ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/GIJCC 限定 DTC

 今回は G.I. ジョー・コレクターズ・クラブ (GIJCC) 限定で発売された DTC フィギュア (2008年・2009年) の記事です。
d0164702_00291137.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「G.I. ジョー・コレクターズ・クラブ」 の記事へ

-------------------------------------------------------------------------------------
GIJCC 限定 DTCフィギュア・ラインナップ一覧


2008年 (GIJCC 限定)

 フィギュア
   シングルパック
         アウトバックv5      エアータイトv2
         コブラ・オフィサーv9      ナイト-ヴァイパーv3


2009年 (GIJCC 限定)

 フィギュア
   シングルパック
         ルテナント・ファルコンv5      カッパーヘッドv6 (パイソン・パトロール)
         ミュニーシアv1

-------------------------------------------------------------------------------------
GIJCC 限定 DTCフィギュア概要


 GIJCC から2008年・2009年に発売された7体のシングルパックのフィギュアは、本来は DTC (ダイレクト・トゥー・コンシューマー) のラインのウェーブ4 (発売予定は2006年) として企画されながら、主力商品が 「G.I. ジョー:シグマ6」 にシフトしたためにキャンセルされ、それが GIJCC によって復活したものです。

 そんな経緯のため、フィギュアはいずれもOリング素体です。


 2009年のジョーコンで発売されたコミック 『G.I. ジョー vs コブラ』 の 「ダイレクト・トゥー・コブラ」 パート1 (「未開の湿地の待ち伏せ!」)・パート2 (「勝者へ……」) は、GIJCC 限定 DTC のキャラクターをフィーチャーした内容でした。
→ FP 版コミック 『G.I. ジョー vs コブラ』 の記事も参照。

-------------------------------------------------------------------------------------
2008年詳細


アウトバックv5 (2008年)/GIJCC 限定 DTC (シングルパック)
d0164702_01302987.jpg DTC ウェーブ4でキャンセルされたもの (2006年) が復活。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   ボディーはDTC のメジャー・バラージv1 (2005年) から。
   胸に 「SURVIVAL」 の表記あり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパックはスパイ・トループスのフリントv8 から。
   アサルトライフルはスパイ・トループスのサージェント・ハッカーv1 から。
   ナイフはDTC のスピリット・アイアン-ナイフv1 から。
コマンド・ファイル:
コードネーム:スチュアート・“ アウトバック ”・セルカーク  サバイバリスト
ファイル名:スチュアート・R・セルカーク  認識番号:688-27-NR13
階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:サバイバル訓練教官
出身地:ワイオミング州ビッグパイニ (※原文ではスペルに誤りあり) 
 “ アウトバック ” はサバイバル学校とジャングル戦闘訓練センターの教官だった。 彼の広範な経験には中央アメリカ、アジア、世界中の多数の他が含まれている。 多くの人々は何マイルも人間の生活の痕跡がないエリアに威圧される。 アウトバックは違う。 サバイバルが意味するのは、環境の一部となって対立しないことだと彼は信じているのだ。 G.I. ジョー・チームが広大な荒野の地方で任務に就く時、彼の専門性は不可欠である。 アウトバックは荒野のサバイバルの要点:食糧探し、即席のシェルター、廃材利用による必需品の作成、地図やコンパスなしでの読図で彼らを導く。 彼は本を読むように土地を読み、それを創造性や抜け目なさと共に駆使して、地球上の最も隔絶された場所でも生き延びて活躍できる。
 「おれはチームがその目標に到達することを確実にする、どことも知れぬ場所の只中をスイス・アーミー・ナイフとチューインガムしか持たずに通り抜けなければならない時でもな」






