配慮なのかもしれませんね。
値段があまり高くないのと、コンパクトに梱包されている点など、昔と違ってメーカーもいろいろ工夫しているようですね。 ボックスにもう少し余裕があって、分解して片付けやすいようだったら最高でした。