ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

30th/ドレッドノック・サンダー

30thのビッグ・バッド・トイ・ストア限定ドレッドノックス・バトル・セット (7パック) (2011年) から、ドレッドノック・サンダーです。
d0164702_1219852.jpg

かつてのスラッシャーの名前がサンダーに変更されました。



-------------------------------------------------------------------------------------

今回のセットの7体。
左からロード・ピッグv4ザンジバルv3ザンダーv2ザーニャノウバーンナウトv2サンダー
d0164702_8193672.jpg

今回紹介するサンダーはARAH のドレッドノック・サンダー・マシーン (1986年) に付属したスラッシャーv1 のリメイクですが、今回は商標の都合からか名前が変更されました。
コードネームのThunder はかつての愛車サンダー・マシーンからでしょう。

ドレッドノックにはザンダーというキャラクターもいるし、かつてはG.I.ジョーにもサンダーというキャラクターがいたのでとても紛らわしいですね (G.I.ジョーのサンダーは2009年にサージェント・サンダーブラストに変更されています) 。

-------------------------------------------------------------------------------------

I.D.カード (意訳)

コードネーム:ドレッドノック・サンダー
氏名:ブルーノ・クロス
出身地:ベルギー、ブリュッセル
主要兵器:メイス
戦闘装備:ナイフ

ドレッドノック・サンダーは子供時代にたいへん甘やかされたが、何でも手に入るということは決して彼を満足させるものではなかった。 十代のとき、彼はオートバイを盗んで非行の道に進んだ。 彼は沼地に辿り着き、そこでドレッドノックが彼を仲間に迎え入れ、彼の破壊的な衝動をサボタージュと混乱による営利な活動へと向けさせた。


彼は中流家庭の出ですが、厳しく育てると息子の良さが損なわれると考えた両親に甘やかされ、結果悪の道に染まりました。 その後両親は自動車事故で障害を負いましたが、これも息子の仕業と思えるふしがあるとかないとか。
本名はスラッシャーv2 のファイルカードではブルーノ・ラ・クロスでした。

素体。
ヘッドは新規造形。
トルソー、ウエストは25th のクイック・キックv2 (2008年) から。
腕部、脚部はPoC のザルタンv20 (2010年) から。
d0164702_8201927.jpg

バストアップ。
小物感が漂う秀逸な造形です。
ラスベガスあたりをうろつくイカサマ師、もしくはちょっとロカビリーが入っている雰囲気でしょうか。
d0164702_8204237.jpg

付属品。
ディスプレイ・スタンドのほか、
ショルダー・パッド、クロス (ラクロスに使用するスティック) 状のメイスは新規造形。
d0164702_8212573.jpg

ザンダーv2、ストーム・ライダーとの比較。
意外に背は高いほうです。
d0164702_822251.jpg

ラクロス用と思しきショルダー・プロテクターを身にまとい、武器はクロス状のメイス一本のみ。
本格的な戦闘になったらさっさとフケるつもりに違いありません。
d0164702_8223034.jpg

頭の左側にだけ稲妻状にライムグリーンのメッシュを入れています。
もみあげの形状やもっさりとした顎のラインも見逃せないディテールです。
d0164702_823555.jpg

メイスはクロスのポケットの部分にスパイクの付いた鉄球を仕込んだもの。
造形的には一体化されていますが、もしかしたらこの鉄球を放り投げて攻撃するということなのかもしれません。
d0164702_8234729.jpg

「おら~~ッ! これでも……」
d0164702_8254060.jpg

「喰らえ~~~ッ!」  ドガッ!
d0164702_8263774.jpg

ピンボケの画像になってしまいましたが、かつての愛車サンダー・マシーンがリメイクされていないので、代わりにRoC のスティール・クラッシャーA.P.V. と一緒に並べてみました。
『マッド・マックス2』 や 『デス・レース』 っぽい雰囲気があってなかなかいいんじゃないでしょうか。
d0164702_8272979.jpg

