ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

リタリエーション/コブラ・ファングボート

リタリエーションから、コブラ・ファングボート (2012年) です。
d0164702_9232186.jpg




このアイテムは、kEITEN29 さんが運営されている HP「micro-toys マイクロトイズ」 のFOR SALE を利用させていただいて手に入れたものです。

-------------------------------------------------------------------------------------

付属のスワンプ-ヴァイパーv3 と。
d0164702_1622275.jpg

来年公開の映画 『G.I.ジョー/バック2リベンジ』 に登場するコブラ・エアボートをイメージしたトイで、内容的には、コブラ・ウォーター・モカシン (1984年) を新規造形でリメイクした25th のスティング・レイダー (2009年) のリデコです。

コブラ・エアボート。
コブラ・ウォーター・モカシンを実写向けにアレンジしたデザインだと思われます。
d0164702_8295562.jpg

コブラ・エアボートというのが正式名称かどうかは現段階では不明です。

-------------------------------------------------------------------------------------

三面図。
エアボートの利点は、水面下にスクリューや操作部が一切ないため、浅い河川、湿地帯や沼地、氷上でも操船が可能なことです。
d0164702_16222417.jpg

上下。
カタマラン (双胴船) の船体が特徴的です。
d0164702_16224421.jpg

シールの画像を撮り忘れたので、後日追加しておきます。

斜め前方から。
あまり購買意欲をそそるカラーリングではありませんが、デザインそのものはたいへん格好いいです。
d0164702_16232196.jpg

基本的にはO-リング時代のウォーター・モカシンのデザインですが、25th でスティング・レイダーという名称でリメイクされた際に船体のプロポーションが大きく変更されています。
今回のリデコでは、右舷デッキに大型のミサイル・ランチャーが追加されました。
d0164702_16233923.jpg

後方から。
d0164702_1624263.jpg

いろいろな角度から撮ってみました。
d0164702_1625159.jpg

d0164702_16255651.jpg

船首部のデッキにはフィギュアを立たせるためのペグがあります。
d0164702_1625448.jpg

砲塔にスワンプ‐ヴァイパーを乗せて。
手は機銃のハンドルをきちんと持てません。
d0164702_16295244.jpg

コックピット。
タルガ・ルーフ・パネルを取り外せます。
d0164702_16303648.jpg

d0164702_16313034.jpg

d0164702_16314521.jpg

d0164702_16323522.jpg

双子のマイクとジェフのテクノ兄弟参上!(捏造)。
今日も頑張ってハイテクマシンを造るぞ!
d0164702_16372677.jpg

エンジンルームにはV型エンジンのモールド。
青いダイヤルを回すと連動してファンが回転します。
d0164702_1642047.jpg

ウォーター・モカシンのトイの説明書ではツイン・スーパーチャージド・デストロ V型12気筒で、最高出力580HP、レッドゾーンは毎分9,250回転。
マーベル・コミックスの 『オーダー・オブ・バトル』 の記述によれば排水量3.5t、2名乗船・全装時の最高速度は28ノット、航続距離370海里です。

ボディー後部の両サイドはストレージ・リッドとなっています。
またその両サイドにはプラットフォームがあり、ペグでフィギュアを立たせることができます。
ウォーター・モカシンではエクステリア・クルー・デッキという名称でした。
d0164702_16422099.jpg

後部には大きなフィンがあり、リンク・バーでつながっています。
ボックスアートではこのリンク・バーは上端に描かれていますが、ウォーター・モカシンやスティング・レイダーでは下端に装着されていました。
d0164702_16463170.jpg

ターレット。
ウォーター・モカシンのトイの説明書によると電動制御で、22mm DES 20-B ツイン・マシンガンを搭載しています。
『オーダー・オブ・バトル』 によると50口径×2門です。
d0164702_164755.jpg

キャノン砲。
ウォーター・モカシンのトイの説明書では44mm ラテラル・“ ディストラクター ”・キャノンという名称でした。
『オーダー・オブ・バトル』 によると40mm チェーン・ガンです。
d0164702_16473911.jpg

新規造形のミサイル・ランチャー。
スプリングで赤いミサイルを発射します。
発射口の下部にはガトリング砲のモールドあり。
d0164702_16485450.jpg

