ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

インディー・ジョーンズ/ドフチェンコ大佐

今回はG.I.ジョーではありません。
同じハズブロ社のインディー・ジョーンズ・ベーシック・フィギュアから、ドフチェンコ大佐 (2008年) です。
d0164702_9184765.jpg

日本でもトミーダイレクトから発売されていたものです。



-------------------------------------------------------------------------------------

『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』 (2008年) に登場したソ連軍のスペツナズ (特殊部隊) の大佐です。
演じたのはイゴール・ジジキン。
d0164702_16434975.jpg

フルネームはアントニン・ドフチェンコ。セルビア出身。
商品名の日本語表記ではドフチェンコ、小説ではダフチェンコとカタカナ表記されていますが、ロシア語人名としてはドヴチェンコという感じになるかもしれません。
クリスタル・スカルを狙うイリーナ・スパルコ大佐の指揮下にあり、部下ともどもアメリカの軍人になりすましてエリア51 に潜入したり、ペルーに行ったりしましたが、その最期は軍隊アリの大群に全身を包まれるというものでした。なお、作品の舞台設定は1957年です。

フィギュアのパッケージにも説明文 (英文) が書いてありましたが面倒なので省略します。

-------------------------------------------------------------------------------------

素体。
ソ連軍の士官用の軍服姿。ソ連軍の軍服は、ロシア時代からドイツ軍の影響を受けているそうです。
サム・ブラウン・ベルトのストラップ (斜革、負革) は、上の写真では左肩から下がっていますが、フィギュアでは右肩から下がっています。
足元は乗馬用ズボン (ジョッパーズ) にジャックブーツを履いています。
d0164702_937327.jpg

構造的には、スター・ウォーズ・ベーシック・フィギュアに準じた仕様となっています。
首はボールジョイントですが、G.I.ジョーのものよりボール部分が大きいので両者のヘッドを交換することはできません。
腕部の構造はG.I.ジョーと同じですが、肘の曲がりはかなり浅いです。
ベルトのあたりで腰がロールします。背中にはペグ用の穴はありません。
股関節は、アメトイ伝統のT型のもの。スカート状の裾のパーツがあるので可動は期待できません。
膝は二重関節ではありませんが、横ロールがあります。
足首はジョーと同じタイプの可動で、足裏にはジョーにあるのと同じ径のペグ用の穴があります。

バストアップ。
造型の写実性は同時期に発売されていた 25th版G.I.ジョーよりはずっと上です。
d0164702_938219.jpg

付属品。
クレート (木箱) のペーパークラフト、AKS-47、トカレフ TT-33、カーリーの杯、そのステッカー。
d0164702_9383166.jpg

インディー・ジョーンズのベーシック・フィギュアには、クレート (木箱) を模したペーパークラフトに入った 「ヒドゥン・レリック」 (隠れた遺物) というアイテムが付属しており、ドフチェンコ大佐の場合は 「カーリーの杯」 がそれにあたります。

ヘッド。
目元がぱっちりと塗装されているせいで、イゴール・ジジキンとはまったく似ていません。
d0164702_9384966.jpg

d0164702_16464049.jpg

25thのレッド・スター、RoCのホークと。
イゴール・ジジキンは大柄だったと思いますが、G.I.ジョーと比べるとこのフィギュアは小柄になってしまいます。
d0164702_9391036.jpg

構造はだいぶ違いますが、どうにか一緒に遊べる範疇に収まっているのではないでしょうか。
d0164702_939274.jpg

ロシア兵とG.I.ジョー・チーム。
対立したり、協力したりと思わず妄想が膨らみます。
d0164702_9394593.jpg

AKS-47。
ただし劇中で使われたのは中国のノリンコ製の56-1式自動小銃だったようです。
残念ながら可動がプアのため、こんなふうにしか構えることができません。
d0164702_940159.jpg

比較してみました。
上が今回の AKS-47。
G.I.ジョーに付属する銃よりもずっと柔らかい素材でできています。より子供向けになっているということなのでしょう。
下はビッグ・バッド・トイ・ストア限定ドレッドノック・バトル・パックのザーニャの AK-47。
d0164702_9401912.jpg

トカレフ TT-33。
ただしこれも劇中のものはノリンコ製の213式拳銃でした。
これが収納できるホルスターは用意されていません。
d0164702_9403582.jpg

