ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

25th/サージャント・スローター(ヴァリアント)

今回は、2010年サンディエゴ・コミコン限定サージャント・スローター(2010年)を紹介します。
d0164702_3342119.jpg

Yo Joe! の分類ではサージャント・スローターv6b にあたります。G.I.ジョー・チームの訓練教官(ドリル・インストラクター)です。



今回紹介するフィギュアは、2010年のサンディエゴ・コミコン(SDCC)向けにリリースされたもので、以前Gunさんも記事で取り上げておられました(こちらの記事です)。

2種類あるうち、レスリング・タイツを履いているほうがメイン・リリースにあたり、これはOリング時代の1985年にメールオーダーでリリースされた初代をリメイクした姿となっています。
管理人joefigが手に入れたのは、ヴァリアント・リリースにあたるアーミー・パンツのほうです。これはトリプルT(1986年)に付属した2度目のフィギュアのリメイクで、こちらのほうが高い値段で流通しているようです。
d0164702_20251634.jpg

2種類とも、25周年記念版(25th)の各フィギュア同様にOリング時代のデザインやパッケージを再現するという体裁をとっているので、このブログでは25thのカテゴリーで分類しておきます。

コードネームのSlaughterは「屠殺」または「虐殺」といった意味ですが、直接的に実在のプロレスラーであるサージャント(サージェント)・スローターのことです。
ただしまったくの同一人物という設定ではないらしく、プロレスラーの本名はロバート(“ボブ”)・ルドルフ・リーマス、コネチカット州ウィルマー出身ですが、G.I.ジョー・キャラクターのほうは、本名は機密扱い(ただしアルゼンチン版のみアラン・ヘビーAlan Heavy)とされ、サウスカロライナ州パリスアイランド出身となっています。
ちなみにパリスアイランドは、海兵隊のリクルート・デポ(新兵訓練所)があることで知られているそうです。

パッケージ。
通常のブリスターが、コレクター・ケースに収まっていました。
d0164702_1933087.jpg

d0164702_1933379.jpg

カード裏の上部の拡大。
サージャント・スローターのデスクと思われる写真に、一枚の手紙が写っています。
d0164702_19335183.jpg

「 期日:2010年7月23日
  差出人:スローター軍曹
  宛先:サンディエゴのG.I.ジョー新兵
  件名:新兵訓練

  いいか、クソ虫ども!

  おれはスローター軍曹、最高にタフな男だ。
  貴様らは自分こそがそうだと思っとるかしらんが、そいつは大間違いだ。
  おれは部隊を鍛え上げることの何たるかを知っている。
  戦うことの何たるかを知っている。
  貴様らに厳しい訓練や戦闘に取り組むつもりがないのなら、おれは相手にはせん。
  だが世界最高の男と同じ釜の飯が食いたいと思うなら、おれのところへ来い。
  コブラはタフだが、おれはその上を行く。G.I.ジョー・チームもだ。なにしろこのおれがそう鍛えているからな!
  
  スローター軍曹」
──内容を意訳すると、大体上のようなことが書いてありました。

ついでにファイルカードも訳してみました。
d0164702_1934623.jpg

サージャント・スローター   訓練教官
ファイル・ネーム:機密   SN(※シリアル・ナンバー):817-76-SL98
主要軍事特技区分:歩兵科訓練教官
第2軍事特技区分:サバイバル教官
出身地:サウスカロライナ州パリス・アイランド   階級::E-7(※ガナリー・サージャント、一等軍曹)

ジョーのメンバーは全員超タフだが、それは彼らが世界有数のスペシャリストとなるための過酷な訓練を経てきているためである。
アメリカ育ちの頑迷な新米たちを鍛え上げ、名誉ある屈強な機動攻撃部隊の一員に仕立てるにあたっては、優れた指導者の存在は欠かせない。
そのような重責ある指導者には、極めつけの猛者であるスローター軍曹をおいて他にない。

「スローター軍曹は、ペンドルトン(※サンディエゴにある海兵隊基地)にいる新兵全員の尻を蹴り上げることは自分の使命だと考えている。彼は72時間ぶっ通しで訓練の指導にあたっても汗ひとつかかない。彼のなによりの楽しみは、泥の上で新兵たちに腕立て伏せを命じ、それを踏みつけにしながら口汚い言葉を浴びせることだ。
彼は、敵陣を爆撃するよりも、むしろそこへ戦車で乗り込んでいくほうが面白いのだという。
人は彼を、釘を食らってダムダム弾を吐き出すだの、有刺鉄線で歯を磨き、ヤスリで髪を整え、バーナーで髭を剃るだのと噂する。彼にとっては、なにごとも、いかなる場所も、万事が戦場なのである」


