ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/タイガー・フォースvs. アイアン・グレナディアーズ (2015年)

 G.I. ジョー・コレクターズ・クラブ (GIJCC) のHP に、2015年のG.I. ジョー・コンベンション (ジョーコン) のフィギュアの画像が掲載され始めたので、随時記事にしていきたいと思います。
d0164702_14401131.jpg

スプリング・フィールド・アイランド:ペリル・イン・パラダイス!
 G.I. ジョー諜報部の報告によると、デストロが億万長者モンゴメリー・スプリングフィールド3世の南太平洋の熱帯の島の敵対的買収を実行すべく、メイヘム将軍率いるアイアン・グレナディアーズの精鋭の連隊を派遣した。 島の私設保安部隊は、海と空からの電撃戦スタイルの攻撃には全く歯が立たなかった。 アイアン・グレナディアのリーダーの詳しい計画は不明だが、そこが彼らの軍需品の備蓄とM.A.R.S. テクノロジーの試験的実験の新たな主要地とされるものと思われる。 楽園の島を解放し、何としてもアイアン・グレナディアーズを排除するこの危険な任務に召集されたのは、ストーカー軍曹率いるG.I. ジョー:タイガー・フォース部隊である。 島への上陸は極めて危険であるが、黄色と黒の色を見た時、敵はタイガー・フォース・チームが戦いに飢え、攻撃態勢にあることを知るだろう!
 (コンベンション案内状より)

※ジェネラル・メイヘムの詳細を追加しました。





-------------------------------------------------------------------------------------

 タイガー・フォースについては以下の記事も参照。
← タイガー・フォース (ARAH) の項へ
← タイガー・フォース (JvC) の項へ
← ドレットノック・ランページ:エスカペイズ・イン・ジ・エバーグレーズ の項へ
← タイガー・フォース (25th 以降) の項へ

-------------------------------------------------------------------------------------
2015年ジョーコン 3 34 インチ・トイ・ラインナップ一覧

d0164702_16003511.jpg

 3 34 インチ
   ボックス・セット
      タイガー・フォースvs. アイアン・グレナディアーズ
        タイガー・フォース
         サージェント・ストーカーv14  &  ダイアル-トーンv11  &  ビッグ・ブロウラーv5
         &  レッケージv2  &  レコンドv8  &  ライフラインv8
        アイアン・グレナディアーズ
         ジェネラル・メイヘムv2  &  メタル-ヘッドv4  &  アンダートウ・オフィサーv1
         &  アイアン・アンヴィルv2 ×3体  &  アンダートウv5 ×3体

   スーベニア
        アイアン・グレナディアーズ・マンティス・サブ
        アイアン・グレナディアーズ・エアー・アサルト2パック
           アナイアレーターズv3×2体
        タイガーホーク・ヘリ・クルー3パック
           スカイストライカーv2  &  アルパインv7  &  フロストバイトv13
        タイガーホーク
        タイガー・シャーク
           タイガー・シャーク  +  フェリーノv1
        タイガー・シャーク
           タイガー・シャーク  +  サージェント・カッツェンボーゲン (バズーカ)


   パラドロップ
           アイアン・アンヴィル・オフィサー


   バックヤード・パトロール/カスタム・クラス
           ロボ・ジョーv2

-------------------------------------------------------------------------------------
2015年ボックス・セット概要


 2015年4月9日~12日、イリノイ州スプリングフィールドのプレーリー・キャピタル・コンベンション・センターで開催予定のオフィシャルG.I. ジョー・コレクターズ・コンベンション2015 で発売予定。

 テーマはG.I. ジョー側がタイガー・フォース、コブラ側はアイアン・グレナディアーズ。

-------------------------------------------------------------------------------------
ボックス・セット詳細
※画像はいずれもG.I. ジョー・コレクターズ・クラブ (G.I.Joe Collector' s Club) から引用。


