ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/コブラ・ヘッドハンターズ! (2008年)

 今回はジョーコン限定ボックス・セットのコブラ・ヘッドハンターズ! (2008年) を記事にしたいと思います。
d0164702_15532756.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------
2008年ジョーコン 3 34 インチ・トイ・ラインナップ一覧


   ボックス・セット
      コブラ・ヘッドハンターズ!
         グリスルv2  &  ヘッドハンター・ガーズv1 ×2体
         &  ヘッドハンター・ストームトルーパーズv2 ×6体  &  ヘッドハンター B.A.T.S ×6体

   スーベニア
         ヘッドハンター・゛ドライバーズ
      S.W.A.T. 3パック
         ロウ-ライトv7  &  ショックブラストv1  &  ロング・アームv2
      S.W.A.T. R.T.V. with ブルホーン
         S.W.A.T. R.T.V.  +  ブルホーンv2
      ホットワイヤー with メック
         ホットワイヤーズ・メック  +  ホットワイヤーv1

   パラドロップ・フィギュア
         コブラ・スカイ B.A.T. (v1)

-------------------------------------------------------------------------------------
コブラ・ヘッドハンターズ! 概要


 コブラ・ヘッドハンターズ! は、2008年にテキサス州ダラスで開催されたハズブロ・インターナショナル G.I. ジョー・コレクターズ・コンベンション2008 で発売された 3 34 インチ・フィギュア15体セットです。

 テーマは G.I. ジョー側が S.W.A.T. チーム、コブラ側がヘッドハンターズとなっています。
 また、隠れテーマ的になぜか 「G.I. ジョー:シグマ6」 に登場したパルヴァライザー型のメカやスカイ B.A.T. が紛れ込んでいます。


d0164702_15533029.jpg ヘッドハンターズは ARAH 期の1992年・1993年に発売されたサブテーマの一つ 「D.E.F. (ドラッグ・エリミネーション・フォース)」 の敵組織でした。

 右はヘッドハンターズ・インシグニア。
 おそらく ARAH 期にはなかったもので、今回のボックス・セット用に新たに設定されたものではないかと思われます。



 この年のジョーコンからは、ボックス・セットに合わせてパックストーリーを描いたコミック 『G.I. ジョー vs. コブラ』 が刊行されるようになりました。

 第1号 「ヘッドハンターズの蜂起」 は、東ティンバルの首都を舞台に、G.I. ジョーの S.W.A.T. チームがヘッドハンターズの侵攻と B.A.T. の秘密工場をくいとめるという内容でした。
→ FP 版コミック 『G.I. ジョー vs コブラ』 の記事も参照。

-------------------------------------------------------------------------------------
ボックス・セット詳細


コブラ・ヘッドハンターズ! (2008年)/ジョーコン限定 (ボックス・セット)
 グリスルv2、ヘッドハンター・ガーズv1 ×2体、ヘッドハンター・ストームトルーパーズv2 ×6体、ヘッドハンター B.A.T.S ×6体のセット。