──かなり意訳した部分もありますが、ほぼ上記のようなことが書いてありました。

彼は指導者として優れた資質を持っており、レネゲイズ(1987年:部下はレッド・ドッグ、トーラス、マーサー)やスローターズ・マローダーズ(1989年:部下はバーベキュー、フットルース、ロウライト、マット、スピリット)といったサブ・チームを率いたほか、コブラ側でも、帝王サーペンターを創造するにあたっては彼のDNAを手に入れようとしたほどです。
DNAで思い出しましたが、アニメではニューヨーク在住のゴツい妹(名は不詳)がいて、兄妹揃ってナイトクラブに繰り出す勇姿はNORさんのブログでも確認できます(こちらの記事です)。

Oリング時代のスローターのフィギュアは、異様に頭がデカい滑稽な造型だったにも関わらず、数年の間はかなり人気があったようです。しかし何をトチ狂ったか、本物のレスラーのほうが「フセインに魂を売った男」というギミックに走ったため、湾岸戦争の真っ只中にあって大顰蹙を買い、リリースは1989年で止まりました。


素体。
脚部以外は、全てメイン・リリースのサージャント・スローターのカラバリにあたります。
脚部は新規造型。
d0164702_8485654.jpg

脂肪ののったヘビー級レスラーの体型をリアルに再現しています。
手首はロールに加えてスイングあり。
ミリタリー・パンツの脚部はほかのフィギュアからの流用ではなく、わざわざ新規造型されていました。

バストアップ。
トレードマークであるキャンペーン・ハットとサングラスを着用した姿で、実際のサージャント・スローターによく似ています。
ベルトのバックルは海兵隊の紋章であるEGA(イーグル「鷲」、グローブ「地球」&アンカー「錨」)。
d0164702_8492358.jpg

付属品。
ディスプレイ・スタンド、ホイッスル、スワガー・スティック(バトン)、M60マシンガン、M60用バイポッド、コルト・パイソン357マグナム。
d0164702_8494297.jpg

手首のアップ。スイング可動は、ジャングルヴァイパーとは反対に右手が平手の方向、左手が手刀の方向になっていました。
d0164702_850839.jpg

RoCのグラント、PoCのデューク(ジャングル・アサルト)と。
d0164702_8502946.jpg

巨漢キャラと一緒に。
左からRoCのヘビー・デューティー、サージ、RoCのロードブロック、RoCのベンチプレスです。
d0164702_20271917.jpg

G.I.ジョー・メンバーの新兵訓練にあたる、泣く子も黙る鬼教官たち。
陸軍レンジャーのビーチヘッド、海兵隊のサージ、アラシカゲ流のスネーク・アイズの揃い踏みです。
d0164702_11161178.jpg

スワガー・スティックを手に。
軍人が持つ短い杖です。
d0164702_8505663.jpg

サージのブート・キャンプ(新兵訓練所)は通称スローターハウスと呼ばれ、G.I.ジョーの新兵たちはみなここで鍛えられます。
d0164702_11174851.jpg

RoCのG.I.ジョー・トループ・ビルダー(5パック)の面々を、スローターハウスに放り込んでみました。

サージ  「いいか、クソ虫ども! このおれに向かって口をきいていいのはイエスと答えるときだけだ! それから前と後ろには必ずサーをつけろ! わかったか!」
リピーター  「サー、イエッサー!……ノーのときはなんと答えればいいでありますか!」
サージ  「あぁ~ん? おいコラそこのハゲ、貴様、いまのおれの話を聞いてなかったのか!? 返事はイエスだけだ! ……全員自動小銃を持ってランニングの用~意ッ!」
全員  「! サー! イエッサー!」
d0164702_11553477.jpg

ガッシャ、ガッシャ、ガッシャ!
サージ  「銃は貴様らのそのちっぽけな脳ミソより下には降ろすな! おれがいいと言うまでは決して休むんじゃないぞ! おおそうだ、景気づけに歌を歌うのだけは許可してやろう! ほれ、どうした? さっさと歌わんか!」
全員  「サー! イエッサー! ……♪デュ~クは我が隊長、《デュ~クは我が隊長》、ピ~ットは砦、《ピ~ットは砦》……はぁ、ぜぇ、はぁ……」
d0164702_1202759.jpg

ドッカ!
サージ  「なんで貴様らがこのおれにシゴかれ、これほど辛い目にあわねばならんのかわかるか!? あぁん!?
教えてやる! いいか、これは何もかもコブラなんて奴らがいるせいだ! 憎むんならおれじゃなくコブラを憎め! 奴らを叩き潰せ! 容赦するな! 徹底的にだ! わかったか!」
全員  「サーッ!! イエッサーッ!! ハッ! ハッ!……」
d0164702_1245212.jpg

