ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

リタリエーション/ゴースト・ホークⅡ VTOL

リタリエーションより、ゴースト・ホークⅡ VTOL (2012年) です。
d0164702_14115393.jpg




このアイテムも、KEITEN29 さんが運営されている HP「micro-toys マイクロトイズ」 のFOR SALE を利用させていただいて手に入れたものです。KEITEN29 さん、お世話になりました!

-------------------------------------------------------------------------------------

前作 『G.I.ジョー』 (ライズ・オブ・コブラ) では、「ハウラー」 という名称の G.I.ジョーの VTOL 輸送機が登場しました。
トイではこのハウラーの試作品が作られたものの未発売となり、結局バーガーキングのミール・トイとして 「ターバイン・ツイスト・ハウラー」 というアイテムがリリースされたのみでした。

今回はハウラーとはまた別のデザインの VTOL 輸送機です。
d0164702_17125719.jpg

名前こそスカイ・ホーク (日本名リトルハリー) の流れを汲むゴースト・ホークの名称を受け継いでいますが、
だいぶ大型になりました。

映画 『G.I.ジョー/バック2リベンジ』 の予告映像に登場していた機体がこのゴースト・ホークⅡ にあたるのかもしれません。
ただしトイのデザインは予告映像の輸送機とはかなり違っています。

予告映像の輸送機。
尾翼やエンジンのレイアウトはコブラ側のラトラーにも似ています。
d0164702_019145.jpg

トイではエンジンは4発ですが、映像では後部にも1発あるので合計5発です。
d0164702_0213813.jpg

こちらはケンプ・レミラードKemp Remillard氏によるコンセプト・アート。
氏のHP AZMAKRIEG から無断転載。 レミラードさんごめんなさい。
d0164702_16313497.jpg

d0164702_1631412.jpg

d0164702_16315510.jpg

d0164702_163253.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------

三面図。
ランディング・ギアは特になく、申し訳程度のスキッドがあるのみです。
d0164702_1715540.jpg

シール。
機首に貼る 1 の黒地のシールの上には 、下記の3種のノーズアートが選べるようになっています。
   A1・A2 ──怪獣の目と牙
   B1・B2 ──四葉のクローバー
   C1・C2 ──狼と “never lost a light! ” の文字
d0164702_2343266.jpg

付属フィギュアのデューク、各種ミサイルと。
各ミサイルについての細かい説明はありません。ミサイルの裏側は肉抜き穴でスカスカでした。
d0164702_17213821.jpg

組み立てた後も、この状態にまでは簡単に分解することができるようになっています。
ミサイルは、2基が一体化したもの (スプリング発射用) ×2基、爆弾×2基、AIM-120 AMRAAM風の空対空ミサイル×2基、AIM-9 サイドワインダー風の空対空ミサイル×6基が付属。
d0164702_17222257.jpg

主翼基部とエンジン・ユニットはシグマ6スタイルのジョイントで接続。
d0164702_17224261.jpg

各方向からの画像です。
d0164702_17232351.jpg

d0164702_17233752.jpg

機首の右サイドから突き出た空中給油用の受油ブローブが雰囲気を出しています。
説明書には 「ウエポン」 と記載されていますが、このパーツには特にギミックなどはありません。
d0164702_17255139.jpg

d0164702_17262423.jpg

d0164702_17271183.jpg

d0164702_17273329.jpg

機体後方から。
テール・ブームの裏側は大きく肉抜きされており、後述するギミック用の紐が丸見えです。
d0164702_1727561.jpg

d0164702_17283427.jpg

d0164702_1729029.jpg

d0164702_17291875.jpg

d0164702_17293973.jpg

d0164702_1730149.jpg

d0164702_1730473.jpg

d0164702_17311698.jpg

主翼のミサイル。
ミサイル・ポッドから突き出ている、2つのミサイルが一体化した形状のものだけが実際に発射できます。
d0164702_17315256.jpg

バシュツ!  スプリングで発射!
d0164702_1732863.jpg

垂直離陸モード。
オスプレイどころの騒ぎではありませんね。
d0164702_19131161.jpg

車輪などはないので、常に垂直離着陸しかできないと思われます。
ちなみに V-22 オスプレイの場合は、固定翼の揚力も利用しての短距離離着陸 (STOL) を採用することが多いそうです。
d0164702_19143650.jpg

