ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/「G.I. ジョー:ホール・オブ・ヒーローズ」

 今回は 「G.I. ジョー:ホール・オブ・ヒーローズ」 (HoH) (2009年) についての記事です。
d0164702_13033084.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「25th アニバーサリー」 の項へ (※記事はまだ作成していません)

-------------------------------------------------------------------------------------
HoH ラインナップ一覧


       1 スネーク・アイズv41
       2 ファイアーフライv18
       3 コブラ B.A.T. (v20)
       4 ストーム・シャドウv31
       5 ビーチヘッドv12
       6 コブラ・ヴァイパーv22
       7 クリムゾン・ガードv15
       8 フリントv15
       9 ザルタンv16
       10 スネーク・アイズv42

-------------------------------------------------------------------------------------
HoH 概要


 「G.I. ジョー:ホール・オブ・ヒーローズ」 (G.I.Joe : Hall of Heroes、HoH と略) (2009年) は、ファンの人気投票によって選ばれたキャラクターがインターネット限定で発売されたシリーズです。
d0164702_11123949.jpg


 当時のレギュラー・シリーズだった25th アニバーサリー系のラインの豪華版といった仕様で、基本的には素体・付属品ともに流用パーツで構成されているものの、付属品の点数が豊富だったのが特徴でした。
 ボックス状のパッケージにはブリスター・カードが収まっており、各所が金の配色で飾られ、ディスプレイ用のスタンドもゴールドの成型色となっています。

-------------------------------------------------------------------------------------
HoH 詳細


スネーク・アイズv41 (2009年)/HoH (シングルパック1) 
d0164702_13035675.jpg Commando : Snake Eyes with Timber the Wolf
d0164702_11124067.jpg

素体:
   ヘッドは25th のスネーク・アイズv29 (2007年) から。
   トルソー&ウエスト、手、足首は 25th のスネーク・アイズv28 (2007年) から。
   腕部、脚部、ベルトは 25th のスネーク・アイズv37 (2008年) から。
付属品:
   ゴールドの G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   ギア・ラック、ソードはスネーク・アイズv37 から。
   サブマシンガン (※ウージー)、ナイフはスネーク・アイズv28 から。
“ ティンバー ” (シンリンオオカミ) はスネーク・アイズv40 から。
コマンド・ファイル:
コマンドー  コードネーム:スネーク・アイズ
ファイル名:機密
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:徒手格闘術教官
出身地:機密  階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)
 本件対象は、東南アジアで長距離偵察部隊として活動。 ストーム・シャドウを輩出したのと同じニンジャ一族のもとで謎めいた武術を学ぶために任務から退く。 G.I. ジョー・チームに誘われたとき、彼はティンバーと名付けたペットの狼と共にハイ・シエラで孤独な生活を送っていた。
 専門資格:NATO 及びワルシャワ条約機構の全ての小火器、12種類の武術で黒帯、刀剣類の使用に精通
 「スネーク・アイズは人生に打ちひしがれ、闇の中で振り下ろされる研ぎ澄まされた刀のように危険だった。 G.I. ジョー・チームはその刀を鞘に納めてその致死的なエネルギーをつなぎとめたが、その彼らも、鞘の中に納まっているとはいえ、その刃がなおも鋭い切れ味を保っているということをしばし忘れることがある」







ファイアーフライv18 (2009年)/HoH (シングルパック2) 
d0164702_12330307.jpg Cobra Saboteur : Firefly
d0164702_11510724.jpg

