ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/バケーション・イン・ザ・シャドウズ (2010年)

 今回は、ジョーコン限定15体入りボックス・セットのバケーション・イン・ザ・シャドウズ (2010年) の記事です。
d0164702_18543474.png

 フリントがレッド・シャドウズとその悪のリーダー、ブラック・メジャーに捕まってしまった。 フリントの国際チームは彼を救えるのか、そしてインテロゲーターは? この狡猾な計画における彼の役割とは? (コンベンションの案内状の説明文より)



-------------------------------------------------------------------------------------

 「アクション・フォース」 の敵組織レッド・シャドウズについては
← レッド・シャドウズのトイ の記事へ

-------------------------------------------------------------------------------------
2010年ジョーコン 3 34 インチ・トイ・ラインナップ一覧


 3 34 インチ (O-リング)
   ボックス・セット
      バケーション・イン・ザ・シャドウズ
        G.I.ジョー
         フリントv16
        コブラ
         インテロゲーターv4
        レッド・シャドウズ
         ブラック・メジャーv1
         &  レッド・シャドウズv1 ×6体  &  レッド・トーチズv1 ×6体

   スーベニア
      Q-フォース2パック (650セット限定)
         エージェント・ナタリー・プールv1  &  ルテナント・ドルフィンv1
      Z-フォース3パック (650セット限定)
         ジャマーv1  &  ガウチョv1  &  ライフラインv6  
      Z フォース・リーコン・サイクル (ボーナス)
      レッド・シャドウズ・スタッフ・カー (500個限定)
      レッド・シャドウズ・シークレット・ベース (500個限定)

   パラ-ドロップ
         フリントv17

-------------------------------------------------------------------------------------
バケーション・イン・ザ・シャドウズ概要


 バケーション・イン・ザ・シャドウズは、2010年にハズブロの本社のあるロードアイランド州プロビデンスで開催されたハズブロ・インターナショナル G.I. ジョー・コレクターズ・コンベンション2010 で発売された 3 34 インチ・フィギュア15体セットです。

 前年のジョーコンのザ・クリムゾン・ストライク・チームではフィギュアが 25th スタイルに移行していたのですが、この年は再びOリング・スタイルが採用されました。

 テーマは主役側がアクション・フォース (スペシャル・アクション・フォース; S.A.F.) とアクション・マン、敵側がレッド・シャドウズとなっています。


 アクション・フォースはかつて 80年代にパリトーイが発売していた ARAH のイギリス版の名称で、レッド・シャドウズはその敵組織でした。 なお、すでに前年のジョーコンでもアクション・フォースのリメイクとしてSAF コプターとブレーズが発売されています。

 イギリスで刊行されていたコミック 『アクション・フォース』 ではフリントはアクション・フォースの前線指揮官で、イギリスのリンカーン出身のディヴィッド・R・フェアボーンという設定となっていました。
 また、ボックス・セットの名称はおそらくサンボウ版アニメ 『G.I. ジョー:ARAH』 第53話のサブタイトル 「フリントの休暇」 (Flint's Vacation) から着想を得たものでしょう。

 アクション・マンは12インチの G.I. ジョーのイギリス版の名称で、90年代にはハズブロがリバイバルさせていました。 2004年には VvV のラインからアクション・マンが発売されています。



 ボックス・セットのバックストーリーは、ジョーコンに合わせて刊行されたファン・パブリケーション版コミック 『G.I. ジョー vs. コブラ』 第3号 「影の中の休暇」 の中で描かれました。

 休暇をとったフリントが、S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) のナタリーたちと共にドイツのシュヴァルツバルトの森でカヤックを楽しんでいたところ、再興したレッド・シャドウズに襲撃されて捕虜にされ、マインド・コントロール作用のある 「リサジン・ガス」 で洗脳されてしまい、ジョーと S.A.F. が救出に向かうという内容でした。
→ FP 版コミック 『G.I. ジョー vs コブラ』 の記事も参照。

-------------------------------------------------------------------------------------
ボックス・セット詳細
※画像は主に GIJCC のジョーコン2010 のサイトより。


