ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/1970年のアドベンチャー・チーム

 1970年のアドベンチャー・チームの記事です。

 下の画像はアドベンチャー・セットのボックス裏のイラスト。 アーティストはドン・スタイヴァース。
d0164702_18123714.jpg




--------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「G.I. ジョー・アドベンチャー・チーム」 の項へ

--------------------------------------------------------------------------------
1970年ラインナップ一覧


   フィギュア
         トーキング・アドベンチャー・チーム・コマンダー
         ランド・アドベンチュラー
         シー・アドベンチュラー
         エアー・アドベンチュラー
         アドベンチュラー (ブラック)
         トーキング・アストロノート
         マン・オブ・アクション
         トーキング・マン・オブ・アクション
   アドベンチャー・シリーズ
         シークレット・ミッション・トゥー・スパイ・アイランド (ランド・アドベンチュラー)
         デンジャー・オブ・ザ・デプス (シー・アドベンチュラー)
         ヒドゥン・ミサイル・ディスカバリー (アストロノート)
   デラックス・アドベンチャー・シリーズ
         エイト・ロープス・オブ・デンジャー (シー・アドベンチュラー)
         ファンタスティック・フリーフォール (エアー・アドベンチュラー)
         フライング・スペース・アドベンチャー (アストロノート)
   スーパー・アドベンチャー・シリーズ
         ファイト・フォー・サバイバル (ランド・アドベンチュラー)
         ホワイト・タイガー・ハント (ランド・アドベンチュラー)
         キャプチャー・オブ・ザ・ピグミー・ゴリラ (ランド・アドベンチュラー)
   スーパー・デラックス・アドベンチャー・シリーズ
         ザ・シークレット・オブ・ザ・マミーズ・トゥーム (ランド・アドベンチュラー)
         ザ・シャークス・サプライズ (シー・アドベンチュラー)
         スペースウォーク・ミステリー (アストロノート)
   スペシャリティー・アイテム
         オフィシャル・アドベンチャー・チーム・ビークル (ランド・アドベンチュラー)
   キャンセル (?)
         スペーサ-マティック (アストロノート)

--------------------------------------------------------------------------------
1970年のアドベンチャー・チーム概要


 1970年、ジ・アドベンチャーズ・オブ G.I. ジョー (AoJ) はアドベンチャー・チームに移行しました。

 フィギュアの特徴としては、G.I. ジョーのイギリス版である 「アクション・マン」 を発売していたパリトーイ社が導入していた植毛技術の許可を得て 「ライフ-ライク・ヘアー」 として採用されました。
 この植毛の頭髪と共に、初めて髭のある G.I. ジョーも登場しています。
 黒人のヘッドは白人のヘッドのリペイントではなく新規造型のものが使われるようになりました。


 また、アドベンチャー・チームのインシグニアが設定され、ミリタリー調のドッグ・タグを排して AT ドッグ・タグが付属するようになりました。
 当時の反戦ムードを受けて路線をミリタリーから冒険にシフトしただけあってか、AT のインシグニアはピースマーク (英語ではピース・シンボルと呼ばれます) を意識したデザインとなっています。

 下は比較画像。
 左はピース・シンボル。 右は AT インシグニア。
 ピース・シンボルは60年代のヒッピー文化やベトナム反戦運動を通じて平和や反戦の象徴として広く知られるようになりました。
 デザインは手旗信号における N と D のポジションを図案化したもので、Nuclear Disarmament (核軍縮) の頭文字なのだそうです。
d0164702_23233038.jpg


 初年度のセット商品の大半はジ・アドベンチャーズ・オブ G.I. ジョーのアイテムのリパッケージといった内容で、実はシリーズ名もジ・アドベンチャーズ・オブ G.I. ジョーのままなのですが、前年度とは異なり AT インシグニアが採用されているので (ただし宇宙ものはロケット・インシグニアのまま)、分類上はアドベンチャー・チームとしてとらえておきます。 

--------------------------------------------------------------------------------
1970年フィギュア詳細


