ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/1975年のアドベンチャー・チーム

 1975年のアドベンチャー・チームのラインナップです。
d0164702_20284489.jpg




-------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「G.I. ジョー・アドベンチャー・チーム」 の項へ

-------------------------------------------------------------------------------
1975年ラインナップ一覧


   フィギュア (ライフ-ライク・ボディー)
         ライフ-ライク・ランド・アドベンチュラー      ライフ-ライク・ブラック・アドベンチュラー
         ライフ-ライク・マン・オブ・アクション      ライフ-ライク・ランド・アドベンチュラー
         ライフ-ライク・シー・アドベンチュラー      ライフ-ライク・エアー・アドベンチュラー
         ライフ-ライク・ブラック・アドベンチュラー      ライフ-ライク・マン・オブ・アクション
   アクション・アウトフィット・アソート
         リベンジ・オブ・スパイ・シャーク
         ブラック・ウイドー・ランデヴー
         ペリル・オブ・ザ・レイジング・インフェルノ
         アタック・アット・ヴァルチャー・フォールズ
         ジョーズ・オブ・デス
         スカイダイブ・トゥー・デンジャー
         トラブル・アット・バルチャー・パス (シアーズ限定)
   アクション・アウトフィット (再販)
         ミサイル・リカバリー      レディエーション・ディテクション
         ハイ・ボルテージ・エスケープ      ハリケーン・スポッター
         ボルケーノ・ジャンパー      エアリアル・リーコン
         デザート・サバイバル      デンジャラス・ミッション
         ファイト・フォー・サバイバル      シークレット・ランデヴー
         ヒドゥン・トレジャー      コプター・レスキュー
         シークレット・ミッション      デンジャラス・クライム
         ジャングル・オーディール      フォト・リーコン
         デザート・エクスプローラー      アンダーカバー・エージェント
   アドベンチャー・アソート (カード)
         シークレット・クーリエ
         スラスト・イントゥー・デンジャー
         ロング・レンジ・リーコン
         グリーン・デンジャー
         バリード・バウンティー
         ダイバーズ・ディストレス
   アドベンチャー・アソート (ボックス)
         デンジャー・レイ・ディティクション
         ナイト・サーベイランス
         ショッキング・エスケープ
         レイジング・リバー・ダム・アップ
         ジェッティソン・トゥー・セーフティー
         マイン・シャフト・ブレイクアウト
   アクション・パック (再販)
         レスキュー・ラフト      ウインドボート      アンダーウォーター・エクスプローラー
   イクイプメント・センター (再販)
         アンダーウォーター・デモリッション      レーザー・レスキュー
         ソニック・ロック・ブラスター      チェスト・ウィンチ
         ソーラー・コミュニケーター      ロケット・パック
   ビークル
         オリジナル・フットロッカー
         ヘリコプター (再販)
         ファンタスティック・シー・ウルフ
         スカイ・ホーク
         トラップド・イン・ザ・コイルズ・オブ・ドゥーム (シアーズ限定)

 アトミック・マン
 → 「マイク・パワー:アトミック・マン」 の記事へ

-------------------------------------------------------------------------------
1975年の概要


d0164702_18590713.jpg パッケージやロゴも一新され、オレンジ基調のポップな雰囲気になりました。


 フィギュアの素体はライフ-ライク・ボディーと呼ばれるものに一新されました。
 通称マッスル・ボディーとも呼ばれます。

 よりリアルで躍動感のある逞しい体つきとなり、関節部の構造も大きく変更され、腰部はブルーの成型色で AT インシグニアのあるブリーフのモールドとなりました。




 この年、ハズブロは G.I. ジョーの廉価版と言える 「ザ・ディフェンダーズ」 という商品も発売開始しています。













-------------------------------------------------------------------------------
フィギュア (ライフ-ライク・ボディー)


ライフ-ライク・ランド・アドベンチュラー (1975年)
d0164702_00020226.jpg Life-Like Land Adventurer  (#7270)
素体:
   ランド・アドベンチュラー with カン・フー・グリップ (1974年)+ライフ-ライク・ボディー。
付属品:
   ショーツ










ライフ-ライク・ランド・アドベンチュラー (1975年)
d0164702_00020421.jpg Life-Like Land Adventurer  (#7280)
素体:
   ライフ-ライク・ランド・アドベンチュラー (1975年) +装備。
付属品:
   ショーツ    ユニフォーム    ブーツ×左右
   ライフル














ライフ-ライク・ブラック・アドベンチュラー (1975年)
d0164702_00483173.jpg Life-Like Black Adventurer  (#7271)
素体:
   アドベンチュラー with カン・フー・グリップ (1974年)+ライフ-ライク・ボディー。
付属品:
   ショーツ










