ブログトップ

The Pit

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。


by joefig
プロフィールを見る

インディー・ジョーンズ/イリーナ・スパルコ

インディー・ジョーンズ・ベーシック・フィギュアより、イリーナ・スパルコ (2008年) です。
d0164702_9452929.jpg

日本でもトミーダイレクトから発売されていたものです。



-------------------------------------------------------------------------------------

『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』 (2008年) に登場したソ連の KGB の大佐にして、博士号を持つ科学者です。
演じたのはケイト・ブランシェット。
d0164702_2391051.jpg

インディー・ジョーンズの世界観は、劇中の描写以外にも細かい設定があるようです。

1921年5月26日、ウクライナ社会主義ソヴィエト共和国東部の小村カランで誕生。
幼い頃から、目を見れば相手の思考を読むことができるという超能力があり、村人から 「魔女」 と呼ばれて家族は村八分にされたりしていたようですが、成長して村を出ると、ヨーガを学び、その後は超心理学者となって博士号を修得。やがてソヴィエト秘密警察 (1954年以降は KGB となる) に加わったとのこと。

1957年、アケトーのクリスタル・スカルの捜索のためにペルーへ渡った彼女は、インディー・ジョーンズと競いながらもクリスタル・スカルを手に入れたものの、そこに秘められたエイリアンの知識を切望したため、逆に精神を支配されて命を落としました。

-------------------------------------------------------------------------------------

素体。
グレーの軍服姿。乗馬ズボン (ジョッパーズ) とジャックブーツを履いています。
スカート状の裾は別パーツですが着脱はできません。
レイピアの鞘 (スカバード) も別パーツで、やはり着脱はできませんが回転させることができます。
d0164702_94697.jpg

可動はドフチェンコ大佐と大体同じですが、手首は手袋ごと可動。
足首はブーツと一体になっており、ブーツごとロールするのみです。

バストアップ。
d0164702_9462530.jpg

付属品。
レイピア、トカレフ TT-33、クレートのペーパークラフト、クリスタル・スカル、そのステッカー。
d0164702_9464573.jpg

ヘッド。
ケイト・ブランシェットには全然似ていません!
d0164702_9472627.jpg

同じシリーズのドフチェンコ大佐、RoC のバロネスと。
G.I.ジョーと比べるとただでさえサイズが違う上、そもそもバロネスは身長が高すぎる造型なので、並べると違和感があります。
d0164702_9474293.jpg

愛用の両刃のレイピア。
スウェプト・ヒルトと呼ばれる鍔も細かく造型されています。
残念ながら鞘に収納することはできません。
d0164702_948134.jpg

スカート状の裾のパーツは柔らかく、思ったよりは腿を前に上げることができますが、足首が動かないのであまり大きなポーズはつけられません。
d0164702_9482387.jpg

d0164702_9484672.jpg

レイピアをバロネスに持たせてみました。
ヒルトの部分が干渉するので、G.I.ジョーの男性フィギュアの手に持たせることはできないでしょう。
d0164702_949222.jpg

貴族の娘だけに、なかなか似合っています。
d0164702_9491511.jpg

ハンドガンとしてトカレフ TT-33 が付属。
ドフチェンコ大佐に付属していたものと同じです。
d0164702_9493257.jpg

付属のヒドゥン・レリック (隠れた遺物) は、「アケトーのクリスタル・スカル」 。
サイズはベーシック・フィギュアのスケールよりもずっと大きめです。
d0164702_949489.jpg

以上、イリーナ・スパルコでした。
手に入れたので一応記事にしてみましたが、joefigとしてはやはりG.I.ジョーとの相性が第一なので、このフィギュアではサイズが小さすぎるのが残念でした。

ほかにもインディー・ジョーンズものをいくつか入手しているのですが、おいおい紹介していくとして、次回はG.I.ジョーに戻り、スネーク-アイズの予定です。それでは!
[PR]
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/16150161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マス☆ドリ at 2012-07-01 14:53 x
おじゃましマン…………っタ!
はいっ!相変わらずチキン全開マス☆ドリです。

インディー フィギュアの白鳥沢レイ子じゃ無かった(-。-;
片桐はいり でも無かったf^_^;)
イリーナさんですか!だいぶ小さいんですね!(◎_◎;)
私はクリスタルスカルを持ってるインディーと革ジャンのマットと前回紹介されてたトループ・カーの3つしか持ってませんが、カーゴ・トラック、馬、バイクが欲しかったんですよね。

特にジャーマン ソルジャーwithモーターサイクルは軍用バイクでかっちょイイんですよね~!
Commented by joefig at 2012-07-01 21:49
>マス☆ドリさん
いらっしゃい股!

全然似てないですよね~。ケイト・ブランシェットの独特の美貌が、ゴジラをオカッパにしたみたいなこんな顔に……。
サイズ的にも、ジョーとマッチしていたら面白かったんですけどね。

皆さんやっぱりインディーに手を出しておられるんですね! インディー結構すごいな。
Commented by SithApprentice at 2012-07-02 00:54 x
あわわわわ・・・(´ω`)

私、スパルコさんは未所持だったのですが、
このお顔はスゴイっっっっっっwwwwww
思わず吹いてしまいましたっw

リアル 「イヤミ」ですねwww

しえぇぇぇぇ~~~~~っゞ(≧m≦●)ぷっ

・・・でも、欲しいw

ウフフフフ
Commented by カメレオン at 2012-07-02 18:28 x
やはり女性の顔つくるのは苦手ですねぇ
がんばってほしいものです

そういえば新しいジョーがなかなかに魅力的でした
あれは買ってしまいそう
Commented by joefig at 2012-07-02 21:39
>見習いシスさん
う~ん、「シェ~~!」 のポーズをとらせてしまったらもはやイヤミ以外の何者にも見えなくなりそうで怖いです。

やっぱり女性フィギュアってなんか気になりますよね。
Commented by joefig at 2012-07-02 21:46
>カメレオンさん
これでケイト・ブランシェットに激似とかだったらこのフィギュアの価値も相当違ったものになるんですけどね~。
それでも、昔の映画やTVのキャラクターのフィギュアなどと比べたら確実に進歩しているとは思います。いつかはこの手のフィギュアでも俳優・女優にきちんと似ているのが当たり前、みたいな時代も来るんでしょうかね。

ジョーの新作、アルティメット・スネチャマあたりが一番気になるところですかね。joefigは3パックのARAH版ファイアーフライと、ゴムボート+武器満載のクレートのセットは絶対買います!
by joefig | 2012-06-30 23:53 | フィギュア | Trackback | Comments(6)