トーキング・アドベンチャー・チーム・コマンダー (1970年)/AT (フィギュア)
d0164702_19164137.jpg Talking Adventure Team Commander  (#7400)
 アドベンチャー・チームの司令官。
 当時の AT ニュース・レターによると本名はマイク・トライアンフ。
 アクション・ソルジャーに相当する衣装。
素体:
   ヘッドは新規造型。 ライフ-ライク・ヘアーの栗毛+青い眼+髭。 右頬に傷跡あり。
    (上記の標準型のほか、ブロンドもあり)
   ボディーはトーキング素体。
   AT ドッグ・タグを引くことで8フレーズのトーキング・ギミック作動。
      " I' ve got a tough assignment for you. "
      " This is going to be rough - Can you handle it ? "
      " We must get there before dark - Follow me. "
      " The Adventure Team has the situation controlled. "
      " Set up Team Headquarters here. "
      " Contact Adventure Team Headquarters right away. "
      " The Adventure Team is needed in Africa. "
      " Mission accomplished - Good work men ! "
付属品:
   AT ドッグ・タグ
   ユニフォーム×上下 (オリーブ・ドラブ。 左胸用に AT インシグニアのシールあり)    
   ブーツ×左右
   (ユニフォームは余剰在庫のグリーン・ベレーやソルジャー・オブ・ザ・ワールドのものもあり)
   ピストル (※レベル・リボルバー)    ショルダー・ホルスター    
※ピストルの造形はレベル・リボルバーよりロシア軍が使っていたベルギー製のナガン M1895 に似ている気がしますが、AT の設定ではレベル・リボルバーとなっているようです。






ランド・アドベンチュラー (1970年)/AT (フィギュア)
d0164702_19340117.jpg Land Adventurer  (#7401)
 陸の冒険家。
 アクション・マリーンに相当する衣装。
素体:
   ヘッドはトーキング・アドベンチャー・チーム・コマンダーから。
   ライフ-ライク・ヘアーの栗毛+青い眼+髭。
付属品:
   AT ドッグ・タグ
   ユニフォーム×上下 (ダック・ハンター・カモ。 左胸用に AT インシグニアのシールあり)
   ブーツ×左右
   ピストル (※レベル・リボルバー)    ショルダー・ホルスター    









シー・アドベンチュラー (1970年)/AT (フィギュア)
d0164702_19340597.jpg Sea Adventurer  (#7402)
 海の冒険家。
 アクション・セーラーに相当する衣装。
素体:
   ヘッドはトーキング・アドベンチャー・チーム・コマンダーから。
   ライフ-ライク・ヘアーの赤毛+茶色の眼+髭。
付属品:
   AT ドッグ・タグ
   ユニフォーム×上下 (ダンガリーズ。 左胸用に AT インシグニアのシールあり)
   ブーツ×左右
   ピストル (※レベル・リボルバー)    ショルダー・ホルスター    










エアー・アドベンチュラー (1970年)/AT (フィギュア)
d0164702_19313012.jpg Air Adventurer  (#7403)
 空の冒険家。
 アクション・パイロットに相当する衣装。
素体:
   ヘッドはトーキング・アドベンチャー・チーム・コマンダーから。
   ライフ-ライク・ヘアーのブロンド+茶色の眼+髭。
付属品:
   AT ドッグ・タグ
   ユニフォーム (オレンジのジャンプスーツ。 左胸用に AT インシグニアのシールあり)
   ブーツ×左右
   ピストル (※レベル・リボルバー)    ショルダー・ホルスター    









アドベンチュラー (1970年)/AT (フィギュア)
d0164702_19313171.jpg Adventurer  (#7404)
 黒人の冒険家。 このキャラクターに対し、1975年からはブラック・アドベンチュラーという商品名が使われている。
素体:
   ヘッドは新規造型。 左頬に傷跡あり。
   ライフ-ライク・ヘアーの黒髪+茶色の眼。
付属品:
   AT ドッグ・タグ
   ユニフォーム (カーキ。 左胸用に AT インシグニアのシールあり)   
   ブーツ×左右
   ピストル (※レベル・リボルバー)    ショルダー・ホルスター









トーキング・アストロノート (1970年)/アストロノート (フィギュア)
d0164702_19293701.jpg Talking Astronaut  (#7405)
 宇宙飛行士。
 AoJ の同名商品のリデコ。
素体:
   ヘッドは新規造型。 右頬に傷跡あり。
   ライフ-ライク・ヘアーのブロンドが標準の他、栗毛もあり。
   ボディーは AoJ のトーキング・アストロノート (1969年) から。
   ドッグ・タグを引くことで7フレーズのトーキング・ギミック作動。
   フレーズは AoJ 版と同じ。
付属品:
   ドッグ・タグ
   ユニフォーム (ジャンプスーツ。 左胸用にロケット・インシグニアのシールあり)
   ブーツ×左右