素体:
   ヘッド、ギア・ラックは 25th のファイアーフライv14 (2007年) から。
   トルソー&ウエストは 25th のコブラ・ヴァイパーv16 (2008年) から。
   腕部、脚部は 25th のスネーク・アイズv28 (2007年) から。
   ベルトは 25th のファイアーフライv15 (2008年) から。
付属品:
   ゴールドのコブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパック本体、ハンドル、ドア×左右、ガソリン缶、爆弾 (※C4プラスチック爆弾)、フラッシュライト (※マグライト)、マルチ・ツール (※レザーマン・ツール)、ゴーグル、サブマシンガン① (※H&K MP5A2) は 25th のファイアーフライv15 から。
   バックパック (※デモリッション・バックパック)、バックパックの蓋、サブマシンガン (※S&W M76)、フォールディング・ストックはファイアーフライv14 から。
   ピストル、ナイフは 25th のスネーク・アイズv28 から。
   無線機は ARAH のファイアーフライv1 から。
コマンド・ファイル:
コブラ・サボター (※妨害工作員)  コードネーム:ファイアーフライ
ファイル名:不明
主要軍事特技区分:妨害工作、破壊
出身地:機密
 彼の本名やどんな容貌をしているかを知る者はいない。 ファイアーフライが知られるのはその仕事によってのみなのだ。 NATO 及びワルシャワ条約機構の全ての爆発物及び起爆装置のエキスパート。 彼の襲撃は常に最大の被害を与えるという一点に立脚している。 彼が目的地に侵入し、立ち去っていく姿を見た者はこれまで誰もいないので、その潜入技能についても疑問の余地はない。
 「コブラ・コマンダーでさえ、ファイアーフライについて詳しくは知らない。 彼への報酬はスイス銀行の番号口座に振り込まれるが常に前払いで、彼は保証や払い戻しを一切しない」







コブラ B.A.T. (v20) (2009年)/HoH (シングルパック3)
d0164702_13035874.jpg Cobra Android Trooper : Cobra B.A.T.
d0164702_11214804.jpg

素体:
   25th のコブラ B.A.T. (v17) (2008年) のリペイント。
付属品:
   ゴールドのコブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパック、ベルト、ハンド・アタッチメント×左右、クロー (※グリッパー・アーム)・アタッチメント (可動)、フレームスロワー (※トーチ)・アタッチメント、マシンガン (※レーザー)・アタッチメントはいずれもコブラ B.A.T. (v17) から。
   交換用のダメージ・ヘッド、バックパック (3ピース。 開閉ギミックあり)、爆弾 (※ミューテイテッド・スポア)×3は新規造形。
   ピストル (※デザート・イーグル風) はVvV のファイアーフライv10 から。
コマンド・ファイル:
コブラ・アンドロイド・トルーパー  コードネーム:コブラ B.A.T.
 B.A.T.s は完璧なコブラ兵士である。 彼らには命令に疑問を抱いたり、食事について不平を言ったり、義務から逃げ、降伏するということがない。 彼らには休暇や傷病手当、給与の類が不要であり、安価で交換も容易だ。 一方、B.A.T.s は戦況の変化にはうまく対応できず、目標の区別もできない。 動くものがあればそれが味方だろうと、敵だろうと彼らは撃つだろう。 さらに、彼らは背後から撃たれると火を噴いて炎上するという不運な傾向がある。
 「B.A.T.s は誰にとっても危険だ。 彼らはそれが何であれ視界に入ったものを撃ち、銃剣で刺し、蹴り上げるだろう。 コブラの歩兵たちは B.A.T.s と同じ戦場にいることを嫌う。 コブラ部隊が戦闘に負けている時、彼らはそのエリアからの撤退を容易にするために銃撃戦の中央へ B.A.T.s を投入するだろう」







ストーム・シャドウv31 (2009年)/HoH (シングルパック4)

d0164702_12323971.jpg Cobra Ninja : Storm Shadow
d0164702_11521430.jpg

素体:
   ヘッド、腕部、脛から下は25th のストーム・シャドウv30 (2009年) から。
   トルソー&ウエスト、腿は25th のストーム・シャドウv21 (2007年) から。
付属品:
   ゴールドのコブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   矢筒及びシース (アラシカゲの紋章あり)、サムライ・ソード(大。 アラシカゲの紋章あり)、サムライ・ソード(小。 アラシカゲの紋章あり)、ダガー (※苦無) はストーム・シャドウv21 から。
   ヌンチャク・スティック、グラップリング・フック+紐はストーム・シャドウv30 から。
コマンド・ファイル:
コブラ・ニンジャ  コードネーム:ストーム・シャドウ
主要軍事特技区分:妨害工作
第二軍事特技区分:諜報
出身地:機密
 ストーム・シャドウは30代続く暗殺者の家系に属している。 彼は切り立った壁を素手・素足で攀じ登ることができ、その動きは目にも止まらぬほど素早く、そして言葉に表せぬほどの苦痛にも耐えることができる。 専門資格:長弓;サムライ・ソード;手裏剣;ヌンチャク・スティック;5種類の武術において八段の黒帯。
 「偉大なるニンジャ一族は100年前に姿を消した。 もしも彼らが消滅していたとしても、それを示せる者は誰もおらず、もしも彼らが今なお活動しているとしたら──彼らは一体何のために働いているのだろうか?」







