ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/1992年のコブラ側トイ

 1992年のコブラ側トイです。
d0164702_19003554.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「ARAH」 トイ全リスト の記事へ

-------------------------------------------------------------------------------------
1992年のコブラ側トイ・ラインナップ一覧


 コブラ (レギュラー・シリーズ)
      フィギュア
         デストロv3 (#5)      フラック-ヴァイパーv1 (#6)
         ファイアーフライv2 (#11)      イールズv2 (#12)
      フィギュア (メール-イン)
         コブラ・ニンジャ・ヴァイパーv1
      ビークル
         リキデーター      パラサイト
         アースクエイク      ラット

 イーヴル・ヘッドハンターズ

 エコ-ウォリアーズ (トキシック・コブラ)

 ニンジャ・フォース (コブラ)

 トーキング・バトル・コマンダーズ (コブラ)

 エア・コマンドーズ (コブラ)

 バトル・コプターズ (コブラ)

-------------------------------------------------------------------------------------
フィギュア詳細


デストロv3 (1992年)/ARAH (シングルパック#5)
d0164702_00280854.jpg Destro
 デストロv1 (1983年) をリニューアルしたデザイン。
 12インチの HoF デストロv1 (1992年) はほぼ同じデザイン。
d0164702_18420461.jpg
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   バトル・スタンドのほか、
   ディスク・ランチャー (スプリング式発射ギミックあり)、装甲切断ディスク×2、
   レーザー出力 “バープ ”・マシンガンはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:デストロ  エネミー・ウエポンズ・サプライヤー (※敵側武器供給者)
 「もしもおれが兵器類を造りも売りもしなかったら、本当に悪い誰かがそれをするだろう!」
d0164702_18485366.jpg スコットランド高地の厳格な城で、デストロは破壊の道具を建造し売りさばいている! デストロとコブラ・コマンダーは互いを軽蔑しているが、便宜上の同盟を保っている。 デストロは戦術家としては2倍、兵士としては3倍はコブラ・コマンダーに勝るが、コブラ・コマンダーの完全な冷酷さに比すればその高潔さが仇となっている! この軍備のマスターはしばしばコブラの最新型戦場破壊者──アースクエイクを指揮する!
   1.レーザー出力、速射型 “バープ ”・マシンガン
   2.鋭利な、装甲切断ディスク
   3.ハイテク、コンピューター制御ディスク・ランチャー
   4.絶対的な権力とデストロ家の家紋を象徴したスコットランド古来の紋章
   5.デストロ家の誇りと秘密を象徴したスチール・マスク
   ・ リスト装着、無線通信機







フラック-ヴァイパーv1 (1992年)/ARAH (シングルパック#6)
d0164702_00281127.jpg Flak-Viper
 flak は 「対空砲」、「高射砲」 の意。
d0164702_18421536.jpg
素体:
   全て新規造型。
   右胸に撃墜マーク (スカイストライカー×5機) あり。
付属品:
   バトル・スタンドのほか、
   デュアル・ミサイル・ランチャー・バックパック (スプリング式発射ギミックあり)、高高度追尾ミサイル×2、
   ロング・バレル・レーザー・ライフルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:フラック-ヴァイパー  コブラ・アンチ-エアクラフト・トルーパー (※対航空兵)
 「もしもターボ・ジョイスティック・コントローラーさえ与えてくれたら、おれたちは確実に自らのハイ・スコアを叩き出せただろう!」
d0164702_18490111.jpg フラック-ヴァイパーズはそのヘルメットに受動型、赤外線目標補足及び照準装置を組み込んでいる。 これは彼らがG.I.ジョーの航空機に対して何の危険もなしに極めて正確な追尾ミサイルを発射することを可能にしている! 彼らは献身的かつ意欲的な兵士だ。 実効性の最高レベルを維持すべく、フラック-ヴァイパーズはヘルメットに接続するプログラム・カートリッジを用いてミサイル交戦の練習シミュレートに毎日長時間を費やしている。 それは10時間ぶっ通しでポータブル・ビデオ・ゲームで遊ぶようなものだ! この連中は、やって来る敵機を “つまみ出す ” べくコブラ・パラサイトに乗って戦場をうろつくことに喜びを見い出している。
   1.ミニ-マチェーテ・バヨネット装着ロング・バレル・レーザー・ライフル
   2.電動発射、デュアル・ミサイル・ランチャー・パックパック
   3.高高度、テール-バイター・ミサイル
   4.サイド・ポケット・アモー・ホルダー
   5.航空機探知解析装置及びナイト・ビジョン・ゴーグル装着セレブラル・ヘルメット
   6.対レーダー、シュア-グリップ・バトル・グラブ
   7.防護用、非腐食性レッグ・シールド・スリッポン






