ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

レゾリュート/ストーム・シャドウ(トレーニング)

更新が若干滞ってしまいました。レゾリュートのラインから、コミック2パックのトンネル・ラット vs.ストーム・シャドウ(2009年)を紹介します。まずはストーム・シャドウから。
d0164702_2250114.jpg

Yo Joe! の分類ではストーム・シャドウv28 にあたります。いつものSSとは少し雰囲気の違う、訓練のために防具を身にまとった姿のフィギュア化です。



ちょっと珍しいスタイルのストーム・シャドウ(以下SS)だったので、果たしてどんなものかと思い手に入れてみました。
結論から言うと、まあまあといったところでしょうか。

ファイルカードを意訳してみました。

コブラ・ニンジャ  コードネーム:ストーム・シャドウ
ファイル名:機密
主要軍事特技区分:妨害工作
第二軍事特技区分:諜報
出身地:機密
 ストーム・シャドウは30代続くニンジャの家系に属している。彼は切り立った壁を素手・素足で攀じ登ることができ、その動きは目にも止まらぬほど素早く、そして言葉に表せぬほどの苦痛にも耐えることができる。 5種類の武術において八段の黒帯で、長弓、サムライ・ソード、手裏剣、ヌンチャク・スティックの有資格のエキスパート。 彼は自身の能力について極めて尊大だが、それももっともで、彼は他の者が失敗したようなことでも成功を収めるのである。 妨害工作のエキスパートである彼は、G.I.ジョーの作戦基地に潜入する機会を喜ぶ。 それは彼の技術を鋭く保つには良い方法となり、結果的にもたらされる破壊を楽しめるからだ。
 「G.I.ジョー・チームは健闘するだろうが、奴らはこのおれとのいかなる対決にも勝つことはできない」


素体。
ヘッド、腕部、足首以外の脚部は新規造型。
トルソーとウエストは25thのDVDバトルス・バック#5のアルパインv5(2008年)から。
足首(というか足袋)はコブラ・バトル・パック1のストーム・シャドウv21(2007年)から。
d0164702_23161121.jpg

身に着けている防具は、胴は別パーツなのですが、外すことはできません。肩も別パーツですが、接着されています。腕や脚の防具は一体成形です。
腰に巻いた赤い帯だけは、外すことができます。
d0164702_23162124.jpg

付属品。
両刃の青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)、バトル・アックス、ディスプレイ・スタンド、覆面、ダイス一族のフェイス・マスク。
d0164702_231905.jpg

両刃の青龍偃月刀(下)は、ニンジャ・バトルズに付属する青龍偃月刀(上)とまったく同じ意匠となっています。
d0164702_23211387.jpg

覆面を装着。忍者の頭領っぽい感じです。
他のフィギュアにも被せてみたりしたのですが、収穫はありませんでした。
d0164702_23233734.jpg

d0164702_23261423.jpg

ダイスのマスク。こちらはかなりいろいろなフィギュアに被せることができました。
d0164702_23312358.jpg

d0164702_23314223.jpg

青龍偃月刀を手に。
武器の性質と手の可動の制約のため、構えたポーズにはあまり幅がないようです。
d0164702_2336026.jpg

d0164702_14191987.jpg

ダイス一族のフェイス・マスクとバトル・アックス。
このマスクと中国武術風のバトル・アックスは、リアル・アメリカン・ヒーロー(ARAH)ラインのニンジャ・フォースというサブ・グループの中で登場した、コブラ棒術ニンジャのダイス(1992年)のデザインを踏襲したものです。
d0164702_23454087.jpg

RoCのSS(パリ・パスート)に被せてみました。
……いまひとつですね。
この素顔のSSヘッドを今回のSSに取り付けたかったのですが、首が短くなり過ぎてしまってダメでした。
d0164702_2348786.jpg


今回の防具姿のSSのフィギュア、仮面の小物などでもう少し楽しめるかと思ったのですが、まあまあな感じでした。
造型の出来は悪くないと思います。


嵐影流の修行風景をイメージして遊んでみました。

アメリカからずっと修行に来ている友人に、今日も剣術の指南です。
基本も充分に身に着けたので、いよいよこれから本格的な稽古が始まります。
d0164702_23503769.jpg

防具を着けたヤング・マスターから、「本気で打ち込んでくるように」との指示がありました。
d0164702_23505121.jpg

ハード・マスターが見守る中、練習試合の開始。
d0164702_23515486.jpg

ヤング・マスターは巧みな棒術で間合いをつめ、アメリカ人は攻めあぐねています。
d0164702_23521061.jpg

一瞬の隙をついて一気に振り下ろしましたが、これはヤング・マスターの誘いでした。
d0164702_23531736.jpg

圧倒的なスピードでさばかれたアメリカ人は、気が付くと地面に倒されていました。
ヤング・マスター「どうした! ダンスでも習ってるつもりか?」
d0164702_23535793.jpg

そんな調子で何本もの取り組みが続いたのですが、アメリカ人のスタミナと気力も尋常ではありません。
アメリカ人「もう一本!!」
ヤング・マスター「!」
ブラック・ニンジャ「あいつまだやるつもりか!?」
d0164702_2354203.jpg

もとより格闘技の天才ですから、型にとらわれない攻めによって、ついにヤング・マスターの懐に一撃を加えることに成功しました。
d0164702_23543898.jpg

さらに、反撃に移ろうとしたヤング・マスターの動きを封じ、会心の一撃!

ハード・マスター「それまで!」
d0164702_23545548.jpg

ヤング・マスター「今のはよかった! おれの負けだ」
アメリカ人「押忍ッ、ありがとうございました!」
d0164702_23551114.jpg

ブラック・ニンジャ「負けるところを初めて見ました……」
ハード・マスター「……うむ」
このアメリカ人の素質を前に、ハード・マスターの目が鋭く光ります。


ハード・マスターは、25thのコミック2パックのハード・マスター&スネーク・アイズのものを使用。
アメリカ人は、同じくハード・マスター&スネーク・アイズのスネーク・アイズのボディーに、RoCコブラ・トループ・ビルダーのデュークのヘッドを使用。
ブラック・ニンジャは25thのストーム・シャドウ(ニンジャ・ク・リーダー)。
背景はRoCニンジャ・バトルスのディスプレイ・ベースを使用しました。


さて、次回はこのストーム・シャドウと2パックとなっているトンネル・ラットを扱いたいと思います。
[PR]
by joefig | 2010-06-23 01:20 | フィギュア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/11381105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。