ビーチヘッドv12 (2009年)/HoH (シングルパック5)

d0164702_12395907.jpg Ranger : Beachhead
d0164702_11262582.jpg

素体:
   ヘッドは25th のビーチヘッドv11 (2008年) から。
   トルソー&ウエスト、腕部、脚部は25th のビーチヘッドv10 (2007年) から。
   左袖に第75歩兵師団のインシグニアあり。
付属品:
   ゴールドの G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパック (クロスボウ装着可)、サブマシンガン① (※H&K MP5A3)、クロスボウ (2ピース) はビーチヘッドv10 から。
   ベスト (左肩にレッド・ベレーあり)、サッチェル (マガジン×1収納可)、サブマシンガン② (※デムロXF-7ワスプ)、マガジン×2はビーチヘッドv11 から。
   ピストルは25th のスネーク・アイズv28 から。
コマンド・ファイル:
レンジャー  コードネーム:ビーチヘッド
ファイル名:ウェイン・R・スニーデン  認識番号:RA 011-60-9231  階級:E-6 (※スタッフ・サージェント、二等軍曹)
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:小火器整備
出身地:アラバマ州オーバーン
 ビーチヘッドはフォート・ベニングのレンジャー学校のレーン・インストラクターであり、中央アメリカの秘密工作学校のオブザーバー/アドバイザーだった。 彼は綿密で、辛抱強く、意志が強い。 彼は6時に起きて朝食前に10マイル走りPT (体力トレーニング) を行うのが好きだ。 彼は3日続けてジャングルの脇道にうずくまり、姿を現さない悪党どもを待ち伏せするのを楽しむ。 彼が嫌うのはベストを尽くすことに関心を抱かない者だ。 専門資格:NATO 及びワルシャワ条約機構の全ての小火器。
 「たいていの人々は時に怒り、少なくとも短気になる──ビーチヘッドにはそれがない。 彼は、怒りは時間とエネルギーの浪費だと考えている。 怒りは視野を曇らせて論理を損なわせる。 激怒は判断を誤らせて不注意にする。 怒りの結果はビーチヘッドには全く受け入れられないものなのだ。 彼は怒ったりしない……平静でいるのだ」







コブラ・ヴァイパーv22 (2009年)/HoH (シングルパック6)
d0164702_12201529.jpg Infantry : Cobra Viper
d0164702_11533315.jpg

素体:
d0164702_18222675.jpg   25th のコブラ・ヴァイパーv20 (2009年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッド、前腕はv20 の新規造形分。
   それ以外は25th のコブラ・ヴァイパーv16 (2008年) から。
   左袖に赤い髑髏のインシグニア (サンボウ版アニメの設定) あり。
   フェース・シールドのメッキがゴールドのバリアントが存在。
付属品:
   ゴールドのコブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパック (※フィールドパック)、ゴーグル、ボディー・アーマー、アサルトライフル (※RDT-7) はいずれもコブラ・ヴァイパーv16 から。
コマンド・ファイル:
インファントリー  コードネーム:コブラ・ヴァイパー
 コブラ・ヴァイパーズはコブラ軍団の根幹をなすものである。 彼らは高い意欲を持ち、見事に訓練され、強力な装備を与えられている。 全てのコブラ・ヴァイパーズはコンビネーション・アサルトライフル/グレネード・ランチャーを支給されており、そのライフル部分は、ショート・バースト・アサルト・ウエポンとして、連射式後方支援火器として、あるいは内蔵型照準器を備えた長距離スナイパー・ライフルとしても機能する。 マルチ-レイヤー・ボディー・アーマー及び RTO (ラジオ・テレコミュニケーションズ) ギア内臓のラップアラウンド・アクリル樹脂/コンポジット・ヘルメットは標準仕様である。
 「コブラに居場所を求める者は、まずコブラ・ヴァイパーから始めなければならない。 それはピラミッドの底辺であり、コブラ歩兵として貢献することは、登りつめてきらびやかな褒章への権利を獲得するために支払う小さな代償だ。 コブラが成功に報いるのはパレードや勲章によってではない。 彼らが提示するのは富と権力、そして貪欲さや非道さ、残酷さによって突き動かされるおそるべき衝動のはけ口なのだ。 危険な相手ではないコブラ・ヴァイパーなどは、不要な存在なのだ!」