バケーション・イン・ザ・シャドウズ (2010年)/ジョーコン限定 (ボックス・セット)
 フリントv16、インテロゲーターv4、ブラック・メジャーv1、レッド・シャドウズv1 ×6体、レッド・トーチズv1 ×6体のセット。


フリントv16
d0164702_01462142.jpg素体:
   ヘッドは ARAH のフリントv1 から。
   ボディーはバトル・コーのデュークv4 (1993年) から。
   ブラック・ベレーに赤いフラッシュあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパックは ARAH のダスティーv3 から。
   サブマシンガン (※H&K HK51) は ARAH のアウトバックv1 から。
   ショットガン (※イサカ37 ステークアウト) はフリントv1 から。
コマンド・ファイル:
G.I. ジョー・ウォレント・オフィサー  コードネーム:フリント
ファイル名:ダシール・R・フェアボーン  認識番号:307-62-4107
主要軍事特技区分: 回転翼機パイロット
第二軍事特技区分: 歩兵 (11X)
出身地:カンザス州ウィチタ
階級:WO-2 (※※チーフ・ウォレント・オフィサー2、二等准尉)
 フリントは古典の学者であり特殊部隊学校と航空准尉学校の修了生である。 彼は研ぎ澄まされた技術的手腕と戦術知識のみならず幅広い知的な背景を G.I. ジョー・チームにもたらしている。 彼は NATO の全ての小火器と爆破装置に精通し、現行の全てのアメリカの軍用ヘリコプターのみならず西側と元ソ連ブロックのほとんどの国家の軍隊の回転翼機で飛行する資格を持つ。 フリントは敵対的な地域で多くの秘密人質救助任務を率いたかその一員となった。 これらの任務の正確な性質と詳細は高度な機密とされ認められるどころか公表すらされることはない。
 知識の習得に熱心なフリントは余暇には第二次大戦の歴史を学んでいる。 彼は滅多に休暇をとらないが、S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) の同僚からエクストリーム・スポーツのヨーロッパの冒険に誘われ、彼はこの挑戦に乗った。 彼はほとんど気付いていなかったが、怪しい人物が彼とこの休暇にとって不吉な計画を立てておりそれは彼にとって決して忘れられないものとなるだろう。 この名高い救出計画は果たして彼の毒された心を切り抜けるだろうか?
 「おれは傲慢じゃないが、仕事的にはいつもこのほうがいいというだけだ」



インテロゲーターv4
d0164702_01461885.jpg ヘッドの造型はビンテージ期の12インチのアクション・ソルジャーズ・オブ・ザ・ワールド (1966年) のフォーリン・ヘッドの 3 34 インチ版でのリメイク。
素体:
   ヘッドは新規造形。
   トルソーは ARAH のスネーク・アイズv4 から。
   ウエスト、腕部、脚部は ARAH のレッド・スターv1 から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ヘルメットはインテロゲーターv1 のヘッドをベースとして新規造形。
   ライフル (※ベレッタ BM59 トルッピ・アルペン) は ARAH のレコンドv1 から。
   アックスは ARAH のアルパインv1 から。
コマンド・ファイル:
コブラ・インテロゲーション・スペシャリスト  コードネーム:インテロゲーター
ファイル名:機密
主要軍事特技区分:心理戦術
第二軍事特技区分:化学実験
出身地:機密
 コブラ・インテロゲーターは謎でありその過去やマスクの裏の本当の男について知る者はいない。 インテロゲーターはただ話すだけで最も強情な捕虜からですら情報を吸い上げることができるという独特の能力を持っている。 未確定の主張によれば彼はヘルメットに組み込まれた音声変調/合成器を使いそれはトランス状態を引き起こすLED ディスプレイとの相乗効果がある。 彼の対象者はバリトンの声を聞き、点滅する光に惹き込まれ、最も守るべき秘密を漏らしてしまうのだ。 もし彼の魔法に対する抵抗力を示すほどの捕虜がいれば、彼はただ喜んでより過激な化学的、肉体的な誘導法を用いるだろう。
 ブラック・メジャーと最初に接触したインテロゲーターはレッド・シャドウズのリーダーにコブラに加わるという関心を抱かせた。 ところが、それはコブラ・コマンダーを観客とした特殊任務の完遂の助けとして要請した彼らのマインド・コントロール化学物質について学ぶためではなかった。 G.I. ジョー・チームの准尉の捕獲に関わる彼の本当の計画と隠された動機は何なのか?

