ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

25th/コブラ・ヴァイパー(コミック2パック)

しばらく前に手に入れてあったものになりますが、今回は25thから、コミック2パック#86 (2008年) のコブラ・ヴァイパーを紹介したいと思います。
d0164702_8541749.jpg

Yo Joe! の分類ではコブラ・ヴァイパーv16 にあたります。



-------------------------------------------------------------------------------------

マーベル・コミックスの "G.I.Joe: A Real American Hero" #86 ...Not Fade Away ! (1989年5月) の復刻版と、 アイアン・グレナディアv6、コブラ・ヴァイパーv16 のセットという内容でした。
d0164702_1741336.jpg

コミックの内容は、極秘の巨大レーザーが設置されたニューヨークの高層ビルをデストロの私兵であるアイアン・グレナディア部隊が襲撃するというもので、実はこのアイアン・グレナディアたちはコブラ軍が変装したものでした。


コブラ・ヴァイパーについては、当ブログでは25th のヴァイパーv20 や、PoC のヴァイパーv27、30th のヴァイパーv28 や、今回のもののカラバリのヴァイパーv19 を扱っていますのでそちらの記事も参照してみてください。


なお、Yo Joe! では、今回紹介するコミック2パック#86 のコブラ・ヴァイパーと、シングルパック版 (2008年) のコブラ・ヴァイパーとが共にv16 として扱われています。

-------------------------------------------------------------------------------------

ファイルカード(意訳)


≪シングルパック版≫
コードネーム:コブラ・ヴァイパー  歩兵

コブラ・ヴァイパーズはコブラ軍団の根幹をなすものである。彼らは高い意欲を持ち、見事に訓練され、強力な装備を与えられている。 全てのコブラ・ヴァイパーズはコンビネーション・アサルトライフル/グレネード・ランチャーを支給されている;そのライフル部分は、ショート・バースト・アサルト・ウエポンとして、連続射撃後方支援兵器として、あるいは距離計内蔵式最新鋭光学増幅ナイト・ビジョン照準器を備えた長距離マークスマン・ライフルとしても機能する。 マルチ-レイヤー・ボディー・アーマー及びRTO (ラジオ・テレコミュニケーション) ギア内臓のラップアラウンド・アクリル樹脂/コンポジット・ヘルメットは標準問題である。

「コブラに居場所を求めようとする者は、コブラ・ヴァイパーから始めなければならない。 それはピラミッドの底辺であり、コブラ歩兵として貢献することは、登りつめてきらびやかな褒章への権利を獲得するために支払う小さな代償だ。 コブラが成功に報いるのはパレードや勲章によってではない。 彼らが提示するのは富と権力であり、貪欲さや妬み、残酷さによって突き動かされるおそるべき衝動のはけ口なのである。 危険な相手ではないコブラ・ヴァイパーなどは、不要な存在なのだ!」


≪コミックパック版≫
歩兵  コードネーム:コブラ・ヴァイパー
ファイル名:多様
軍事特技区分:歩兵
出身地:各地

コブラ・ヴァイパー・トルーパーはコブラの軍団の根幹をなすものである。 この前線部隊は重装備かつ高度な戦闘訓練を受けている。 もしも汚い仕事が必要とされたとき、その先頭に立つのが彼らなのだ。 それはただ暴力を引き起こす楽しみのためだけではない;昇進する毎に大きくなる報酬のためでもある。 コブラ組織におけるより高い地位を獲得するため、彼らはコブラ・コマンダーに注目される機会をもたらすあらゆる命令に進んで従う。

「銃、ガッツ、欲望──それは力と富を手に入れるための完璧なコンビネーションだ」


素体。
全て新規造形。
シングルパック版ではブーツの一部にシルバーの塗装がありますが、コミックパック版 (この画像のもの) では省略されています。
d0164702_1774974.jpg

バストアップ。
このヘッドはゴーグルが別パーツとなっているのが特徴です。
d0164702_1781666.jpg

付属品。
ディスプレイ・スタンドのほか、
バックパック、ボディー・アーマー、ゴーグル、RDT-7 アサルトライフルは全て新規造形。
コミックパック版 (この画像のもの) では、バックパックのM.A.R.S. GM 212 サーマイト・グレネードの赤の塗装が省略されています。
d0164702_1785080.jpg

25th のヴァイパーv20、30th のヴァイパーv28 と。
d0164702_17343867.jpg

上体を比較。
メッキが施されたv20 とv28 のヘッドは同じ原型。
ゴーグルが取り外せるのは今回の v16 のヘッドだけ。 ただしフィット感はゼロで、すぐに落っこちます。
v16 とv20 のボディーは同じ原型。 ただしv20 では手首の角度が改修されています。 そのほか塗装などもv20 のほうが細かくなっています。
d0164702_1735535.jpg

立て膝は後ろに反った感じになってしまいました。
ライフルの成型色がチープですね。
d0164702_17381792.jpg

手首に変な角度がついているため、ライフルを両手で持たせようとしてもうまく決まりません。 この画像では左手はなんとなく添えているだけにしました。
ストックを腕より外側に出す感じで持たせれば両手持ちができますが、あまり格好よくはありません。
d0164702_17353684.jpg

カメレオンさんからいただいたヴァイパーv20 にライフルを持たせてみました。
こちらのほうは手首の角度が修正されているので両手持ちもそつなくこなしてくれました。
フェイス・シールドがメッキになっているのと相まって、上の画像と比べると雰囲気が格段に向上していますね。
d0164702_1736244.jpg

RoC のバロネスのボディーにヴァイパーv19 のヘッドを乗せ、今回のものに付属したゴーグルを装着してみました。
d0164702_17362428.jpg

d0164702_1736512.jpg

以上、コブラ・ヴァイパーでした。
もうすでに30th でリメイクされてしまいましたから、今さら……ですね。

さて、次回はアイアン・グレナディアです。 それでは!
[PR]
by joefig | 2012-10-29 19:54 | フィギュア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/16977894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KEITEN29 at 2012-11-05 01:24 x
手首に変な角度がついているのは、改良というよりは“改悪”になっちゃっていますね~!
コミック・パックという、もろもろオミットがあっても許される環境で、
実験的な試みを行ったつもりだったんでしょうか…?
一方で取れなくても別に構わないゴーグルが取り外し可能という芸コマな一面が、
もうワケわかんなくて、それなりにマニア心をくすぐりますね~!
コミック・パックはおトク感があるので、広く色々な人に手に取ってもらうのが目的なら、
ひょっとしてアーミー・ビルダー対策で、
あえて残念な点も意図的に盛り込んだのでしょうかね~!
Commented by joefig at 2012-11-05 18:00
>KEITEN29さん
わかりにくい文章でごめんなさい! 今回のv16 の手首が変な角度で、それがv20 では自然な角度になったので、やはり改良なのです。
ゴーグルのほうは、着脱式とした点にこだわりが感じられるのですが、いかんせん簡単に落っこちてしまうのでv20 では不採用となったのでしょう。
コミックパックは、だぶるキャラが多かったりしてスルーもされやすいシリーズかもしれませんが、スカード・コブラ・オフィサーとかビーチヘッドの素顔だとか、ボロボロのスネーク・アイズとか、どうも気になってしまう小技の効いたアイテムがあるんですよね。 30thに進化した今こそやってほしい企画です!