ブログトップ

The Pit

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。


by joefig
プロフィールを見る

動物の世界/⑦ワニ

タカラトミーアーツの食玩 「動物の世界」 から、⑦ワニ (2011年) です。
d0164702_8264456.jpg

マス☆ドリさんからのいただきものシリーズもいよいよ佳境です。
※もう一匹追加しました。



これはアリゲーターではなくクロコダイルのほうですね。

パッケージより

⑦ワニ
アジア、オーストラリア、アメリカなどに、
大きさ約2~6mまで、様々な種類がいる。
川や湖といったところにすみ、水辺にきた
獲物を大きな口で捕らえ、食べてしまう。


首と四肢の付け根が可動しますが、特にこれといったポーズも思い浮かびませんでした。
首の付け根も癒着している感じなので、無理に動かさないことにします。
d0164702_827950.jpg

まあ、顎が動いてくれれば充分でしょう。
d0164702_8283548.jpg

正面。
d0164702_8285230.jpg

PoCのクロック・マスターv4 と。
このあたり、遊慈さんとおんなじこと考えています (遊慈さんの記事はこちらです)。
d0164702_8293793.jpg

コミックによると彼はワニを何匹も飼っているという設定でした。名前はチェルシー、ロリータ、メリッサ、タラ、マティルダ、ティファニーなどです。

クロック・マスターのワニと比較。
今回のもののほうがサイズも造型も上ですね。
d0164702_830618.jpg

もう一匹発見!
d0164702_14154124.jpg

ガシッ!
d0164702_1416350.jpg

ふんッ!  ガバーッ!  ワニって量産型ザクの色だったのか……。
d0164702_148955.jpg

三匹に増えました!
実はマス☆ドリさんからもう一匹追加でいただいてしまったのでした!
何匹か従えさせた姿は、もうjoefigのイメージ通りのクロック・マスターです!
なんてサービス精神旺盛なマス☆ドリさん……わざわざ追加で密猟&密輸してくださったのですね!
d0164702_1491348.jpg

レコンド、危うし!(今回の彼はPoC版です)
d0164702_3365299.jpg

実はシグマ6のコマンドー・スケール (8インチ) で、レコンドとワニのセットが販売されていたことがあったようです。

G.I.ジョー・アドベンチャー・チームのテラー・オブ・ザ・スワンプ (2007年)。
d0164702_8365996.jpg

レコンドはオーストラリアのビクトリア川で凶暴なクロコダイルを捕獲しようと格闘しています。

シグマ6の末期に発売されたこのG.I.ジョー・アドベンチャー・チームは、12インチのアドベンチャー・チームをシグマ6のフォーマットで復活させたもので (ただしシグマ6の表示はありません)、下記の3種がラインナップされました。
      商品名                 セットの内容             舞台
   デンジャー・イン・ザ・ジャングル  ストーム・シャドウ対トラ     インドのラジャスタン
   テラー・オブ・ザ・スワンプ      レコンド対クロコダイル      オーストラリアのビクトリア川
   ピラミッド・オブ・ペリル       スネーク-アイズ対巨大コブラ  アフリカのヌビア砂漠にあるピラミッド

同梱の 「アドベンチャー・ガイド」 というリーフレットには、上記のほかに以下の動物のことも記載されており、プリ・プロダクション・モデルも作られました。
   G.I.ジョー・コルトン対ゴリラ  アフリカのイトゥリの森
   ダスティー対サソリ  南米のアタカマ砂漠
   ウェット-スーツ対サメ   グレートバリアリーフ

このほか、詳細は不明ながら翼竜プレダクティルス、黒ヒョウなども試作されていたようです。

リーフレットの 「アドベンチャー・ガイド」 。
画像はYo Joe! より無断転載 (縮小しています)。Yo Joe! さんごめんなさい。
革製のトランクを模した表紙・裏表紙。ATのロゴと滞在地のステッカーが貼られた雰囲気になっています。/ 「冒険の準備はできているか!?」 。アドベンチャー・チームへの勧誘です。/ 「ゴールド・モンキーズ・チャーター」 社の広告。
d0164702_219698.jpg

「アマゾン・オールズ」 社による冒険用装備の広告。/ 「冒険者は何を行うか?」 と題した質問コーナー。「トラを追跡するにはどうしたらいいのですか?」 との質問に対し、サファリ・エキスパートのA.P. アガンドという人物が 「S・シャドウの 『ニンジャ・ステルス・ガイド』 を読むように」 などと応えています。
d0164702_2194131.jpg

