ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

サンボウ/『サージェント・サヴェッジ&ヒズ・スクリーミング・イーグルス』 ダイジェスト

 今回は 「G.I. ジョー:サージェント・サヴェッジ」 のトイの展開に合わせて製作されたサンボウ/ガンサー-ウォール・プロダクション製作のアニメ 『サージェント・サヴェッジ&ヒズ・スクリーミング・イーグルス』 “ Sgt. Savage and his Screaming Eagles ” (1994年) のダイジェストです。
d0164702_23194137.jpg
 



-------------------------------------------------------------------------------------

                   ↑ 「G.I. ジョー:サージェント・サヴェッジ&ヒズ・スクリーミング・イーグルス」 の項へ

 この前に製作されたDIC 版アニメについては
← DIC版 『G.I.ジョー:リアル・アメリカン・ヒーロー』 エピソード全リスト へ

                         この後に製作されたアニメについては
                         → アニメ 『G.I. ジョー・エクストリーム』 第1シーズン・ダイジェスト へ

-------------------------------------------------------------------------------------
アニメ 『サージェント・サヴェッジ』 概要


 この作品は VHS ビデオテープの形態で、サージェント・サヴェッジのラインから発売されたコマンドー・サージェント・サヴェッジ (サージェント・サヴェッジv1)(1995年) に同梱されていました。
 シリーズのパイロット版的な作りとなっていて、「古き英雄は死なず」 というサブタイトルがありました。


d0164702_2320615.jpg

「古き英雄は死なず」  Old Heroes Never Die (1994年)
──第二次大戦時の英雄ロバート・S・サヴェッジ曹長は、冷凍状態で保存されていたところを G.I.ジョー・チームに発見されて現代に甦る。 彼は部隊の中にいた裏切り者のために捕まって凍結されたのであったが、彼を裏切ったクリーガー少尉が、現在はストローム博士と名乗って新型宇宙ステーション開発の中心人物となっていることに気付く。 G.I.ジョーを率いるホーク将軍は、サヴェッジに部下として6人の屈強な兵士たちを与えた──。
ゲスト・キャラクター
   ホーク将軍 (アメリカ軍の特殊部隊 G.I. ジョー・チームの指揮官)
   レディー・ジェイ (G.I. ジョーの女性メンバー)    ドク (G.I. ジョーの医師)
   コブラ・コマンダー (テロ組織コブラのリーダー)
特記事項
・ VHS テープのラベルに記載されたサブタイトルは 「古き兵士は死なず」 Old Soldiers Never Die。
・ 以下の詳細を参照。

-------------------------------------------------------------------------------------
主要登場人物


 アメリカ軍
  G.I. ジョー・チーム
   ホーク将軍    レディー・ジェイ    ドク

  スクリーミング・イーグルス
   サヴェッジ軍曹 (ロバート・スティーブン・サヴェッジ曹長)
   D-デイ    ダイナマイト    グリル    ヘッド・バンガー    マウス    タンク

  I.R.O.N. アーミー (アイアン・アームズ・インダストリーズとして偽装)
   ギャリソン・クリーガー少尉/ギャレット・ストローム博士/ブリッツ将軍
   I.R.O.N. トルーパー (第二次大戦当時)    I.R.O.N. トルーパー (G.I. ジョー本部に侵入)
   I.R.O.N. ストームトルーパー
※劇中ではI.R.O.N. アーミーの兵士はロボットとして描写されているが、本来の設定はサイボーグ。

 コブラ
   コブラ・コマンダー (モニター内にのみ登場)

 その他
   アメリカ大統領 (※第32代アメリカ大統領フランクリン・デラノ・ルーズベルト)
      (1944年のニュース映像に登場。 サヴェッジに名誉勲章を授与)

-------------------------------------------------------------------------------------
登場ビークル


 アメリカ陸軍
   M4 シャーマン風の中型戦車 (1944年のニュース映像)
   MP のジープ    榴弾砲

  スクリーミング・イーグルス
   グリズリー SS-1 (ミサイルを搭載したジープ)
   P-40 ウォーホーク
      (レシプロ戦闘機カーチス P-40 ウォーホークの外観のまま中身はハイテク機に改修)
   スクリーミング・イーグル・タンク (シャーマンM4A1 戦車を意識した外観だが中身は別物)

  G.I. ジョー
   G.I. ジョー・スカイウォッチ (名称のみ登場。おそらく偵察衛星か何か)

 I.R.O.N. アーミー
   IOSP (インターナショナル・オービタル・スペース・プラットフォーム)
   化学消防車風の輸送車
   ハーフトラック型自走砲
   レシプロ機 (ジェネラル・ブリッツが逃走に使用)

-------------------------------------------------------------------------------------
基地その他


 アメリカ陸軍
   陸軍基地  
   G.I. ジョー本部 (?) (おそらく上記に併設)
   イーグルズ・ネスト (スクリーミンク・イーグルスに割り当てられた一室)