 「いずれにせよ貴様を壊してやる!」


ブラック・メジャーv1
d0164702_01364056.jpg ARAH のイギリス版である 「アクション・フォース」 のブラック・メジャー (1983年) のO-リング・スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッドはストリート・ファイターⅡのM. バイソン (1993年) から。
   トルソーは ARAH のハードボールv1 (1988年) から。
   ウエスト、脚部はコメモレーティブ・コレクションのアクション・マリーン (1994年) から。
   左胸にレッド・シャドウズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ピストルはレゾリュートのコブラ・コマンダーv39 から。
   鞭は 25th のクロック・マスターv3 から。
コマンド・ファイル:
レッド・シャドウズ・コマンダー  コードネーム:ブラック・メジャー
ファイル名:機密  (別名) ジョン・シェパード
主要軍事特技区分:軍事戦略
第二軍事特技区分:戦闘管制
出身地:機密  階級:OF-3 (メジャー) (※少佐)
 今はブラック・メジャーとして知られる男は元 S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) のメンバーであり天才的軍事指揮官にして戦術家である。 レッド・シャドウズのリーダー、アイアンブラッド男爵の捕虜となる前、彼は最高の訓練を受けた海兵隊コマンドーの一人だった。 複雑な洗脳によって彼は貢献的で無慈悲な従者となったのだ。 彼は完全に無感情となり疑問を抱くことなく男爵の命令を実行してきた──このリーダーが消えてしまうまでは。 ブラック・メジャーは階級組織を再建するために残されたレッド・シャドウズを隠した。 彼の目標は混乱、破壊、恐怖による世界的支配という彼らの任務の続行である。
 彼が保管している独特の化学基質は自分の軍隊に定期的な洗脳をもたらしより効果的なバージョンであるガス状での生産が可能となった。 彼はこれを自分のレッド・シャドウズ・トルーパーズの軍団の発展に用い、彼らとレッド・トーチズ火炎放射兵の脅威と組み合わせた止まることなき軍隊が無条件に彼の命令を行うよう準備した。 彼の計画はコブラに加わってその世界的な資産を使えるようにし、最終的には彼らと──そして世界の支配を奪うことである!
 「シャドウズは再興するだろう!」



レッド・シャドウズv1
d0164702_01364341.jpg 6体付属。
 ARAH のイギリス版である 「アクション・フォース」 のレッド・シャドウ (1983年) のO-リング・スタイルでのリメイク。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   トルソー、ウエスト、脚部は ARAH のレッド・スターv1 (1991年) から。
   腕部は ARAH のサンダーv1 (1984年) から。
   ヘルメットにレッド・シャドウズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ロケット・ランチャー前部(※Mk.153 SMAW 発射装置)、ロケット・ランチャー後部(※チューブ) は 25th のザップv5 から。
   サッチェル (マガジン×1収納可)、サブマシン 
ガン (※デムロXF-7ワスプ)、マガジン×2は 25th のビーチヘッドv11 から。
   柄付き手榴弾×2はおそらく新規造型。
コマンド・ファイル:
レッド・シャドウズ・トルーパー  コードネーム:レッド・シャドウズ
ファイル名:多様
主要軍事特技区分:歩兵
第二軍事特技区分:近接戦
出身地:多様
 レッド・シャドウズは混乱と世界支配を目指す国際的犯罪集団である。 彼らの組織は、ヨーロッパ、アジア、南アメリカを主として、コブラ組織に先んじて犯罪活動を行ってきた歴史を持ち、現れたのは第二次大戦の直後ともされる。 現在の強圧的な指揮官、ブラック・メジャーに率いられた彼らは、S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) と彼ら自身の内部権力抗争の双方の重圧を生き延びた。 この集団の根幹をなすのは自分たちの主張に狂信的と言っていい忠誠を抱いた一般兵の軍隊であるレッド・シャドウズ・トルーパーズである。 彼らの盲目的献身は、ある種のマインド-コントロール作用のある化学物質に定期的に、低レベルでさらされることで引き起こされるものと思われる。 この化学物質はおそらくは彼らのユニフォームまたはヘルメットに仕込まれ、この工作員たちほぼ全員は常時外気から完全に遮断され続けているものと思われる。 数年前の敗北にも関わらずその後数を増している理由はそこにあるのだろう。
 レッド・シャドウズの最新の分遣隊は、自分たちの狂信的リーダーに命を預けるのと同様の意欲をもって、一般歩兵またはブラック・メジャーや他の工作員たちを隠れたバンカーまで輸送する個人的運転手 (旧第二次大戦のドイツのスタッフ・カーを使用) として働く。 もしも彼らがその軍隊をコブラのものと同盟したとしたら、G.I. ジョーと S.A.F. は互いに彼らを止めることができるだろうか?
 「恐怖や自立した思考を持たないレッド・シャドウズの限度がどこまでなのかはまだ判らない──そんなものがあるとすればだが!」