サージェント・ストーカーv14

d0164702_17121749.jpg JvC のサージェント・ストーカーv3 (2003年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   トルソーは25th のヴァイパーv16 (2008年) から。
   腕部はリタリエーションのG.I. ジョー・トルーパーv2a (2012年) から。
   脚部はリタリエーションのデュークv50 (2013年) から。
付属品:
   G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   ベレーは30th のファルコンv2 から。
   タクティカル・ベストはリタリエーションのビーチヘッドv16 から。
   バックパック、フレーム、アンテナ、電話はPoC のスノー・ジョブv7 から。
   M-2 マシンガン (4ピース) はリタリエーションのロードブロックv24 から。
   アサルトライフル (※コルト M4A1 SOPMOD+M203グレネード・ランチャー) は30th のライフラインv7 から。
   ピストルはリタリエーションのG.I. ジョー・トルーパーv2a から。
コマンド・ファイル:
タイガー・フォース・レンジャー  コードネーム:サージェント・ストーカー
※詳細不明。


ダイアル-トーンv11
d0164702_12132305.jpg JvC のダイアル-トーンv7 (2003年) の25th スタイルでのリメイク。 ただし袖の色は青から茶色になった。
素体:
   ヘッドはGIJCC 限定のダイアルトーンv9 (2011年) から。
   トルソー&ウエスト、ウェブ・ギアは25th のブザーv4 (2007年) から。
   腕部は25th のサージェント・エアボーンv3 (2008年) から。
   脚部はPoC のコブラ・ショック・トルーパーv1 (2011年) から。
   左袖に第10特殊部隊群 (空挺) “ イェーガー ” のインシグニアである “ トロージャン・ホース ” あり。
付属品:
   G.I.ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   コミュニケーションズ・バックパック (※アンチ-スクランブラー) はダイアル-トーンv9から。
   ポジショナル・マイクロフォン・アーム、9mm パラベラム・サブマシンガン (※H&K HK53風) はダイアル-トーンv1 から。
   コンピューター・ケース、モニター、サブマシンガン (※H&K MP5K) はレゾリュートのデストロv25 から。
コマンド・ファイル:
タイガー・フォース・コミュニケーションズ  コードネーム:ダイアル-トーン
※詳細不明。


ビッグ・ブロウラーv5
d0164702_00450907.jpg JvC のビッグ・ブロウラーv2 (2003年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッドは30th のレッド・ドッグv3 (2011年) から。
   トルソー&ウエスト、腕部は25th のサージェント・バズーカv3 (2008年) から。
   脚部はRoC のナイト・アダーv1 (2009年) から。
   胸に 「BRAWLER」 の表記あり。
付属品:
   G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   パンダナはレッド・ドッグv3 から。
   ショルダー・ハーネスはリタリエーションのクインv2 から。
   バックパック、アモー・ストリップ (弾帯) は 25th のロードブロックv16 から。
   ミニガン (※M134 ミニガン) は RoC のヘビー・デューティーv11 から。
   アサルトライフル (※H&K G36C) はRoC のピット・コマンドーv1 から。
   ピストル (※コルトM1911Aガバメント) はレゾリュートのデュークv32 から。
   トロフィー・ソードは25th のスネーク・アイズ v37 から。   
コマンド・ファイル:
タイガー・フォース・ヘビー・ウエポンズ  コードネーム:ビッグ・ブロウラー
※詳細不明。


レッケージv2
d0164702_16003777.jpg ARAH 期にキャンセルされたセイバートゥース及びJvC のレッケージv1 の25th スタイルでのリメイク。
素体:
   リタリエーションのファイアーフライv26 (2013年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッドはリタリエーションのファイアーフライv25 (2013年) から。
   トルソー&ウエストはファイアーフライv26 の新規造型分。
   上腕はPoC のコブラ・ショック・トルーパーv1 (2010年) から。
   下腕、手首は30th のライフラインv7 (2011年) から。
   脚部はPoC のスネーク・アイズv54 (2011年) のものがライフラインv7 で改修されたもの。
付属品:
   G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパック (※デモリッション・バックパック)、リッド (蓋) は25th のファイアーフライv14 から。
   ハーネス、爆破装置×2はファイアーフライv26 から。
   アサルトライフル (※ベレッタ BM59 トルッペ・アルピン) は25th のレコンドv6 から。
   ピストル (※H&K P30) はRoC のホークv4 から。
   ナイフはPoC のスネーク・アイズv54 から。
コマンド・ファイル:
タイガー・フォース・デモリッションズ  コードネーム:レッケージ
※詳細不明。