サージ  「明日はいよいよ卒業試験だ! ここにいるビーチヘッド軍曹が貴様らの相手をしてくれる! 彼のお墨付きがもらえたら、晴れて貴様らもG.I.ジョー・チームの一員だ! 今日はマスなんぞかいとらんでぐっすり眠っておけい!」
全員  「サーッ!! イエッサーッ!!」  バッ!
d0164702_1238493.jpg

さて、もちろん新兵たちを鍛えるばかりが彼の能ではありません。
むしろ戦場に身をおいてこそ、彼の真価が発揮されるのです。

マシンガンを構えて。
モデルはM60マシンガン。これはレゾリュートhのトンネル・ラットにも付属していました。
d0164702_047737.jpg

ハンドガンを手に。
モデルはコルト・パイソン357マグナム。これもやはりトンネル・ラットにも付属していたものです。
いかにもサージはリボルバーを好みそうな感じですが、残念ながら手にはよくなじまず、ポロリしやすいです。
d0164702_12243290.jpg

手首のスイングがあるので、いろいろなタイプの銃器を持たせてもさまになります。
ほかのフィギュアに付属した銃をいくつか持たせてみました。

H&K G36C。
RoCのピット・コマンドーやPoCのザルタンなどに付属したものです。
このあたりは楽勝です。
d0164702_12353394.jpg

フランキ・スパス12。
RoCのベンチプレスやナイト・アダーなどに付属したものです。
より低い位置で腰だめに構えることができるようになった感じです。
d0164702_1236146.jpg

M1903A1スプリングフィールド。
これはRoCのシップレック(アークティック・スレット)に付属していました。
グリップの角度が後退した形状のため、これまでのフィギュアではうまく構えることができなかったのですが、違和感のないポージングになりました。
d0164702_12361158.jpg


さて、ここからは実戦での活躍ぶりを画像にしてみました。

罠にはまったのか、コブラの軍団に取り囲まれてしまったサージ!
さあ、 このピンチを一体どう切り抜けるのか!?

アレイヴァイパー  「しゃくれ野郎、抵抗しても無駄だ! おとなしく投降しろ!」
サージ  「ほう……。このおれに向かってそんな口をきくとは、とんだ命知らずもいたもんだな……」
d0164702_12481819.jpg

サージ  「ようし、今日はパパがたっぷり遊んでやろうじゃないか!」    ガシッ……
コブラ・トルーパー  「えっ!?」 「お、おい! 貴様──」
d0164702_12553695.jpg

サージ  「むんッ!」    ゴツンッ!
コブラ・トルーパー  「ぐわッ!」
d0164702_12564796.jpg

ドサッ
バット  「ギギ……ウィーーーン!」    ダダッ!
サージ  「おっと!」    ガシッ!
d0164702_131212.jpg

サージ  「ガラクタはすっこんどれい!」    ブンッ!
バット  「ガガ、ピ~~~」    ピュ~~ン………
d0164702_133742.jpg

サージ  「元気ですかーーーッ!!??」    ボガッ!
アレイヴァイパー  「はぶッ」
d0164702_13105623.jpg

ドサッ
コブラ・トルーパー  「うおっ!」「おい、ちょ、待っ……」「ぎゃっ!」「うわ~~~っ!」
バタバタバタバタバタ!
d0164702_13161530.jpg

ドドドドド~~~~ッ!
コブラ・トルーパー  「うわ~~~~~っ!」「……ぐえっ」
ドサッ
d0164702_1317358.jpg

コブラ・トルーパー  「う~~ん……」 「ぐえ……」 「ううう……」
サージ  「んん~? 腐れマムシ諸君は鍛え方がまるでなっとらんのう~、ガハハ!」
d0164702_13202874.jpg

アニメでは本当にこれぐらい無敵でした。

昔の米軍の勧誘ポスター(アンクル・サムと呼ばれる、星条旗をイメージした衣装の老紳士のイラスト)を真似てみました。題して「アンクル・スローター」。
ホイッスルがズレたのは失敗です……。
d0164702_1951281.jpg