レッド・トーチズv1
d0164702_01364571.jpg 6体付属。
 初の兵種。 ヘッドの造形はビルト・トゥー・ルールのシャドウ・ヴァイパー (2004年) がベース。
素体:
   ヘッドは新規造型。
   ボディーはエコ-ウォーリアーズのフリントv3 (1991年) から。
   右上腕にレッド・シャドウズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパック①、火炎放射器、炎は VvV のドレッドノック・トーチv2 から。
   バックパック②は ARAH のハイドロ-ヴァイパーv1 から。
   ノズル・ガン×2は ARAH のバーベキューv1 から。
   ホース×2。
コマンド・ファイル:
レッド・シャドウズ・バイロ-トルーパーズ
コードネーム:レッド・トーチズ
ファイル名:多様
主要軍事特技区分:火炎兵器
第二軍事特技区分:化学兵器
出身地:多様
 レッド・トーチズは地上の何もかもを燃やすことを楽しんでいる火炎放射兵であり、あらゆる生き物をその炎の中に捕えるという考えを好んでいるらしい。現代の軍隊の多くのが不安定な火炎放射器の使用を自発的に放棄してナパーム・ロケット・ランチャーを採用する中で、レッド・トーチズは新型の、より快適な化学物質を使っているものと思われる──現場に居合わせた時の恐ろしさに変わりはないが。付随する恐怖として材質が燃える奔流には意図的な有害効果も生じる。
 ブラック・メジャーのために囚人を捕える際、彼らは精神に変化をもたらす化学混合物も拡散させる。 この未知の神経毒は恐怖、妄想、幻覚をもたらすが、最終的には対象者を完全にマインド-コントロールしてしまう。 それには速効性があり、レッド・シャドウズ軍に見られる死をも伴う献身を生み出すために用いられた潜伏性の化学物質の恒久版であるらしい。 もしもこうした化学物質がコブラ・コマンダーの手に渡ったとしたら、それでも彼はレッド・シャドウズとの同盟を必要とするだろうか?
 「燃やしに燃やし続けてやる、全てを焼き尽くすまで!」

-------------------------------------------------------------------------------------
スーベニア詳細


Q-フォース2パック (2010年)/ジョーコン限定 (スーベニア)
 エージェント・ナタリー・プールv1、ルテナント・ドルフィンv1 のセット。 650セット限定。
 Qフォースは S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) の特殊海洋部隊。


