人気ブログランキング |
ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

PoC/ロウ-ライト(シティー・ストライク)

PoCのウェーブ4から、ロウ-ライト(シティー・ストライク)(2011年)です。
PoCの大傑作のひとつです。
d0164702_013310.jpg

Yo Joe! の分類ではロウ-ライトv8 にあたります。
開封直後に、無線機のアンテナと弾薬箱の中のライフル弾を床に落としてしまい、とても小さくて細いパーツだったため、見つけるのに10分ほどかかってしまいました。



Oリング時代の初代ロウ-ライト(1986年)のリメイクにあたります。
GunさんがDTC版のロウ-ライトv6 (2006年)を記事にされています(こちらです)。現在は画像が見られないようなので、ぜひ復活してほしいところですが、現在進行中のオリジナル・ストーリーは彼を中心に物語が動いていくようです(第1話はこちらです)。

d0164702_0403826.jpg
コードネームのLow-Liteは「弱光」、「低照度環境」の意。また、「特に悪い、または平凡な状況」という意味もあるようです。日本語で表記する場合、ロウライト、ローライトどちらもありでしょう。

ファイルカード(意訳)

No.1108  ロウ-ライト
本名:クーパー・G・マクブライド  シリアル・ナンバー:827-48-CG37
階級:E-6(スタッフ・サージャント、二等軍曹)
作戦装備:E.N.V.エンハンスド(拡張)・ナイト・ビジョン・スコープ&サイレンサー付きエンコーダー・ライフル

ロウ-ライトはG.I.ジョー・チームの夜間作戦のエキスパートで、イメージ増幅技術と暗所での戦術を専門とする。子供の頃、彼は暗闇を恐れていたが、あるとき森で道に迷ってしまい、その3週間後、彼は懐中電燈とコンパスを使って上手く帰路を見つけることができた。コブラの倉庫の暗闇の中で、彼はデストロとショック・トルーパーを奇襲するための配置につく。

秘密取扱資格:最高機密(※これはPoCラインのジョー側ファイルの定型文で、このファイルへのアクセス権のレベル表示です)


素体。
ヘッド、下腕は新規造型。
トルソー、ウエスト、脚部はPoCのビーチヘッドv15 から。
上腕はPoCのジャングル-ヴァイパーv3 から。
d0164702_18102743.jpg

リストは右手が手刀、左手が平手の方向に可動します。

バストアップ。
渋い表情です。
ワッチ・キャップのリブなども精緻にモールドされています。
d0164702_18403636.jpg

ヘッド。
角度によって印象が結構変わりますが、基本的な造型としては、『山猫は眠らない』(1993年)で主人公トーマス・ベケットを演じたトム・ベレンジャーを意識しているのではないでしょうか。
d0164702_17123387.jpg

RoCのピット・コマンドー、リップコード(アクセラレーター・スーツ)と比較。
d0164702_18123418.jpg

付属品。
左上から、ディスプレイ・スタンド、ライフル・バッグ、無線機、ハンドセット、アンテナ、ゴーグル、ジャケット、大型バックパック、スポッティング・スコープ、トライポッド(三脚)、PDA、アモー・ボックス(弾薬箱)、408シャイタック弾、ナイフ、ウージー、サプレッサー、シャイタックM200インターベンション(装着したまま撮影しましたが、ストックは別パーツとなっています)、ナイトフォース・スコープ、バイポッド(二脚)。
d0164702_16121412.jpg

狂ったかのような凄まじいディテールの数々は、細かい付属品が多いPoCラインの中にあっても白眉の内容です! RoCのピット・コマンドーで喜んでいたことが嘘のようです……。

上記からディスプレイ・スタンドを除き、それぞれのギアを組み立てるなどすると以下のようになります。
d0164702_16161120.jpg

さらに、上記のうちのゴーグルとナイフはフィギュアのほうに装着し、残りのギアを再び分解してバッグ類に収納すると、以下のようになります。しかもこの2つを合体させることもできます。
d0164702_16173245.jpg

ライフル・バッグの中にはライフル本体とスコープを収納します。
スコープはフィギュアの左腿に装着しておくこともできます。
d0164702_1619345.jpg

バックパックへの収納は、雨ぶたを閉じた状態で詰め込んでいくようにするのがやりやすかったです。
まずライフルの二脚を入れ、次にスポッティング・スコープ、続いてスポッティング・スコープの三脚という順に入れてみました。
d0164702_1622453.jpg