ライフ-ライク・ブラック・アドベンチュラー (1975年)
d0164702_00483830.jpg Life-Like Black Adventurer  (#7283)
素体:
   ライフ-ライク・ブラック・アドベンチュラー (1975年) +装備。
付属品:
   ショーツ    ユニフォーム×上下    ブーツ×左右
   ライフル














ライフ-ライク・マン・オブ・アクション (1975年)
d0164702_00293078.jpg Life-Like Man of Action  (#7272)
素体:
   マン・オブ・アクション with カン・フー・グリップ (1974年)+ライフ-ライク・ボディー。
付属品:
   ショーツ











-------------------------------------------------------------------------------
アクション・アウトフィット・アソート


リベンジ・オブ・スパイ・シャーク (1975年)/AT (アクション・アウトフィット・アソート)
d0164702_22263201.jpg Revenge of Spy Shark  (#7413)
 フィギュアは付属せず。
内容:
   ユニフォーム×上下    ブーツ×左右
   スピアーガン    ナイフ    スカバード
   ソナー・ディテクター (本体+受信器+コード+ヘッドセット)
   カメラ (ベルトでブラック・シャークに固定可)
   フラッグ・ブイ+ロープ
   ラフト    オール
   ブラック・シャーク
付属コミック:
AT 「スパイ・シャークの復讐」  Revenge of the Spy Shark
 政府の保全情報が漏洩した。 ハドリー岬のロケット発射場が敵に監視されているものと思われる。 研究所にセキュリティー・チェックが設置されたが、その頃、海岸線で奇妙な魚が目撃されていた。 双眼鏡で除くとそれは金属製のカメラのような物体をくくりつけたサメで、スキン・ダイバーたちは海に潜って捜索してみるが、サメは痕跡も残さずに姿を消した。 この捜索に G.I. ジョーが召集され、音響探知機を装備してラバー・ラフトで海に乗り出す。 探知機はサメが背負った金属を探知し、G.I. ジョーがその地点にブイを浮かべるとサメが出現する。 背負っているのはやはりカメラだ。 G.I. ジョーは水面をオールで叩いてサメをおびき寄せ、ナイフを抜いてストラップを切り、カメラを奪った。 逆襲してきたサメの鋭い歯で穴を開けられたラフトは沈み始めた。 G.I. ジョーは1度しか発射できないスピアー・ガンを見事に命中させ、サメの死体は海底に沈んでいた。 海に漂ってアドベンチャー・チーム・ヘリコプターの到着を待ち、力が尽きかけた時にそれは到着した。 スパイ・カメラを持った G.I. ジョーはカーゴ・リフト・フックで吊り下げられ。冷たい海中から引き上げられて帰路につく。 こうして G.I. ジョーのおかげで政府の保全は保たれた。






ブラック・ウイドー・ランデヴー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット・アソート)
d0164702_15150371.jpg Black Widow Rendezvous  (#7414)
 フィギュアは付属せず。
内容:
   ブラック・ジャケット    パンツ
   ヘルメット+バイザー
   マシンガン
   リボルバー    ショルダー・ホルスター
   ナイフ    スカバード (※シース)
   地図    ケース
   ウォキートーキー (※無線機)
   ターボ-コプター+プロペラ (スライダーによる回転ギミックあり)
付属コミック:
AT 「ブラック・ウイドーとのランデヴー」  Black Widow Rendevous
 最新の防衛機構を収めた秘密のマイクロフィルムをワシントン D.C. まで極秘裏に届けなければならない。 フィルムは荒れた山岳地帯にある研究所で守られていたが、何らかの妨害工作があるものと噂されていた。 この仕事を任せられるだけのノウハウとスタミナを持つ者として G.I. ジョーが選ばれ、ワシントンから出発せよとの連絡が入る。 本部の倉庫でターボ・コプターと危険に備えての武器を装備した G.I. ジョーは、夜が明けるとアドベンチャー・チーム・コマンダーの操縦するトラブル・シューター・ビークルに乗って出発する。 予想外に危険なエリアで “ ブラック・ウイドー ” と呼ばれる連絡員と合流するために G.I. ジョーはターボ・コプターで飛んだ。 崖の上で何者かが接近してくるのに気付いた G.I. ジョーはそのことを無線でブラック・ウイドーに伝え、近付いてくる人影にマシンガンを撃って彼らを追い払った。 トラブル・シューターのコマンダーは逃げてきた3人のスパイを捕まえ、ブラック・ウイドーと合流できた G.I. ジョーはマイクロフィルムを受け取ってターボ・コプターで山岳地帯を下り、ワシントンへと向かった。
※ブラック・ウイドーと呼ばれる連絡員はスラウチ・ハットを被った探検家のような姿です。