d0164702_19152576.jpg

d0164702_19162316.jpg

エンジン。
エンジン・ポッドには、メイン・ノズルだけでなく姿勢制御用のスラスターもあるようです。
d0164702_1917740.jpg

コックピット。
d0164702_19301367.jpg

d0164702_19311176.jpg

デュークを乗せて。
d0164702_1932638.jpg

中はかなりゆったりとしています。
これだけのスペースがあるのなら、ぜひ頑張ってタンデムにしてほしかった……。
d0164702_19323060.jpg

d0164702_19324877.jpg

機体側面のディテール。
輸送機であるならば、側面にはハッチのディテールが欲しかったところです。
d0164702_19332618.jpg

機体下部のハッチ。
ここは実際に開く部分です。
d0164702_19335370.jpg

ハッチを使ってのギミックは、どちらかというとラペリングをイメージした遊び方をするもののようですが、回収時をイメージしても遊ぶのも楽しいです。

敵地に侵入してひと暴れしたカマクラ。そこへゴースト・ホークⅡが飛来!
ゴオォォーーッ!
d0164702_19445949.jpg

パカッ!
d0164702_19455138.jpg

スルスルスル…………
d0164702_19465437.jpg

パシッ!
d0164702_19472029.jpg

カチャッ!  ハーネスを装着。
背中のジョイント穴に固定するためのペグがあります。
d0164702_19491189.jpg

ビュンッ!
d0164702_19494792.jpg

あっという間に去っていくカマクラ。
d0164702_19503089.jpg

回収完了!
d0164702_19505143.jpg

仕組みはまったく異なりますが、画像的には 『ダークナイト』 で香港から脱出する場面で描かれていた 「スカイ・フック」 をイメージしてみました。
なお、マーベル版コミック 『G.I.ジョー:スペシャル・ミッション』 第1号 (1986年10月) にもスカイ・フックと同じものが登場しており、ここでは 「STABO ハーネス」 と呼ばれていました。

ハッチ内部の画像。
紐の両末端を引っ張るだけの単純なギミック。
d0164702_19512498.jpg

使わないときは、紐を機体後部のペグに引っ掛けて折り返し、プル側末端のタブをテール・ブームの内側にあるリブに固定しておくようになっています。
d0164702_19514366.jpg

こちらの画像は、下部ハッチから兵士が降り立つ場面をイメージしてみました。
d0164702_19525741.jpg

d0164702_19533711.jpg

d0164702_1954123.jpg

d0164702_19543586.jpg

d0164702_19545682.jpg

比較コーナー。

まずはコンクエスト X-30 との比較。
d0164702_19554980.jpg

本当ならゴースト・ホークⅡはもっと大きい機体なのではないかと思いますが、実際に並べてみるとあまり違和感は感じませんでした。
d0164702_19561262.jpg

コブラ・ラトラーと。
ラトラーより一回りほど大きいです。
d0164702_19562436.jpg

続いてピット・モービル・ヘッドクォーターズと。
さすがにピットは大きいですね。
d0164702_19564277.jpg

2台だけでも駐屯地の気分。
d0164702_1957035.jpg

d0164702_19571545.jpg

d0164702_19551491.jpg

以上、ゴースト・ホークⅡでした。
RoC のコブラ・ガンシップぐらいの大きさかな? と想像していたら、それよりも一回り大きかったです。
せっかく大きいのだから、もっとフィギュアを運べるような構造になっていたらいいのに……という気もしました。
とはいえ、支援メカという雰囲気で、なかなかいい感じのデザインになっていると思います。いろいろなタイプのビークルが発売される G.I.ジョーならではの商品と言えるのではないでしょうか!

