ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

タグ:タカラ ( 5 ) タグの人気記事

 今回はタカラの 「ニューGIジョー」 のアメリカ軍のシリーズの記事です。

 固有のシリーズ名は特にないようですが、アメリカ本国版 「G.I. ジョー」 のアクション・ソルジャーのベーシックな装備や三栄貿易の 「ジーアイ・ジョー」 のカタログの記載、そして 「ニューGIジョー」 の武器セットのシリーズ名などを基に、このブログでは便宜的に 「コンバット」 として分類してみました。
d0164702_23144661.jpg


続きを読む
[PR]
by joefig | 2017-05-09 00:18 | 資料 | Trackback | Comments(0)
 タカラの 「ニューGIジョー」 のドイツ軍及び世界の軍服の記事です。
d0164702_12135884.jpg

[ドイツ陸軍の服装]
 1939年から45年までの第二次世界大戦で連合軍相手に戦ったナチス、ドイツ陸軍には国防省、親衛隊、国民軍の三軍があり、それぞれ軍服も違うスタイルがきめられていた。
 この中でいちばん数が多かった国防軍の兵士は、灰緑色 (ジャーマングレー) の服に濃緑の襟、肩に兵科と階級とをあらわす襟章と肩章をつけ、胸にはナチスドイツのシンボルの銀色の鷲とカギ十字の胸章をつけている。 ヘルメットはドイツ独特のうしろが長いスタイルで、右側に三色、左側に銀色の鷲とカギ十字のワッペンをつけていた。 戦闘のときにはベルトに弾薬入れを左右に三コづつ、左腰に銃剣、小型のシャベル、うしろに防毒マスク、ざつのう (ものいれ)、水筒をつけた。
 将校の服装は、上衣、ズボンともに兵士より上質で、拳銃つりベルトと長靴をつけ、銀色鷲とカギ十字、柏の葉にかこまれた三重丸の帽章をつけたカッコイイ正帽をつけているのが普通である。
                 監修解説 兵器評論家 小橋良夫
   (ドイツ軍のパッケージの説明文より)

続きを読む
[PR]
by joefig | 2017-05-03 20:36 | 資料 | Trackback | Comments(0)
 今回はタカラの 「ニュー GI ジョー」 についての記事です。
d0164702_21093808.jpg


続きを読む
[PR]
by joefig | 2017-04-29 19:54 | 資料 | Trackback | Comments(0)
 今回はタカラの 「ニューGIジョー」 のスポーツシリーズの記事です。
d0164702_18052504.jpg


続きを読む
[PR]
by joefig | 2017-04-25 18:11 | 資料 | Trackback | Comments(0)
 今宵は当ブログに日本の特撮ヒーローたちが降臨!

 タカラの 「ニューGIジョー」 の正義の味方シリーズの記事です。
d0164702_21260757.jpg


続きを読む
[PR]
by joefig | 2017-04-19 22:06 | 資料 | Trackback | Comments(0)