ペリル・オブ・ザ・レイジング・インフェルノ (1975年)/AT (アクション・アウトフィット・アソート)
d0164702_14352188.jpg Peril of the Raging Inferno  (#7416)
 ヒドゥン・ミサイル・リカバリー (1970年) のリデコ。
内容:
   ファイアー・スーツ    ヘッド・ギア+バイザー    ブーツ×左右
   呼吸装置
   消火器    カメラ (腕部に装着可)
   ディテクション・メーター
   交換用ガスケット×2枚











アタック・アット・ヴァルチャー・フォールズ (1975年)/AT (アクション・アウトフィット・アソート)
d0164702_14370802.jpg Attack at Vulture Falls  (#7420)
内容:
   ジャンプ・スーツ    ブーツ×左右
   ライフ・ベスト    カートリッジ・ベルト
   リボルバー    ショルダー・ホルスター
   ロープ・ラダー+グラップリング・フック
   ボックス (2ピース)
   ラフト・バックパック (アタック・パック)
   ラフト (レスキュー・ラフト)    オール (2ピース)
   ハゲワシ
付属コミック:
AT 「ヴァルチャー・フォールの襲撃」
 ワティキの原住民たちにとってヴァルチャー・フォール (ハゲワシ滝) は常に脅威だった。 彼らの原始的なカヌーは急流で姿を消し、見つかるのはその木材だけだった。 アメリカ政府は G.I. ジョーに原住民を助けるよう依頼する。 村に着くと、原住民たちはそれを怒れる神の罰と信じていた。 経験豊富な村人たちにとっても川の航海が難しい理由を訝しむ G.I. ジョーは、装備を担いでホワイト・ウォーター・リバーに向かった。 レスキュー・ラフトを膨らませて川に入り、荒波に急流を流されていくと、見えてきた滝に恐れることなく接近する。 滝の崖にグラップリング・フックで縄梯子をかけて固定しているとハゲワシが飛んできた。 縄梯子に乗り移った時、ラフトは滝壺に呑み込まれた。 梯子を登っている G.I. ジョーにハゲワシが襲いかかり、G.I. ジョーはカン・フー・グリップでハゲワシの鋭い爪のを脚を捕まえる。 崖の上まで登りきると、そこにはハゲワシの巨大な巣があった。 G.I. ジョーは縄梯子でハゲワシを縛り、原住民の村へと帰った。 ハゲワシはカヌーの上の原住民が捕獲した魚を狙っていたのだった。






ジョーズ・オブ・デス (1975年)/AT (アクション・アウトフィット・アソート)
d0164702_14413445.jpg Jaws of Death  (#7421)
内容:
   ウェット・スーツ (2ピース。 AT インシグニアあり)
   酸素マスク    スキューバ・タンク
   スピアー・ガン
   エクスプローラー・ビークル (※アンダーウォーター・エクスプローラー)
   巨大クラム
付属コミック:
AT 「死の顎」
 ワシントンの国際通信士からアドベンチャー・チーム本部に連絡が入った。 国家間の通信が遮断されるという謎の事件が発生したのだ。 諜報部は妨害の原因が港の下にあることまでは掴んだが、数日前、スキン・ダイバーが調査しても手掛かりは何も得られなかった。 ついに G.I. ジョーに役目が回り、スキューバ装備を身に着けてエクスプローラー・ビークルで湾に向かった。 水中に潜って海底を調べた G.I. ジョーは巨大な貝を発見する。 近づいて行った時、潮の流れが変わって巨大貝はその殻を開き、その中で何か金属のようなものが光った。 その後貝は固く殻を閉じるが、接近した G.I. ジョーは、再び開いた殻の間にスピアー・ガンを立ててそれが閉じるのを防ぎ、その中にあったスパイ装置のワイヤーをナイフで切ろうとした。 だが誤ってスピアー・ガンにぶつかってしまい、閉じた殻に足を挟まれてしまう。 激痛で気が遠のきそうになりながらも必死でスビアー・ガンに手を伸ばし、もう一度それを使って殻をこじ開けた。 ようやく脱出した G.I. ジョーはスパイ装置のワイヤーを切断し、それをエクスプローラー・ビークルにくくりつけて海面に浮上する。 装置を持ち帰れば本部が製造元を突き止めてくれるだろう。 息をする間もなく無線機に新たなメッセージが入った。 「G.I. ジョー、G.I. ジョー……スパイ・アイランドの捜査より……問題発生」。 こうして G.I. ジョーはまた新たな冒険に向かった。






