ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/アメリカ南北戦争

 今回はアメリカ南北戦争 (1861年~1865年) についての記事です。

 下の画像は G.I. ジョー:クラシック・コレクションのシビル・ウォー (1997年) のパッケージより。
d0164702_17345357.jpg





------------------------------------------------------------------------------------
アメリカ南北戦争


 独立以来、順調に領土を拡大して言ったアメリカでは、やがて北部と南部とで経済・社会・政治的差異が増大していって対立し、ついには南部11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を形成して北部23州との戦争に至りました。 これがアメリカ南北戦争 (American Civil War) です。
 シビル・ウォーは文字通りには 「市民戦争」 ですが 「内戦」 の意味で用いられ、アメリカ合衆国 (北部) とアメリカ連合 (南部) との内戦の場合は 「アメリカ南北戦争」 と訳されます。

 当時、南部は黒人奴隷に支えられた農業プランテーションで綿花などをヨーロッパに輸出しており自由貿易を望んでいました。
 一方、工業化が進んでいた北部では国内産業を保護し推進するためヨーロッパとの貿易に高い関税を望み、南部の奴隷を解放して新たな労働力を確保しようとしていました。
 1860年、奴隷制に反対する共和党のエイブラハム・リンカーンが大統領に当選すると、南部はジェファーソン・デイヴィスを大統領とするアメリカ連合国として独立を宣言し、翌年武力衝突が起きて南北戦争が始まりました。

 4年に渡るこの内戦では、最終的に北軍が勝利し、アメリカは再び統一されました。


 ちなみに有名な全米ライフル協会 (National Rifle Association of America ; NRA) が設立されたのは1871年で、南北戦争に勝った北部出身者、銃販売業者や銃愛好家などにより設立されています。


 南北戦争で用いられた中古武器は日本にも大量に輸入されて戊辰戦争 (1968~1869年) で使われており、アメリカで発明されたガトリング砲などは、本格的に使用されたのは南北戦争ではなく戊辰戦争だったと言われています (越後長岡藩が実戦投入)。

-------------------------------------------------------------------------------------
北軍 (アメリカ連邦軍)


ジェネラル・ユリシーズ・S・グラント (1998年)/タイムレス・コレクション (シビル・ウォー・シリーズ)
d0164702_22110585.jpg General Ulysses S. Grant  (#57051)  ウォルマート限定。
 ユリシーズ・S・グラント (1822年~1885年) は南北戦争時の北軍の将軍。 後に第18代アメリカ大統領 (在任1869年~1877年)。
 南軍のリー将軍を破って軍人としては成功したが、大統領任期中に起こした多くのスキャンダルや汚職から、アメリカ最悪の大統領の一人と評価されている。
 オハイオ州ポイント・ブレザント出身。 最終階級は元帥。
素体:
   ヘッドは新規造型。
付属品:
   シャツ    ベルト    パンツ    ブーツ×左右
   ハット    ジャケット    ベスト    サッシュ
   ソード    ソード・スカバード (鞘)
   ビノキュラー    ビノキュラー・ケース
   地図    マップ・ケース
   樽    テーブル   アモー・クレート
   アメリカ国旗 (※36星旗)
d0164702_15135246.jpg

