ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

25th/デストロ (アイアン・グレナディア・コマンド)

25th の北米トイザらス限定のシニア・ランキング・オフィサーズのアイアン・グレナディア・コマンド (3パック)(2008年) の紹介も残り1体となりました。 デストロです。
d0164702_22493697.jpg

Yo Joe! の分類ではデストロv20 にあたります。



-------------------------------------------------------------------------------------

セットの内容。
左から アイアン・グレナディア・トルーパーv7デストロv20アイアン・グレナディア・オフィサーv1 です。
d0164702_16261227.jpg

デストロv20 は、O-リング時代のデストロv2 をリメイクした25th のデストロv16 のリペイントです。
デストロv16 については、遊慈さんが記事にしておられます (こちらの記事です)。

デストロのこの姿は、私設軍隊アイアン・グレナディアを率いる際の、指揮官としての 「正装」 といえるものでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------


コマンド・ファイル:
アイアン・グレナディア・リーダー  コードネーム:デストロ
ファイル名:ジェームズ・マッカラン・デストロ
主要軍事特技区分:武器製造者
出身地:スコットランド、カランダー
 かつてコブラ組織にとっての主要な供給者でありアドバイザーであったデストロは、今や彼自身の悪魔的な目的を追い求めている。 個人的なボディーガードの中からアイアン・グレナディアの兵士たちの小規模な軍隊を構成し、不安定な国々の不安を刺激して軍事用の新たなマーケットを生み出しているのだ。 その影響が世界中で成長するにつれ、彼はかつてコブラ・コマンダーが抱いた夢を抱く。
 「先祖の1人はイングランド内戦において双方の陣営に武器を売ることにより家督を始めた。 ある先祖がクロムウェルの手の者によって現場を押さえられ、不気味な鋼鉄の仮面を着用することを強いられた。(彼らは罰は与えなければならなかったものの、依然として彼の武器を欲していたのだ。) その時以来、デストロ氏族の当主は誇りをもって仮面を着用し、次の世代へとそれを継承したのである」


 今回のフィギュアのファイルカードでは、刑を命じたのはイングランドのオリバー・クロムウェル (1599年~1658年) ということになっていますが、映画 『G.I.ジョー』(2009年) では、1641年にジェームズ・マッカラン9世がフランス王ルイ13世によって灼熱の仮面の刑に処されるという描写がありました。


素体。
25thのデストロv16 (2008年) のリペイント。
詳しく書くと、ヘッドは25thのデストロv14 (2007年) から。
ボディーは25th のデストロv16 の新規造型分。
肩当てや布製のマントは別パーツのものが接着されています。

d0164702_16264133.jpg

膝は二重関節ではありません。
25th ではほかにデストロv14 とかジョー側のサージェント・バズーカv3 などの大柄なキャラがそうでした。
ほかのフィギュアよりもボリュームがあるため、コスト削減で可動を減らそうとでも考えたのでしょうか。

バストアップ。
目は特に塗装されていません。
d0164702_16265340.jpg

付属品。
ディスプレイ・スタンドのほか、
サーベル、剣帯と鞘は25th のデストロv16 から。
コルト・パイソン357マグナムは25th のスノー・ジョブv3 から。
d0164702_1627915.jpg

RoC のジェームズ・マッカラン24世、デストロv23 と。
d0164702_16273166.jpg

コルト・パイソン357 マグナム。
最新兵器を供給するM.A.R.S.の親玉のくせにリボルバーを愛用してるんですね。
左腿のホルスターにきっちり収納しておけます。
d0164702_16275014.jpg

シャキーーーン! サーベルを抜いて。
d0164702_1628311.jpg

「つ~~づけ~~~~!」
d0164702_1629846.jpg

キリッ。
マーベル版コミックでは、ただバロネスを救うという目的のためだけにアイアン・グレナディアを率いてコブラ内戦に介入したデストロですが、DIC版アニメでは、ザラーナに乗り換えようとしてバロネスの怒りを買い、結局ザラーナを文字通り 「捨てた」 スケベ親父でした。
d0164702_16292536.jpg