レコンドv8
d0164702_12373045.jpg タイガー・フォースのレコンドv2 (1988年) のリメイクに相当するものの、カラーリングはかなり異なっている。
素体:
   ヘッドは25th のレコンドv6 から。
   トルソー&ウエスト、脚部は25th のダスティーv12 から。
   上腕はRoC のサージェント・ストーンv1 (2009年) から。
   下腕はGIJCC 限定フットルースv5 (2012年) から。
付属品:
   G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパックは25th のフリントv11 から。
   ハット (※スラウチ・ハット) はレコンドv6 から。
   ショルダー・ハーネス+ピストルは25th のG.I. ジョー・ホークv3 から。
   マークスマン・ライフル (※バレットM82A3 ) はPoC のレコンドv7 から。
   マンベレ (シックル・ソード) はPoC のシャドウ・トラッカーv1 から。
コマンド・ファイル:
タイガー・フォース・デジグネーティッド・マークスマン  コードネーム:レコンド
※詳細不明。


ライフラインv8
d0164702_16020683.jpg タイガー・フォースのライフラインv2 (1988年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッド、トルソー&ウエスト、前腕は30th のライフラインv7 (2011年) から。
   上腕は PoC のコブラ・ショック・トルーパーv1 (2011年) から。
   脚部は PoC のスネーク-アイズ v54 から (両腿のポーチ、ホルスターはライフラインv7 で改修されたもの)。
付属品:
   G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   ヘルメット、トランキライザー・ガン、レスキュー・ボード、ストラップ、レスキュー・ケース、除細動器パッド×2、液体バッグ/点滴ライン、酸素マスク+酸素ボトルはライフラインv7 から。
   ピストル (※H&K P30) はRoC のホークv4 から。
   ニー・パッド×左右、ナイフはスネーク・アイズv54 から。
コマンド・ファイル:
タイガー・フォース・メディック  コードネーム:エドウィン・“ ライフライン ”・スティーン
※詳細不明。


ジェネラル・メイヘムv2
d0164702_18082788.jpg ジョーコン限定のジェネラル・メイヘムv1 (2005年) の25th スタイルでのリメイク。
 ヘッドの造形は俳優アーノルド・シュワルツェネッガーが髭を生やしたような容貌。
 ジョーコン2012 「オペレーション・ベア・トラップ」 では、元オクトーバー・ガードのアイアン・ベアーであったことが判明している。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   トルソー&ウエストは不明。
   腕部はリタリエーションのコブラ・コマンダーv53 (2013年) から。
   脚部はRoC のデストロv23 (2009年) から。
   左上腕に独自のインシグニアあり。
付属品:
   コブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   ヘルメット、オフィサーズ・ジャケット (階級章、キャンペーン・メダルあり) は新規造型。
   ロケット推進グレネード・ランチャー (※パンツァーファウスト3)、グレネードは30th のコブラ・ヴァイパーv28 から。
   サブマシンガン (※PMM) はRoC のデュークv34 から。
コマンド・ファイル:
アイアン・グレナディアーズ・インファントリー・コマンダー  コードネーム:ジェネラル・メイヘム
ファイル名:ウラディミール・P・マイヘモフスキー
主要軍事特技区分:歩兵科作戦指揮官
第二軍事特技区分:対敵諜報
出身地:ウクライナ、キロヴォクラート  階級:ジェネラル (ゲネラル)
 メイヘム将軍は元ロシア軍のスペツナズ (特殊目的部隊) 指揮官である。 何年もの間、彼は母国のために深い偵察任務と電撃スタイルの攻撃を完璧な効率で実行してきた。 無情な征服及び弱者を徹底的に破壊するというビジョンを共有する忠実な兵士の幹部を従えた彼の傲慢さは、必然的に自らの転落を招いた。 無慈悲な尋問と国家に対する敵と見なした者の粛清というとりわけ恐ろしい作戦の後、彼は階級を剥奪され拘留された。 罪を問われる前に脱走した彼は、新たな仕事を求めて犯罪的な地下に逃れた。
 数年後にメイヘム将軍を装って再浮上した、この能率的ではあるものの残酷なリーダーは、デストロのアイアン・グレナディアーズによって迎え入れられた。 彼の明白な邪悪さはその際立った軍事的栄光によってかろうじて緩和されており、しばしば編成されるめまぐるしい攻撃計画はまったく無秩序に見え、敵対者を惑わせるが、最後には空、海、陸で勝る不屈の編成部隊が現れる──まさしく狂った天才の仕事だ。
 「誰であれおれのやり方を邪魔するほどの愚か者はおれのブーツの踵の下に踏みつぶされるだろう!」