説明文:
ジェネラル・ユリシーズ・S・グラント (※ユリシーズ・S・グラント将軍)
 ユリシーズ・グラントは、南北戦争の勃発でその軍事的才能を発揮するまでは無名の存在だった。 北軍を勝利に導いたリーダーシップの結果、グラントが大統領職を引き継いだのは儀礼的な権利としてであった。 そして戦場で効果的に働いた 「良識 (※コモン・センス)」 に訴えた手法は、ホワイトハウス向けの純然たる戦略であったことも判明している。
 1822年4月27日、オハイオ州ポイント・プレザントで生まれたハイラム・ユリシーズ・グラントは、地元の全寮制学校からウエスト・ポイントに推薦され、事務上の誤りのために名前が変えられてしまったが、彼はそれを気に入った。 彼はウエスト・ポイントでは数学と馬術に秀で、後の南北戦争で将軍となる50名もの級友たちを得た。 ウエスト・ポイントの後、グラントはセントルイスの歩兵中隊に入隊し、メキシコ戦争が突発した時にはテキサス州の副官に就いていた。 この戦争の間に戦闘で注目されたグラントは、メキシコ・シティー攻略における勇敢な活躍によって大尉に昇進した。 戦後、グラントは自ら招いた問題のため軍を辞職し、エイブラハム・リンカーン大統領から北軍防衛のための志願兵の招集があった時に現役任務に復帰した。
 グラントは直ちに指揮官の才能を発揮し、4ヶ月足らずで軍から准将に推された。 グラントの軍歴の始まりとなった北軍の最初の大勝利はテネシー州のヘンリー砦とドネルソン砦の陥落で、南軍のサイモン・バックナー将軍は 「無条件かつ即時の降伏以外は全く認めない」 という有名な最後通告により降伏を強いられた。 これによってグラントは少将に昇進し、「無条件降伏」 のニックネームを得た。 さらに1863年7月4日のミシシッピー州ヴィクスバーグ、そして4ヶ月後のチャタヌガでブラクストン・ブラッグ将軍を敗北させた遠征で、彼は見事な戦略家としての評判を証明し、その勝利が突出したグラントには北軍全体の軍の指揮権が与えられた。
 彼は直ちに南軍への最終的な遠征を計画し、西部方面軍にウィリアム・T・シャーマン将軍を配属する一方、自らの完全な注意を有名なロバート・リー将軍率いる南軍の主力部隊に向け、1864年の冬を通して絶え間ない圧力をかけてリーをリッチモンドまで押し返した。 1865年4月2日、放棄して西へ撤退したリーは1週後にアポマトックス・コートハウスで降伏したが、これはグラント自身の勝利であり、彼は国家的英雄となった。
 1868年、国で最も有名な軍事指導者に全ての目が注がれる中、大統領選で共和党の候補となった彼は対立候補ホレーショ・シーモアを破った。 1869年3月4日、グラントは合衆国第18代大統領となることを宣誓し、1877年まで国家の最高司令官として働いた。







アーミー・オブ・ザ・ポトマック、1861 (1997年)/クラシック・コレクション (シビル・ウォー)
d0164702_17280124.jpg Army of the Potomac, 1861
 東部戦線における北軍の主力となったポトマック軍の兵士。
d0164702_17280634.jpg