"Knowing is half the battle"(意訳「知るは戦いを制す」)というのは、アニメの最後に挿入されたPSA(パブリック・サービス・アナウンスメント、「公共広告」)の締めに用いられたフレーズで、PSAに関してはNORさんが記事を書かれておられます(こちらです)。
実写版映画でもこのセリフがなにげに挿入されたり、RoCのピット・モービルHQのサウンド・ギミックの中にもこのセリフがありました。
正しいパターンは"Now you(もしくは I )know, and knowing is half the battle"というもので、「君はもう知っている。そして、“知るは戦いを制す”だ」みたいな感じです。

be half the battleは「勝利も半ば」「半分勝ったようなもの」といった意味の成句のようですが、文字通りには「戦いの半分」なので、またまた海外のファンサイトを覗いていたところ、「知ることは戦いの半分。じゃ、残りの半分は?」「そりゃ当然バイオレンスだろ」といったようなことが書いてありました。
d0164702_0462295.jpg

以上、サージャント・スローターでした。造型や可動はほぼ文句なしの出来ですが、欠点があるとすればその値段でしょう。2008年SDCC限定コブラ・コマンダー(ブラック・スーツ)を手に入れたときよりも高かったです!

さて、次回はデュークの予定です。それでは!



おまけ劇場
『新たなる希望』

ホーク  「スローター、実はまた君のもとへ預けたい連中がいるんだが……」
サージ  「はっ、おやすい御用であります、ホーク将軍。明日からでも始められますが?」
ホーク  「うむ。ではぜひそうしてくれ」
d0164702_14133295.jpg

──翌日。

チャックルス  「アイアイサーッ!」
レコンド  「待て待て、どこ行くアウトバック」
サージ  「貴様らG.I.ジョー・チームをなめくさっとるのか~~ッ!?」
d0164702_1414563.jpg


おしまい。
[PR]
by joefig | 2010-12-24 01:18 | フィギュア | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/12398562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by N・M at 2010-12-24 11:43 x
元々プロレス好きでフィギュアを集め、最近3.75インチGIジョー
フィギュアの魅力にハマった自分にとっては、魅力満載の商品ですが、結構な値段で販売されているので、中々手が出せないのは事実です。
しかし、joefigさんのブログでサージの強さを堪能させていただき、プロレスファンの視点からみても、非常に素晴らしいと思います。
Commented by カメレオン at 2010-12-24 21:29 x
これ購入されましたか
猛者ですねwww

かっこいいなぁ
鬼教官っぷりが最高です
素顔verとかそのうちでるんですかね
Commented by NOR at 2010-12-24 22:39 x
すばらしい超大作記事、そしてサージ無双!感動で前が見えません(笑)
今まで生きてて良かったなぁ(爆)

サージの鬼っぷりといえば「サーペンター・アライズ」の冒頭で、ブッたるんだジョーチームに渇を入れるついでにホーク将軍まで一緒にランニングさせてしまう暴挙に心の底からビビリました(笑)

サージはこの頃マジでアメリカのガキどもの間でヒーローだったんですが、それだけにWWFでのヒール転向は当時のファン連中にショックを与えたみたいです。
あれは湾岸戦争をマットに持ち込んだ「WWF版湾岸」だったんですが、過去の「リアル・アメリカン・ヒーロー」だったサージが星条旗を燃やし、現代の「リアル・アメリカン」を標榜するホーガンがそれを叩きのめすという、ちょっと見てらんないようなギミックでしたね~・・・
当時のサージのリングインは、エキサイトした観客に本当に殺されかねない状況で、リアルに警備員に囲まれての入場でした。

そこまでする徹底したプロ根性!と、梶原一騎だったら褒めちぎりそうですけど(笑)
Commented by joefig at 2010-12-24 22:41 x
>N・Mさん
いい出来なんですが、値段が高いのはかなりのマイナスポイントですよね。今月は飲み会も続いたので、財布はかなりのピンチに陥りました。消費した分、少しでも楽しんで元をとろうと、記事も長めです。
Commented by joefig at 2010-12-24 22:50 x
>カメレオンさん
もうこれは、値段を知る前に買うと心に決めてから、ショップに注文しました。造型の出来が期待以上に良かったのは、せめてもの救いです。来年もSDCC限定ものは意地でも何か買います!
Commented by joefig at 2010-12-24 23:14 x
>NORさん
う~ん、さすがNORさん! 詳しい情報をお持ちですね!
ああ~、アントン姿のコメント枠で、記事の中に直接登場していただきたいぐらいです!
しかしアメリカのマット界というのは、対象年齢を一体いくつに設定してるのか、と思うような無軌道ぶりですね~。なんだかそんなことを考えていたら、レスラーver.を買っておけばよかったような気もしてきました。
Commented at 2011-05-08 13:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by joefig at 2011-05-08 22:36
>NORさん
どうぞどうそ、joefigの記事にあるものは、NORさんのお好きなようにお使いいただいて結構です! NORさんのサージの記事、楽しみにしております!