グリスルv2 (2008年)/ジョーコン限定 (コブラ・ヘッドハンターズ!)
d0164702_23325773.jpg 別名として追加されたブルータス・バンダロの名は、ARAH のブラジル版である 「コマンドス・エム・アサオン」 のフォルサ・ブルータのラインから発売されたグリスルv1 の商品名バンダロと、ヘッドハンターズv1 の商品名ブルートゥスへのオマージュ。
 Brutusは 「残酷な」、「粗野な」 の意のポルトガル語 bruta (英語ではbrute) をラテン語人名ブルートゥスとかけたもの。 どちらもラテン語の 「鈍重な」 が語源。
 Vandalo はポルトガル語で 「蛮行」 の意。 ゲルマン民族の一つヴァンダル族の名から派生した語彙。
素体:
   バトル・コーのグリスルv1(1993年)のリペイント。
   右上腕にヘッドハンターズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ショットガン (※フランキ・スパス12) はスパイ・トループスのデストロv11 から。
   ブレード付きサブマシンガンは新規造形。
コマンド・ファイル:
ヘッドハンターズ・コマンダー  コードネーム:グリスル
ファイル名:ダニマル・J・ロジャース (知られている別名:ブルータス・バンダロ)
主要軍事特技区分:犯罪組織のボス
第二軍事特技区分:密売人
出身地:ジャマイカ、モンテゴ・ベイ
 油っぽい、スライムの塊について考えてみた場合、それは根本的にグリスルについて考えているのと同じことだ。 彼はその名の由来と同様に不快だが、10年もの間民間の当局による逮捕を回避してきた粘り強い人物だ。 南アメリカに転属になったと噂される彼は、ともかくも志を新たにしたヘッドハンターズを率いて強力で世界的な犯罪組織に急激にのし上げた。 裏社会から尊敬され怖れられてもいるグリスルは、コブラのために密売人の国際的シンジケートとして活動するヘッドハンターズの軍団を指揮し、仲間たちが使うには危険すぎるか怪しすぎると思わしい商品を専門にしている。
 近眼の前任者と同じ運命を恐れるグリスルは、手下たちのボディーガードの腕を最大限にすべく、稀にみるストリート・ファイトのスタイルを直々に彼らに訓練した。 この護衛は、とりわけヘッドハンターズがコブラのための化学物質射撃武器モジュールの秘密裏の製造を確保するために必要なのだ。 すぐに G.I. ジョーは、かつて対決したどの犯罪組織のボスよりも無慈悲で、どの私設軍隊よりも目ざましく危険で高度に訓練された護衛であることに気付いた。
 「時間を無駄にするな……おれを捕まえることは決してできない !」



ヘッドハンター・ガーズv1 (2008年)/ジョーコン限定 (コブラ・ヘッドハンターズ!)
d0164702_23330520.jpg 同セットに2体付属。
 従来、ヘッドハンターズの名称は組織名と一般兵の双方に用いられていたため、一般兵の名称が更新されたものと思われる。 従って実質的にはヘッドハンターズv3 に相当。
素体:
   D.E.F. のヘッドハンターズv1 (1992年) のリペイント。
   左胸にヘッドハンターズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパック、ショットガン (※モスバーグ500 AG-12 のソードオフ) はヘッドハンターズv1 から。
   アサルトライフル (※AK-74) は JvC のネオ-ヴァイパーv4 から。
   リボルバーは JvC のドクター・マインドベンダーv3 から。
コマンド・ファイル:
ヘッドハンター・ガーディアンズ  コードネーム:ヘッドハンター・ガーズ
ファイル名:多様
主要軍事特技区分:犯罪組織のボスの護衛
第二軍事特技区分:破壊
出身地:各地
 ヘッドハンター・ガーズは世界中の最も貪欲かつ最も無慈悲な犯罪組織の中から募られる。 グリスルは絶対的な忠誠と服従に対する見返りとして、彼らにコブラの世界規模の作戦による巨額の金銭と彼らの最も卑しい空想を実現する機会を提供する。 コブラの極めて違法でどこまでも無慈悲なビジネス・ベンチャーにおいて自分たちの昇進を図るため、彼らは進んで先進武器システムや戦闘スタイルの定期的かつ厳しい訓練を受けるのだ。
 技量と数の両方で恐るべき彼らは、全ての都市を掌握してネズミのようにはびこり、民間の倉庫を使って密輸品を備蓄して世界的に流通させている。 彼らは違法な素材による製造に加え国際的マネー・ロンダリングの窓口も提供している。 自分たちが取り引きするたいていは危険な商品の価値を知っている彼らは、在庫を保護し、愚かにも彼らの縄張りに入る者向けに爆発物やブービートラップ装置を仕掛けることに熟達している。
 「おれたちが守っているものを当局の手に引き渡すくらいなら、全てのビルを天高く吹き飛ばしてやるほうがましだ!」