メタル-ヘッドv4

d0164702_18082690.jpg アイアン・グレナディアーズのメタル-ヘッドv1 (1990年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   トルソー&ウエストはリタリエーションのG.I. ジョー・トルーパーv2a (2012年) から。
   腕部はおそらくリタリエーションのストーム・シャドウv43 (2012年) から。
   脚部はPoC のジャングル-ヴァイパーv3 (2010年) から。
付属品:
   コブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   ハーネス、シース、ナイフはPoC のスネーク・アイズv54 から。
   バックパック・システム、ポジショナブル・アーム×左右、コネクション・ケーブル×2、ロケット弾×8はPoC のデュークv43 から。
   アサルトライフルはリタリエーションのコブラ・コマンダーv49a から。
   ピストルはジャングル-ヴァイパーv3 から。   
コマンド・ファイル:
アイアン・グレナディアーズ・アンチ-アーマー・スペシャリスト  コードネーム:メタル-ヘッド
※詳細不明。


アンダートウ・オフィサーv1
d0164702_11191377.jpg 新キャラクター。 南アフリカ出身の黒人女性。
素体:
   ヘッドは25th のスカーレットv10 (2008年) から。
   手首、足首は25th のバロネスv11 (2008年) から。
   それ以外は25th のスカーレットv8 (2007年) から。
   膝関節は一軸。
   左胸にデストロ氏族の紋章あり。
付属品:
   コブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   スキューバ・タンク・バックパックタンク、タンク×2は25th のルテナント・トルピードv1 から。
   ハーネス、ピストル、スイム・フィン×左右はバロネスv11 から。
   スキューバ・マスク、トライデント・スピアー、バラクーダはアイアン・グレナディアーズのアンダートウv1 から。
コマンド・ファイル:
アイアン・グレナディアーズ・フロッグメン・コマンダー  コードネーム:アンダートウ・オフィサー
ファイル名:アジンザ・ソラリン
主要軍事特技区分:水中戦士官
第二軍事特技区分:UDT (水中破壊)
出身地:南アフリカ、ケープタウン
 若い頃、海を愛する彼女は皆から “ マーメイド ” と呼ばれていた。 天性の才能あるスイマーである一方、彼女には容赦なき過剰な競争心があった。
彼女は過酷な摂生を行い、自分のトレーナーが、スピードと持久力、最も冷たい水の中での身体回復を補助する化学薬品を体系的に管理することを許可した。 そのため彼女は無数のローカルな競技会に勝つことはできたものの、オリンピックの勝利も目前となった時、能力強化の化学薬品が発覚し、彼女はタイトルを剥奪された。
 その技術の居場所を失った彼女は、自分を否定した社会に背を向けてデストロのアイアン・グレナディアーズに加わった。
彼女はすぐにアンダートウ水中工作員の最上のランクに登りつめ、今ではチームをかつて自分がそうしたように厳しく駆り立てている。 彼女は潜水式アイアン・マンティス・アタック・クラフトからこれらの部隊の投入と撤収を監督し、ステルス支援を行い、敵に向けて魚雷の弾幕を放つ。
 個人的な攻撃が必要とあらば彼女はそこに飛び込むことも厭わず、水中を自らの執念深い心と同様に赤く染めるのだ。

 「勝つためには、ルールは破らなければならないのよ!」


アイアン・アンヴィルv2
d0164702_17171902.jpg 同セットに3体付属。
 ジョーコン限定のアイアン・アンヴィルv1 (2005年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッドはアイアン・アンヴィルv1 をベースに新規造型。
   トルソー&ウエストはPoC のコブラ・ショック・トルーパーv1 (2011年) から。
   腕部はリタリエーションのスネーク・アイズv64 から。
   脚部はPoC のファイアーフライv22 から。
   両肩にデストロ氏族の紋章あり。
付属品:
   コブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   パラシュート・バックパックは流用元不明。
   ベスト、ナイフは25th のアレイ-ヴァイパーv11 から。
   レッグ・ストラップは25th のパラ-ヴァイパーv1 から。
   サブマシンガンはアイアン・グレナディアーズのアナイアレーターv1 から。
   コンバット・ダガーはPoC のシャドウ・トラッカーv1 から。
コマンド・ファイル:
アイアン・グレナディアーズ・パラトルーパー  コードネーム:アイアン・アンヴィル
※詳細不明。