素体:
   ヘッドは新規造型のシビル・ウォー・ヘッド (北軍)。
   ボディーはクラシック・コレクション素体。
付属品:
   エンリステッド・オーバーコート    ウール・ジャケット    トラウザーズ
   コットン・シャツ    フォーリッジ・キャップ
   ベルト    ソックス×左右    シューズ×左右
   テント    ステークス (※ペグ)    ベッドロール
   ナップザック    ポーチ
   ティン・カップ    キャンティーン
   1853年式エンフィールド・ライフル・マスケット
   カートリッジ×6個    カートリッジ・ボックス    スリング
   バヨネット    シース
   バトル・スタンダード・フラッグ (※33星旗/サムター要塞旗)    スタンド    ベース
説明文:
 1861年4月12日の朝午前4時30分、サウスカロライナ州チャールストンにある連邦側のサムター要塞に、連合側の砲兵の最初の砲撃が轟いた。 それはアメリカ南北戦争の始まりとして知られている……。
 その後4年間、連邦政府に忠誠を保っていた23州の同盟である連邦軍は、連邦を離脱して州権利の優位を宣言した南部11州からなるアメリカ連合国と戦った。 当初、北軍と南軍──ブルーとグレー──の紛争は短命であると思われた。 1861年7月21日、ピエール・G・T・ボーリガード将軍指揮下の連合軍は、バージニア州のマナサス中継駅で連邦側のアーヴィン・マクダウェル将軍の軍を敗走させた。 南軍の予想外の粘りにより北軍はワシントンへの急速な撤退を強いられた。 この時点で、両軍は紛争が双方の予想以上に長引くことになることを理解した。 1865年5月26日に最後に連邦軍が連合軍を包囲するまでの間に、約100万人のアメリカ人が死傷し、南北戦争はアメリカに最大の荒廃をもたらした紛争となった。
 北と南の間に衝突をもたらした緊張は、2つの地域の経済、社会、政治的な根深い違いを反映した40年にわたる激しい部分的対立が頂点に達したものだった。 農業的な南部で生産される商品作物──綿、タバコ、サトウキビ──は北部とヨーロッパへの輸出用だったが、製品化や貿易の根幹となる商業サービスとは北部に依存していた。 断層の違いの根底には、南部の労働力には奴隷にされた約400万人のアフリカ人の問題もあった。 奴隷所有層の農場経営者が人口に占める割合は少数であったにも関わらず、それが南部の政治と経済を支配していたのだ。
 1860年の大統領選では、民主党の内部分裂を経てエイブラハム・リンカーンが当選した。 彼はこれ以上の奴隷制度の拡張の拒否、保護関税、内部改善に対する連邦補助金、ホームステッド法 (※開拓者に農地を無償提供する法律) を承認する共和党の綱領を掲げた。 南部は政治的包囲や経済的窒息と向き合うよりも独立に賭けた。 1861年3月、彼の就任時、7つの州──サウスカロライナ、ミシシッピー、フロリダ、アラバマ、ジョージア、ルイジアナ、テキサス──が脱退条例を採択し、アメリカ連合国が結成された。 サムター要塞、バージニア、アーカンソー、ノースカロライナ、テネシーにおける連合側の勝利によってさらなる離脱が続き、紛争に従って戦線は拡大していった。
 この戦争で若い兵士たちは近代的な戦いと伝統的な戦いの時代にまたがって戦った。 この間に正確なカービン銃のようなより高度な武器がそれまで一般的だったスプリングフィールド手動装填式単発前装銃にとって替わり、戦闘開始時に密集隊形をとり続けた大隊はマスケット弾と大砲射撃の容易な標的となった。 制服は貧弱なもので保護性に乏しく、靴とブーツは用具としてしばしば切望された。 感染予防の消毒剤の重要性はまだよく理解されておらず、実際の戦闘よりも感染と病気による死亡が上回る結果につながった。 兵士たちは戦闘に入る前に自分の名前やイニシャルをハンカチーフや布きれに記して制服に止め、これは20世紀の軍隊のドッグ・タグの起源となり、この極度に困難な背景は、アメリカ史における最も記憶すべき軍事事件として国中の若者の血の中に流れているのである。






ユニオン・ソルジャー: ビリー・ヤンク: アーミー・オブ・ポトマック 1864 (2000年)/ハズブロ・コレクターズ、インターネット限定
d0164702_15322470.jpg Union Soldier Billy Yank Army of Potomac 1864  (#57723)
 インターネット限定。
 Billy Yank は南北戦争の際のアメリカを擬人化したもので、北軍の兵士がこう呼ばれた。
 Yank はYankee の略。
→ 「G.I. ジョー以前のアメリカ兵に対する俗称」 の記事も参照。

d0164702_1533945.jpg


素体:
付属品:
   キャップ    コート    パンツ    ベルト①    シューズ×左右
   ベルト②    メッセンジャー・バッグ
   ライフル (※1853年式エンフィールド・ライフル・マスケット)    バヨネット    シース
   ユニオン・フラッグ (※33星旗/サムター要塞旗)    ディスプレイ・スタンド
説明文:
 1861年4月12日の早朝、注目されていた攻撃的な分離主義者エドマンド・ラフィンは、大砲の引き綱を引いてサムター要塞に象徴的な最初の一撃を発射した。 ラフィンが放ったこの最初の砲撃によって、「州間の戦争」、「北部侵略の戦争」 とも呼ばれたアメリカ南北戦争は始まった。
 1865年の5月に最後の銃が撃たれるまでに、350人万以上の者たちが兄弟対兄弟、北部対南部を戦わせた必死の苦闘に巻き込まれた。 南北戦争はペンシルバニアやバージニアの平和な農地から遠くテキサスやバーモント、さらには北極海の捕鯨船団にまで猛威を広げていった。
 交戦状態の結果として、60万人を超える献身的なアメリカ人が究極の代償として命を失った;3人に2人が、戦場の負傷ではなく、通常疾患で死んだのだ。
 南北戦争は国家が今日私達が知っている国へと賢明に変化していくことに役立ち、一体となった北部と南部は、それぞれを合わせた以上に全体としてより強くなった。 南北戦争の影響は今日もなお感じられており、国家は1861年から1865年の大虐殺の癒しを必要とし続けている。