スカイダイブ・トゥー・デンジャー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット・アソート)
d0164702_14311256.jpg Skydive to Danger  (#7440)
内容:
   ジャンプスーツ (AT インシグニアあり)    ヘルメット+バイザー+酸素マスク
   バック・パック    パラシュート
   クモ    クモの巣
付属コミック:
AT 「危険へのスカイダイブ」
 熱帯のジャングルで数ヶ月にわたる調査と試験が行われていた。 科学者たちは多様な種の虫に解毒剤を試していたが、その結果あるクモが巨大化した。 このクモは日毎に大きさを増し、科学者たちの心配は的中してクモはある朝カゴを破って抜け出してしまう。 この事故は TV やラジオで報じられた。 巨大グモは市街地に向かいながら途上にある食物や虫などを食い尽くし、ナショナル・ガードが出動して周辺地域を封鎖する。 G.I. ジョーの出番だ。 新型のスカイ・ホークで空から偵察した G.I. ジョーは農業地帯の巨大なクモの巣を発見する。 G.I. ジョーは数千フィートの高度のスカイ・ホークから降下して開傘するが、風で流されてしまいクモの巣の上に着地し、脚がクモの糸にくっついてしまった。 カン・フー・グリップでクモの糸を引きちぎって何とか脱出すると、今度は巨大クモが迫ってくる。 G.I. ジョーはパラシュートを捕獲用のネットとして使うことを思いつき、見事に巨大グモを生け捕りにした。






トラブル・アット・バルチャー・パス (1975年)/AT (ストア限定アクション・アウトフィット・アソート)
d0164702_15115728.jpg Trouble at Vulture Pass  (#7432.16)  シアーズ限定。
 フィギュアは付属せず。
内容:
   ジャンプスーツ    ブーツ×左右
   リボルバー    ショルダー・ホルスター
   ハイ-フリークェンシー・“ トランスミッター ”
   送受信ユニット    スコープ-スクリーン
   ワイヤー・リール
   ビノキュラー
   コンパス   地図    マップ・ケース
   バック・パック・ビークル (※エスケープ・カー)
付属コミック:
AT 「ハゲワシ峠の苦難の冒険」
 G.I. ジョーは本部にある重要なメッセージを送信するために岩山の頂上に向かう。 地図とコンパスで現在地を確かめ、バック・パック・ビークルを組み立てて出発すると、その途上、峠で待ち構える巨大なハゲワシの姿を双眼鏡で確認した。 38口径ピストルを抜く間もなくハゲワジが襲いかかり、G.I. ジョーはカン・フー・グリップでハゲワシの鋭い爪の脚を掴む。 泣きわめくハゲワシも最後には力尽き、G.I. ジョーはワイヤーで脚を縛ったハゲワシを地面に固定した。 頂上に登った G.I. ジョーはメッセージを送信し、その後巨大な巣を発見する。 ハゲワシはこの巣を守りたかっただけなのだ。 G.I. ジョーはハゲワシを空へ逃がして帰路についた。

-------------------------------------------------------------------------------
アクション・アウトフィット・アソート (再販)


ミサイル・リカバリー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_15092023.jpg Missile Recovery
 1972年の同名商品のリパッケージ。















レディエーション・ディティクション (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_15092298.jpg Radiation Detection
 1972年の同名商品のリパッケージ。















ハイ・ボルテージ・エスケープ (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_11035023.jpg High Voltage Escape
 1972年の同名商品のリパッケージ。
















ハリケーン・スポッター (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_11245415.jpg Hurricane Spotter
 1972年の同名商品のリパッケージ。















ボルケーノ・ジャンパー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_19100634.jpg Volcano Jumper
 1972年の同名商品のリパッケージ。
















エアリアル・リーコン (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_11245607.jpg Aerial Recon
 1972年の同名商品のリパッケージ。
















デザート・サバイバル (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_11573015.jpg Desert Survival
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。
















デンジャラス・ミッション (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_12073946.jpgd0164702_12074146.jpg Dangerous Mission
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。
 通常版の他、タイガー・ストライプのシャツ (別商品 「ディフェンダーズ」 から)、OD のパンツ (グリーン・デンジャーから)、スタン・ガン (「ディフェンダーズ」 から) に変更されたバリアントあり。













ファイト・フォー・サバイバル (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_00191464.jpg Fight for Survival
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。 内容は1974年版から変更なし。















シークレット・ランデヴー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_12181551.jpg Secret Rendezvous
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。
















ヒドゥン・トレジャー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_12252270.jpg Hidden Treasure
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。
 フォールディング・ショベルのカラーがグリーンからブラックに変更。















コプター・レスキュー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_12324861.jpg Copter Rescue
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。 内容は1974年版から変更なし。
















シークレット・ミッション (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_13112892.jpg Secret Mission
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。 内容に変更なし。















デンジャラス・クライム (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_13193904.jpg Dangerous Climb
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。 内容に変更なし。















ジャングル・オーディール (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_13463342.jpg Jungle Ordeal
 前年の同名商品のリパッケージ。
 ジャングル・ナイフが別の造形のものに小変更された。














フォト・リーコン (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_23585228.jpg Photo Recon
 前年の同名商品のリパッケージ。 内容に変更なし。