さて、次回はまたまたインディー・ジョーンズものの予定です。それでは!
[PR]
by joefig | 2012-07-31 00:50 | ビークル | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/16256510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マス☆ドリ at 2012-07-31 12:25 x
おじゃましマシ・オカ!やったぁー\(^o^)/ではなくマス☆ドリです。

前記事の一枚目、二枚目の写真を見た際、動かなさそうなフィギュアと色味が何となく25th以前の古い物に見えましたΣ(゚д゚lll)
タイトル二度見しちゃおましたf^_^;)

下部ハッチが開いたり、STABO ハーネスってのは輸送機っぽさ全開でイイですねd(^_^o)

コクピットのタンデムってのはイイですね!
出来れば胴体をもっと太くして尾翼の方まで伸ばしてリアハッチが開閉できたり、人がたくさん乗れる様になってたら、より輸送機っぽくて良かった気がします。
(着陸時のリアハッチからの乗り降りが出来る見たいな…)

本当にピットはデカいですね!(◎_◎;)

支援メカは戦いだけじゃない画に幅が広がるからイイですよねp(^_^)q
Commented by joefig at 2012-07-31 19:23
>マス☆ドリさん
いらっシャーリーズ・セロン!

そうそう、この色味は初期のARAHのビークルを踏襲している感じになってますね!
機体下部は下から見上げたときのロービジ効果を狙ってか薄曇りの空のような色ですが、これはこれでコンクエストの機体色、ピットの最上部デッキの色、スティール・ブリゲードのコマンドー・セーターの色などとちょっと似てたりしていて、joefigはかなり気に入ってます。

RoCのコブラ・ガンシップはこれより小さかったにも関わらず、パイロットのほかに2名が搭乗できるシートがありましたから、今回も兵員輸送にはもう少し頑張ってほしかったです。ハッチの位置も、下部にあるのでは着陸時に乗り込む雰囲気が再現できないので残念です。
あと、ランディング・ギアも欲しかったです。

……と、なんだかんだ言いつつも、全体の雰囲気はいかにも支援メカっぽくまとめられていて、デュークたちの活躍との絡みを考えれば、戦闘機よりもありがたいビークルだと思います。
Commented by TORO at 2012-08-03 00:50 x
管理人様
この機体は大きさに比べて、そこまで収納力がなく、ギミックが少ないのが残念です。カラーリングは渋くて中々カッコイイのに、痒い所に手が届かないといった感じでしょうか。
しかし、管理人様のレビュー、特に下部ハッチからの人員出撃・回収等で魅力が引き出されていると思います。
下部ハッチにはフィギュアは(無理やりにでも)収納出来るのでしょうか?
Commented by joefig at 2012-08-04 14:22
>TOROさん
現用兵器よりは進んだメカでありつつ、あまりに突飛なSF色も抑えている感じで、好感は持てるんですけどね~。デカいんだからその分は収納力を発揮してほしかったです。
ハッチの内部にはフィギュアは収納できます。ギミックに従えば1体だけでしょうが、スペース的には無理やりというほどではありません。試してはいませんが2体ぐらい入る余裕もありそうだし、ただ突っ込むだけだったらもっと入るかも……。
Commented by KEITEN29 at 2012-08-12 18:08 x
こちらもお買い上げ&ご紹介いただきまして誠にありがとうございます!

私の方はちょっと拝見するのが遅くなりましたが、
まさに巷でオスプレイ騒ぎとなっている現在、
非常にタイムリーなアップデートだったんですね~!
並べた搭載ミサイルの量が、
航空雑誌に掲載されている写真さながらに圧巻ですね~!
この写真の撮り方はとてもカッコイイです!
VTOLギミックも楽しそうです!
この機体の雰囲気でタンデムで無いのは、ちょっと残念ですが、
スカイ・フックのギミックがあることは知らなかったので、
ちょっと安心いたしました!
フィギュアも身をかがめたら入っちゃいそうで、
これは、なかなかトイらしくていい感じですね~!
「ピット・モービル・ヘッドクォーターズ」と合わせたときの相性もよさそうですね~!
Commented by joefig at 2012-08-12 22:38
>KEITEN29さん
これを購入した際は、いつも以上にお手をわずらわせてしまいました! たいへんお世話になりました。

オスプレイといえば、レネゲイズのビークル 「ブラック・ドラゴン」 こそ、まさに同じ構造でした。
推進部分が可動する仕組みのVTOL機というのは、見てて心配になってくるビジュアルですよね。

ご指摘のように、ミサイルを並べた写真は実在の航空兵器の写真をイメージしながら撮影してみました。それっぽく見えたのでしたら嬉しいです!

ないものねだりで、収容力がない点を不満げに書いてしまいましたけど、トータルではかなり気に入っています! ジョーたちが敵地で活躍する前に、こういうビークルからドロップされる場面は欠かせないでしょう!