ユニオン・ペティ・オフィサー・モニター (2002年)/ジョーコン (バックヤード・パトロール: シビル・ウォー・セーラーズ)
d0164702_15424160.jpg Union Petty Officer Monitor
 ジョーコン2002で発売。 150 体限定。
 鉄板で装甲された装甲鑑 (アイアン・クラッド) 同士による史上最初の戦いである、南北戦争時のハンプトン・ローズ海戦 (1862年) がテーマ。 2002年はこの戦いから140年目にあたる。 また、ハンプトン・ローズは2002年ジョーコン開催地であるノーフォークを含むバージニア州の水域名。
 北軍の装甲艦 U.S.S. モニターに乗船する下士官 (ペティ・オフィサー)。
素体:
   ヘッドはシビル・ウォー・ヘッド (北軍)。 ブロンド+青い眼+髭。
   ボディーはスーパー・アーティキュレーション・ボディー+ガン・ホー・グリップ。
付属品:
   キャップ    ジャンパー (インシグニアあり)    ベルト    トラウザー
   ソックス×左右    ブローガン・フットウェア (ブーツ)×左右
   レミントン・リボルバー    ホルスター    ソード
説明文:
   なし。



-------------------------------------------------------------------------------------
南軍 (アメリカ連合国軍)


ジェネラル・ロバート・E・リー (1999年)/タイムレス・コレクション (シビル・ウォー・シリーズ)
d0164702_23012459.jpg General Robert E. Lee  (#57093)  ウォルマート限定。
 ロバート・エドワード・リー (1807年~1870年) は南北戦争時の南部連合の軍司令官。 最終的には敗北したがアメリカ史上屈指の名将として評価されている。
 バージニア州レキシントン出身。 最終階級は連合国軍大将。
特記事項:
・ 妻のメアリー・アン・ランドルフ・カスティスは初代大統領ジョージ・ワシントンの孫娘にあたる (ただし養子の子孫のためワシントン本人とは血のつながりはない)。
・ アーリントン国立墓地は、南北戦争の戦没者を弔うためにリーが所有していた土地を没収して建設されたもの。
素体:
付属品:
   シャツ    パンツ    ベルト    ブーツ×左右
   ハット    ジャケット
   ソード    ソード・スリング    ソード・スカバード
   地図    ビノキュラー    ケース
   コーヒー・ポット
   ファイアー・ピット・ポール (※野外炊事用の三脚柱)+チェーン
   旗 (※連合国国旗/スターズ&バーズ、13星)
説明文:
ジェネラル・ロバート・E・リー (※ロバート・E・リー将軍)
 ロバート・エドワード・リーは南北戦争時の国内の最大の軍事指導者の一人であり南軍の指揮官であった。 「軽騎兵ハリー」 (※独立戦争で活躍した父ヘンリーの渾名) の最年少の息子、騎兵隊長、バージニア州知事のロバートは、バージニアの支配階級層の家庭に生まれたが貴族の家系にもかかわらず富という利点には欠けていた。
 ウエスト・ポイントに推薦されたリーは、隊補佐となり最高ランクの士官候補生となってクラスの次席で修了した。 彼の軍歴は精鋭の工兵隊として始まり、メキシコ戦争では大尉として働いた。 そこで彼は、上官をして 「戦場で出会った中で最高の兵士」 と言わしめた才能と勇気を示した。
 北部と南部の間の危機が高まる中、リーは連合軍 (※南軍) を率いてジョン・ブラウンによるハーパーズ・フェリーの奴隷蜂起の企てを制圧するよう命じられた。 南北戦争勃発時、リーは地元の州を防衛するためにバージニア州軍の司令官を引き受けた。 リーは第一次ブルランの戦いで何とか北軍を制圧したが、まさに全面戦争が始まろうとしていることにすぐに気付いた。 “ ストーンウォール ”・ジャクソン将軍と協力して攻撃部隊を編成し、リッチモンド付近のフェアオークスの戦いで北軍を奇襲したリーは、その戦術が敵対者への重大な脅威であることを示したことによりついに完全な前線指揮権を与えられた。 リーはわずか3週間で北バージニア軍として知られる軍隊を編成した。 一連の激戦、大きい損害、兵力が減少する中、リーはより優れた戦略を考案して兵士や南部の人々の信頼を得続けた。
 リーは第二次ブルランの戦い、フレデリックスバーグの戦い、チャンセラーズビルの戦いを含むいくつかの厳しい失敗を招き、時は彼に味方せず、リーの軍隊は壊滅し、供給も不十分であった。 そして考慮すべき別の力もあった……新たに任命された北軍のユリシーズ・S・グラント将軍である。 グラントは軍備や騎兵の数でリーを上回っていた。 苦戦の末、ついに1865年4月9日、アポマトックス・コートハウスの階段でグラントと対面した後にリーは威厳ある降伏をした。
 戦後、リーはバージニア州のワシントン大学の学長職を引き受け、同大学は彼に敬意を表して新たにワシントン&リー大学と改名された。 進歩的な教育者および剛毅さの手本であるリーは、南部の伝統の全ての良き面のシンボルとなった。