エージェント・ナタリー・プールv1
 リバイバル期の 「アクション・マン」 のナタリー (1996年) の初の G.I. ジョー・フィギュア化。 

d0164702_01340200.jpg

素体:
   ヘッドは 「モータル・コンバット」 のソーニャ・ブレード (1994年) から。
   上腕は ARAH のロードブロックv1 (1984年) から。
   それ以外は ARAH のレディー・ジェイv1 (1985年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   サイレント・アタック・マークⅡ (Qフォース・インシグニアあり)、アウトリガー、アウトリガー用アーム、マシンガン、パドル、ライフル (※H&K MP5 系) はいずれも ARAH のストーカーv2 から。
コマンド・ファイル:
S.A.F. カバート・オペレーションズ  コードネーム:エージェント・ナタリー・プール
ファイル名:ナタリー・プール  認識番号:AF 362434
主要軍事特技区分:諜報活動
第二軍事特技区分:格闘術
出身地:イングランド (イギリス)、ロンドン  階級:OR-7 (カラー・サージェント) (※中隊補給軍曹)
 ナタリー・プール工作員、仲間の工作員からはよりくだけて “ ナタリー ” と呼ばれる彼女は、S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) チームの身分秘匿作戦のスペシャリストである。 イギリス秘密諜報部と自然の冒険によって訓練され格闘術に熟練する彼女は、体力面と精神面の双方における自らの極限的才能を証明してきた。 彼女はこれらの手腕を駆使して世界平和への脅威となるあらゆる脅威を、できれば一般大衆が彼らの存在を知る前に狩り出して妨害する。 彼女には世界各地でのプロとしての旅を通じて地上のあらゆるエクストリーム・スポーツを見出してマスターするという強みがある。 若さゆえの行動と刺激への熱望が問題とも見えるが、彼女は極めて冷静な頭脳でそれを和らげている。 チームメートであるアクション・マンが特に単独任務に就いている時は、彼女はしばしばその守護天使や連絡員の役割を演じる。
 彼女は自分をフェミニストだとは思っていないが、それにもかかわらず、しばしば彼女は自分の腕を維持するために男を相手に競争している自分に気付く。 G.I. ジョーの准尉のフリントの勇敢さを聞いた彼女は、すぐにアウトドア・アスレチックで池を渡って競争しようと誘って挑戦した。 だが彼が S.A.F. の最大の宿敵、レッド・シャドウズに仕掛けられた罠に落ちた時、彼女は彼を救うという本物の挑戦を乗り越えられるだろうか?
「武器がふさわしい場面もあるけど、非武装の時は、キックのほうがうまく窮地を脱することができるわ!」



サイレント・アタック・マークⅡ  Silent Attack Mark II
 エージェント・ナタリー・プールv1、ルテナント・ドルフィンv1 に付属するカヤック。
 ARAH のストーカーv2 (1989年) に付属した白いカヤックのリペイント。
 S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) の特殊海洋部隊である Qフォースが運用するステルス・カヤック。
主要諸元:
   本体  アウトリガー  アウトリガー用アーム  パドル
武装:
   マシンガン
インシグニア/識別番号:
   Qフォース・インシグニア


ルテナント・ドルフィンv1
 ARAH のイギリス版である 「アクション・フォース」 のドルフィン (1983年) がベース。
 Qフォース の指揮官。
d0164702_01335877.jpg

素体:
   ヘッドは VvV のスティーラーv2 (2004年) から。
   腕部は ARAH のサルヴォv1 (1990年) から。
   それ以外は ARAH のマスクラットv1 (1988年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ヘルメットはおそらく ARAH のショート-フューズv1 (1982年) から。
   アサルトライフル (※FA-MAS F-1)、バイポッドは ARAH のダスティーv1 から。
   ナイフはおそらく新規造型。
   サイレント・アタック・マークⅡ (Qフォース・インシグニアあり)、アウトリガー、アウトリガー用アーム、マシンガン、パドルは ARAH のストーカーv2 から。
コマンド・ファイル:
Qフォース・コマンダー  コードネーム:ルテナント・ドルフィン
ファイル名:ガレス・モーガン  認識番号:AF 934332
主要軍事特技区分:潜水艦艦長
第二軍事特技区分:深海探査
出身地:ウェールズ (イギリス)、カーディフ  階級:OF-1 (ルテナント) (※海軍中尉)
 屈強なウェールズ男の船乗りであるドルフィン中尉は、一流の海軍の訓練を受けた。 彼は沿岸警備から極地の氷帽の海図作成に至る水中作戦と深海探査のエキスパートである。 早い昇進によって、彼は多くの海軍士官よりも若くしてイギリス海軍の潜水艦の指揮を執った。 最終的に、彼はイギリスにおける G.I. ジョーに相当する S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) の海洋部門、Qフォースの海軍少佐 (※) に選ばれた。
 彼には水面と水中の双方で使われる S.A.F. の全ての水中ビークルの優れた知識がある。 彼は個人的にお気に入りの大型シーライオン潜水艇の操縦桿を前にしている時と同様に、スティングレー一人乗り潜水艦のような小型艇を巧みに操縦する。 非番の時でも、彼の趣味はやはりボート漕ぎであり、しばしばサイレント・アタック・マークⅡステルス・カヤックをレクリエーションに用いて仲間の兵員たちに訓練を施している。 ヨーロッパの水路に関する知識により、事実上彼はあらゆる河川、運河、湖、海、ヨーロッパ大陸を囲む大洋のエキスパートである。 だが、G.I. ジョー・チームからの招聘メンバーが地図から姿を消した時、彼の専門家としての歳月は十分だろうか?
 「Qフォースに入りたいだって、おい? シャボン玉でも吹いてろ」
※海軍少佐……原文ではルテナント・コマンダー。 ただしコマンド・ファイルに記載されている階級 (ルテナント、海軍中尉) とは一致していない。 なお、当時のコミックでの階級は海軍少佐。