ヘッドハンター・ストームトルーパーズv2 (2008年)/ジョーコン限定 (コブラ・ヘッドハンターズ!)
d0164702_23330238.jpg 同セットに6体付属。
素体:
   バトル・コーのヘッドハンター・ストームトルーパーズv1 (1993年) のリペイント。
   ヘルメットにヘッドハンターズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   マシンガン (※ストーナー63) は VvV のデュークv20 から。
   アサルトライフル (※APS水中銃) はスパイ・トループスのデプス・チャージv1 から。
   ナイフはスパイ・トループスのオーバー・キルv2 から。
コマンド・ファイル:
ヘッドハンター・エリート・トルーパーズ  コードネーム:ヘッドハンター・ストームトルーパーズ
ファイル名:多様
主要軍事特技区分:市街地強襲作戦
第二軍事特技区分:重火器
出身地:各地
 ヘッドハンター・ストームトルーパーズは普通のヘッドハンターズではない; 彼らは急襲のエリート集団、特殊訓練を受けた都市テロリストであり大掛かりな犯罪作戦を監督する。 彼らはその外観同様に暴力的で不快な──本物の怪物なのだ! 広範かつ高度な鍛錬という下地があるにもかかわらず、彼らは気が荒く、たやすく統制を失う。 彼らは恐ろしい、ストームトルーパー専用のスパイク付きスーツを着用し、彼らを逮捕しようと交戦してくるあらゆる者の士気をくじくだけでなく、近接戦闘にも有利なのだ。
 ヘッドハンター・ストームトルーパーズは相手を圧倒するために野蛮な暴力と重火力を用いる。 彼らは市街地のゲリラ戦を専門とし占領した全エリアを支配する。 互角の腕の敵と対峙した時には、彼らは完全に狂戦士となり、その猛攻撃で最後には周辺のエリアの何もかもを破壊してしまうことが知られている。 グリスルは自分たちの最新の計画に気付く者──そして生きてそれについて話す者がいないことを、この止められない勢力が保証していると判っているのだ。
 「おれの頭蓋骨を見たな、今度はお前のを見せる番だ!」



ヘッドハンター B.A.T.S (2008年)/ジョーコン限定 (コブラ・ヘッドハンターズ!)
d0164702_23330891.jpg 同セットに6体付属。
 ホットワイヤーが旧型の B.A.T. マークⅠをベースに、各バージョンの B.A.T. の複数の個体から優良パーツを寄せ集めて作り出したもの。
素体:
   ヘッド、前腕は ARAH の B.A.T. (v1) から。
   トルソー、ウエストは ARAH のB.A.T. (v2) から。
   上腕、脚部は ARAH のオーバーキルv1 (1992年) から。
   チェスト・パネルの立体シールにヘッドハンターズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパック (※ストレージ付きバックパック)、ハンド・アタッチメント、レーザー・アーム・アタッチメント、トーチ・アタッチメント、グリッパー・アーム・アタッチメントはいずれも B.A.T. (v1) から。
コマンド・ファイル:
ヘッドハンター・バトル・アンドロイド・トルーパーズ  コードネーム:ヘッドハンター B.A.T.S
主要機能:武器製造
第二機能:戦闘及び破壊
製造地:コブラ・アイランド
 幾つもの生産バージョンと多くの試行錯誤を経た B.A.T.s は、未だ永久的でほぼ完璧な兵士である。 彼らには食べたり、眠ったり、コブラの乗っ取りを企てるということがない。 残念なことに、彼らは他のコブラ・トルーパーたち、自分たちの仲間の B.A.T.s、高価そうな家具に対しても誤認攻撃してしまうことがよく知られている。 もちろん、ロボットの相対的に安価な生産コストを考えれば、これらは許容できる損失だ。 今、B.A.T. の主任技師であるホットワイヤーは、現時点におけるほぼ全バージョンのアンドロイド・トルーパーから最高に機能していると思われるものを抜き取り、それを1体のほぼ完璧に近い機械の兵士として結合させた。
 このヘッドハンターズ支援用の統合 B.A.T. には、通常の組み立てラインの労働者としての機能も付加されている。 こうしておけば、製造の際に化学物質拡散兵器モジュールに搭載された信じがたいほど危険な毒素でヘッドハンターズ軍全体が全滅することがないからだ。 未だに、ホットワイヤーがスイッチを押せば、このオートマトンたちは元のオリジナルの、致命的なプログラミングに切り替わり、侵略部隊が近付き過ぎれば自爆すら起こす。
 ホットワイヤーの日誌より: 「動体検知器、熱戦追尾、超音波センサー……しかし何だってマインドベンダー博士はこいつらにズボンを履かせたんだ?」