アーミー・オブ・ヴァージニア、1861 (1997年)/CC (シビル・ウォー)
d0164702_17285102.jpg Army of Virginia, 1861
 東部戦線における南軍の主力となった北バージニア軍の兵士。

d0164702_17285382.jpg
素体:
   ヘッドは新規造形のシビル・ウォー・ヘッド (南軍)。
   ボディーはクラシック・コレクション素体。
付属品:
   エンリステッド・オーバーコート    ウール・ジャケット    トラウザーズ
   コットン・シャツ    フォーリッジ・キャップ
   ベルト    ソックス×左右    シューズ×左右
   テント    ステークス (※ペグ)    ベッドロール
   ナップザック    ポーチ
   ティン・カップ    キャンティーン
   1853年式エンフィールド・ライフル・マスケット
   カートリッジ×6個    カートリッジ・ボックス    スリング
   バヨネット    シース
   バトル・スタンダード・フラッグ (※南軍旗)    スタンド    ベース    
説明文:
 北軍のアーミー・オブ・ザ・ポトマック、1861と同じ。






コンフェデレート・ソルジャー: ジョニー・レブ: アーミー・オブ・ノーザン・バージニア 1864 (2000年)/ハズブロ・コレクターズ、インターネット限定
d0164702_15441327.jpg Confederate Soldier Johnny Reb Army of Northern Virginia 1864  (#57724)
 インターネット限定。
 Johny Reb は南北戦争の際のアメリカを擬人化したもので、南部のために戦った兵士がこう呼ばれた。
 Reb は Rebell の略。 北部 (連邦) から脱退した南部の連合国軍。
 Jonny はそれ以前にアメリカの擬人化として用いられていた 「ブラザー・ジョナサン」 から。
→ 「G.I. ジョー以前のアメリカ兵に対する俗称」 の記事も参照。
d0164702_15444484.jpg
素体:
付属品:
   ライフル (※1853年式エンフィールド・ライフル・マスケット)
   旗 (南軍旗)
   その他
説明文:
 ユニオン・ソルジャー:ビリー・ヤンクに同じ。