Z-フォース3パック (2010年)/ジョーコン限定 (スーベニア)
 ジャマーv1、ライフラインv6、ガウチョv1 のセット。 650セット限定。
 Z (ゼッド) フォースは S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) の特殊歩兵部隊。
 ネーミングは第二次大戦期におけるイギリス連邦のオーストラリア軍・ニュージーランド軍・在豪イギリス軍で編成された Zスペシャル・ユニット (通称Zフォース) にちなんだもの。


ジャマーv1
d0164702_01401482.jpg ARAH のイギリス版である 「アクション・フォース」 のジャマー (1983年) のリメイク。
 jammer は 「妨害者」 の意。
素体:
   ヘッドは VvV のサージェント・ストーカーv5 (2004年) から。
   トルソーは ARAH のコブラ・オフィサーv1 (1982年) から。
   ウエストは ARAH のロードブロックv2 (1986年) から。
   腕部は ARAH のストーカーv1.5 (1983年) から。
   脚部はトーキング・バトル・コマンダーズのジェネラル・ホークv2 (1991年) から。
   胸にZ フォース・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパック、アンテナ、マイクはおそらく新規造型。
   サブマシンガンは ARAH のストーカーv1 のM-32 パルヴァライザー・サブマシンガン。
   ホース。
コマンド・ファイル:
Z フォース・コミュニケーションズ  コードネーム:カルヴィン・“ ジャマー ”・モンデール
ファイル名:カルヴィン・モンデール  認識番号:AF 396618
主要軍事特技区分:通信技師
第二軍事特技区分:電子戦
出身地:ニューヨーク州ニューヨークシティー  階級:OR-7 (スタッフ・サージェント) (※上級軍曹)
 カルヴィン・“ ジャマー ”・モンデールは才能ある電子技師である。 UCLA (カリフォルニア大学ロサンゼルス校) で博士号を取得して卒業した彼はシリコンバレーで一流のコンピューター設計士となった。 すぐに会社人生は退屈すぎると気付いた彼はより多くの冒険を探し始め、イギリスへと導かれた。 S.A.F. (スペシャル・アクション・フォース) のことを知るに至り、彼は Zフォース歩兵、機甲、砲兵部隊に入隊して指令センターの通信システムを開発した。 ようやく自分の才能の使い道を見つけた彼は、まさに S.A.F. を終生の家として見つけ、以来チームの要となっている。
 カルヴィン・“ ジャマー ”・モンデールは監視と通信システムを狂わせる妨害において非常に成功した経歴を築いてきた。 彼は敵の信号を混乱させる電子装置を即席で作ることを喜んでいる。 彼の目標は敵に増援を呼べなくさせ任務の遂行まで自分のチームメートを守ることの確保である。 ナタリー・プールから馴染みある敵の再興という連絡を受けた時、彼は Zフォースのバイクにまたがり救出に出動した。 この電子の魔術師の火力は地上の全てを燃やすレッド・トーチズを止めるのに充分だろうか?
 「悪党どもの信号を妨害してさっさと退散してもらおう」