クリムゾン・ガードv15 (2009年)/HoH (シングルパック7)
d0164702_12314500.jpg Cobra Elite Trooper : Crimson Guard
d0164702_11541374.jpg

素体:
   25th のクリムゾン・ガードv10 (2008年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッド (※フレッド・シリーズ) はクリムゾン・ガードv10 の新規造型分。
   ボディーは25th のクリムゾン・ガードv9 (2008年) から。
   左上腕にクリムゾン・ガード・インシグニア (省略版) あり。
   その他、各部に記章や階級章などあり。
      肩章……階級章。 黒字に銀。
      袖線……銀1本。 パッケージ・アートでは銀2本。
      エギュレット (肩モール/飾緒)……銀。
      左胸……おそらく略綬。 赤+青+紫。 パッケージ・アートでは赤+紺+青。
      側線……銀2本。
付属品:
   ゴールドのコブラ・ロゴ・スタンドのほか、
   ヘルメット (中央部に銀の記章、フェイス・ガードは黒) はクリムゾン・ガードv10 から。
   バックパック (※ドレス・バックパック/コブラ・エリート・バックパック)、バヨネット装着アサルトライフル (※AK48AW) はクリムゾン・ガードv9 から。
   リボルバー (※コルト・ピースメーカー) はワイルド・ビルv9 から。
コマンド・ファイル:
コブラ・エリート・トルーパー  コードネーム:クリムゾン・ガード
ファイル名:最高機密  階級:E-4 (※コーポラル、伍長) (またはそれに相当)
主要軍事特技区分:身分秘匿諜報員
第二軍事特技区分:会計
出身地:各国
 クリムゾン・ガードはコブラ軍のエリート・ショック・トルーパーである。 全ての “ シージーズ ” は法学か会計学のいずれかの学位を保持し最高の健康状態でなければならない。 訓練の最終段階はコブラ本部の最奥部で行われ、説明することすら恐ろしい入隊式を伴うと囁かれる。  
 「クリムゾン・ガードは通常の戦場で浪費されるには貴重すぎる。 彼らは一見普通の外観とライフスタイルを装い、身分を秘匿して秘密工作員として国中に散らばっているのだ。 気を付けろ。この親し気な新しい隣人は、そのクローゼットの中に赤い制服が掛かっているかもしれない……」







フリントv15 (2009年)/HoH (シングルパック8)
d0164702_12382702.jpg Warrant Officer : Flint
d0164702_11552750.jpg