ドフチェンコ大佐  「さあ、同志クリモフ、こいつを開けたまえ!」
レッド・スター  「ああ、わかってるさ」
d0164702_9405858.jpg

よいしょ……
d0164702_9413597.jpg

レッド・スター  「あったぞ! カーリーの杯に間違いない」
ドフチェンコ大佐  「うむ。ついに我々はこれを手に入れたな!」
d0164702_9415715.jpg

ジャ~~ン! 「カーリーの杯」。
これは第2作 『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』 (1984年) に登場したもので、ヒンドゥー教の女神カーリーを崇拝する邪教集団サギー教の司祭モラ・ラムが、人間を洗脳するために飲ませるカーリーの血が入った器です。
d0164702_9422957.jpg

劇中に登場したものは人間の頭部をミイラ化したみたいな感じだったので、この付属品はフィギュアとのサイズ比としては大きすぎますね。
確かモラ・ラムのフィギュアには、ちゃんと同サイズのカーリーの杯が付属していたと思います。
d0164702_1635474.jpg

ドフチェンコ大佐  「よし、コブラやG.I.ジョーどもに嗅ぎつけられる前に移送するのだ!」
d0164702_942516.jpg

d0164702_943418.jpg

以上、ドフチェンコ大佐でした。
ロシア兵がレッド・スター1人だけというのも淋しいと思い、探して手に入れてみました。なかなかいいんじゃないでしょうか。

このシリーズ、joefigがRoCのフィギュアを集め始めた頃にトイザらスで投げ売りされているのをよく見かけたものですが、その頃はジョーにばっかり目がいっていたのでスルーしていました。
今にして思えば、あのときドイツ兵とかロシア兵などを買っておけばいろいろと使い勝手があったのに、と後悔しています。

さて、次回はやはりインディー・ジョーンズものから、トループ・カーの予定です。それでは!
[PR]
by joefig | 2012-06-26 21:30 | フィギュア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/16103184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マス☆ドリ at 2012-06-27 22:43 x
おじゃましマウスピース!
マス☆ドリです。

ジョーでロシア絡みの人が他にも居るのぉ~?!
っと、思っていたら…
なるほどっ!インディーでしたか!
ですと、わんさか居ますねーd(^_^o)
以外と使える人も、乗り物も有る様ですねぇー!(◎_◎)
何れも可動は残念なようですが…

今となっては、なかなか入手しずらく残念です(T ^ T)
Commented by joefig at 2012-06-28 21:07
>マス☆ドリさん
いらっしゃくれ顎!

アメトイ伝統の3.75インチですが、スーパーヒーローとかSFっぽいのはいろいろいても、リアルな格好のフィギュアというのはあまりないので、今にして思えばインディー・ジョーンズ・ベーシックは結構貴重だったかもしれませんね~。SWのノリで展開されていたようで、劇中に登場した端役でもフィギュア化されていたりして、これだけ商品展開される映画ってなかなかありませんよね。
ホント、市場にたくさん出回っていた頃に買っておけばよかったです。
Commented by KEITEN29 at 2012-07-02 15:15 x
おっと、ちょっと見ない間に精力的に更新されていたようですね~!
しかもインディ系のアイテムとは!!
この人は、確か私も持っていますね~(忘れてる)!

私もだいぶ後になってから欲しくなってしまいある程度買い集めてしまいました。
皮肉なもので、トイザらスや家電量販店でたくさん売られていた時には、
その価値に気が付かなくて、あまり興味が無かったんですよね~!
去年のSDCCエクスクルーシヴの「ロストWAVE」のことも、いつの間にかスッカリ忘れていて、
気が付いたらもう売り切れになっていて、こちらも公開してしまいました。

25thのレッド・スターは、相性がバッチリみたいですね~!
Commented by joefig at 2012-07-02 22:05
>KEITEN29さん
先日はご心配をおかけしました! 今後もよろしくお願いします。

確かに、SDCCでもセットものが発売されていましたね!
こういう、流用して重宝しそうなアイテムが定期的に出現してくれると嬉しいですよね。カーゴ・トラックなんて、何の変哲もないただの軍用トラックですからね。あんなものが3.75規格で出ていたなんてインディー・ジョーンズはすごいです!