エアータイトv2 (2008年)/GIJCC 限定 DTC (シングルパック)
d0164702_01302627.jpg DTC ウェーブ4でキャンセルされたもの (2006年) が復活。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   それ以外はDTC のバレル・ロールv3 (2005年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バイザー、ベストは式造型。
   ライフルはDTC のグランド・スラムv3 から。
   ピストルは25th のデュークv23 から。
コマンド・ファイル:
コードネーム:エアータイト  ケミカル・オフィサー
ファイル名:カート・シュナー  認識番号:307-42-KS83
階級:E-4 (※スペシャリスト、特技兵)
主要軍事特技区分:有毒物質制御
第二軍事特技区分:武器科
出身地:コネチカット州ニューヘイブン
 G.I. ジョー・チームはコブラ軍のあらゆる種類の攻撃に備えなければならず、そこには残酷なDr. マインドベンダーが作成した危険物も含まれる。 それはエアータイトの出番だ。 彼は訓練された化学兵器のエキスパートであり、それらを検知し、識別し、中和し、収容する方法を知っている。 彼はチームがあらゆる不測の事態に備えるべく維持しており、特にコブラは思い通りにあらゆる不快な手段で攻撃するほど十分な悪だ。 毒ガスが放出された時、それはその中へ進んで中和するために勇敢かつ冷静な人物の出番であり、彼は不浸透性の、炭素発砲ウレタンで作られたレベル4の M.O.P.P. (任務志向防護態勢) 装備に身を固める。 エアータイトは仕事の男だ。 コブラがG.I. ジョー・チームに最悪の事態をもたらした時、間一髪で勝利を収めるために彼はそこにいる。
 「危険な毒物を扱うのは任務の一部に過ぎない。 他の部分は最初にそれを放出した敵を拘束し、確実に奴らが二度とそれをしないようにすることだ」






コブラ・オフィサーv9 (2008年)/GIJCC 限定 DTC (シングルパック)
d0164702_01302432.jpg DTC ウェーブ4でキャンセルされたもの (2006年) が復活。
 ジョーコン2009 で発売された FP版コミック 『G.I. ジョー vs コブラ』 の 「勝者へ……」 では、CIA のウェイン・ストーンと名乗るコブラ・オフィサーが登場した。
素体:
   DTC のコブラ・トルーパーv3 (2006年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッドはDTC のレンジ・ヴァイパーv2 (2005年) から。
   ボディーはVvV のゴースト・ベアー (2004年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ヘルメット (シェブロンあり) はコブラ・トルーパーv3から。
   アサルトライフル (※AK-74) はJvC のネオ-ヴァイパーv4 から。
   ウェブ・ギア、ライフル、グレネード・ランチャーは新規造形。
コマンド・ファイル:
コードネーム:コブラ・オフィサー  コブラ・インファントリー・フォース
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:砲兵、諜報
 この前線の戦士たちは戦闘でコブラ攻撃部隊を率いるが、彼らは名前だけの “ 士官 ” だ。 彼らの唯一本当の階級は自分たちのコブラ兵の小分隊の上にいるというだけだ。 彼らはコブラ・トルーパーズの多数の集団の中のわずかな少数に位置するが、それは前歴、個人的野心や悪運であれ、何らかの理由で一定の主導権、組織力、リーダーシップの手腕を示したことによる。 最終的には誰かが組織をまとめ、目的のために動かねばならず、その結果、彼ら底辺のコブラ部隊ですら与えられた目的を達成するのだが、他の誰もその仕事を望まないのだ。
 「我々はG.I. ジョー・チームの破壊に身を捧げ、コブラが世界を征服する時、そこにいるのは我々だ!」