素体:
   ヘッドは25th のフリントv11 (2007年) から。
   トルソー&ウエスト、脚部は25th のデュークv23 (2007年) から。
   腕部は25th のフリントv12 (2008年) から。
付属品:
   ゴールドの G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパック、ショットガン① (※イサカM37 ステークアウト。 2ピース) は25th のフリントv14 から。
   バンダリアはフリントv11 から。
   ショットガン② (※フランキ ・スパス12) はスパイ・トループスのデストロv11 から。
   ピストル (※コルトM1911 ガバメント) はデュークv23 から。
コマンド・ファイル:
ウォレント・オフィサー (※准尉)  コードネーム:フリント
ファイル名:ダシール・R・フェアボーン  認識番号:307-62-4107   階級:E-6 (※スタッフ・サージェント、二等軍曹)
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:ヘリコプター・パイロット
出身地:カンザス州ウィチタ
 フリントはローズ奨学生として英文学の学位を得た。 学問の世界に退屈した彼は、軍に入隊し、自分のやり方を磨くべく学究で培った粘りと集中力をよく発揮し、空挺学校、レンジャー学校、特殊部隊学校、そして最後に航空准尉学校を経て、それぞれを首席で修了した。 完全な戦術の計画者であるフリントは、立案して敵対的な地域で多くの救出任務を自ら率いたが、それらは明らかに保全上の理由により認められるどころか公表すらされていない。
 「我々はコブラの悪臭を放つ地下牢獄の中から出られることはないと思っていた──だからチョッパーが近付く音が聞こえて全ての大型機材が独立記念日みたいに吹っ飛んだ時も何が起きたのかわからなかった。 その後、誰かがドアを蹴破って我々の独房にやって来て煙が晴れた時、そこには不敵に微笑み、さあみんな、家に帰ろうぜ、と言うフリントの姿があったんだ……」






ザルタンv16 (2009年)/HoH (シングルパック9) 
d0164702_12381189.jpg Master of Disguise : Zartan
d0164702_11193753.jpg

素体:
   25th のザルタンv14 (2008年) のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッド、脚部は 25th のザルタンv13 (2007年) から。
   トルソー&ウエストは 25th のガン・ホーv18 (2007年) から。
   腕部はv14 の新規造型分。
付属品:
   ゴールドの G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   バックパック、スナイパー・ライフル (※VSSヴィントレス)、変装用フェイスマスク① (髭の男)、ナイフはザルタンv13 から。
   ボディー・アーマー、変装用フェイスマスク② (デューク)、変装用フェイスマスク③ (ストーム・シャドウ) はザルタンv14 から。
   ピストルは ARAH のザルタンv1 から。
コマンド・ファイル:
マスター・オブ・ディスガイズ  コードネーム:ザルタン
ファイル名:不明
偽名:書ききれぬほど
出身地:不明
 ザルタンは環境に溶け込むために皮膚の色を自在に変えることができる。 彼はメーキャップと変装の達人、腹話術師、語学者 (20以上の言語と方言を駆使)、アクロバットの曲芸師であり、数種の謎めいた格闘術の免許皆伝である。 その素性や起源についてわかっているこことはごくわずかだが、多くの保安当局が、彼はヨーロッパにおいて軍事教育 (おそらくサン・シール) (※フランスの陸軍士官学校) を受けているに違いないとの見解で一致している。
 「おれは誰にでもなれ、どこへでも行ける。 おれが明かさない限り、お前は話をしている相手がおれだとは気付くまい」






スネーク・アイズv42 (2009年)/HoH (シングルパック10) 
d0164702_12312060.jpg Commando : Snake Eyes
d0164702_11571258.jpg

素体:
   25th のスネーク・アイズv28 (2008年) のリペイント。
付属品:
   ゴールドの G.I. ジョー・ロゴ・スタンドのほか、
   ウェブ・ギア、サッチェル (※エクスプローシブズ・バッグ)、サブマシンガン (※ウージー)、ピストル、ナイフはいずれもスネーク・アイズv28 から。
コマンド・ファイル:
コマンドー  コードネーム:スネーク・アイズ
ファイル名:(機密)
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:徒手格闘術教官
出身地: (機密)  階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)
 スネーク・アイズは12種類の異なる徒手格闘技術 (空手、カンフー、柔術) に習熟しており、刀剣類の使用に精通している。 登山、水中爆破、ジャングルや砂漠、極地におけるサバイバル、そして何らかのホリスティック (※全的) 医学などの広範囲の訓練を受けている。
 専門資格:NATO 及びワルシャワ条約機構の総ての小火器
 「この男は総てが謎だが、その仕事は実に優秀だ。まったく、彼は最高さ」


-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、ホール・オブ・ヒーローズの議事でした。
 ここに挙げたキャラクターは、やはり人気が高いだけに今ではリメイクも2巡目に入っており、リタリエーションや50th のラインから最新の造形版が発売されています。

[PR]
by joefig | 2017-03-03 18:49 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/21397933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。