下部に弾薬箱を積め、上にウージーを置いて、PDAは適当に入れます。
本体と雨ぶたをつなぐストラップ状の部分にはサプレッサーを巻き込みます。
d0164702_16313016.jpg

最後に無線機(本体、ハンドセット、アンテナ)をサイドに装着して、パッキング完成。
実際にギアを収納できるバックパックとは、素晴らしすぎです!
d0164702_16324560.jpg

対物スナイパー・ライフルとウージー。
初代ロウ-ライトにはエンフィールドL1A1が付属していましたが、DTC版のv6 (2006年)ではダネル(メケム)NTW-20 でした。そして今回のモデルは、シャイタックM200インターベンションです。
映画『ザ・シューター/極大射程』(2007年)では、マーク・ウォールバーグ扮する主人公ボブ・リー・スワガーが使用していました。
ファイルカードにはエンコーダー・ライフルとして記載されています。
スコープ、サプレッサー、バイポッド(二脚)、ストックが別パーツとなっていて、ストックは可動します。
ウージーは、25thのスネーク・アイズ(G.I.ジョー・セット#2)に付属したタイプです。
d0164702_16392753.jpg

スコープは、ファイルカードにはE.N.V.エンハンスド(拡張)・ナイト・ビジョン・スコープと記載されていますが、実物のシャイタックの標準仕様はナイトフォースNXS 5.5-22Xスコープというものだそうです。

ほかの対物スナイパー・ライフルと比較。
上段はRoCのレコンドのバレットM82A1。
中段が今回のシャイタック。
下段はPoCのスノー・ジョブのライフルです。ずっと同定できずにいましたが、赤鼻のキムさんからコメントいただき、チェコ製の対物スナイパー・ライフルであるZVI(ツビ)ファルコンであることが判明しました!
ジョー・チームが使用しているので、西側向けの12.7×99mm NATO弾(50BMG)仕様のOP99というモデルかと思われます。赤鼻のキムさん、ありがとうございました!
d0164702_1653898.jpg

弾丸も比較。
中央は今回のアモー・ボックス(弾薬箱)と、408シャイタック弾。
アモー・ボックスの中央に弾丸をセットしておけるようになっています。ほかの弾丸はモールドのみ。
左の弾帯は、レゾリュートのロードブロックやRoCのリピーターに付属したもの。
右の弾帯は、RoCのロードブロックやPoCのナイト・フォックスに付属する12.7×99mm NATO弾、別名50BMG(50口径ブラウニング・マシン・ガン)です。
d0164702_16532485.jpg

無線機とハンドセット、スポッティング・スコープ、PDA。
無線機はおそらくSINCGARS(Single Channel Ground and Airborne Radio System)と呼ばれるコンバット・ネット・ラジオ(CNR)で、PRC-119というタイプのものかと思われます。
スポッティング・スコープは、ブッシュネル社のトロフィー25-50×50mm防水ラバー・アーマード・スポッティングというものがほぼ同じ形をしていました。
設定的には、レーザー・レンジファインダー(距離測定器)かもしれません。
PDAについては、実際のシャイタックはアドバンスド・バリスティック・コンピューター(ABC)という弾道計算ソフトウェアをインストールしたPDAを併用することで、2km先の敵を狙撃できるそうです。
d0164702_1742644.jpg

ジャケットを装着していない状態で。
ゴーグルは25thやRoCのファイアーフライや、RoCのレッド・ファング・ニンジャなどに付属したものと基本的に同型です。
右腿にはシースがあり、ナイフを収納しています。
左腿にはライフルのスコープを装着しておくことができます。
d0164702_1842016.jpg

ウージーを構えて。
ジャケットを装着していなくても成立するデザインになっているところがいいですね。
d0164702_18424851.jpg

ジャケットを着用。
ディテールの精度はPoCならではですが、基本的には初代にかなり忠実な造型となっているのが嬉しいところです。
d0164702_18473894.jpg