 I.R.O.N. アーミー
   アイアン・アームズ・インダストリーズのビル
   東ベルリンの秘密研究所

 その他
   宇宙ロケット発射基地

-------------------------------------------------------------------------------------
詳細


 古いニュース映画 (1944年のシネトーン・ニュース) が、第二次世界大戦で名誉勲章を受章したロバート・スティーブン・サヴェッジ曹長の活躍を報じている。

 1990年代半ば。 その映像を部下たちに見せていたホーク将軍は、レディー・ジェイのチームが東ベルリンの秘密研究所跡で冷凍保存された状態のサヴェッジ曹長を発見したことを告げる。
 しかも彼はまだ生き続けており、さらなる調査のためにホークたちの基地の科学施設に運ばれていたのである。

 ところが、サヴェッジの入ったサイロを狙って謎のロボット兵が侵入し、応戦したホーク、レディー・ジェイ、ドクたちにも危機が迫ったとき、突然サヴェッジが蘇生し、驚異的な力でロボットを破壊した。


 50年の時を経て蘇ったサヴェッジは、彼の部隊が東ベルリンでドイツ軍の秘密研究所を襲撃した際、裏切り者のために失敗したことを語る。
 ちょうどそのとき、ホークのもとへ最新鋭の宇宙ステーション IOSP に関する通信が入った。
 それはアイアン・アームズ・インダストリーズのギャレット・ストローム博士からのものであったが、モニターに映ったその顔を見たサヴェッジは、彼こそが自分と仲間を裏切ったギャリソン・クリーガー少尉であると主張する。
 しかし、ホークたちはサヴェッジの話が50年前のものであるとして取り合わなかった。


 その後サヴェッジは、自分がクリーガーの遺伝実験のモルモットにされたため、力と反射神経が拡張されていることを知る。 しかしそれは全身を消耗させるものでもあった。


 ホークはサヴェッジに6人の兵士を紹介する。
 彼らはそれぞれ専門とする分野のエキスパートだが、いずれも一筋縄ではいかない者ばかりであった。
 早速サヴェッジは力を示して彼らを手なずけ、この部隊を 「スクリーミング・イーグルス」 と名付けて訓練を開始する。

 ストローム博士がクリーガーであるとの考えが頭から離れないサヴェッジは、侵入したロボットの頭部の残骸を部下のマウスに調べさせた。
 するとやはりそのデータの中には IOSP やアイアン・アームズ・インダストリーズの情報があった。
 IOSP は実は最終兵器であり、地球上の全てのコンピュータ・システムを支配し、戦略防衛構想を狙うものであったのだ。


 一方、アイアン・アームズ・インダストリーズのビルの内部では、コブラ・コマンダーと通信するストローム博士の姿があった。 ストロームは準備ができていることをコマンダーに告げたあと、ブリッツ将軍と名乗ってその本性を現す。 そして彼のもとには無数のロボット兵 I.R.O.N. トルーパーズが従っていた。


 サヴェッジとスクリーミング・イーグルスは、今まさに打ち上げられようとしている ISOP の発射基地へと向かい、ブリッツ将軍とその軍隊を相手に戦闘を開始する。

 頭部を除いた全身が機械化されているブリッツはサイボーグとしての姿に変身した。 サヴェッジは苦戦し、ついに ISOP が打ち上げられてしまうが、ロケットにしがみついたサヴェッジは怪力で燃料パネルをこじ開け、手榴弾を投げ込んで爆発させ、遠隔操作で呼び寄せた戦闘機 (P-40 ウォーホーク) に飛び移って脱出する。


 仲間たちに迎えられて帰還したサヴェッジに、ホーク将軍は 「どうやらジョーに新しい部隊ができたようだな」 と告げる。
 しかし、爆発したロケットからはブリッツもまた飛行機で脱出していたことが確認されたのだった。


終わり

-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、アニメ 『サージェント・サヴェッジ』 のダイジェストでした。
 いずれはトイのほうも記事にしたいと考えています。

 さて、次回は 『G.I. ジョー・エクストリーム』 第1シーズンのダイジェストの予定です。 それでは!

[PR]
by joefig | 2015-10-11 16:18 | アニメ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/17573413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 森 和正 at 2018-02-21 16:44 x
youtubeで見ました。ラストにG.Iジョーの正式チームになるんですね
Commented by joefig at 2018-02-23 00:19
>森さん
コメントありがとうございます。
ホークやレディー・ジェイ、コブラ・コマンダーが登場したり、最後にスクリーミング・イーグルスのG.I.ジョー入りが示唆されるなど、一応ちゃんと続編として作られている点は面白いところです。
このまま続けて、レディー・ジェイが指揮官のチームになったりしたら案外面白かったかもしれませんね。