「地球上で最も危険な場所」 と題した地図。/ 「コルトンズ・プレース」 の広告。ジョー・コルトンが経営権を持つジャングルのファーストフード店で、“大いなる未開の地における家庭の味” が売りです。メニューはムカデのサラダ、サルの脳味噌バーガー、スパゲティ&泥玉、魚の目玉のスープ、ヘビの毒液のソーダ、シロアリのタコスなど。/ジム・Bなる人物によるオーストラリアの冒険のレポート。
d0164702_2202340.jpg

「スキー&クレート」 社による冒険装備の広告。/「君はどの程度の冒険家か?」 と題したチェックシート。答えによって 「家にいろ!」 「ツーリスト!」 「真の冒険家!」 と診断。/ 「アーブコ・クレート・カンパニー」 の広告。2人の人物はおそらくトマックスとザモットでしょう。上のほうではクリムゾン・ガードがクレートを運んでいます。/ 「機密」 と題したページ。「求む」 欄には 「ケツァワツィトの偶像。最後に確認されたのは食肉性のクモに囲まれた南米の洞窟。報酬は高額」、「ファラオのダイヤモンド。腹をすかせたナイルワニに守られている。交通費と莫大な発見者報酬を支給」、「赤ひげの宝。黄金と宝石で一杯の海賊の宝箱、サメがうようよする海にあり。経験豊富なダイバーに限る」 などと冒険の依頼が掲載されています。
d0164702_2204153.jpg



12インチでもワニが発売されたかどうか少しだけ調べてみたところ、とりあえず2つほど画像が見つかりました。どちらもやはりアドベンチャー・チーム絡みです。

G.I.ジョー・アドベンチャー・チーム (リバイバル期) から、シークレット・オブ・ザ・サヴェッジ・スワンプ (2004年)。
フィギュアは女性の G.I.ジェーン です。
※リドリー・スコット監督、デミ・ムーア主演の映画 『G.I.ジェーン』 (1997年) はG.I.ジョーのトイの設定とは何の関係もありませんが、デミの元亭主が 『G.I.ジョー2』 でG.I.ジョー・コルトン役というのは面白い巡りあわせですね。
d0164702_8372746.jpg

ボックスの裏には簡単なストーリーが記載されているのですが、3.75インチのARAH から12インチに導入された敵組織 「ブラック・ドラゴン」 のことが書かれています。
アラシカゲ一族とも関わりのあるブラック・ドラゴンについては、いずれ別の機会に記事にしたいと思います。

G.I.ジョー・アドベンチャー・チーム (リバイバル期) の装備セット、マウス・オブ・ドゥーム・ミッション (おそらく2002年)。
d0164702_8391388.jpg

以上、動物の世界のワニのレビューと、ワニ絡みのG.I.ジョーネタでした。
クロック・マスター付属のワニはちょっと小さめだったので、今回のワニのサイズは嬉しいです。
これもマス☆ドリさんに感謝! です。

さて、次回はいよいよ動物の世界のレビューの最終回、トラの予定です。それでは!
[PR]
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/15309827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マス☆ドリ at 2012-01-27 12:41 x
おじゃましま~す!
マス☆ドリです。

どきっ!

大っき目のネコだなんて…
決して
アメリカンショートヘアと
ペルシャネコに
て、手を加えて お、送る わ、わけ無いですよぉ~!
いやだなぁ~、joefigさん!

ふぅ~(^_^;)


少なくとも8匹は飼ってたんですね…となると、ワラワラとトカ…ワニを大量捕獲したくなりますね~ Σ(゚д゚lll)キビシ~

ゴリラとサメそれぞれのセットとなる人が気になります。
それにしても、リーフレットの「アドベンチャー・ガイド」楽しそうですねぇ。読んで見たい!(英語サッパリ分かりませんが…)

Commented by joefig at 2012-01-28 15:09
>マス☆ドリさん
いらっしゃい!
すみませんでした、もう一匹のトカ……あわわ、ワニまで送っていただいて! 月曜にまたメールしますね。もう大満足です! joefigの中では、これでクロック・マスター自体の価値がずっと高まりました。本当に感謝! です。

ゴリラとサメ、誰とのカップリングだったんでしょうね~!
シグマ6で出ていたフィギュアの中から想像すると、ゴリラはヘビー・デューティーかサージャント・ボルダーあたりかもしれません。サメのほうは、トーピドー、ディープ・シックス、ウエット・スーツのいずれもがありえます。

このリーフレット、妙な情報があって楽しいですよね。
へ~、S・シャドウ、本出してたんだ……って思いましたよ。
by joefig | 2012-01-26 20:30 | 雑談 | Trackback | Comments(2)