ナイフ。
d0164702_18485769.jpg

ライフル・バッグ、バックパックを背負って。
d0164702_18504868.jpg

ライフル・バッグを手に。
d0164702_18542290.jpg

d0164702_18545627.jpg

ザッ、ザッ……
d0164702_1853539.jpg

ドサッ……
d0164702_18551746.jpg

ガサゴソ……
d0164702_2292385.jpg

取り出したギアを一通り並べると、あっという間にロウ-ライトの仕事場ができあがりました。
ガチャッ……
愛用のシャイタックを大切に取り出します。
d0164702_2210648.jpg

カチャカチャ、キュッキュッキュッ……
サプレッサーを装着。
d0164702_22113652.jpg

ジャキン、ガシャン!
ライフルの用意が整いました。
d0164702_2213658.jpg

ゴーグルをずらしてみました。
d0164702_19151935.jpg

無線機で通信中。
d0164702_19164126.jpg

無線機は背中に装着することもできます。
d0164702_19173316.jpg

ピッ、ピッ、ピッ。
PDAを使って弾道を計測中。
d0164702_19324072.jpg

ガチャッ! いよいよライフルを構えました。
d0164702_0434981.jpg

このロウ-ライト、本体も付属品もとても格好いいのですが、不満点もふたつほどあります。
袖に厚みがありすぎて、ライフルのストックにかなり干渉してしまいます。せっかく手首も可動するのに、狙撃体勢が思ったほどうまくとれません。
それから、これはPoCのフィギュアの造型に全般的に言えることですが、顔が下向きで、上方向に向けることがほとんどできません。
さすが「決定版を出さない」ハズブロです。

スコープを覗いているようにはなかなかできないんですよね。ほかのフィギュアだったらこんなもんでもいいのですが、このロウ-ライトの場合、腕利きのスナイパーですからね……。
d0164702_0443418.jpg

それでも頑張って狙撃シーンをイメージして構えさせてみました。
まずは伏せ撃ち。
d0164702_045137.jpg

d0164702_0471218.jpg

上体が浮いてしまいました。
d0164702_0453049.jpg

台になるようなものを利用しての狙撃体勢。
d0164702_19514666.jpg

d0164702_19522551.jpg

ゴーグルを装着させていたほうが、目線がごまかる感じです。
d0164702_0495451.jpg

d0164702_0502530.jpg

d0164702_051215.jpg

反対側から見ると、全然スコープ覗いてませんが。
d0164702_0513352.jpg

RoCのホークに付属したH&K SL8を構えさせてみましたが、やはり右袖が干渉する感じです。
d0164702_1954128.jpg

今回のバックパックにはサイドにジョイント穴があるので、SEに荷物を持たせたいときなどに鞘を装着できて便利です。
d0164702_19595755.jpg

d0164702_0524895.jpg

以上、ロウ-ライトでした。
素晴らしい内容です。欲を言えば、もう少し袖のあたりがあっさりした造型だと、もっとライフルをうまく構えられる気がしました。でもまあ贅沢は言わないでおきましょう。これで充分満足です。
しかしPoC、付属品がこんなに細かいと、例えば10年後とかにコレクターが手に入れようとしたとき、パーツが全部揃っているのを見つけるのがたいへんじゃないかな? などと余計なことまで心配になります。

さて、次回はレディー・ジェイの予定ですが、更新は少し遅れるかもしれません。
それから、joefigの仕事は、今頃から4月半ばまでが一番忙しい時期にあたり、この間どれだけ記事が作れるかわかりません。コンスタントに作れるかもしれないし、もしかしたら思いっきり放置になるかも……。モチベーションはばっちりなんですが!
せっかく覗いていただいたのに、もしもろくに更新されていなかったらごめんなさい!