-------------------------------------------------------------------------------------
スーベニア詳細


ヘッドハンター・ドライバーズ (2008年)/ジョーコン限定 (ボーナス)
d0164702_12331031.jpg 本来はコブラ・レイジとのセットで企画されたが、コブラ・レイジの原型が破損したためにフィギュア単体となった。
 同時に刊行されたコミックにはコブラ・レイジが登場している。
素体:
   D.E.F. のヘッドハンターズv1 (1992年) のリペイント。
   左胸にヘッドハンターズ・インシグニアあり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ショットガン (※モスバーグ500 AG-12のソードオフ) はヘッドハンターズv1 から。
   リボルバーは JvC のドクター・マインドベンダーv3 から。
   爆弾は未発売に終わったシグマ6のショート・フューズのものの流用。
コマンド・ファイル:
ヘッドハンター・ビークル・オペレーターズ  コードネーム:ヘッドハンター・ドライバーズ
ファイル名:多様
主要軍事特技区分:装甲車両操縦士
第二軍事特技区分:破壊
出身地:各地
 歩兵ベースの仲間たちと同様、ヘッドハンター・ドライバーズは非常に腕の立つ路上の戦士であることが期待されるグリスルの個人的なボディーガードである。 だが犯罪ボスの運転手として選ばれたということは、さらに今うろついているどんな辺鄙な場所からでも民生や軍用を問わず車両を漁ってくるエキスパートであることも期待されている。 彼らは放棄されたコブラの攻撃車両、盗んできた G.I. ジョーの輸送車はもとより、自分たちでつなぎ合わせたカスタム車を運用していることが判っている。 本当に必要なものといえば作動するエンジン、いくつかの装甲版で、そこにちょっとした大砲を加えてやれば彼らは出撃できるのだ。
 ヘッドハンター・ドライバーズは自分たちが違法な材質を運んだり仲間の兵士たちを輸送するだけではないと判っている。 結局誰かによって作戦がつまづけば、同じ運搬車がすぐに脱出車両となる必要があるのだ。
 「グリスルを乗せてのドライブは甘いギグだ──彼は常に何かを吹き飛ばすこと、ただ蹴り上げるだけのために誰かを轢くことを望んでいる!」





ロウ-ライトv7 (2008年)/ジョーコン限定 (S.W.A.T. 3パック)

