ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

インディー・ジョーンズ/マット・ウィリアムズwithパイソン

今回もインディー・ジョーンズものに脱線です。
インディー・ジョーンズ・ベーシック・フィギュアより、マット・ウィリアムズwithパイソン (2008年) です。
d0164702_18531371.jpg

日本でもトミーダイレクトから発売されていたアイテムです。



-------------------------------------------------------------------------------------

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (2008年) に登場した、インディー・ジョーンズの息子です。
演じたのはシャイア・ラブーフ。
d0164702_285060.jpg

本名はヘンリー・ウォルトン・ジョーンズ3世。インディアナ・ジョーンズことヘンリー・ウォルトン・ジョーンズ・ジュニアと、マリオン・レイヴンウッドとの間の息子。1938年7月生まれ。

誕生前に父は姿を消し、母はコリン・ウィリアムズという男性と再婚したためにウィリアムズ姓になりました。
マットというのは彼が勝手に名乗っている名前で、「雑種犬」 の意。父が名乗っているインディアナというのも愛犬の名前からとったものでしたから、親子はやはり似るということなのでしょう。
※G.I.ジョー・チームのマットのコードネームも 「雑種犬」 からきています

劇中ではバイクを乗り回していましたが、設定である1957年のものではなく、2007年型のハーレー・ダヴィッドソン FXSTS ソフテイル・スプリンガーをそれっぽく見せたものだったようです。

-------------------------------------------------------------------------------------

素体。
可動はスターウォーズ・フイギュアに準じた構造。
これはまたえらく足が短いですね。
d0164702_8285459.jpg

バストアップ。
頼りない雰囲気も含めて、造型的にはよくできています。
d0164702_8292459.jpg

付属品。
ペーパークラフトのクレート (木箱)、お宝のイラスト (なぜかイラストの上下が逆)、ホルスの眼、パイソン、スイッチブレード。
d0164702_8295433.jpg

ヘッドはシャイア・ラブーフの特徴をうまくつかんでいるほうだと思います。
d0164702_8301043.jpg

エンジニアリング・ブーツには、皮革が痛んだかのようなリアリティーのある塗装が施されています。
d0164702_8303531.jpg

G.I.ジョー・フィギュアと比較。
一般人のティーンエイジャーであることを考えれば、バリバリの軍人やワルと比べて体格が見劣りしてもちっともおかしくありまぜん。むしろ適正な体格差に思えます。
d0164702_8305598.jpg

スイッチブレード (飛び出し式ナイフ)。ちょっと曲がってますけど。
マット君、戦闘力は低そうですね~。
d0164702_831207.jpg

パイソン。
確か劇中では、底なし沼に落ちたインディーを助けようと持ってきたものが、ロープではなく蛇だった、というシチュエーションがあったような気がします。
でも、このサイズはちょっと大きすぎるような……。
d0164702_3135511.jpg

「やだ……大きいわね……」
d0164702_222875.jpg

ということでバロネス登場!
バロネス  「見つけたわよ……“プレイボーイ 217” ってのはあんたのことね? サム・ウィトウィッキー!」
マット  「あの、あんたたちが誰か知らないけど……それって人違いしてますよ……」
d0164702_8331325.jpg

バロネス  「しらばっくれるんじゃないわよ! お宝を持ってるだろ!? さっさとそいつをよこしな!」
d0164702_833278.jpg

バロネス  「ねぇン、おとなしく渡してくれたら、お姉さんがイイコトしてあげる……かもよ?……」
一同  「!!」
このユダヤ系の青年、なぜかビッチ系にモテるのです。
d0164702_8334979.jpg

マット  「はぁ、はぁ、ただいま持ってまいりましたーーっ!」
バロネス  「ふふふ、素直じゃない…………あら? うちの兵隊たちはどこ行ったのかしら?」
d0164702_834737.jpg

一同  「よろしくお願いしまぁ~~す!」
d0164702_8342497.jpg

バロネス  「……あんたたち全員トキソ-ヴァイパーに降格ね……」

付属のお宝は 「ホルスの眼」。
古代エジプト神話のホルス神の眼は、護符としてよく用いられた意匠です。
d0164702_8344952.jpg

争奪の対象となったお宝を持つ民間人を守って戦うG.I.ジョー・チーム!
デューク  「ここはおれたちが何とかする! 君はそれを持って逃げるんだ! さあ、早く突っ走れ!」
な~んてシチュエーションで。
d0164702_835746.jpg

そういえばjoefigはこんなのも持ってました。
レーザービーク。
d0164702_0151041.jpg

ジーッ……
d0164702_01546100.jpg

認証完了! 拉致!  ガシッ!
マット  「ひいぃ~~ッ! 絶対、人違いしてるよ~~!」
d0164702_0162367.jpg

周りを飛び回って嫌がらせ。
マット  「身に覚えがまったくないんだけど!」
d0164702_0171380.jpg

d0164702_0174849.jpg

シャキンッ!
マット  「うわ~~~っ!」
d0164702_0182753.jpg

と、そのとき!
ドーン!
d0164702_0191530.jpg

「ギャース!」  バコーーーーン!
d0164702_0201240.jpg

ドガシャッ!
マット  「!?」
ピクピクピク……
d0164702_021846.jpg

ブロロロロ…………
プシューー─ッ
d0164702_930012.jpg

ドッドッドッドッドッドッ……

マット  「ト、トラック!? おいおい、今度は一体何なんだよ……」  
d0164702_18563978.jpg

ガシャン、ガシャン!
d0164702_923493.jpg

グイィ~~ン……ガシャッ、ガシャッ……

ズシンッ! カチャカチャカチャカチャ……ガシャン、ガシャン
d0164702_9204973.jpg

マット  「……す、すごい……何だこれ……」
ギゴガギギゴ……
d0164702_1534779.jpg

ズン……
オプティマス  「サム……私の名はオプティマス・プライム。オートボットの司令官だ……」
d0164702_1541696.jpg

マット  「……だから、人違いだって……」
d0164702_8352349.jpg

以上、マット・ウィリアムズでした。
思わず人違いして遊びたくなりますね!