船体下部にはトルピード(魚雷)がセットできます。
ウォーター・モカシンではリモート‐ガイデッド・“ ゲイター ”・サーフェイス・トルピードという名称でした。
d0164702_16513636.jpg

d0164702_16515274.jpg

こんなふうに船底にセットされています。
d0164702_1652652.jpg

きっとスキーで水面を疾走していくんでしょうね。
これ自体には何のギミックもありません。
d0164702_16521854.jpg

イエ~イ! 完成したぜっ!
d0164702_16531688.jpg

ターレットにRoC のナイトロ‐ヴァイパーを乗せてみました。
d0164702_16551215.jpg

成型色が青いパーツが、ナイトロ-ヴァイパーやトルーパーのカラーリングとマッチしていると思います。
d0164702_1655297.jpg

続いて25th のコブラ・イールに選手交代。
d0164702_165738.jpg

出撃準備!
d0164702_16573458.jpg

d0164702_16573939.jpg

ボディー全体で見ると、コブラ・イールとの相性が抜群です。
d0164702_16583556.jpg

d0164702_16585228.jpg

d0164702_1659490.jpg

RoC のマンティス・アタック・クラフトと。
こちらも似たようなカラーリングです。
d0164702_170471.jpg

d0164702_1703773.jpg

d0164702_1703392.jpg

25th のコブラ F.A.N.G.と。
同じ名前なので紛らわしいですね。
d0164702_1711986.jpg

d0164702_1711119.jpg

以上、コブラ・ファングボートでした。
あまりいいカラーリングとは言えませんが、トルーパーやイールと絡めると印象がずっとよくなる気がします。
造形的には、2体が搭乗でき、さらにクルー・デッキにも何体か配置が可能なので、いろいろなシチュエーションが想像できて楽しいビークルだと思います。

さて、次回はG.I.ジョー・トルーパーの予定です。それでは!
[PR]
by joefig | 2012-10-16 20:30 | ビークル | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/16947811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マス☆ドリ at 2012-10-18 19:13 x
おじゃましマロングラッセ!マス☆ドリです。

いやぁ~、相変わらず合成が抜群に上手いですねぇ~!(◎_◎;)
出るトコ出て、引っ込むトコ引っ込んで!手前の木とか水しぶきとかの境目の違和感もゼロじゃないですか!
素晴らしい(((o(*゚▽゚*)o)))

グレーを基調として赤や青のアクセントがあって私は結構いい感じな印象です!

ナイトロ・ヴァイパーやトルーパーが製作時に自身のカラーを船体に入れて存在をアピールしてる!的な設定など妄想出来てイイですねぇ~!

コブラ・イールのグレーに赤のポイントにマッチングしてて、まさに!奴らの為の乗り物って感じですね d(^_^o) 同じ水者だし。
ここまでマッチしてるなら、是非コブラ・イールをセットの人にして欲しいところですねっ!もちろん可動は25hのままで!

水物ってことで登場シーンを限定されがちながら、joefigさんのアイデア光る!船体生産シーンや搭乗者の選択により、かなりのプレイバリューの高さを引き出されましたね!
既存の動かない人は新スーツのサンプリングってコトで、ドクターにコマンダーへプレゼンでもして貰いましょうか(笑)
Commented by joefig at 2012-10-18 21:59
>マス☆ドリさん
いらっしゃいマスクメロン!

トップ画像は、川+ファングボート+本物のボートの水しぶきを合成してみました。立ち木が手前に見えるようにしたのが工夫したポイントなのですが、お褒めいただけて嬉しいです!

G.I.ジョーのトイは、設定や活躍シーンをいろいろと補足したりでっちあげたりする余地が残されているところがいいですよね。
joefigはイールが結構好きなので、ファングボートのカラーリングを見たときから、彼らを組み合わせてあげたいと思っていたんです。
付属フィギュアは、もっとイールっぽいカラーリングだったら嬉しかったんですけどね!
Commented by KEITEN29 at 2012-10-19 18:10 x
これは、これは楽しいレヴューになりましたね~!

私はテクノ・ヴァイパー2体を起用して紹介させたところが、
とても新鮮に感じました!
やっぱりひとつ、ひとつのアイテムに対して、
並々ならぬ愛情を持っていないと、出来ないレヴューだなぁと、
思いを新たにさせられました!
マンティス・アタック・クラフトなどとは異なり、
こちらは、複数のウォーター系キャラを絡めて、
半ば“水上の拠点”的にも使えそうな点が、とっても楽しそうです!
Commented by joefig at 2012-10-20 16:47
>KEITEN29さん
付属フィギュアの可動がショボいので、今回のレビューでは助っ人としてテクノ-ヴァイパーやイールなどを動員してみたのですが、楽しんでいただけたようでうれしいです!
今回のビークルは、フィギュアを多数絡めることができる点が魅力ですね。今後リリースされるアイテムの中には、コブラの青いゴムボート+武器セットなんてものもあるようなので、一緒に並べたらまた楽しめそうです。
水上の拠点としてなら、昔はG.I.ジョーのホバークラフト揚陸艇キラーW.H.A.L.E.とか、コブラの水中翼戦闘艇モーレイなどの大型アイテムがありました。ああいうのがリメイクされたら嬉しいんですけどねー。
あっ、でも置き場に困るか。