ガウチョv1
d0164702_01401711.jpg ARAH のイギリス版である 「アクション・フォース」 のガウチョ (1983年) のリメイク。
 gaucho は南米のカウボーイ (通例はスペイン人とインディオの混血) のこと。
素体:
   ヘッドは ARAH のガン-ホーv1 (1983年) をベースに新規造型。
   上腕は ARAH のトンネル・ラットv1 (1987年) から。
   前腕はガン-ホーv1 から。
   それ以外は ARAH のガン-ホーv2 (1992年) から。
   右上腕にZ フォース・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパックはガン-ホーv2 から。
   グレネード・ランチャーは VvV のガン・ホーv16 から。
   マチェーテは RoC のエージェント・ヘリックスv1 から。
コマンド・ファイル:
Z フォース・メカニック  コードネーム:リコ・“ ガウチョ ”・ゴンザレス
ファイル名:リコ・ゴンザレス  認識番号:AF 395452
主要軍事特技区分:整備士
第二軍事特技区分:戦闘工兵
出身地:メキシコ、メキシコシティー  階級:OR-6 (サージェント) (※軍曹)
 リコ・“ ガウチョ ”・ゴンザレスは S.A.F.(スペシャル・アクション・フォース) 最強の兵士として知られる。 元はサーカスの怪力男だった彼はメキシコ軍の基礎軍事訓練に徴集された。 工学で信じ難いほどの手腕を発揮した2年後、彼はイギリスに転属されて Zフォース歩兵、機甲、砲兵部隊の一員となった。 彼の最初の役目は S.A.F. 指令センター建設の支援だった。 彼はまさに歩兵チームの要であり機械学の腕を駆使して全ての動力付き装備を維持している。 任務ではチームメイトのビークルに損傷があるため、彼は常に忙しい。
 リコ・“ ガウチョ ”・ゴンザレスは余暇の全てをボディー・ビルかZフォースの車庫での修理をして過ごしている。 彼は特にエンジンに詳しい才能あるメカニックだ。 彼は何でも修理できることを誇るが、そのため彼には本当に動力工具を必要としている。 彼の力はブラック・メジャーとその再編されたレッド・シャドウズ軍と戦うのに十分だろうか?
「なあ。おい、おれは何だって直せるんだぜ!」


ライフラインv6
d0164702_01401996.jpg特記事項:
・ 初代ライフライン (エドウィン・C・スティーン) が復活したのはバトル・コーのライフラインv4 (1994年) 以来。 TRAH のライフラインv5 (2002年)、VvV のサージェント・ライフラインv1 (2004年) は2代目 (グレッグ・スコット) だった。
素体:
   バトル・コーのライフラインv4 (1994年) のリペイント。
   詳しく書くと、腕部は ARAH のパスファインダーv1 (1990年) から。
   それ以外はライフラインv4 の新規造型分。
   ヘルメットに階級章あり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   マイクはライフラインv4 から。
   フレアー・ガンは ARAH のストレッチャーv1 から。
   グラップリング・フック+紐は 25th のストーム・シャドウv30 から。
   ストレッチャーは ARAH のドクv1 から。
   サッチェルは25th のG.I. ジョー・ドクv2 から。
コマンド・ファイル:
G.I. ジョー・レスキュー・トルーパー  コードネーム:エドウィン・“ ライフライン ”・スティーン
ファイル名:エドウィン・C・スティーン  認識番号:128-03-2496
主要軍事特技区分:救出作戦
第二軍事特技区分:戦闘衛兵 (68W)
出身地:ワシントン州シアトル  階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)
 軍の通常の作戦では、危険な任務においては全ての分隊、そしてG.I. ジョー・チームに衛生兵あるいは “ ウイスキー ” (※) を配属する必要がある──エドウィン・“ ライフライン ”・スティーンは彼らに主要とされる救助と医学のスペシャリストである。 現在の G.I. ジョーのほぼ全員が一度ならず彼に助けられている。 彼自身は筋金入りの平和主義者であっても、現代の反乱分子やコブラのようなその他の無法な敵はジュネーブ協定に記された赤十字の明示について認識していない。 それでも、命を救うという誓いから彼は恐れることなく一直線に前線に身を投じ、直射にさらされてでも、倒れた兵士に医学的治療を施すのだ。 陸軍の訓練に従って、救出作戦の際に敵を無力化するための援護射撃が求められる時には、彼は黒帯である合気道、攻撃的な動作のない禅の格闘術を用いることを好む。
 元救命技士である彼は、自分に非番などないと考えており、クロス訓練及び救命、治療、トリアージ (※)、避難の最新の技術の頂点を維持するために G.I. ジョー傘下のチームと共に世界中に赴くことを選んだ。 長年に渡ってチームが常ならぬ戦闘状況下で交戦してきたことで、彼はコブラの科学者たちが製造した異端のエネルギーや化学物質を基にした兵器と渡り合うための独特の手腕を獲得した。 だが、かつて遭遇したことのない危機から仲間の G.I. ジョーを救うのが時間との闘いであることに気付いた時、ライフラインの訓練と直観は彼を救うのに充分だろうか?
 「自分が死傷者となると考えたことはない、ただ可能な限りの人命を救うだけだ──一人の例外もなく!」