マン・オブ・アクション (1970年)/アクション・ソルジャー (フィギュア)
d0164702_19275776.jpg Man of Action  (#7500)
 ミリタリー系の在庫処分用として、ミリタリー色を抑えつつアクション・ソルジャーの路線を継続したもの。
 man of action は一般的には 「活動家」、「行動の人」 の意だが、ここでの action は明らかに 「軍事活動」、「戦闘」 の意でアクション・ソルジャーと同義であり、パリトーイが1966年から発売していたイギリス版 G.I. ジョーである 「アクション・マン」 の変形。
素体:
   ヘッドは AT のトーキング・アストロノート (1970年) から。
   ライフ-ライク・ヘアーの栗毛+茶色の眼が標準の他、ブロンドもあり。
付属品:
   ドッグ・タグ
   ユニフォーム×上下 (オリーブ・ドラブ。 左胸用にAT インシグニアのシールあり)
   キャップ    ブーツ×左右






トーキング・マン・オブ・アクション (1970年)/アクション・ソルジャー (フィギュア)
d0164702_19254371.jpg Talking Man of Action  (#7590)
 パッケージ内の説明には 「トーキング・アクション・ソルジャー」 の記載あり。
素体:
   ヘッドは AT のトーキング・アストロノート (1970年) から。
   ライフ-ライク・ヘアーの栗毛+茶色の眼が標準の他、ブロンドもあり。
   ボディーはトーキング・アクション・ソルジャー (1967年) から。
   ドッグ・タグを引くことで8フレーズのトーキング・ギミック作動。
   フレーズはトーキング・アクション・ソルジャーと同じ。   
付属品:
   ドッグ・タグ
   ユニフォーム×上下 (オリーブ・ドラブ。 左胸用に AT インシグニアのシールあり)
   キャップ    ブーツ×左右




--------------------------------------------------------------------------------
アドベンチャー・シリーズ


シークレット・ミッション・トゥー・スパイ・アイランド (ランド・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (アドベンチャー)
d0164702_18173022.jpg Secret Mission to Spy Island  (#7411)
 フィギュアは付属せず。
 AoJ の同名商品 (1969年) のリデコ。 衣装はダック・ハンター・カモから黒に変更されている。
内容:
   セーター (左胸にAT インシグニアあり)    パンツ
   キャップ    ブーツ×左右
   カメラ    ビノキュラー    シグナル・ライト    フレアガン
   無線機    イヤホン (※ヘッドホン)
   TNT   ワイヤー・リール    デトネーター (起爆装置)
   45 口径サブマシンガン (※M3 サブマシンガン “ グリース・ガン ”)
   ラフト    オール
付属コミック:
AoJ ③ 「スパイ・アイランドへの秘密任務」
※AoJ のコミックの内容は AoJ の記事を参照。
※1975年にピーター・パン社が発売していたブック&レコードでは、アメリカ軍のバンドウェル将軍、ミサイルの専門家ヴェイン博士、AT の協力者である貨物船の船長スキッパー、南大西洋上の島を拠点とする謎のスパイ組織などが登場。






デンジャー・オブ・ザ・デプス (シー・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (アドベンチャー)
d0164702_18224054.jpg Danger of the Depths  (#7412)  フィギュアは付属せず。
 AoJ の同名商品 (1969年) のリデコ。
付属品:
   3ピース・スキューバー・スーツ (左胸にAT インシグニアあり)
   スイム・フィン×左右
   フェイス・マスク    酸素タンク (※エアー・タンク)
   スピアー・ガン    シャーク・ナイフ    スカバード (※シース)
   マーカー・ブイ+ロープ
   スキューバ・スレッド    水中モーター (電動)
   サメ
付属コミック:
AoJ ① 「深海の危機」







ヒドゥン・ミサイル・ディスカバリー (アストロノート) (1970年)/AoJ (アドベンチャー)
d0164702_18251221.jpg Hidden Missile Discovery  (#7415) 
 フィギュアは付属せず。
 AoJ の同名商品 (1969年) のリデコ。
内容:
   スペース・スーツ (左胸にロケット・インシグニア、左袖に星条旗あり)
   スペース・ブーツ×左右
   ヘルメット (バイザー可動)    
   酸素チェスト・パック
   カメラ    プロペラント・ガン
   ミサイル・ディテクター (電池によるサウンド・ギミックあり)
   ランド・マイン×2
付属コミック:
AoJ ⑧ 「隠されたミサイルの探査」