デザート・エクスプローラー (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_13365375.jpg Desert Explorer
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。 内容は1974年版から変更なし。
















アンダーカバー・エージェント (1975年)/AT (アクション・アウトフィット)
d0164702_13524333.jpg Undercover Agent
 1973年・1974年の同名商品のリパッケージ。













-------------------------------------------------------------------------------
アドベンチャー・アソート (カード)


シークレット・クーリエ (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_14535167.jpg Secret Courier  (#7328-1)
内容:
   シャツ    パンツ
   アタッシェ・ケース
   ピストル (ルガー)    サイレンサー    ストック












スラスト・イントゥー・デンジャー (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_14593759.jpg Thrust into Danger  (#7328-2)
 翌年はマグナム・パワーに置き換えられた。
内容:
   カモフラージュ・シャツ    カモフラージュ・パンツ
   無線機    コンパス












ロング・レンジ・リーコン (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_15032029.jpg Long Range Recon  (#7328-3)
内容:
   カモフラージュ・シャツ    パンツ    ブーツ (※ショート・ブーツ)×左右
   リボルバー    ショルダー・ホルスター
   地図    ケース (※マップ・ケース)
   ビノキュラー    無線機    コンパス    キャンティーン










グリーン・デンジャー (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_15084196.jpg Green Danger  (#7328-4)
内容:
   カモフラージュ・ジャケット    パンツ
   ディスポーザル・ボックス (開閉)    マチェーテ
   スネーク











バリード・バウンティー (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_15163820.jpg Buried Bounty  (#7328-5)
内容:
   ジャケット    パンツ
   ディスポーザル・ボックス (開閉)
   ディテクター    イントレンチング・ツール (2ピース)    
   地図











ダイバーズ・ディストレス (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_15211501.jpg Divers Distress  (#7328-6)
 通常は酸素タンクが白だがシルバーのバリアントもあり。
 スピアー・ガン先端のセーフティー・チップのは
内容:
   スイム・トランクス
   酸素タンク    フェース・マスク    スイム・フィン×左右
   スピアー・ガン
   ナイフ    スカバード
   スクイッド (イカ)








-------------------------------------------------------------------------------
アドベンチャー・アソート (ボックス)


デンジャー・レイ・ディティクション (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_14335472.jpg Danger Ray Detection  (#7338-1)
内容:
   ユニフォーム (2ピース)
   マグネティック・レイ・ディテクター本体+ケーブル+ヘッドセット+スキャナー
   ソーラー・コミュニケーター本体+ケーブル+アンテナ
付属コミック:
AT 「危険な光線の探査の冒険」
 国家間の人工衛星通信が戦争の危機を伝えてきた。 地上コントロール・センターが衛星の機能を確認したところ、衛星が故障したとの最新報告が入る。 衛星は砂漠の隔絶地に墜落した。 地上コントロール・センターは衛星が謎の実験的な光線に襲われたことを確信する。 これを食い止めるために G.I. ジョーに任務が下り、装備と共に砂漠に出発する。 深夜、電磁線探知機に反応があり G.I. ジョーは発信源を特定する。 日が昇ってソーラー・コミュニケーターを組み立てた G.I. ジョーは本部に連絡し、スパイ施設に従事していた男たちを捕えた。 こうして世界の平和の危機は去った。






ナイト・サーベイランス (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_14462157.jpg Night Surveillance  (#7338-2)
内容:
   フーデッド・ユニフォーム (2ピース)
   サブマシンガン    クリップ (※マガジン)
   地図    ケース
   ソナー・ディテクター (赤外線スキャナー)+ヘッドセット
付属コミック:
AT 「夜間監視の冒険」
 冬の極地の冷夏の気温の中、アラスカのパイプラインでは完成までの最後の部分に取りかかっていた。 だが海からの突風で建設現場は危険な状況にあり、完成しなければアメリカへの石油供給に支障が出てしまう。 その上、諜報部は海上から様子を伺っている正体不明の潜水艦の存在をとらえていた。 妨害工作にそなえてG.I. ジョーが出動する。 極地の闇の中で赤外線スキャナーを作動させていると、正体不明の3人の男を発見した。 男たちは誰何に応じなかったが、G.I. ジョーが空に向けてサブマシンガンを放つと妨害工作員たちは爆発物を下ろして降服した。 パイプラインは最後の工事を終えて完成し、アメリカはその冬の石油供給を確保することができた。