アイアン・グレナディアの叙任式っぽいイメージで。
「汝をこれよりアイアン・グレナディアに叙す……」
なんとなくデストロはこういう格式ばった儀式が好きそうな気がします。
d0164702_16294895.jpg

d0164702_1630770.jpg

以上、デストロでした。
頭がやたら小さかったり、全体的なプロポーションがあまり好みではありません。 貫録のあるデザインなんですけどね。

さて、次回はザンダーの予定です。 それでは!
[PR]
by joefig | 2012-11-08 20:10 | フィギュア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/17061465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメレオン at 2012-11-07 23:47 x
このデザイン好きなんですけどね
お気に入り補正でごまかしております
でも可動も微妙だしなんだかもったいないですよねぇ
最近は6インチサイズに目がいってしまうんですよねぇ
Commented by マス☆ドリ at 2012-11-08 19:36 x
おじゃましマッキントッシュ!マス☆ドリです。

肩のマント?で微妙にサーベルが見え隠れするのがイイ感じ!

祖先からの仮面を真面目くさって被ってるので、
きっと デストロは「古き良き時代」の仕来りやアイテムが大好きで、自身の使う武器などこだわりが有りそうです!
「男は黙ってリボルバーだろっ!」って言ってそうです。
「お嬢ちゃんっ!オレのマグナムの威力を教えてやるっ!」とも言っ………

グレナディアと共に、このデザイン好きなので是非リメイク願いたいですっ!
Commented by joefig at 2012-11-09 16:46
>カメレオンさん
お気に入り補正はトイに接するときは欠かせない能力ですよね!
これが発売された頃だったらもっと高く評価できたんでしょうね。 今の目で見てしまったらどうしても物足りなく感じるに決まってますもんね。

ビークルとかをあまり考えなければ、6インチのほうがフィギュア自体の満足度は高いんでしょうね~。 一度いじってみたい気もしますが、はまるのが怖くてなかなか手が出せません……。
Commented by joefig at 2012-11-09 17:13
>マス☆ドリさん
いらっしゃE-メール!

このマント、もう少しだけ後ろのほうまであったら表情が出るんですけどね。 はためかせると意外と布の面積が少なくてちょっと安っぽい感じに見える気がしました。

家柄とか格式にこだわりがありそうですよね。 でもここぞとばかりに銀から金の仮面に替えるセンスは、しょせん戦争成金の家系なんですかね~。

マグナム云々、言いそうですね。 でも、「あら? もう弾切れ?」 なんてことも言われてたりして。

その前にデストロv1 も30th でリメイクしてほしいですね! 
Commented by NOR at 2012-12-23 17:23 x
金トロ、見た目的にはかっこいいと思うんですよね。
25TH以降もやたらと商品化されててv1リメイクよりも全然バリアントが多いですよね。
人気のワリに可動や素体バランスをきちんとした決定版がなかなか出ないのがむむむ~んですね。
コミックではストームシャドーなんかと一緒にジョーに協力してたベビーフェース時代にこの格好をしてたので、そのへんでもファンの印象に残っているのかもしれないですな。

私の印象にはDIC版アニメで浮気したり裏切ったり民家に放火したりしてる印象しかありませんが(笑)
Commented by joefig at 2012-12-23 23:40
>NORさん
剣やマント姿に大物感が漂っていて、やはり人気はあるんでしょうね~。
コミックでの格好よさとDIC版アニメにおけるしょうもないスケベ親父ぶりとのギャップが激しいですけど、銀の仮面を金に変えている時点で、ああ、こいつはしょせん俗物だな、と思わざるを得ません。 先祖代々の仮面を勝手に金にしていいのか!? とずっと疑問に思っています。