--------------------------------------------------------------------------------
デラックス・アドベンチャー・シリーズ


エイト・ロープス・オブ・デンジャー (シー・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (DX アドベンチャー)
d0164702_18304988.jpg Eight Ropes of Danger  (#7422)
 フィギュアは付属せず。
 AoJ の同名商品 (1969年) のリデコ。
内容:
   ダイビング・スーツ (左胸に AT インシグニアあり) 
   ダイビング・ヘルメット
   ウェイテッド・ベルト    ウェイテッド・ブーツ
   酸素ポンプ+ホース+コンパス    地図
   財宝箱    財宝のコイン×4枚
   オクトパス
付属コミック:
AoJ ⑥ 「危険な8本のロープ」







ファンタスティック・フリーフォール (エアー・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (DX アドベンチャー)
d0164702_18221801.jpg Fantastic Freefall (#7423)
 フィギュアは付属せず。
 AoJ の同名商品 (1969年) のリパッケージ。
内容:
   フライト・スーツ    ブーツ×左右
   フライト・ヘルメット (G.I. ジョーの表記あり)+酸素マスク+ホース
   メイ・ウエスト・ベスト (左側に AT インシグニアあり)
   L型フラッシュライト    シグナル・ライト
   パラシュート・パック+ハーネス    パラシュート (実際に使用可)
付属コミック:
AoJ ⑤ 「異常な自由落下」







フライング・スペース・アドベンチャー (アストロノート) (1970年)/AoJ (DX アドベンチャー)
d0164702_18222081.jpg Flying Space Adventure (#7425)
 フィギュアは付属せず。
付属品:
    スペース・スーツ (左胸にロケット・インシグニアあり)
    スペース・ヘルメット    スペース・ブーツ×左右
    ロケット・パック    コントロール・ハンドル
    スペース・チェア (プーリー)
    ピック-アップ・アーム (※サルベージ・アーム)
    カメラ (※X線宇宙カメラ)
付属コミック:
ニュー G.I. ジョー・アストロノート 「フライング・スペース・アドベンチャー」
 G.I. ジョーはまだごく少数の人間しか行ったことのない外宇宙で最高機密任務についていた。 それはカプセルを操縦して新型のX線宇宙カメラをテストすることだった。 そこにアメリカの気象基地から連絡が入り、流星群が迫っていることが告げられる。 しかし時すでに遅く、流星の一つがカプセルに激突してしまった。 機体は損傷し、中でも最大のダメージはキャビンの床に大穴が開いてしまったことだった。 装備が外部に流れ出し、X線宇宙カメラも流出してしまう。 G.I. ジョーはロケット・バックパックを装着して船外に出てカメラを捜索する。 地上のミッション・コントロールもカメラを修理して支援を申し出るが、この状況で彼らに何ができるはずもなく、G.I. ジョーは自力でカメラを回収するしかない。 別の流星が接近してくる中、G.I. ジョーはサルベージ・アームを使ってなんとかカメラを回収できた。

--------------------------------------------------------------------------------
スーパー・アドベンチャー・シリーズ


ファイト・フォー・サバイバル (ランド・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (スーパー・アドベンチャー)
 Fight for Survival  (#7431)
 AoJ の同名商品 (1969年) のリデコ。
d0164702_19280888.jpg

内容:
   アークティック・ジャケット (胸に星条旗あり)
   アークティック・パンツ    サーマル・ブーツ×左右
   スノー・シュー×左右    アイス・アックス+ロープ
   ドッグ・スレッド (犬橇) +ロープ    ハスキー犬×2頭    ハーネス
   ポーラー・チェスト (アークティック・エクスペディションの表記あり)×2箱
付属コミック:
AoJ ⑩ 「サバイバルの戦い」






ホワイト・タイガー・ハント (ランド・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (スーパー・アドベンチャー)
 White Tiger Hunt  (#7436)
d0164702_18381921.jpg