d0164702_23114067.jpg ロウ-ライトv7、ショックブラストv1、ロング・アームv2 のセット。 600セット限定。
素体:
   ARAH のロウ-ライトv1 (1986年) のリペイント。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパックは ARAH のダスティーv1 から。
   スナイパー・ライフル (※AMP DSR-1)、バイポッドはスパイ・トループスのブラック・アウトv1 から。
   サブマシンガン (※ウージー改) は ARAH のスネーク・アイズv3 から。
コマンド・ファイル:
S.W.A.T. シャープシューター  コードネーム:ロウ-ライト
ファイル名:クーパー・G・マクブライト
主要軍事特技区分:選抜射手教官
第二軍事特技区分:歩兵 (11B)
出身地:ノースダコタ州クロスビー  階級:E-6 (※スタッフ・サージェント、二等軍曹)
 不良たちについて行き、噂では簡素な22口径ライフルだけを手に夜の廃品置き場に置き去りにされたロウ-ライトは、恐怖を征服しただけでなく安心した彼らを抱き合わせた。 闇を自分のものにした彼は、さらには嫌がらせを受けた過去を善悪を正すことへと変えた──永久的に。 事実上彼は標準仕様の M24 や M40A3 から、1マイル以上の照準器を備えた車両阻止用の50口径 M107 SASR (特殊用途スコープ付きライフル) に至る全ての長距離ライフルのエキスパートである。 彼はまた野戦隠蔽技術の達人でもあり、地形、小道具、弾道、距離、天候効果を常に計算に入れている──たとえ武装していない時でもだ。 彼は、通常なら射手と観測手の組み合わせが必須となる2人体制のわずかな例外でもある。 技に磨きをかけてきたロウ-ライトの歳月が、2人目の必要性を排除したのだ──たぶん彼が単独での活動を好むというのも理由の一つだろう。 仲間のジョーたちは彼には社会的な生活が全くないと冷やかしかねないが、彼に投射されたレーザー照準を見る羽目になるのを恐れなければの話だ。
 東アジアの謎めいた工場の捜査で地元警察の多数の捜査員が姿を消した後、G.I. ジョー CID (犯罪捜査班) 指揮官はコブラの関与を疑い S.W.A.T. (特殊火器戦術) のエキスパートたちから成るチームを展開した。 ロウ-ライトは招集に応じて任務用の装備を詰め込む。 だが、最高の狙撃手であっても、防弾の敵には何ができるだろうか?
 「おれは昼を取り上げ、夜を支配する」



ショックブラストv1 (2008年)/ジョーコン限定 (S.W.A.T. 3パック)
d0164702_23114676.jpg ロウ-ライトv7、ショックブラストv1、ロング・アームv2 のセット。 600セット限定。
 レナード・トイズ社の 「ザ・コー!」 の同名のアクション・フィギュアとの商標上の問題から、ARAH のショックウェーブのコードネームが変更された。
素体:
   ヘッド、トルソー、腕部は ARAH のショックウェーブv1 (1988年) から。
   ウエスト、脚部は ARAH のロウ-ライトv1 (1986年) から。
   左上腕に星条旗あり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパックは ARAH のダスティー1 から。
   シールド (※ライオット・シールド。 「SWAT」 の表記あり) はスパイ・トループスのバーンナウトv1 から。
   アサルトライフルはスパイ・トループスのサージェント・ハッカーv1 から。
   ナイフは ARAH のロウ-ライトv3 から。
コマンド・ファイル:
S.W.A.T. スクワッド・リーダー  コードネーム:ショックブラスト
ファイル名:ジェイソン・A・ファリア
主要軍事特技区分:特殊火器戦術
第二軍事特技区分:軍警察官 (31A) (※)
出身地:ミシガン州ディアボーン  階級:E-7 (※サージェント・ファースト・クラス、一等軍曹)
 ショックブラストは G.I. ジョーに入隊した時はデトロイト市警 S.W.A.T. チームの最も若いメンバーで2つの武勲功労賞を保持しており、それゆえに受理されたのだ。 元の2つの部隊を通じて資質を証明してきた彼は、G.I. ジョー S.W.A.T. 分遣隊のチーム・リーダに選ばれた。 全ての特殊火器チームは “ ドア・キッカー ” を必要としている。 彼は最初にバリケードを越えて壊す男で全ての火器を赤く燃やして実際どれだけ悪い状況なのかを最初に発見するのだ。 それに必要とされるのは完全に大胆な人物というだけではなく、ひとたび突破口を開いたら敵と罪なき第三者とを即座に区別するのに十分な鋭い注意を払われなければならない。 最後には、攻撃で押すか退却かを問わず──たいていは完全な暗闇と煙、銃火、爆発に囲まれる中で彼は発砲を命じるのだ!
 ショックブラストは敵対的な状況の中に降り立つためにしばしば懸垂器を使う。 これはブービートラップが仕掛けられたドアと窓を避ける助けにはなるものの、厳重な敵領域の心臓部に直接突入する際、事実上撤退のチャンスはないのだ。 だが、彼の鋼鉄の神経もチタン製の皮膚に対しては十分だろうか?
 「鍵のかかったドアを見つけた時、靴革でいくか破城槌にするかは難しい選択だ!」