※ウイスキー……joefig には意味がわかりませんでした。 軍事特技区分における衛生兵の記号は 「68W (シックス・エイト・ウイスキー)」 なので、これにちなむものなのかもしれません。
※トリアージ……負傷の程度による優先順位の区分けのこと。







Z フォース・リーコン・サイクル (2010年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 ボーナス・ビークル。
 造型的には ARAH のシルバー・ミラージュ・モーターサイクル (1985年) のリメイク。
 武装などはシルバー・ミラージュ・モーターサイクルに準ずる。
d0164702_11512142.jpg





レッド・シャドウズ・スタッフ・カー (2010年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 500個限定。
 「インディアナ・ジョーンズ」 のトループ・カー (2008年) のリペイント。
 スプリング発射式ミサイル・ランチャーのギミックはオミットされた。
 トループ・カーは 『レイダース/失われた聖櫃』 に登場した劇中車のトイで、ドイツ軍のメルセデス・ベンツ G5 ゲレンデヴァーゲン W152 のレプリカ。
 レッド・シャドウズv1 のコマンド・ファイルには第二次大戦期のドイツ軍の車両を流用していることが記載されている。
d0164702_01335163.jpg





レッド・シャドウズ・シークレット・ベース (2010年)/ジョーコン限定 (ビークル)

 500個限定。
 「スター・ウォーズ:ザ・パワー・オブ・ザ・フォース」 のエンドア・アタック (1997年) のリデコ。
 本体は 『スター・ウォース エピソード6/ジェダイの帰還』 に登場したエンドア・シールド発生装置バンカーのゲートがベース。
 ミサイル・ランチャー (スプリング式発射ギミックあり)、スタンド、ケーブルは RoC のブレーカーv4 (2009年) の DAIR-1 ロボティック・ウエポン。
 ドラム缶×2は 「インディアナ・ジョーンズ」 のカーゴ・トラック (2008年) から。
 ジョーコンに合わせて刊行されたコミックでは第二次大戦期のドイツ軍の秘密基地の跡をレッド・シャドウズが改修したもの。
d0164702_01334871.jpg





フリントv17 (2010年)/ジョーコン限定 (パラ-ドロップ)
d0164702_11511936.jpg パラ-ドロップ・フィギュア。
素体:
   同年のジョーコン限定ボックス・セットのフリントv16 のリペイント。
   詳しく書くと、ヘッドは ARAH のフリントv1 から。
   ボディーはバトル・コーのデュークv4 (1993年) から。
   ブラック・ベレーに赤いフラッシュあり。
付属品:
   バックパックは ARAH のジンクスv1 から。
   パラシュート。
コマンド・ファイル:
   なし。




-------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by joefig | 2015-09-07 19:17 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/21325962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。