ナイト-ヴァイパーv3 (2008年)/GIJCC 限定 DTC (シングルパック)
d0164702_01301680.jpg DTC ウェーブ4でキャンセルされたもの (2006年) が復活。
 ARAH のナイト-ヴァイパーv1 (1989年) の JvC スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッド、腕部、脛はVvV のカマクラv3 (2004年) から。
   トルソー&ウエスト、腿はスパイ・トループスのサージェント・エアボーンv1 (2003年) から。
   右上腕にナイト-ヴァイパーのインシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ヘルメット、ゴーグル、ハーネス、サブマシンガン (※木製ストック装着ウージー)×2、マシンガン (※PP-91-01 KEDR-B) はいずれも新規造形。
コマンド・ファイル:
コードネーム:コブラ・ナイト・ヴァイパー  コブラ・インファントリー
 コブラ・ナイト・ヴァイパー兵員は夜間作戦用の特殊装備を着用している。 彼らのヘルメットには広角イメージ増倍器、指向性音声増幅器、パッシブ赤外線方式検知器があり、視界と音により容易に敵の位置を悪魔的精度で捕えることを可能にしている。 彼らの戦闘服は、自分の赤外線サインを縮小して最も従来型の地上レーダー・システムから見えなくするカスタマイズされた合成複合物でできている。 永続的に暗い環境の中で訓練され舎営する彼らは、発見されずに互いに忍び寄ることで絶えず技術を磨いている。 彼らの顔面に光を当てられれば、彼らを瞬間的に気絶させて彼らのセンサーを最大にしてしまうのに役立つが、それがうまくいくのは見つかる前に彼らを見つけることができる場合だけだ。
 「夜は我らの同盟者、暗さは我らの武器だ」

-------------------------------------------------------------------------------------
2009年詳細


ルテナント・ファルコンv5 (2009年)/GIJCC 限定 DTC (シングルパック)
d0164702_01302006.jpg DTC ウェーブ4でキャンセルされたもの (2006年) が復活。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   ボディーはVvV のジェネラル・アバーナシーv2 (2004年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   マシンガン、バイポッド(3ピース)、アモー・ボックスは新規造型。
   ショットガンはDTC のメジャー・バラージv1から。
   ピストルはスパイ・トループスのビーチヘッドv5 から。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ルテナント・ファルコン  グリーン・ベレー
ファイル名:ヴィンセント・R・ファルコーネ  認識番号:035-38-VN22
階級:O-2 (※ファースト・ルテナント、中尉)
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:衛生兵
出身地:ノースカロライナ州ファイエットヴィル
 2代にわたるグリーン・ベレーであるファルコン中尉には特殊部隊の血が流れている。 彼の少年時代は、父を見習ってタフの中のタフとなる準備に費やされた。 常に訓練し集中してきた彼は任務の間の休止時間を嫌い、水筒だけで3週間も砂漠の中に自由落下降下を行なうことを “ 楽しい ” と思っている。 彼は、完全な暗闇の中でパーツを余すことなくほとんどの一般的な軍用ピストル、サブマシンガン、アサルトライフルの野戦分解、清掃、再組み立てができる。 山に攀じ登り、航空機からパラシュート降下し、断崖を懸垂下降し、生い茂るジャングルをかきわけることも、ファルコン中尉にとっては毎日の公園の散歩のようなものだ。 彼は主要特技区分に加え、破壊、薬学、言語 (スペイン語、フランス語、アラビア語、スワヒリ語) の訓練を受けている。
 「手にする価値がある唯一の種類の尊敬は、チームのために自らの役目をこなし戦線に自らの命を置くことで得られる種類のものだ」