アンダートウv5
d0164702_21020153.jpg 同セットに3体付属。
 GIJCC 限定アンダートウv4 (2009年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
   50th のコブラ・イールv7 (2014年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッド、トルソー&ウエストは25th のコブラ・イールv4 (2008年) から。
   腕部、脚部はリタリエーションのスネーク・アイズv64 (2013年) から。
   胸にデストロ氏族の紋章あり。
付属品:
   コブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   アンダーウォーター・デリバリー・ビークル (UDV) はアイアン・グレナディアーズのアンダートウv1 のライディング・スキッフの改修。
   スキューバ・マスク、トライデント・スピアー、トルピード (UDV用) はアンダートウv1 から。
   スキューバ・タンク・バックパック、タンク×2は25th のルテナント・トルピードv1 から。
   スピアー・ガン (※JLS ダブル・ハープーン) は50th のフットロッカーから。
   スイム・フィン×左右はコブラ・イールv7 から。
コマンド・ファイル:
アイアン・グレナディアーズ・フロッグメン  コードネーム:アンダートウ
※詳細不明。

-------------------------------------------------------------------------------------
スーベニア詳細


アイアン・グレナディアーズ・マンティス・サブ (2015年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 フィギュアは付属せず。
 VvV のスティング・レイダー (2004年) のリペイント。
 ネーミングはJvC のコブラ・マンティス・サブ (2002年) から。

d0164702_11163061.jpg
主要諸元/武装:
   スティング・レイダーに準ずる。
インジクニア/識別番号:
   デストロ氏族の紋章







アナイアレーターズv3 (2015年)/ジョーコン限定 (アイアン・グレナディアーズ・エアー・アサルト2パック )
 同セットに2体付属。 限定900セット。
素体:
   ジョーコン限定アナイアレーターズv2 (2012年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッドは25th のランプリーv5 (2009年) から。
   トルソー&ウエストは25th のスネーク・アイズv40 (2009年) から。
   上腕と手は25th のスノー・ジョブv3 (2008年) から。
   前腕、腿から下は25th のエアー-ヴァイパーv2 (2009年) から。
   腿は25th のスネーク・アイズv37 (2008年) から。
付属品:
   コブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   バイザーはランプリーv5 から。
   チェスト・プレートはエアー-ヴァイパーv2 から。
   ミニ-タービン・ヘリ-パック は25th のスペシャリスト・トラッカーv1 から。
   ヘリ-パック用スピンドル、ブレード (ローター)、マシンガン、コントロール・スティック、サブマシンガンはアナイアレーターv1 から。
コマンド・ファイル:
※詳細不明。






タイガーホーク (2015年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 限定600個。 フィギュアは付属せず。
 タイガー・フォースとしては初登場のビークル。
 リタリエーションのイーグルホーク (2013年) のリペイント。





タイガーホーク・ヘリ・クルー3パック (2015年)/ジョーコン限定
 スカイストライカーv2、、アルパインv7、フロストバイトv13 のセット。 限定800セット。


スカイストライカーv2
 タイガー・フォースのスカイストライカーv1 (1988年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
付属品:
コマンド・ファイル:


アルパインv7
 VvV のタイガー・フォースのアルパインv4 (2004年) とは異なるカラーリング。
素体:
   FSS のアルパインv6 (2015年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッドはv6 の新規造型分。
   トルソー&ウエストはリタリエーションのファイアーフライv26 (2013年) から。
   右腕、左下腕はレニゲイズのロウv6 (2011年) から。
   左上腕はリタリエーションのフリントv21 (2013年) から。
   脚部はリタリエーションのクインv2 (2013年) から。
付属品:

コマンド・ファイル:
タイガー・フォース・ヘリコプター・クルー  コードネーム:アルパイン
ファイル名:アルバート・M・パイン  認識番号:237-51-3844
主要軍事特技区分:登山
第二軍事特技区分:財務担当
出身地:アイダホ州ミニドカ  階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)



フロストバイトv13
 タイガー・フォースのフロストバイトv2 (1988年) の25th スタイルでのリメイク。
素体:
付属品:
コマンド・ファイル:








タイガー・シャーク (2015年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 フェリーノv1 付属。 限定800セット。
 タイガー・フォースのタイガー・シャーク (1988年) のリメイク。
 リタリエーションのコブラ・ファング・ボート (2012年) のリペイント。
 ギミックなしのキャノンは左右に付属。

d0164702_20074666.jpg

インシグニア/識別番号:
   G.I. ジョー・ロゴ    タイガー・フォース・インシグニア
   シャーク-ティース


フェリーノv1
d0164702_20074888.jpg ブラジル版ARAH である 「コマンドス・エム・アサオン」 のフェリーノ (ダスティーv1 のリペイント) の25th スタイルでのリメイク。
 Felino はポルトガル語で 「ネコ科」、「猫のような」、「しなやかな」 といった意。
 姓の Kayapó はブラジルの先住民族カヤポ族から。
素体:
   ヘッド、トルソー&ウエスト、腕部、腿は25th のダスティーv12 (2008年) から。
   膝から下は25th のキャプテン・エースv1 (2008年) から。
付属品:
   シルバーのG.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパックはダスティーv1 の付属品のペグを改修したもの。
   ヘルメット、ゴーグル、ショルダー・ハーネスはダスティーv12 から。
   ロケット・ランチャー (※パンツァーファウスト3)、ロケット弾 (シャーク-ティースのペイントあり) は30th のヴァイパーv28 から。
   サブマシンガン (※FA-MAS F-1)、バイポッドはダスティーv1 から。
コマンド・ファイル:
タイガー・シャーク・パイロット  コードネーム:フェリーノ
ファイル名:ジョアン・カヤポ
主要軍事特技区分:河川巡視艇操縦士
第二軍事特技区分:対海賊作戦
出身地:ブラジル、アルタミラ  階級:E-4 (スペシャリスト) (※特技兵)
 ブラジルの先住民族として生まれたジョアンの種族は何年もの間コブラの子会社に取り囲まれてきた。 彼らはジャングルの森林を切り開き、金鉱のために彼らの土地を採掘し、力をコントロールするためにダムを建て、彼らの家を氾濫させ、釣りに行くことを否定した。 彼は侵略者たちの土俵で戦えるよう彼らと同じ言語と習慣を学ぶためにエスコーラ・ナバール (「海軍学校」) に送られた。 間もなく彼は “ アマゾンの恐怖 ” として知られるようになり、違法な操業を破壊してはジャングルに消えた。 コマンドス・エム・アサオン (「コマンドーズ・イン・アクション」) は、その情熱をより合理的に使うために共通の敵との戦いに彼を徴集した。

 フェリーノ (「ネコ科」) はブラジルのタイガー・フォース特殊作戦部隊の一員となり、タイガー・シャーク巡視艇の操縦士に求められる技術をすぐに学習した。 彼の新しい上官は、彼が海岸の水域を監視し、海賊行為の作戦の混乱を続行させることを可能にした。 彼は時にはアメリカのチームに配属され、そのため彼は自分の人々の敵を破る新たな方法を学び続けられる。
 「一発しか撃てないなら、ロケット・ランチャーを使え」







タイガー・スティング (2015年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 タイガー・スティングに付属。 限定800セット。
 サージェント・カッツェンボーゲンv1 付属。
 50th のV.A.M.P. MK-Ⅱ (2014年) のリペイント。
 タイガー・フォースのタイガー・スティング (1989年) のリメイク。