ショッキング・エスケープ (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_14385662.jpg Shocking Escape  (#7338-3)
内容:
   ジャンプスーツ    ベルト    グローブ×左右
   チェスト・パック・クライマー+紐
   エスケープ・スライド+ロープ+フック+プーリー
   ハイ・ボルテージ・サイン (デンジャー 10,000 ボルトの表示あり)
付属コミック:
AT 「衝撃の脱出の冒険」
 アメリカ全土が大規模な停電に見舞われた。 グレート・フォールズ水力ダムはフル稼働していたが発電装置は電力を発生することができなかった。 専門家もさじを投げ、G.I. ジョーの出番となった。 現場に到着した G.I. ジョーは装備を準備し、チェスト・パックを使ってダムの上から懸垂下降する。 水面には何かの渦が巻いており、G.I. ジョーがエスケープ・スライドを設置して近付くと、水中にいるのは何百という電気ウナギで、しかもダムのタービンからウナギたちに向かって異常な放電があり、それを帯びたウナギたちが強力な電力を発生するという奇怪な現象が起こっていた。 いずれタービンが壊れる前にメイン・スイッチを切らなければならない。 ロープを登り返した G.I. ジョーは、再びエスケープ・スライドで水面の電気ウナギの上を紙一重で越えてタービンのところへ着地し、スイッチを切った。 電気ウナギは死に絶え、G.I. ジョーのおかげで電力は復旧した。






レイジング・リバー・ダム・アップ (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_14390466.jpg Raging River Dam Up  (#7339-1)
内容:
   ジャンプスーツ    ヘルメット
   フロー・ディテクター
   チェーンソー    ショベル    アックス
   ビノキュラー    フラッシュライト    キャンティーン
   キャンプファイアー
付属コミック:
AT 「堰き止められた激流の冒険」
 政府の武器庫から原子爆弾が盗まれた。 その頃、地震が発生して激流が干上がってしまった。 G.I. ジョーがアドベンチヤー・チーム・ヘリコプターに乗って現地を調査すると、不自然な地滑りで崩れた岩や流木によって激流が堰き止められてしまっていた。 これが決壊すれば一帯の植生や野生生物は壊滅するだろう。 G.I. ジョーは川の側に地震計を設置する。 針が動き、G.I. ジョーは何者かが地底で強力な爆発を起こしていることを確信する。 一帯を調べてみると、洞窟の中に蓄えられた食料とベッド、そして盗まれた原子爆弾を発見した。 無慈悲なハンターたちは野生生物たちを殺すために原子爆弾を使用していたのだ。 茂みの中に身を潜めて G.I. ジョーが待っていると、夜になって現れたハンターたちが洞窟の中へと入っていった。 G.I. ジョーはすかさずチェーンソーで大木を切り倒し、それで洞窟の入り口を塞いでハンターたちを閉じ込めた。 爆弾は回収され、その後の G.I. ジョーの働きで周囲の環境は元に戻った。






ジェッティソン・トゥー・セーフティー (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_15214736.jpg Jettison to Safety  (#7339-2)
内容:
   フライト・スーツ (2ピース)
   モービル・ロケット・パック
   赤外線地形スキャナー
付属コミック:
AT 「投荷の保全の冒険」
 アドベンチャー・チーム本部に通信が入る。 多数の船が火山島に追いかけられ、貨物船が略奪を受けた。 しかし船乗りたちは犯行の間に睡魔に襲われて誰も犯人を見ていなかった。 調査に乗り出した G.I. ジョーはアドベンチャー・チーム・ヘリコプターで火山島を見つけた後、ロケット・パックと地形スキャナーを装備してシー・ウルフ潜水艇で出動する。 ロケット・パックで島に上陸した G.I. ジョーは、地形スキャナーを使って木々や岩に擬装した潜望鏡や奪われた貨物を発見する。 G.I. ジョーは潜望鏡に見つかってしまうが、その時、島の小火山が噴火し、溶岩が流れ出して睡眠誘導性のガスが噴出する。 息を止めた G.I. ジョーはロケット・パックで潜水艇に戻り、本部に空中支援を要請した。 上空に航空機が到着すると、空襲の脅威を前にして謎の島の海賊たちは降服した。 こうして G.I. ジョーにより航海の安全は守られた。






マイン・シャフト・ブレイクアウト (1975年)/AT (アドベンチャー)
d0164702_15202015.jpg Mine Shaft Breakout  (#7339-3)
内容:
   ユニフォーム (2ピース)
   フェース・マスク+ストラップ
   ソニック・ロック・ブラスター+ホース+チェスト・パック
   チェスト・ウインチ+ロープ    ネット
付属コミック:
AT 「坑道崩落の冒険」
 政府は金の保有が再び合法となったことを発表した。 アマチュアの金鉱堀りの連中が金を探しに廃坑に殺到する。 しかしそこにあるのは金ではなかった。 過剰な熱狂は崩落の引き金となった。 経験豊富なアドベンチャー・チーム・メンバーが送り込まれたが、彼からの連絡は途絶えてしまった。 通信を続行しつつ、消えたアドベンチャー・チーム・メンバーの捜索に G.I. ジョーが出動する。 チェスト・ウインチを使って坑道にソニック・ロック・ブラスターを降ろし、トンネルの中へ梯子を下っていくと、足元には消えたアドベンチャー・チーム・メンバーの無線機が転がっていた。 数分後、彼は瓦礫の中で気を失っている仲間を発見する。 カン・フー・グリップで瓦礫を取り払っていると、別の地滑りの振動が伝わってきて坑道は埋め尽くされようとしていた。 G.I. ジョーはソニック・ロック・ブラスターを発射してトンネルが埋まるのを防ぎ、行動の外に出てチェスト・ウインチで気絶した仲間を引き上げた。 間一髪で脱出すると坑道は完全に崩壊した。

