ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/『GIジョー 悪一番隊』

 今回は 『GIジョー 悪一番隊』 についてです。
d0164702_22484554.jpg

 『ワイルド7』 で知られる望月 三起也氏による、第二次大戦時のアメリカの日系人部隊の活躍を描いた作品です。
 1971~72年、少年画報社の 『少年画報』 及び 『別冊少年キング』 に掲載され、後に単行本化されました。




-------------------------------------------------------------------------------------
『GIジョー 悪一番隊』


 望月 三起也氏は、『最前線 二世部隊物語』 (1963~64年、『少年画報』 に連載) という作品で、日系人で構成された第442部隊を描きました。 しかし、当時は資料が少なかったため、日系部隊の描写はほとんど創作に近い状態だったそうです。
 それから数年を経て、日系部隊というテーマをさらに掘り下げたのが今回紹介する 『GIジョー 悪一番隊』 です。


 タイトルが 「GIジョー」 となったいきさつはよくわかりませんが、雑誌掲載時の 『GIジョー 悪一番隊』 の前ページが 「ニュー GI ジョー」 の広告になっているので、タカラとのタイアップで、ジョーという名の若者を主人公とした戦争漫画が企画されたのかもしれません。

 ネットで調べたところ、sudoukiti さんの運営しておられる 「メッサーシュミットフリークの絵など。。。」ブログ版 のこちらの記事に、『別冊少年キング』 1971年11月号掲載の 「G I ジョー悪一番隊」 第4話 「鬼隊長登場」 の扉とニュー GI ジョーの広告が掲載されていました。
d0164702_18232544.jpg

 sudoukiti のブログには、上の回の他のコマもいくつか掲載されているほか、望月氏の 『夜明けのマッキー』 や、ブログのタイトルにあるようにメッサーシュミットやフォッケ・ヴルフといった第二次大戦期のドイツ軍の名機の記事などが掲載されています。 興味を持たれた方はぜひ訪問されてみてください。
 sudoukiti さん、画像を使わせていただきありがとうございます。


 なお、望月 三起也氏も関わっておられるファンサイト 『月刊望月三起也』 に 『GIジョー 悪一番隊』 の記事があるので (こちらです)、ぜひチェックしてみてください。


ストーリー
 1941年12月8日、真珠湾が攻撃されたことを機に、ハワイ準州に居住する日系二世たちは不当な罪を着せられて収容所に入れられることになる。 主人公である番 長太 (通称 番太) やジョー松田もハワイ準州少年院に収容された。
 戦況が激化する中、物資に勝るものの兵力不足に悩んだアメリカ軍は、収容所にいる日系人たちを兵士に仕立てて戦地に派兵することを決定した。
 半分は日本人の血が流れる番太やジョーたちは、自由の身となるため連合軍の兵士として戦うことになる。
雑誌掲載:
   『少年画報』 1971年11号 (最終号)/少年画報社
   『別冊少年キング』 1971年8月号~1972年10月号/少年画報社


 第1話が掲載された 『少年画報』 さようなら号 (最終号)。
 新連載なのに雑誌が廃刊となり、掲載誌は 『別冊少年キング』 に変わります。
d0164702_22113877.jpg

 『別冊少年キング』 掲載時の表紙。
 話数不明、第4話、第6話、第7話。
d0164702_22172092.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------
単行本


d0164702_22003314.jpg『GIジョー悪一番隊』 (1975年)/朝日ソノラマ サンコミックス












d0164702_21565384.jpg『悪一番隊』 (1984年5月20日)/大都社 スターコミックス












d0164702_21582508.jpg『新最前線・悪一番隊』 (1993年)/大都社 ST コミックス












d0164702_21580991.jpg『二世部隊物語 5』 (2001年)/ホーム社 漫画文庫
 この文庫版では、日系部隊を扱った氏の作品は 『二世部隊物語』 のタイトルで一連のシリーズとして 再編集され、全7巻のうち第4巻までが 『最前線』 (主人公はミッキー熊本軍曹)、第5巻が 『悪一番隊』 となっています。









-------------------------------------------------------------------------------------
二世部隊とG.I. ジョー


 前回の記事の通り、二世部隊は1998年にG.I. ジョーになっています。

-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、「GI ジョー 悪一番隊」 の記事でした。

 フィギュアのG.I. ジョーとは関係ない内容と言っていいでしょうが、「GI ジョー」 の名を冠した漫画を望月三起也氏が描かれていたというのは意外でした。

 さて、次回も日本の漫画家絡みの記事です。 それでは。

[PR]
by joefig | 2014-07-11 22:42 | 資料 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/20593774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-07-17 05:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by joefig at 2014-07-17 10:39
>sudoukitiさん
コメント及び承諾ありがとうございます!
当時の貴重な資料として、ありがたく活用させていただきます。

sudoukiさんのブログを拝見したせいか、WWII 期の戦闘機についてもう少し調べてみたくなりました。 現代のようなハイテク機や無人機などと違って、血が通った乗り物という感じがあっていいですよね。

それでは今後もよろしくお願いします。