カッパーヘッドv6 (2009年)/GIJCC 限定 DTC (シングルパック)  (パイソン・パトロール)
d0164702_01302275.jpg DTC ウェーブ4でキャンセルされたもの (2006年) が復活。
 カッパーヘッドv3 のパイソン・パトロール版。
素体:
   GIJCC のカッパーヘッドv3 (2007年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッドはDTC のサルヴォv2 (2005年) から。
   トルソー&ウエストはスパイ・トループスのオーバー・キルv2 (2003年) から。
   腕部はスパイ・トループスのスイッチ・ギアーズv1 (2003年) から。
   脚部はスパイ・トループスのサージェント・エアボーンv1 (2003年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ヘルメットはサージェント・エアボーンv1 のカッパーヘッド変装用ヘルメットから。
   ショルダー・プロテクター (パイソン・パトロールのインシグニアあり)、ベルトはオーバー・キルv2 から。
   アサルトライフル (M16+M203グレネード・ランチャー) はARAH のレザーネックv1 から。
   マチェーテはVvV のクロック・マスターv2 から。
コマンド・ファイル:
コードネーム:カッパーヘッド  パイソン・パトロール・スワンプ・ファイター
ファイル名:機密
出身地:不明
 カッパーヘッドにはボート・レースでギャンブルの借金を作って胴元から逃げ回ってきた長い歴史がある。 この数年間から彼はほとんどの高速水上艇のエキスパートのパイロットにしてメカニックとなることを学んだ。 彼は恐るべき戦士であり、フィリピンのどこかで古いトラック用スプリングから作られた、カスタムの両手持ちマチェーテの使用に特に熟達するようになった。 この武器は実用と戦闘用の両方ですぐに彼のお気に入りとなり、彼は通過不能の湿地の茂みや、あるいは彼の前に立ちはだかる者を際限なく叩き切ることができるのだ。 コブラ・コマンダーは、コブラ・アイランドにスペシャル・パッケージを届けるためにカッパーヘッドを配属した。 彼はステルスと潜入任務のために訓練されたパイソン・パトロール分隊に選抜され、任務のために敵レーダーをかいくぐる特殊なカモフラージュを施したパイソン・パトロール・アタック・ボートを使用する。 しかし、G.I. ジョー・チームが介在して彼の出荷物をとらえた。 今、この貴重な荷を奪回するためにカッパーヘッドはコブラ傭兵:ミュニーシアと組まなければならず、その成功で再びヘビの長の恩寵が戻ることに望みをかける。
 「おれはステルス、悪どさ、攻撃力の全てを手に入れたぜ!」







ミュニーシアv1 (2009年)/GIJCC 限定 DTC (シングルパック)
d0164702_01301858.jpg DTC ウェーブ4でキャンセルされたもの (2006年) が復活。
 munitia は 「軍用品」、「軍需品」 の munition (ミューニション) から。
 ジョーコン2009 で発売された FP版コミック 『G.I. ジョー vs コブラ』 の 「勝者へ……」 では、かつてレッド・シャドウズやアイアンブラッド男爵 (「アクション・フォース」 の敵組織及びそのリーダー)、V.E.N.O.M. (「M.A.S.K. 」 の敵組織)、KGB やオクトーバー・ガード、中国共産党などに雇われた経歴を持つ傭兵で、コブラ・アイランドに侵入して自分をコブラ・コマンダーに売り込んだ。
素体:
   ヘッド、脛は新規造型。
   トルソー&ウエスト、腕部、腿はVvV のバロネスv5 (2004年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バイザーは新規造型。
   アサルトライフルはARAH のファイアーフライv2 のコブラ NA-55 アサルトライフル。
   ブレード付きサブマシンガンはジョー・コン限定のグリスルv2 から。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ミュニーシア  マーセナリー (※傭兵)
ファイル名:不明
知られている別名:サラ・フロンホーファー、ビクトリア・ストラトフォード、リン・ヤンケ、シェリル・エリス
主要軍事特技区分:傭兵
第二軍事特技区分:機密
出身地:不明
 ミュニーシアに近づいた者は皆、急に体の芯から恐ろしい寒さを覚える。 凍てつくような彼女の存在は、何もかもから暖かさを奪い取るのだ。 彼女が他人に向ける目は、獲物を前にした捕食者のものだ。 その表情には感情のかけらもない──何かが彼女を喜ばせたり、怯えさせたり、驚かせることはない。 彼女は常に冷たく、感情を制御しているのだ。 他人の動きを予測する能力によって、彼女は最高の賞金稼ぎとなった。 彼女はしばしばファイアーフライやブラック・アウトと手を組んでいるが、これはおそらく荒廃を求める彼らの情熱と闇とが、彼女自身のものと合致するからであろう。 このトリオは H.I.S.S. (ヒエラルキー・オブ・インフィルトレーション、ステルス、&サボタージュ) として知られている。
 「感情は人を弱く傷つきやすいものにするわ。 生き延びたければ冷たいままでいることね」


-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、GIJCC 限定 DTC の記事でした。
 さて、次回は何にするか未定です。 それでは!

[PR]
by joefig | 2015-10-01 18:58 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/22052112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。