※軍警察官 (31A)……実際の特技区分番号は 31B。


ロング・アームv2 (2008年)/ジョーコン限定 (S.W.A.T. 3パック)
d0164702_23114387.jpg ロウ-ライトv7、ショックブラストv1、ロング・アームv2 のセット。 600セット限定。
素体:
   バトル・コーのロング・アームv1(1993年)のリペイント。
   カラースキームはリアルなアドバンスト・ボム・スーツ (ABS)のものとなった。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   ヘルメットはロング・アームv1 から。
   アサルトライフル (※IMI タボール TAR-21) はスパイ・トループスのアイアン・グレナディアv2 から。
   ブリーフケース (「 IED ディテクター」 の記載あり) は ARAH のブルホーンv1 から。
   RCRV (遠隔操作ロボティック・ビークル) (※可動部あり。 モデルはナイト ROV) は未発売に終わったシグマ6のショート・フューズのものの流用。
コマンド・ファイル:
S.W.A.T. ボム・テクニシャン  コードネーム:ロング・アーム
ファイル名:トーマス・P・マンジャラッティ
主要軍事特技区分:爆弾処理ロボティック・システム操縦士
第二軍事特技区分:爆発物処理スペシャリスト(89D)
出身地:カリフォルニア州ボウルダークリーク  階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)
 ロング・アームは敵の軍需品や爆破装置の識別及び処理の責任を担っている。 この仕事の危険性のため、彼は常に炎、熱、破片、弾丸、圧力、衝撃、生物的または化学的脅威にすら抵抗力のある素材から成る、柔軟かつ防護的なボディー・アーマーの専用スーツを着用している。 早く言えば、彼が着ているのは G.I. ジョーの武器庫の中で最も高価な使い捨てのユニフォームなのだ。 彼は最新の分解器具と即製爆破装置 ( IED) 用の電子妨害装置から成る探知キットも携行し、近接戦術もよく訓練されている。
 ロング・アームは自分自身やチームメイトを守るためにしばしば爆弾処理ロボットを用いる。 この RCRV、遠隔操作ロボティック・ビークルは、カメラ、マイク、そして化学または生物学的因子の探知と避難用のセンサー; IED とブービートラップを至急に無力化するための専門の火器; G.I. ジョー・チームのみならず罪なき民間人への二次的被害のリスクを最小化する戦術的妨害装置を装備している。 だが爆破装置を敵にして、これら全てのハイテク・ギアは彼を守れるだろうか?
 「もしも走っているおれを見たとしたら……それは何かが爆発しかかっているってことだ!」





ホットワイヤーズ・メック (2008年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 ホットワイヤーv1 付属。 500セット限定。
 VvV のパルヴァライザー (2004年) のリデコ。 右腕部は新規造型で、アニメ 『G.I. ジョー・シグマ6』 に登場したコブラのメックに準じた外観。 
 meck はいわゆる 「メカ」 の意。 ホットワイヤーのコマンド・ファイルでは B.A.T. メック・スーツ。

