ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

PoC/スピリット・アイアン-ナイフ

PoCから、北米トイザらス限定のスピリット・アイアン-ナイフ(2010年)です。
d0164702_0523316.jpg

Yo Joe! の分類ではスピリット・アイアン-ナイフv4 にあたります。天性の素質と一族の年長者からの伝授、そして軍のトレーニングにより、優れたトラッカー(追跡者)として活躍します。



コードネームSpirit Iron-Knifeは、Spiritは「精霊」、Iron-Knifeは彼の姓です。

ARAH時代に登場した、ニューメキシコ州出身のネイティブ・アメリカンであるスピリット(1984年)は、2005年になってスピリット・アイアン-ナイフというコードネームに変更されました。たぶん商標の絡みでしょう。
25thで初代がリメイクされた際も、コードネームはスピリット・アイアン-ナイフです。

今回のPoC版ではジャングル・アサルトのテーマからのリリースです。
初代のイメージを一新し、映画『プレデター』(1987年)に登場したネイティブ・アメリカンの兵士ピリー・ソールを多大に意識したルックスとなっています。
d0164702_8135923.jpg

ファイルカード(意訳)

限定  スピリット・アイアン-ナイフ
本名:チャーリー・アイアン-ナイフ  シリアル・ナンバー:492-89-RP21
階級:E-5(サージャント、三等軍曹)
作戦装備:RTS-遠隔地(リモート・テレーン)用サバイバル・バックパック

スピリット・アイアン-ナイフはG.I.ジョー・チームにおける原野の追跡者である。彼は天賦の才能と年長のインディアンから学んだ技術、そして軍での訓練を組み合わせて、あらゆる環境下で手がかりを見つけて追跡する。生い茂る熱帯林の中に身を潜めたコブラ・トルーパーの動きを追跡するために、彼はジャングルの中でその技術を駆使する。

秘密取扱資格:最高機密


素体。
ヘッドは新規造型。ストア限定の商品なのに、流用ではなく新規というところに気合いがうかがえます。
トルソーとウエストは25thのDVDバトルス・パック#5(ベスト・オブ・ザ80's)のアルパイン(2008年)から。
腕部はPoCのザルタンから。
脚部はPoCのデューク(ジャングル・アサルト)から。
d0164702_2283873.jpg

全体のバランスは申し分ありません。戦闘服は新型のデジタル・パターン風の迷彩です。

バストアップ。
顔自体はさほど前述のビリーに似ているわけではありませんが、ネイティブ・アメリカンの雰囲気がよく表現されています。
d0164702_230816.jpg

左のエルボー・ガードにはサンダーバードのような模様があり、右のエルボー・ガードにはネイティブ・アメリカン文化風のフリーズ(装飾模様)があります。
d0164702_2305938.jpg

このフィギュアの画像を初めて見たとき、ヘッドがRoCのストーム・シャドウ(パリ・パスート)によく似ているように思えたのですが、実際に入手して比べてみたらかなり違っていました。
d0164702_2463060.jpg

もしも似ていたら、ベトナム戦争時代のトミー(ストーム・シャドウ)に見立てようかと考えていました。
今回のスピリット・アイアン-ナイフのコスチュームに、コミック3パック#26のトミー・アラシカゲ(2006年)と雰囲気的に近いものを感じたためです。

付属品。
ディスプレイ・スタンド、タクティカル・ベスト、コンパウンド・ボウ・タイプのアーチェリー、矢、クイーバー(矢筒)、コルトAR-15スポーター1マスターキー、ククリ(グルカ・ナイフ)、ハチェット、蛇×2。
d0164702_3131414.jpg

タクティカル・ベストはピット・コマンドーなどと同じもののカラバリ。
アーチェリー類は、もともとは来年発売予定のシャドウ・トラッカーのために造られたものだと思います。

RoCのピット・コマンドー(ただしヘッドはザルタン付属のものにしてあります)、レゾリュート版デュークと。
d0164702_3255894.jpg

立て膝。
d0164702_3282697.jpg

d0164702_3291780.jpg

ククリ(グルカ・ナイフ)とハチェット(手斧)を構えて。
d0164702_3314916.jpg

右手の保持は少し甘いです。
d0164702_3331939.jpg

雄叫び。
映画を確認していませんが、ビリーの死の直前の場面はこんな感じだったと思います。
d0164702_342714.jpg

ビリーさんは、よく考えたら戦闘そのものではちっとも活躍していないんですよね。なのにとても印象に残っています。

ベストを着用して、もう一度刃物を構えてみました。
d0164702_345893.jpg

ショットガンを装着したアサルトライフルを構えて。
モデルはコルトAR-15スポーター1マスターキー。AR-15スポーター1に、モスバーグM500をアンダー・バレル・ショットガンとして装着したものです。
d0164702_3472964.jpg