d0164702_16493074.jpg

サージェント・カッツェンボーゲンv1
 Sgt. Katzenbogen
 タイガー・フォースのバズーカv2 (1988年) の25th スタイルでのリメイク。

素体:
   25th のサージェント・バズーカv3 (2008年) のリペイント。
   胸に 「14」 の表記あり。 シャツのカラーリングはマイアミ・ドルフィンズのユニフォーム風。
付属品:
   G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   ベルト、バックパック (※ミサイル・パック)、ヘルメット、LAW ロケット・システム (※M72 LAW)、ロケット弾×4発はいずれもサージェント・バズーカv3 から。
コマンド・ファイル:
タイガー・スティング・ドライバー  コードネーム:サージェント・カッツェンボーゲン
ファイル名:デイヴィッド・L・カッツェンボーゲン  認識番号:112-40-DL57
主要軍事特技区分:タイガー・スティング・ドライバー
第二軍事特技区分:重火器スペシャリスト
出身地:ミネソタ州ヒビング  階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)
 “ サード・ホード ” (第3機甲師団) でエイブラムズ戦車を操縦してその軍歴を始めた時、カッツェンボーゲン軍曹は200ドルの使い捨てのロケット・ランチャーを手にした敵が2週間に満たない訓練で100万ドルの戦車を撃破できるということに気付いた。 彼は直ちにフォート・ベニングの上級歩兵学校に転属し、全ての対戦車ミサイル・システムの有資格のエキスパートとなり、すぐ後にG.I. ジョー・チームに誘われた。
 後にカッツェンボーゲン軍曹はタイガー・フォース特殊作戦部隊に配属されたが、そこでは彼のビークル操縦と対戦車訓練が必要とされていたのだ。彼はタイガー・スティングのミサイルで狙って撃つ技術と知識があるだけではまだ仕事の半分でしかないことを判っている。武器は銃撃戦のために携行せねばならないが、サイル・システムは携行式のものであっても、かさばって重いのだ。これは彼の力とスタミナを頂点に維持するための特別なウェイト・トレーニングを意味しているが、そのため彼は初弾が命中しなかった時でも素早く再装填できるのだ。
 「おれは常にミサイル・ラックを担ぎ行動の準備ができている。」







ロボ・ジョーv2 (2015年)/ジョーコン限定 (バックヤード・パトロール/カスタム・クラス)
 カスタム・キット。
 スター・ブリゲードのロボ J.O.E. v1 の25th スタイルでのリメイク。

-------------------------------------------------------------------------------------
パラドロップ


アイアン・アンヴィル・オフィサー with パラシュート (2015年)/ジョーコン限定 (パラドロップ)
 限定600体。
素体:
付属品:
コマンド・ファイル:

-------------------------------------------------------------------------------------


[PR]
by joefig | 2015-04-14 20:15 | 資料 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/21530820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメオ at 2015-02-19 00:25 x
joecon2015の限定品もだいぶ公開されていましたね~
現行素体でアンダートゥーは今まで出てなかったですし、限定品とはいえこのキャラ展開は結構嬉しいです。

しかしアンダートゥオフィサーが女性というのが意外!
デザイン的にかぶるので他のアンダートゥとの差別化する意味もあるのかもしれませんね
そしてちゃっかりバラクーダが付属するのも面白いところw
Commented by joefig at 2015-02-19 22:32
>カメオさん
アンダートウ・オフィサーは、きっとv1あたりのカラーにしてアンダートウ一般兵と差別化する気だろうと予想していたので、女性兵士として出してきたことに意表を突かれました!
でも、同系統の兵種の中に男女がいるというのは楽しいですね。コブラ・トルーパーとかヴァイパーの女性版とかも出してほしいです。
バラクーダが昔の造型のまま復活したのは、手抜きのような微笑ましいような……。
Commented by 501 at 2015-03-11 20:19 x
joefigさん。質問ですけどG.I. ジョーとトランスフォーマーのクロスオーバーは海外?のロボットアニメですがですがもし、日本のロボットアニメとG.I. ジョーのクロスオーバーの場合どのような作品とクロスオーバーだったらよいでしょうか?
Commented by joefig at 2015-03-12 01:56
>501さん
自分が考えるなら、玩具会社という背景を踏まえ、タカラが関わる作品のどれかに絞ります。
その中で、G.I.ジョー・フィギュアと絡めることを想定するならサイズ的にはボトムズが限度でしょう。
玩具のサイズ比を気にしなくていいなら、ダグラムのコンバット・アーマーの設定をリセットして、ジョーたちが操縦する支援ロボットということにしてTF の世界にリンクさせる、というのはどうでしょうかね。

タカラに限定しなくてもいいのであれば、ガウォークやバトロイドに変形するスカイストライカーがあったら面白いと思います。

自分はあまりロボットアニメに詳しくないので、ざっと思いついたものはそんなところですが、自由な想像力で好きな作品とクロスオーバーしていいと思います。
Commented by 501 at 2015-03-12 02:19 x
さすがjoefigさん。タカラ故のやり方の想像としては非常にマッチしていると思います。もし自由な作品のクロスオーバーが可能だったならできる作品としてガンダム(宇宙世紀)マクロス、アルドノア・ゼロ、マブラヴオルタネイティヴこの四つですね。あまり知らないかもしれないですが、自分の知識での事なので軽い目で見てくれれば幸いかと思います