内容:
   ハンターズ・ジャケット (AT インシグニアあり)
   ハンターズ・パンツ    ハット (※スラウチ・ハット)
   ライフル (※レミントン M700 またはウィンチェスター M70)
   キャンプファイアー (初期はラバー製。 1973年以降は造形が異なるブロー成型)
   テント (布製の本体+各種ポール)
   タイガー・ケージ (本体+扉。 本体にホワイト・タイガー・ハントの表記あり)
   チェーン (檻のロック用)
   ホワイト・タイガー
付属コミック:
AT 「ホワイト・タイガー狩り」
 熱帯の川の近くの村ではホワイト・タイガーが村の住民を恐怖に陥らせていた。 家畜が殺されたがハンターは誰も成功しなかった。 アドベンチャー・チームのリーダーから G.I. ジョーにホワイト・タイガーを生け捕りにせよとの任務が下される。 筏に乗った G.I. ジョーは岸に上がって藪をわけ進み、ゾウをやり過ごすと、何かに怯えたシカたちが逃げてきた。 その方向には殺されたばかりのシカの死体があり、ホワイト・タイガーの仕業に違いなかった。 奴は肉を食べに戻ってくるはずだ。 G.I. ジョーは罠を仕掛けることにする。 筏を解体して檻を作り、夜になって焚火のそばでテントに入ってじっと待っていると、茂みの中からホワイト・タイガーが現れた。 まずいことにライフルはトラの近くにあった。 シカの肉を探していたトラは G.I. ジョーに気付いて忍び寄ってくる。 G.I. ジョーは焚火の木を手にしてトラを檻の方へと追いやり、ロープを引いて扉を閉めた。
※ターバンを巻いた村人の衣装やゾウやトラがいることから、舞台はインド方面と思われます。






キャプチャー・オブ・ザ・ピグミー・ゴリラ (ランド・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (スーパー・アドベンチャー)
 Capture of the Pigmy Gorilla  (#7437)
d0164702_18382140.jpg

内容:
   カモフラージュ・シャツ (ダック・ハンター・カモ。 AT インシグニアあり)
   カモフラージュ・パンツ (ダック・ハンター・カモ)
   ライフル (※レミントン M700 またはウィンチェスター M70)
   ガン・カメラ    ネット
   サプライ・チェスト (※装備品の箱。 ジャングル・エクスペディションの表記あり)
   ポントゥーン・ボート (本体、ブラケット×左右、ポントゥーン×左右)
   船外機 (電池でスクリューが駆動)
   ピグミー・ゴリラ
付属コミック:
AT 「ピグミー・ゴリラの捕獲」
 希少なピグミー・ゴリラを探して、G.I. ジョーはアドベンチャー・チーム・モーター・ボートでアフリカの川を進んでいた。 ジャングルには毒蛇、友好的なチンパンジー、人食いワニなどが潜んでいた。 G.I. ジョーは急いでワニから離れ、ボートを係留して夜を過ごし、翌日の冒険に備える。 翌日の早朝、装備を揃えてジャングルに入ると、現地人の仕掛けた罠に足が挟まってしまった。 G.I. ジョーは気付かなかったが、ピグミー・ゴリラがその様子を伺っていた。 ピグミー・ゴリラが襲い掛かり、 G.I. ジョーは装備のネットを投げつけてなんとか追い払うことができた。 だがいずれゴリラは戻ってくるに違いない。 G.I. ジョーはドライバーを使って石を削り、それを使って罠から抜け出すことに成功する。 落とし穴を掘ってその上を木の葉でカモフラージュしていると再びゴリラが姿を現した。 G.I. ジョーは外した罠がまだ足にかかっているように装って接近を待ち、落とし穴に落ちたピグミー・ゴリラを見事捕獲した。

--------------------------------------------------------------------------------
スーパー・デラックス・アドベンチャー・シリーズ


シークレット・オブ・ザ・マミーズ・トゥーム (ランド・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (スーパー DX)
 Secret of the Mummy's Tomb  (#7441)
 G.I. ジョー・ランド・アドベンチュラーが付属。
 アドベンチャー・チーム・ビークルのモデルはモビリティー・アンリミテッド社が1960年代から発売していたアンフィキャット。
d0164702_14281478.jpg