d0164702_22490303.jpg


ホットワイヤーv1 (2008年)/ジョーコン限定 (ホットワイヤーズ・メック)
d0164702_22485882.jpg ホットワイヤーズ・メックに付属。
 hotwire は車のエンジンをかける際などに配線を 「直結」 させること。 またそこから転じて 「不正な操作」 の意。
 コマンド・ファイルではホットワイヤーの秘密工場が東アジアにあることが記載されているが、同時に刊行されたコミックでは、その国名は東ティンバルとされ、おそらく東ティモールをもじったものと思われる。
素体:
   ヘッドは 「ストリート・ファイターⅡ」 のブランカv1 (1993年) から。
   トルソーは ARAH のハードボールv1 (1988年) から。
   それ以外は ARAH のレーザー-ヴァイパーv1 (1990年) から。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   白衣は DTC のハンニバル:リボーンv1 から。
   グレネード・ランチャー (※H&K HK69A1) はスパイ・トループスのビーチヘッドv5 から。
   火炎放射器は JvC のブロートーチv2 から。
コマンド・ファイル:
B.A.T. メカニック  コードネーム:ホットワイヤー
主要軍事特技区分:バトル・アンドロイド・トルーパー整備及び修理
第二軍事特技区分:バイオ-メカニカル・エンジニア
出身地:ドイツ、バイエルン州ラウインゲン
 ホットワイヤーは先祖たちの歩みを辿っており、全員才能はあったものの風変わりだった科学者たちはどんな国際的紛争でも最終的に悪人側についたが、たいていその理由は彼らにとって道徳上や遵法上の障害なく働ける唯一の方法だったからである。 ホットワイヤーは当初はその連鎖を断とうとして、マサチューセッツ工科大学で合法的に学ぶためにアメリカに渡った。 その後彼はそのロボット工学及び人工知能研究所に偉大な飛躍をもたらしたのだが、彼の研究には人間の犠牲者用の様々な機械的義肢とは反対の効果の研究が伴われていたことで解任された。 この否定によって彼はコブラの歓迎の腕の中へ一直線に飛び込み、そこで彼はかき乱された自分の精神を思いのままに働かすように勧められ、彼らのロボット兵士、B.A.T.s (バトル・アンドロイド・トルーパーズ) の軍隊を最適化した。 どういうわけか彼は自分を純粋な科学者ととらえており、自分の異常性に気付いていないところは、自分がどれほど悪かを判った上で楽しんでいるマインドベンダー博士とは対照的だ。
 新たに再編されたヘッドハンターズから東アジアの秘密工場を貸与されたホットワイヤーは、手に入った旧式の B.A.T. マーク1ユニットを組み立てライン用のドローンとして機能するよう再設計した。 常々偏執的な彼は、マスター・コントロール・スイッチを握っており、ごくわずかでもトラブルの兆候があれば、労働者たちを危険な戦士に変えるのだ! 彼は自分のロボットのコントロールを失ったり脱出の必要に迫られた時に備え、仲間にも気づかれぬうちに、巨大装甲 B.A.T. メック・スーツも造っていた。
 「マインドベンダー博士はついに B.A.T.s が敵と味方を識別できるようにさせようとしているが──それじゃ面白くなくなるぞ?」




S.W.A.T. R.T.V. (2008年)/ジョーコン限定 (ビークル)
 ブルホーンv2 付属。 400セット限定。
 ARAH のハマー (1990年) のリペイント。
 R.T.V. は一般的には Road Taxed Vehicle または Rough Terrain Vehicle のいずれかの略。

d0164702_12394398.jpg
インシグニア:
   星条旗    G.I. ジョー・ロゴ
   S.W.A.T.