肌の色が若干合っていないのですが、ストーム・ライダーとヘッドを交換してみました。
左は 『マッド・マックス2』 に登場したヒューマンガス率いる “ ドッグス・オブ・ウォー (戦争の犬たち) ” の一人で赤いフォードF150 に乗っていたザコキャラの雰囲気をイメージしてみました。
右は安っぽいチンピラ度が増したのではないかと思います。
d0164702_827568.jpg

d0164702_8282777.jpg

以上、サンダーでした。
妙にリアリティーのあるヘッドの造形が気に入ってます。 悪い集団って、みんながみんな凶悪な感じというよりも、その中でうまく立ち回っている、抜け目のなさそうな小悪党の存在が意外にタチが悪いですよね。 そんなことを思わせるチンピラ風の容貌でした。

さて、次回はザンジバルの予定です。 それでは!
[PR]
by joefig | 2012-11-15 18:00 | フィギュア | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/15304228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダジル at 2012-11-15 22:37 x
こんばんは。

また 一番目の写真、映画のワンシーンみたいでイカしてますねぇ〜、後ろで写っているトランザム 久しぶりに見た気がします、ん~何処までも80年代‼

サンダーは僕も このパックの中では一番のお気に入りです。
この ちょっとサラリーマン? みたいな顔つきが逆に『こいつ、このメンバーの中じゃ一番ワルいんだろうな…』なんて想像させますよね!
付属のメイスはラクロスのモノでしたか〜、鉄球が取り外しが出来たら良かったですね。
しかし、前回のザンダーといい この世紀末スタイルを見ていると 管理人さんにクイック キック劇場 世紀末救世主バージョンを期待してしまうのは僕だけでしょうか?
Commented by マス☆ドリ at 2012-11-16 11:02 x
おじゃましマクラーレン!マス☆ドリです。

この顔つき!表情!!
戦闘が激化している時は「後ろ」や「物陰」でやり過ごし終盤の美味しいトコで出て来て いかのもっ!って感じで…
とか自由に色々と妄想し易い人ですよねぇ~!
違うベクトルでキャラがたっててイイ感じ♪(´ε` )

相変わらず、joefigさんはポージングが上手いですね!何気に立ってるポーズも手の位置や武器の持ち方?支え方?などそのキャラっぽさが出ててナイスですっ!(=´∀`)人(´∀`=)

ラクロスと鉄球の合体武器とはΣ(゚д゚lll)
もし鉄球が外れたら遊びの幅が広がってイイですが、きっと私は無くしてしまいます(-。-;
Commented by joefig at 2012-11-16 18:53
>ダジルさん
こんばんは。 一番目の画像はサンダー・マシーンのイメージでトランザムの画像をバックに撮影してみました。 派手な火の鳥は今見ても鮮烈なものがありますよねー!

このザンダーの容貌は味があっていいですよね。 決してビジュアル的な格好よさではないんですけど、実写映画的な雰囲気が漂っています。 好きだな~こういうの。

クイックキック世紀末救世主バージョンですか! リクエストをいただいてしまったらやらないわけにはいきませんね~!
Commented by joefig at 2012-11-16 21:33
>マス☆ドリさん
いランチアいマセラティ!

この顔、セコそうな人格がにじみ出ていていいですよね! 戦闘中の小賢しい振る舞いが想像できてなんとも楽しくなってきます。 強敵とかとは違った意味でキャラが立ってますよね!

ポージングは、可動の乏しさという制約があるのでなかなかイメージ通りにはいきませんが、それでも動かしながらあれこれと考えるのって楽しいですよね!
Commented at 2012-11-20 00:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by joefig at 2012-11-27 17:21
>非公開コメさん
了解です! こちらこそよろしくお願いします!
Commented by KEITEN29 at 2012-11-29 10:54 x
図らずしも、来訪したくても、ちょっと間が空いてしまいました!

いや、実にポージングがウマいですね~!
「やっぱりフィギュア一体、一体に特別な思い入れを持って撮影に臨まれている方の撮る画像は違うな~!」と、
思いを新たにさせられましたね~!


