ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

RoC/ザ・ドクター

今回のフィギュアはRoCのザ・ドクター(2009年)です。
d0164702_0284162.jpg

Yo Joe! の分類ではザ・ドクターv1a にあたります。



マーズ・インダストリーズ社のナノテクノロジー研究者である“ザ・ドクター”ことレックス・ルイスという人物は、映画オリジナルの設定であり、ARAHやレゾリュートの世界観からすればパラレル・ワールド的な存在ですが、この出来の良いフィギュアが発売されたことは大きな収穫だったと思います。

ファイルカード(意訳)

MICナンバー:機密  “ザ・ドクター”  本名:レックス・ルイス

レックスはM.A.R.S.(マーズ)インダストリーズの実験主任博士で、先進的ナノテクノロジーの開発者である。爆発で傷ついた彼は生命維持装置の助けを借りて、力と復讐への渇望から悪魔的な計画に乗り出す。

指定兵器:M.A.R.S.(マーズ)インダストリーズ・ラディカル・エクスポネンシャル(※)・ナノ-インジェクター・システム

※ラディカル・エクスポネンシャル=注入量を急激かつ対数曲線的に調節できる機能ということだと思います。

映画版では以下のような公式設定があったようです。

コードネーム:コブラ・コマンダー
氏名:不明(※リチャード・“レックス”・ルイス、別の資料ではレックスフォード・ルイス)  国籍:アメリカ
職業:科学者  専門:ナノマイト・テクノロジー

プロフィール:
MARS産業の研究開発を支えるマッド・サイエンティストとして“ザ・ドクター”というあだ名で呼ばれている以外、その素性を知る者はいない。彼の功績はMARS産業の最新鋭武器開発に利用されているナノマイト・テクノロジーを生み出したことだ。彼はそれまで誰も想像しえなかった恐ろしい形でそのテクノロジーを生み出した。
過去に起きた事故のせいで元の面影もないほどひどいケガを負い、生きるために携帯用の生命維持装置に頼っている。


以上、公開時の日本語版宣材をもとに構成してみました。

素体。
全て新規造型。
d0164702_147633.jpg

痩せた体格にボンデージ・ファッション。これは障害を負った彼の肉体を維持するための装置であるという設定でしょう。

ヘッド。
顔面に火傷のような跡があります。友軍の早すぎた爆撃によって受けた傷です。
劇中ではジョセフ・ゴードン-レヴィットが演じていました。
d0164702_1482733.jpg

付属品。
上段左からナノマイト・ケース、巨大クロー、コート。
中段左からナノマイト・チューブ×3、クロー(左右)、ウィッグ、人工呼吸器。
下段左からディスプレイ・スタンド、ナノマイト・インジェクター、ステアーAUG。
d0164702_1491059.jpg

なお、このドクターにはコートと腕の色が白いバリエーションも存在します。

人工呼吸器のみを装着した姿。
d0164702_1503832.jpg

ウィッグも装着。
d0164702_151093.jpg


コート着用。ナノマイト・ケースを手に、ジェームズ・マッカランと。
d0164702_1522579.jpg

ナノマイト・ケースをバロネス(アタック・オン・ザ・G.I.ジョー・ピット)に付属するブリーフケースと並べてみました。
ケースの中には3本のナノマイト・チューブが収まります。
d0164702_1524789.jpg

ナノマイト・インジェクターを構えて。
RoCコブラ・コマンダーやジェームズ・マッカラン(デストロ2パック)に付属するものとは形状が異なります。
d0164702_153513.jpg

クローを装着。うまく掌にフィットしてくれます。
d0164702_1542558.jpg

d0164702_1544371.jpg

ステアーAUG。コートを着用していると脇が干渉してしまい、銃器の両手持ちが難しいです。
まあ、こうした活躍場面があるとも思えませんが……。
d0164702_155263.jpg

ウィッグを外して。『ジェダイの復讐』のダース・ベイダーをパクったとしか思えない雰囲気ですね。
初代ARAHではデストロのほうが暗黒卿の風情をパクった感がありましたが。
d0164702_1551778.jpg

コブラ・コマンダーと。コマンダーよりずっと魅力的なフィギュアとなっていると思います。
d0164702_1553531.jpg

ドクターのボディーにコマンダーの頭部を装着。
d0164702_2271784.jpg

コブラの面々と。
d0164702_1581898.jpg

d0164702_235986.jpg

フィギュア本体の出来は造型・可動ともに素晴らしく、付属品も悪のドラマが感じられるものでした。25th以降のフィギュアの中でも傑作に数えられるものでしょう。
[PR]
by joefig | 2010-06-15 01:40 | フィギュア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://joefig.exblog.jp/tb/11322982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメレオン at 2010-06-16 17:47 x
国内販売のあったコマンダー様よりかっこええ
ヅラとれるのがポイント高いですなwww

ナノマイト人にぶちこむシーンのセットとかあれば最高だったのにハズブロさんw
Commented by joefig at 2010-06-16 19:41 x
>カメレオンさん
ヅラとれるというネタ的要素を入れるなんぞ、ハズブロさん楽しんでますよね。
このフィギュアにコマンダー様のヘッドをつけて売ってくれれば、それ1個で済んだという気もしますが。