ブルホーンv2 (2008年)/ジョーコン限定 (S.W.A.T. R.T.V.)
d0164702_12394115.jpg S.W.A.T. R.T.V. に付属。 400セット限定。
 名前が Stephen から Stephan に小変更された。
素体:
   ヘッド、トルソーは ARAH のブルホーンv1 (1990年) から。
   ウエスト、腕部、脚部は D.E.F. のショックウェーブv3 (1992年) から。
   左上腕に星条旗あり。
付属品:
   クリアーのバトル・スタンドのほか、
   バックパック (「SWAT」 の文字あり。 ライフルを分解・収納)、ライフル➀ (※ステアーAUG)、ライフル②、スコープ、バレル、ブルホーン (拡声器) 本体、スピーカーはいずれもブルホーンv1 から。
コマンド・ファイル:
S.W.A.T. ビークル・ドライバー  コードネーム:ブルホーン
ファイル名:ステファン・A・フェレイラ
主要軍事特技区分:戦術調停専門家
第二軍事特技区分:輸送車両操縦士 (88M)
出身地:ロードアイランド州プロビデンス  階級:E-5 (※サージェント、三等軍曹)
 ブルホーンは G.I. ジョー特殊火器戦術チームの危機交渉人であり戦術調停のスペシャリストである。 入隊前の彼は、バージニア州クアンティコの F.B.I. アカデミーで実用射撃のチャンピオンにして徒手格闘術教官だった。 高度に熟練した戦士でありながら、極めて穏やかな人物で、率直で温情的な性格だ。 これによって彼はまさに社会に向けて斧を振るうサイコパスや狂信者たちとの交渉で必要とされるタイプの人物となっている。 もちろん、正確かつ致命的な火力の行使を要する決断的行動を強いられた場合には、その鋼のような冷静さが同じくまた有用となるのである!
 ブルホーンの主な役割は、明らかで差し迫った危険である脅威を無力化して生命、負傷、あるいは財産損害などの損失を最小限にしてハイリスクの状況を解決することである。 彼は通常は言葉でのコミュニケーションを通して状況を静めることができるが、完全に見境ない目標であっても、彼らに警戒を解かせるのに十分な術策によって──狙撃手または強襲チームが脅威を武装解除するのに十分なだけ長い時間を乗り切ることができる。 別の面では、もしも銃撃戦が始まる前に作戦エリアに到着したい時は、彼は自分に配備された S.W.A.T. ビークルのハンドルを前にして完全にワイルドになる。 しかし、理性のない、プログラムされた相手に対しては交渉術が通じるだろうか?
 「会話は安上がりだと言われるが、おれはそれを人の命にとって値打ちのあるものにできる!」

-------------------------------------------------------------------------------------
パラドロップ詳細


コブラ・スカイ B.A.T. (v1) (2008年)/ジョーコン限定 (パラドロップ)
d0164702_11323986.jpg Sky B.A.T. はアニメ 『G.I. ジョー:シグマ6』 に登場したロボット兵。
 シグマ6の設定では B.A.T. はバトル・アサルト・トルーパーの略。
 シグマ6のラインからは8インチと2.5 インチ版が発売されていた。
 ARAH ではコブラ B.A.T. マークⅤに該当。 ファイル・カードの記載は B.A.T. バージョン 5.0。
素体:
   DTC のコブラ B.A.T. v5 (v16) (2005年) のリペイント。
   ヘッド、上腕、下腕、腰は分割可。 両下腕はアタッチメント装着可。
付属品:
   バーティカル・アサルト・パックは B.A.T. v5 (v16) から。
   パラシュート+紐。
コマンド・ファイル:
コブラ・スカイB.A.T. (バトル・アンドロイド・トルーパー)
 コブラ・スカイB.A.T.軍はコブラ組織のロボット歩兵である。 B.A.T. バージョン5.0 では、オーバー・キルはイオニック・ガス・キャニスターでアップグレードして自分の製造物の力とスピードとを高めた。 彼らの換装可能兵器の増強には、光学センサーに映らない目標も補足できるスマート・テクノロジーを備えたロケット・ランチャーが含まれている。 バーティカル・アサルト・パックは彼らの背面とインターフェースに接続でき、複雑な連続機動の達成用のセントラル・プロセッサーを備えている。 これまでの中で最も危険であり、ばらばらに吹き飛ばされても、彼らの個々のパーツは戦闘を続行するために怪物的な新たなフォーメーションを再構成する機能を有している。 バトル・アンドロイド・トルーパーの軍隊にバーティカル・アサルト・パックを加えると高価になってしまう。 生産コストを下げ、オーバー・キルの製造物が自分の人間の兵士に数で勝ることを維持するため、コブラ・コマンダーはスカイB.A.T.s の出荷品を取り上げ、彼らのフレームにパラシュート・パックを装着した。 彼の計画はそれらをコブラ輸送機に積んでG.I. ジョー本部の上空で機体後部から投下することだ……シュートが開くとは限らないが!
 「B.A.T.sアタック!」


-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、コブラ・ヘッドハンターズ! でした。

 さて、次回はアニメ 『G.I. ジョー:スパイ・トループス』 を記事にしたいと思います。 それでは!

[PR]
by joefig | 2015-10-27 22:56 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/21182657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。