-------------------------------------------------------------------------------
アクション・パック (再販)


レスキュー・ラフト (1975年)/AT (アクション・パック)
d0164702_23022854.jpg Rescue Raft
 1971年の同名商品のリパッケージ。
 ラフトの表記が 「G.I.JOE」 に変更された。













ウインドボート (1975年)/AT (アクション・パック)
d0164702_23131301.jpg Windboat
 1972年の同名商品のリパッケージ。
 おそらく内容には変更なし。













アンダーウォーター・エクスプローラー (1975年)/AT (アクション・パック)
d0164702_23181538.jpg Underwater Explorer
 1972年の同名商品のリパッケージ。
 おそらく内容には変更なし。











-------------------------------------------------------------------------------
イクイプメント・センター (再販)


アンダーウォーター・デモリッション (1975年)/AT (イクイプメント・センター)
d0164702_13332056.jpg underwater Demolition
 1972年の同名商品のリパッケージ。















レーザー・レスキュー (1975年)/AT (イクイプメント・センター)
d0164702_10395317.jpg Laser Rescue
 1972年の同名商品のリパッケージ。














ソニック・ロック・ブラスター (1975年)/AT (イクイプメント・センター)
d0164702_10193184.jpg Sonic Rock Blaster
 1972年の同名商品のリパッケージ。















チェスト・ウィンチ (1975年)/AT (イクイプメント・センター)
d0164702_10252728.jpg Chest Winch
 1972年の同名商品のリパッケージ。














ソーラー・コミュニケーター (1975年)/AT (イクイプメント・センター)
d0164702_10301343.jpg Solar Communicator
 1972年の同名商品のリパッケージ。









ロケット・パック (1975年)/AT (イクイプメント・センター)
d0164702_10371804.jpg Rocket Pack
 1972年の同名商品のリパッケージ。













-------------------------------------------------------------------------------
ビークル詳細


オリジナル・フットロッカー (1975年)/AT
 Original Footlocker  (#8000)
 ミリタリー時代から継続して発売されていたフットロッカーのリパッケージ。
d0164702_16430338.jpg




ヘリコプター (1975年)/AT (ビークル)
 Helicopter  (#7380)
 1974年の同名商品の再販。
d0164702_15304717.jpg





ファンタスティック・シー・ウルフ (1975年)/AT (ビークル)
 Fantastic Sea Wolf  (#7460)
 フィギュアは付属せず。
d0164702_15282665.jpg
d0164702_15282530.jpg
内容:
   サブマリン (※シー・ウルフ。 AT インシグニア、シー・ウルフの表記あり)
      ベリスコープ (上下に伸縮)
      カンニング・タワー+キャノピー
      カメラ    ピンチャー・アーム (フロント・グリッピング・トング)
      リア・スタビライザー (ラダー)
      フェース・マスク (ブリージング・マスク)    エクストラ・ホース    
   リモート・コントロール・ポンプ+ライン (※ホース)
   アンダー・ウォーター・ビュワー (フローティング)
   イカ
付属コミック:
AT 「素晴らしきシー・ウルフの冒険」
 リゾート地域のビーチが閉鎖された。 海岸線のどこかに危険が潜んでいるのだ。 数日前、地元の漁師が網を引き上げたところ引き裂かれており、調査のために2名のスキン・ダイビング・チームがヘリから投下されたが連絡が途絶え、彼らの装備だけが浜辺に打ち上げられたのだ。海難の専門家たちは、水域の水温が異常に変化しており、水中の生態系の食物連鎖が崩れていることを知る。 G.I. ジョーにその探索が任されるが、これは潜水艇シー・ウルフの処女航海には絶好の機会だった。 海底をサーチライトで照らしてサブ-カメラで撮影していると、怪物的な巨大イカが現れた。 巨大イカはシー・ウルフの潜望鏡と偵察タワー (※キャノピー) に貼りつき、ラダーにも腕部を絡ませてきたために舵が切れなくなってしまう。 G.I. ジョーは潜水艇の外に出るが、艇内の酸素タンクからのホースの長さが足りず、G.I. ジョーは酸素タンクなしでイカに捕まってしまう。 息が限界寸前の中で絡みついてくるイカの腕をカン・フー・グリップで引きはがし、シー・ウルフに戻った G.I. ジョーはイカに体当たりをしてピンチャー・アームで捕獲した。 謎は解決し、G.I. ジョーと素晴らしいシー・ウルフのおかげでピーチには再び安全が戻った。