コンフェデレート・ペティ・オフィサー・メリマック (2002年)/ジョーコン (バックヤード・パトロール: シビル・ウォー・セーラーズ
d0164702_15424472.jpg Confederate Petty Officer Merrimac
 ジョーコン 2002で発売。 150 体限定。
 南軍の装甲艦 C.S.S. バージニア (旧名 U.S.S. メリマックのほうが有名) に乗船する下士官 (ペティ・オフィサー)。
素体:
   ヘッドはシビル・ウォー・ヘッド (南軍)。 赤毛+髭。
   ボディーはスーパー・アーティキュレーション・ボディー+ガン・ホー・グリップ。
付属品:
   キャップ    ジャンパー (インシグニアあり)    ベルト    トラウザー
   ソックス×左右    ブローガン・フットウェア (ブーツ)×左右
   レミントン・リボルバー    ホルスター    ソード
説明文:
   なし。





------------------------------------------------------------------------------------
同時代の G.I. ジョー・フィギュア


ポニー・エクスプレス (2001年)/ジョーコン限定 (バックヤード・パトロール)
 Pony Express
 フィギュアと馬のセット。
 ハズブロ社外品を使用した非正規アイテム。
 ポニー・エクスプレスは1860年4月~1861年10月まで運行されたミズーリ州セントジョゼフからカリフォルニア州サクラメントまでの郵便速達サービス。 大陸横断電信が開通するまで西部にとって重要な通信手段で、南北戦争直前にカリフォルニアを北部 (北軍) と密接に結びつけておく役割を果たした。
d0164702_12355868.jpg

素体:
付属品:
   スラウチ・ハット    バンダナ    バックスキン・シャツ    パンツ    ベルト
   ボルスター    1851年式ネイビー・コルト    ブリティッシュ・ボウイ (ナウイ)
   ポーニー・スカバード (鞘) (※Pawnee はネイティブ・アメリカンの部族名)
   プレーリー・バックスキン・ブーツ
   ホース    サドル    ポニー・エクスプレス・モチーラ (バックパック)


------------------------------------------------------------------------------------
関連事項


サムター要塞 (フォート・サムター)  Fort Sumter
 サウスカロライナ州チャールストンの港に位置する石造りの要塞。 南北戦争の端緒であるサムター要塞の戦いが起きた場所として有名。
 『G.I. ジョー バック2リベンジ』 ではアトミック・サミットの開催地として登場。 ただし実際のロケ地はルイジアナ州ニューオリンズのフォート・パイク。


■ARAH トイ

スカーレット
 v1 の発売は1982年。 本名シャナ・M・オハラ。 ジョージア州アトランタ出身。
 ネーミングは 『風と共に去りぬ』 の主人公スカーレット・オハラから。
 『風と共に去りぬ』 はジョージア州アトランタを舞台に南北戦争時代の南部の白人社会を描いた作品。

クロスカントリー
 v1 の発売は1986年。 ノースカロライナ州グリーンズボロ出身。 ベルトのバックルが南軍旗となっています。



■サンボウ版アニメ
・ 第62話 「大アラスカのランド・ラッシュ」 (1985年12月3日) で、アメリカの国務長官ウィリアム・H・スワードがロシア帝国からアラスカを購入した件がプロットに取り入れられていますが、アラスカ購入は南北戦争終結の2年後、1867年の出来事です。



■RoC
 RoC の SDCC 限定デストロ2パック (2009年) のボックスにはマッカラン家の歴代当主の業績が記されていましたが、南北戦争の時期に活躍した当主はジェームズ・マッカラン19世となっています。

ジェームズ・マッカラン19世
 1840~1893年。 当主在位1855~1890年。
 新型ロケットを実験するために、南北戦争でこれを両陣営に販売した。 近代戦にガトリング砲を導入し、多数受注して特価にて販売した。


 また、映画と同時期に展開していたプリクウェル(前日譚)・コミックのデストロのストーリーでは、南北戦争時に活躍したのはアンガス・マッカラン・デストロ20世となっていました。

アンガス・マッカラン・デストロ20世
 南北戦争でガトリング砲などの武器を販売。

------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by joefig | 2016-07-12 20:24 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/22452721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。