おまけ劇場
「G.I.ジョー・データ・ファイル」


──夜。某所屋上。

ガチャリ! ギィィィィ………

ザッ……
d0164702_8194788.jpg

本名:  カタカタカタカタ  クーパー・G・マクブライド




ジャキン……
d0164702_8202329.jpg

シリアル・ナンバー:  カタカタカタカタ  827-48-CG37




カチャ…キュッキュッ、カチャ……
d0164702_8211467.jpg

階級:  カタカタカタカタ  E-6(スタッフ・サージャント)




コードネーム:  カタカタ、カタ……




コードネーム:  カタ……
d0164702_8213550.jpg

d0164702_8214655.jpg

d0164702_82268.jpg

カタカタカタカタカタ  コードネーム: ストーカー  ピーーーッ  ERROR
d0164702_8225735.jpg

「バロたん……」

おしまい。
by joefig | 2011-02-09 01:17 | フィギュア | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/12789552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメレオン at 2011-02-08 20:55 x
こいつはすげぇ
ほんとPOCはすごい造形だ
もう小物が多すぎてなくしそうだぜうれしいぜ

はやく遊びたいけどスパイダーウェブさんどうなってんのーー?
Commented by joefig at 2011-02-08 22:52 x
>カメレオンさん
いや本当、記事にも書きましたけど、小物の管理に気を使いますよね、PoCは。スネチャマのサプレッサーとか嵐影の手裏剣なんかも小さかったですけど、今回のは弾丸までありますからねー。サイドショウの12インチと張り合ってるかのようです。もちろん、こういうの大歓迎なのは言うまでもありませんが。

joefigのところに届いたのは2/3でした。そろそろ来るんじゃないですかね。カメレオンさんがどんな記事にされるのかも楽しみです! あとコブラ・パラトルーパーも早く見せてくださいね! 購入検討中なんです。
Commented by N・M at 2011-02-08 23:26 x
購入しようか?迷っていましたけど、
今回の記事を読ませていただき購入することに決めました。
3.75インチながら、装備の充実ぶりは凄まじいですね!
しかも、値段も手頃なので、自分的には文句なしだと思います。
joefig さんの仕事が忙しくなられるとのことなので、
記事が更新されないかもとのことですが、私は気長にお待ちしております。



joefig
Commented by joefig at 2011-02-09 19:36 x
>N・Mさん
おおっ! そんなふうにおっしゃっていただけると、レビューするのにも張り合いが出てきます! ありがとうございます、
今回のロウ-ライトは期待を裏切ることはないですよ!
ささやかな記事でもできるだけ更新はしたいと思っているので、今後もよろしくお願いします。ウェーブ5のシングルパックが手に入る頃にはまた速攻でレビューします!
Commented by NOR at 2011-02-11 22:33 x
すっげぇ~・・・
ロウライトは25Aですらリリースが無くって一体どうなっとんのじゃい!と思ってたんですけど、こりゃハンパじゃないですね!
わざわざ初代のデザインを踏襲しているあたり、ハズブロの「待たせたな」的なアレが見えます。

しかし装備のイカれたこだわりももちろんですが、何よりも「絵になる」フィギュアですね~・・・
タメ息が出てしまいます!
Commented by joefig at 2011-02-13 22:56
>NORさん
こうなってくると、25thでリリースされなかったのが吉と出た、という感じですが、もしかしたら、30thアニバーサリーは、PoCのクオリティーで25thのようなことをやる、みたいな展開になるのかもしれません。このロウ-ライトみたいのがバンバン出るなら大歓迎です。

それにしてもこのロウ-ライト、フィギュアの出来だけを見たら主役級のデュークとかフリントたちよりも断トツで格好良いですよね!
Commented by 赤鼻のキム at 2011-02-23 23:31 x
はじめまして。赤鼻のキムと申します。
Joeフィグをちょびちょび買っているのですが、こんなに詳細なレビューページがあるとは! 記事を見せていただき内容の充実度に驚いてしまいました。商品吟味に大変参考になります。

このロウ-ライト、小物てんこ盛り具合は物欲をそそりますね。おとこの浪漫が詰まっている! どっちかーてーとフィグより小物に惹かれるものですからw

また寄せてもらいます。あと、スノージョブのライフルですがこちらだと思いますよ。参考URL:http://www.zvi.cz/en/products/sniper-rifle-falcon.html
Commented by joefig at 2011-02-23 23:59
>赤鼻のキムさん
はじめまして! そして情報ありがとうございます! なるほど、その銃で間違いありませんね!
いろいろ細かいこと書いているjoefigですが、実際には銃のことには詳しくありません。記事を書く毎にネットで調べているのですが、スノージョブの銃は同定できずにいました! 早速記事を修正したいと思います。
これからもよろしくお願いします!