スカイ・ホーク (1975年)/AT (ビークル)
 Sky Hawk  (#7470)
 G.I. ジョー・フィギュアを乗せて実際に空に飛ばせるカイト。 ゲイラ社のゲイラ・カイトの流行に乗った商品。
 フィギュアは付属せず。
d0164702_14300201.jpg
内容:
    セール (AT インシグニア、G.I. ジョー、スカイ・ホークの表記あり)
    メイン・フレーム (AT インシグニア、スカイ・ホークの表記あり)
付属コミック:
AT 「スカイ・ホークの冒険」
 G.I. ジョーの空の冒険家が新型ビークルのスカイ・ホークの初のテスト飛行を行っていた。 その頃本部に緊急 S.O.S. が入り、画面にはトラブル・シューターの前で倒れ込んだ一人の仲間を囲む G.I. ジョーたちが映る。 彼は怒った原住民の毒矢で射られ、助かるには大至急特製の解毒剤が必要だったが、周囲は野蛮な原住民に取り囲まれているのだ。 スカイ・ホークの G.I. ジョーがその任務を引き受ける。 本部からジープで届けられた解毒剤を受け取り、分解したスカイ・ホークを背負って茂ったジャングルを進み、崖の上に出た G.I. ジョーはスカイ・ホークを組み立てて離陸する。 付近の適地を見つけて着陸すると、原住民を避けて北に向かうとの手紙が立木に残されていた。 スカイ・ホークに戻ると原住民が辺り一帯に火を放っており、G.I. ジョーは間一髪で風をとらえて離陸できた。 北方に飛んでいくと空から仲間たちの姿が見え、G.I. ジョーはパラシュートで解毒剤を投下して仲間の命を救うことができた。






トラップド・イン・ザ・コイルズ・オブ・ドゥーム (1975年)/AT (ストア限定ビークル)
 Trapped in the Coils of Doom  (#5930)  シアーズ限定。
 フィギュアは付属せず。
d0164702_15335598.jpg

内容:
   ジャングル・ジャケット (AT インシグニアあり)    タン・パンツ
   サバイバル・ベルト    ブラウン・ブーツ×左右
   キャプチャー・スネア
   モービル・テレーン・ビークル (AT インシグニアあり)
      トラックド・ウィール (※キャタピラ)
      ウインド・シールド    ヘッド・ランプ
   スワンプ・ボート
      アウトリガー×左右    ポントゥーン×左右
      船外機 (ギミックなし)
   スネーク (※アナコンダ)
付属コミック:
AT 「破滅のとぐろに捕まって」
 アドベンチャー・チームの新メンバーたちが本部の中を見学していると緊急連絡が履いた。 ジャングルの原住民がアナコンダに襲われて意識不明となったのだ。 本部と原住民を危険なヘビの脅威から守るために対策を講じた G.I. ジョーは、爬虫類の専門家であるフォーブス博士を呼び寄せた。 彼によるとボア科のヘビであるアナコンダは半ば水棲でもあり、陸のみならず水k中も追跡しなければならない。 G.I. ジョーはスワンプ・ボートを牽引したモービル・テレーン・ビークルで博士と共に出発する。 数マイルほど進んで本部と連絡をとろうとした時、ビークルはその朝点検したばかりだったにも関わら無線が故障し、早急に修理して復旧させた。 スワンプ・ボートを水中に降ろし、付近を陸上から捜索するというフォーブス博士を残して G.I. ジョーがボートに乗り込むと、エンジンをかけてもボートが進まない。 調べてみるとプロペラが壊れていた。 陸に戻った G.I. ジョーはある疑問を抱いて本部に連絡する。 「フォーブス博士について調べてみてくれ」。 プロペラを修理していると答えがかえってきた。 「動物学センターにはフォーブス博士という人物はいない……彼は偽者だ、気をつけろ」。 ボートを直した G.I. ジョーが水上を進んでいくと、アナコンダが現れた。 巻きつこうとするアナコンダを全力で振り払い、キャプチャー・スネアの輪で首をとらえて陸に戻ると、フォーブス博士がビークルを奪って姿を消していた。 無線機を失った G.I. ジョーがアナコンダを連れて本部までの長い距離を徒歩で帰ると、仲間の G.I. ジョーたちがフォーブス博士を確保してくれていた。

-------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by joefig | 2016-06-17 00:03 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/21253295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。