素体:
   ライフ-ライク・ヘアー+髭。
内容:
   ファティーグ・シャツ    ファティーグ・パンツ    ブーツ×左右
   ピス・ヘルメット
   アドベンチャー・チーム・ビークル    ウインチ
   ショベル    ピック・アックス    ネット
   ミイラの棺 (2ピース)    ミイラ    宝石×3種
付属コミック:
AT 「ミイラの墓の秘密」
 G.I. ジョーはアドベンチャー・チーム・ビークルでサハラ砂漠を横断していた。 その任務は謎の失われたミイラを発見することだった。 ぎらつく太陽にさらされながら巨大ピラミッドとスフィンクスの付近を通り過ぎた時、地震が起きて地割れが発生した。 ここはアドベンチャー・チームの訓練が物を言うところだ。 G.I. ジョーは博物館の地図を頼りに目標地点を見つける。 装備を取り出してその地点を掘り進んでいくと何かに突き当たる。 それは失われたミイラの棺だった。 そこでまたも大きな地震があり、彼の指が棺の謎のボタンに触れると蓋が開いてミイラが出てきた。 そこには宝石や黄金もあり、博物館の科学者たちも喜ぶに違いない。 だが地鳴りも続いており、ぐずぐすしている時間はない。 G.I. ジョーは ATV に戻り、ビルト-イン・クレーンを組み立てて穴から棺を引き上げる。 ATV に棺をくくりつけると地面が大きく揺れ出した。 急いで走り出すと地面が大きく裂け、スフィンクスの顔までもが崩れ落ちてくる。 すんでのところで G.I. ジョーはその場から離れることができた。
※1975年にピーター・パン社が発売していたブック&レコードでは、" アムトルテクの呪い " が伝わる古代エジプトのアムトルテクの墓と柩、そしてミイラに変装したエジプト人の墓泥棒マミー・バルカが登場します。
※2001年のリメイクでは、ミイラの棺は 3,000年前のファラオ、カル-ホウントム1世のものとされていますが、ストーリーの内容はやはり異なります。






ザ・シャークス・サプライズ (シー・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (スーパー DX)
 The Sharks Surprise  (#7442)
 AoJ の同名商品 (1969年) のリパッケージ。
 G.I. ジョー・シー・アドベンチュラーが付属。
d0164702_14263536.jpg

素体:
   ライフ-ライク・ヘアー+髭。
内容:
   スキューバー・スーツ (3ピース)    スイム・フィン×2
   フェース・マスク    酸素タンク
   スピアー・ガン
   アクア・スレッド (AT インシグニアあり)
   トレジャー・チェスト (宝箱)    トレジャー・コイン
   シャーク
付属コミック:
AoJ ⑪ 「サメの奇襲」






スペースウォーク・ミステリー (アストロノート) (1970年)/AoJ (スーパー DX)
d0164702_14200018.jpg Spacewalk Mystery  (#7445)
 AoJ の同名商品 (1969年) のリパッケージ。
 G.I. ジョー・アストロノート付属。
素体:
   ライフ-ライク・ヘアー。
付属品:
   スペース・スーツ    スペース・ブーツ×左右
   ヘルメット    酸素チェスト・パック
   プロペラント・ガン    カメラ
   テザー・コード
   フローティング・スペース・カプセル (「UNITED STATES」の表記、星条旗あり)
     ■スライディング・キャノピー (開閉)
サウンド・トラック・レコード:
   人類初の地球周回
付属コミック:
AoJ ⑨ 「宇宙遊泳の謎」

--------------------------------------------------------------------------------
スペシャリティー・アイテム


オフィシャル・アドベンチャー・チーム・ビークル (ランド・アドベンチュラー) (1970年)/AoJ (スペシャリティー)
 Official Adventure Team Vehicle  (#7005)
 フィギュアは付属せず。
 モデルはモビリティー・アンリミテッド社が1960年代から発売していたアンフィキャット。
d0164702_14172416.jpg

主要諸元:
   フローティング・ボディー
   独立アクスル・サスペンション
   カーゴ・スペース
      グラブ・バー
      ウインチ
インシグニア:
   AT

--------------------------------------------------------------------------------
キャンセル


スペーサ-マティック (アストロノート) (1970年)/AoJ (スペシャリティー)
 Space-A-Matic 
 フィギュアは付属せず。
 ハズブロの別玩具 「アメーザ-マティック」 の機構を採用したもの。 CM が放送されたが未発売に終わったものと思われる。
d0164702_14172212.jpg
内容:
※詳細不明。

--------------------------------------------------------------------------------


[PR]
by joefig | 2016-06-05 00:45 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/21253156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。