さて、次回はG.I.ジョーに戻ってロードブロックの予定です。それでは!
[PR]
by joefig | 2012-07-07 19:05 | フィギュア | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/16092097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SithApprentice at 2012-07-08 01:18 x
ああああっ!!!
ついについに我等がマット君が来ましたねぇぇwww

このマット!シャイア・ラブーフの特徴をうまくつかんでいるほうどころか、HOTTOYSクオリティばりに激似してるって思っているのは私だけでしょうかねwww
そっかぁぁぁ。こっちのバージョンだったらトレードマークの飛び出しナイフが付属だったんですねぇぇぇ!!!ヤバイっ!このナイフの為だけに買ってしまいそうwww
どーしてもこのマットはトランスフォーマーと絡めたくなっちゃいますよね~~~www
しかし、オプティマスがマットの前に立ちはだかる写真www
スゴイ良く出来すぎててウケましたw

私も所有してる革ジャン姿のマットの他に、バイクとセットのマットもありますよねぇぇ!
それ探してるんですけど、いまさらなのか全然売ってなくって(´д`、)

joefig様はお持ちですか???
お持ちでしたらレビュー期待してまっす(´ω`)ノ

うっしっし
Commented by マス☆ドリ at 2012-07-08 11:52 x
おじゃましマンマ・ミーヤ
マス☆ドリです。

全然気付いてなくて、マットのフィギュアを手に入れて
あれっ?!
何か似てるぞ?!
で調べてた同一人物だったていう気付くの遅すぎな私ですが、なかなか似てますよね!

やっぱりバロネス様は最高です!
私もクレート持ってこうかな!(笑)

ジョーとも違和感なく絡められてますね!

そう言えば、ジョーフィギュアの中に少年少女ってなかったですよね?

そこらへんも出して貰えると、遊びの幅がググッと広がりますねぇ~!
Commented by joefig at 2012-07-08 18:15
>見習いシスさん
ヘッドの出来は、インディーのベーシックの中では一番よくできているかもしれませんね! ちゃんとシャイア・ラブーフに見えますからねー。
joefig、マット君はこのバージョンしか入手できていないのですが、最近ネットで調べたらたまたま売ってるショップが見つかったので、これが手に入っただけでもラッキーでした。
革ジャンもバイクも欲しいな~。

EZコレクションのオプティマス、こんな合成画像に使っても結構さまになってしまうクオリティー……なのになのに、この画像を作成したあと、どこにも見当たらなくなってしまいました! 息子たちがどこへなくしてしまったのやら……。
Commented by joefig at 2012-07-08 18:32
>マス☆ドリさん
いらっしゃいま謝々!

知らずして何気に入手……さすがです。
バロネス様、普通の格好の市民と並べると改めてボンデージな衣装が目立つ気がしました。

非武装の一般市民というのはなかなかフィギュアになったりはしませんから、これは案外貴重ですよね。ジョーと並べても本当に違和感もなく、気に入っています!
インディー・ベーシックの豊富なキャラ&ビークルのリリースは、やはり『スター・ウォーズ』の成功あってのことでしょうね~。あの路線をインディー・シリーズにも持ち込みたかったのでしょうから。

G.I.ジョーも、とにかく出来のいい映画を一度きちんと作って、その劇中に登場したキャラクターを全部フィギュア化するぐらいのことをやってくれたらな~。
Commented by KEITEN29 at 2012-07-21 10:34 x
面白い!純粋に楽しめるパロディ活劇でした!

こんなレビューが出来るのは、平素からハッピーな生活をしていらっしゃるからなんじゃないかと思います!
このマット君、付属のヘビの色が明るいグリーンのと、濃いグリーンのとがあって、どちらかがヴァリアントなんですよね~。
自分も持っているんですが、人にもお譲りしたりしているうちにどちらを所有しているのか、
スッカリ忘れてしまいました!今度確認しようっと!

こうしてじっくり取り上げていただくと、“スタイルがあまり良くない”とか、だんだんどうでも良くなって、
これはこれで、とてもよくできたフィギュアなんだな~っと、再認識させられますね!
フィギュアのタイプ的には、皮ジャンにソードの方が人気があって、こちらは比較的入手しやすい方なんですが、
なんだかとても愛着が湧いてきてしまいましたね~!
イヤ~!フィギュアッテイイなぁ~!
Commented by joefig at 2012-07-22 12:58
>KEITEN29さん
楽しんでいただけてよかったです。ふふふ!

ヘビの色にヴァリアントがあったんですか! そこまでは調べませんでした! このヘビ、造形も塗装もそれなりにきちんとしているんですけど、全体的に見るとどうも昔の駄菓子屋にあったゴムのヘビを思い出してしまうんですよねー。

単体だと可動とかいまひとつなんですけど、他のフィギュアとうまく絡めると俄然おもしろくなってきますね、このマット君は。実にいいタイミングでインディーと実写版TFとに出演、フィギュア化されたものだと思います。こういうのって本当に楽しいですよね!