『ラスベガスあたりをうろつくイカサマ師、もしくはちょっとロカビリーが入っている雰囲気でしょうか。』

という解釈も、とても良くポージングと合っていて、思わず唸ってしまいました!
思うに1986年はドレッドノックのビークルがたくさんリリースされていた年だったので、
現在はそれらのリリースが無いのがちょっと残念ですね~!
代わりに合わせている[スティール・クラッシャーA.P.V.]意外なほどマッチしていて、
この思い付きには“目から鱗”モノですね~!
思うに、メンバーの中で彼だけが、武器がメイス一本で許されているのも、
キャラの創り手の人たちいとって、本来はこいつは“アッシー”要員で、
“サンダー・マシーンのドライバー”という意識があるからなんでしょうかね~!


Commented by joefig at 2012-11-29 18:30
>KEITEN29さん
コメントありがとうございます!

これまでに結構たくさんのG.I.ジョーフィギュアを記事にしてきたので、普通に構えたポーズなどは似たり寄ったりになってきました。
最近は特に、なるべく他のキャラとは違ったそのキャラらしい雰囲気が出るポーズにしようと意識していたので、お褒めの言葉は嬉しいです!

ドレッドノック用のバイクとか車は欲しいですね~。
一時期、ドレッドノック用に、80年代に出ていたトンカのスティール・モンスターズのトイ ↓
http://michaelam1978.livejournal.com/35198.html
をオクで手に入れてみようかなと考えたこともあるのですが、こんなにデカいのにシャシーが合金製とわかってその考えは失せました。

やっぱりサンダーマシーンをリメイクして欲しいな~。
Commented by KEITEN29 at 2012-12-03 18:20 x
知識のご教授ありがとうございます!
た、確かに、そそるアイテムたちですね~!
キャラもまんま、ドレッドノックかマッドマックスですね~!
でも、合金製は送料が掛るだろうな~w!
Commented by joefig at 2012-12-05 14:45
>KEITEN29さん
そそるアイテムですよね! かなり昔のものですけど、そのわりにビークルのディテールはしっかりしていて、さすがトンカという感じです。
でも送料は掛かるでしょうし、デカい上に重いときたら、想像しただけでお腹いっぱいという気分になりますよね……。
Commented by NOR at 2012-12-22 20:42 x
見た事のあるツラだなぁと思ったら、ジョージ高橋さんじゃないですか!
ロードは13章もいらないと思いますよ!?

まぁ、とりあえずアニメ準拠のスケベそうな田舎デッパにされてなくて良かったです(笑)
米アニメ版ではザンダー同様影の薄さで有名なんですけど、「サーペンター・アライズ」で川に放り込まれ、劇場版でも湖に投げ飛ばされ・・・ と、「水の中に放り投げられキャラ」としてザンダーよりも米視聴者の記憶に残っているみたいです。

大体「アライズ」でドレッドノックス新メンバーのオーディション(ならず者バトルロイヤル)が行われた時、モンキーレンチは爆弾で参加者全員を吹き飛ばして合格、スラッシャーはサンダーマシーンがかっこいいので合格。という謎の結果でした。

ラクロス鉄球は、映画のマッドマックス2で、文明崩壊後の世界でアリモノの道具を改造して武器や防具を作っているような感じを踏襲してみたんでしょうね。
でもこの人がラクロス鉄球を持ってるのを見ても、「びんぼうだったので」みたいなシケた理由しか想像できません。
Commented by joefig at 2012-12-25 13:17
>NORさん
ジョージさんに漂ううさん臭さも相当なものですが、嫁さんが世界のミフネの娘ですから世の中わからんもんですね。 子孫は『七人の侍』も『ロード』も等価物として受け継ぐのでしょうか!?

もともとフィギュアでも重要なキャラではなかったとはいえ、アニメでの田舎者っぽさはひどいものでしたね!
モンキーレンチのほうは登場時だけはちょっと格好よさげだったのに、ボロが出るのも早く、すぐに情けないアホになっていたような……。

『マッドマックス2』におけるアリモノを利用した武器の描写は面白かったですよね。公開時期が同じ頃だった『ニューヨーク1997』でもそんな描写が登場していました。しかし今回のサンダーのラクロスは冴えませんね~。目の付け所が悪いところもザコ丸出しです。やっぱりこいつにはマシーンが欲しいですね。