ただ、これはおそらくヴァラー&ヴェノム(VvV)以前からのものを流用しているため、25thになってからのM4A1カービン系と比べると明らかにオーバーサイズとなっています。
d0164702_3521570.jpg

クイーバー(矢筒)を背負って。アーチェリーはただ引っ掛けてあるだけです。
ファイル・カードに記載されているRTS(リモート・テレーン・サバイバル)バックパックというのは、このクイーバーを指すのでしょうか。だとしたらずいぶん大げさな名称です。
d0164702_3554028.jpg

クイーバーには3本の矢が入った状態で造型されていますが、そこに1本だけ取り外し可能な矢をセットしておくことができます。
d0164702_356877.jpg

アーチェリーには特に矢をセットできるわけではないので、これはただ上に重ねてそれらしいポーズをとっているだけです。
d0164702_3562694.jpg

このアーチェリーはコンパウンド・ボウというタイプだそうです。弓の両端にカム(滑車)がついているのが特徴です。
d0164702_813682.jpg

モデルはブラウニング社の製品。
モデル名はわかりませんでした。 マイクロ・マイダス3というものが近いようです。
d0164702_2065883.jpg

RoCのベンチ-プレス、レゾリュートのビーチヘッドと。
味のあるメンバーが揃ってきました。いずれもほとんど流用品で構成されているフィギュアですが、存在感たっぷりです。
d0164702_41148.jpg

マーベル・ユニバースのフィギュアによく付属する、M203グレネード・ランチャーを装着したM16を持たせて。
d0164702_414953.jpg

ベストが干渉するので両手持ちはいまひとつです。
d0164702_433840.jpg

d0164702_462219.jpg

以上、PoC版スピリット・アイアン-ナイフでした。
ジャングルを移動する部隊を編成するには欠かすことのできないメンバーでしょう! 戦闘の緊迫感を盛り上げてくれること必至の名脇役です。

次回はクイックキックの予定です。それでは!
[PR]
by joefig | 2010-10-13 18:23 | フィギュア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/12060241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gun0826 at 2010-10-14 12:47 x
詳細なレビューお疲れ様でした。
ご依頼あったのにレビューできず、すみませんでした。
しかしこのコはjoefigさんにレビューしていただいて正解というか、
幸せだったのではないかと思います。
うちだと画像もヘボいですし。

ほんとよくできてますよね。
買った時の満足感がハンパじゃないです(これはPoC全体に言えますが)。

装備もルックスも問題なし、唯一M16が残念ですが、まぁ小さいことかなと。

プレデターの件、ネイティブアメリカンがあぁいう一行に同道するのは
「ワイルドバンチ」の昔からお約束ですよね。
あの雄たけびはやけに印象に残りました。

うちでもそろそろプレデター遊びしようかと思っているところですw
(幸いミクロアクションのプレデターがいるので)

ベンチプレス、ビーチヘッドとの3ショットは、マジでプレデター討伐に
出かけてもおかしくない面々ですなぁ。かっこいい。




ところで。
あれ、蛇だったんですねwww
Commented by カメレオン at 2010-10-14 17:25 x
流用ばっかなのにうまくまとまるのがジョーのすごいところですな

なんともいい顔してますしほんと最近のジョーの進化は驚きです
買う予定なかったんですがチェックかなwwww
Commented by joefig at 2010-10-14 22:40
>Gunさん
コメントありがとうございます。
ようやく手にしたら、大満足のあまりすぐに記事を作っちゃいました。
画像はjoefigのほうがヘボで、写真が暗くて見づらいこと多いですよー。知識がないので、かえって平気でいられる感じです。カメラも、5年前に買ったバカチョン的なデジカメですし。

スピリット・アイアンナイフは、デザインのリファイン具合も出来そのものも、本当に良い感じですね!

銃はほかからいくらでも持ってこられますからね。

おお、「ワイルドバンチ」もそうでした。あれもまた漢っぷりのいい映画でしたねー。

そういえば、確かにミクロマンでプレデター出てましたね! 小隊の隊長さんはやはりPoCジャングル・アサルトのデュークでしょうかね? ダッチ少佐と張り合えるようなタフガイといったら、最近のものでは彼が一番でしょう。今回利用したショップでは品切れ中で、まだ買えませんでした!

……えっ? 何にも考えずに蛇だと決めてかかってました。そう言われると全然自信がないです!
Commented by joefig at 2010-10-14 22:47
>カメレオンさん
コメントありがとうございます。
なんだか、新規のときよりも流用のときのほうが良い仕事している感さえありますよね!

これはマジで検討したほうがいいですよ! がっかりすることは決してないと思います。ぜひぜひお持ちのロボとデュークとに並べてあげてください! いや、バカ7人と並べてもいいかも!