ファイアーフライv2 (1992年)/ARAH (シングルパック#11)
d0164702_00281717.jpg Firefly
 当時のマーベル版コミックの展開では、第126号 「ファイアーフライ!」 (1992年7月) において、ファイアーフライは甲賀忍者の総帥の養子であり、アラシカゲ一族の元では 「フェイスレス・マスター」 と呼ばれるニンジャであったことが判明。
d0164702_18421920.jpg
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   バトル・スタンドのほか、
   ブレード・ランチャー、ブレード、リップコード、
   コブラ NA-55 アサルトライフルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ファイアーフライ  コブラ・サボター (※妨害工作員)
ビークル特技区分:コブラ・パラライザー・ドライバー
 「来た、見た、発破!」
d0164702_18485842.jpg コブラ・コマンダーが最初にフードを被って仕事を始めて以来、ファイアーフライはコブラのために物を爆破してきた。それ以降、コブラは爆弾設置者、放火魔、ブービー-トラップ仕掛け人らによる大隊を持つほどに拡大したが、仕事が精緻な爆破を必要とする場合、コブラ・コマンダーは未だに “ プラスチック爆弾のレンブラント ”、ファイアーフライと連絡をとる。 ファイアーフライはクロス配線、耐干渉スイッチで保護された複雑な爆弾を製造し、その解除は不可能だ。 然るべき時が来れば、彼は油断している目標に向けてブレード・ランチャー兵器を最大限の効果で使用する。
   1.遅延破裂式、榴散爆弾    
   2.リモート・コントロール、メガ震動ダイナマイト容器
   3.毒性気体発生煙幕爆弾
   4.コブラ・レーザー・ピストル・サイド・アーム
   5.標準コブラ NA-55 アサルトライフル
   6.電力供給弾薬及び通信機器ベルト
   7.軽量、頭部及び胸部プレート・プロテクター
   8.回転殺傷、ブレード・ランチャー兵器






イールv2 (1992年)/ARAH (シングルパック#12)
d0164702_00282064.jpg Eel
d0164702_18422238.jpg
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   バトル・スタンドのほか、
   ロボット・シャーク/スキューバ・パック本体 (スプリング式発射ギミックあり)、同頭部、同背ビレ、同尾ビレ、
   ハイ-インパクト・トルピード、ノーティカル・スピアー・ガンは新規造型。
   スタビライザー・フット・フィン×左右はアイアン・グレナディアーズのアンダートウv1 から。
コマンド・ファイル:
コードネーム:イールズ  コブラ・アンダーウォーター・デモリッションズ (※水中破壊員)
ビークル特技区分:コブラ・ラット・パイロット
 「我らはずぶ濡れの海の妨害工作員、我らはコブラ・イールズ、我らは湿ってワイルドだ!」
d0164702_18485544.jpg コブラの水中破壊スペシャリストはサメの頻出する海域で自分たちの価値を証明すべく訓練された日々以来の長い道のりを経てきている。 イールズは精巧な電子探知装備、最新のプラスチック爆弾、最先端技術の閉鎖式自給型ブリーザー・システムに精通していなければならない。 もちろん、ハイ-テク・コースにパスしなければサメの水槽の中での訓練上の水没という結果が待っているだろう──機械のサメの話ではない。 本物の、生きた、腹を空かせた奴のことだ! イールズはまたそのスーツに鋭利なフィンを装着しており、最も厚い船体をも貫通できる。
   1.三叉型、船体貫通スピアー装着ノーティカル・スピアー・ガン
   2.船体切断ウェット・スーツ・フィン
   3.パワー・スイミング用スタビライザー・フット・フィン
   4.高性能、大容積呼吸装置
   5.耐サンゴ、防スピアー・チェスト・プロテクター
   6.魚雷発射ロボット・シャーク/スキューバ・パック
   7.静音駆動、ハイ-インパクト・トルピード(※魚雷)


-------------------------------------------------------------------------------------
フィギュア (メール-イン)


コブラ・ニンジャ・ヴァイパーv1 (1992年)/メール-イン (シングルパック)
d0164702_18412380.jpg Cobra Ninja Viper
素体:
   ストーム・シャドウv1 (1984年) のリペイント。
付属品:
   刀×2はジンクスv1 のニンジャ-トー。
コマンド・ファイル:
コブラ・ニンジャ・ヴァイパー
 「自己鍛練の技を習得した者はどんな敵をも砕くことができる、たとえG.I.ジョーであろうとも!」
 コブラのヴァイパー軍団の最高ランクから徴集されたコブラ・ニンジャ・ヴァイパーズは、コブラの新たな高みの非情のエリート代理人である。 最も不吉かつ巧妙なコブラだけがニンジャ・ヴァイパーズの任務に選ばれる。 コブラ・ニンジャ・ヴァイパーは空手、柔術、カン・フーにおいて十段以上の黒帯である。 これらの悪党たちは非常に従順で、命令には常に従う。 彼らはその免許皆伝の武術の技の一つを駆使して個々を惑わし、自分たちと手を組むようどんな敵対者をも “説得 ”できる隠密の破壊的活動分子として機能する。 機会さえ与えられれば、コブラ・ニンジャ・ヴァイパーはG.I.ジョーのグローバルな作戦に深刻なダメージを与えるのに十分な破壊を世界中にもたらすことができるだろう。


-------------------------------------------------------------------------------------
ビークル


リキデーター (1992年)/ARAH (ビークル)
 Liquidator
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではコブラ・コマンダーが操縦。
 liquidator は 「清算人」、「粛清者」 の意。 ウォーター・ガンのギミックから、liquid (「液体」) とかけたもの。
 説明図の名称は 「コブラ・リキデーター A.T.F.(アドバンスト・タクティカル・ファイター)」。
 モデルはサーブ35 ドラケン。
→ 「リキデーター A.T.F.」 の記事も参照。
d0164702_00283021.jpg

d0164702_02085232.jpg
d0164702_16415394.jpg主要諸元:
  ■コックピット (開閉、フィギュア1体搭乗可)
  ■プログラマブル・フリップ・ダウン・イン-フライト・ハンドル (可倒式ハンドル)
  ■アンチ-スキッド・ブレーキ装着格納式油圧ランディング・ギア (手動により展開・格納可)
武装:
   ハイ・インパクト・ノーズ・キャノン
     ■“ リキッド・ファイアー ”・レーザー・ビーム (ウォーター・ガンのギミックあり)
  ■ターゲット-ロック・デジタル制御式空対地ミサイル×4基 (着脱可)
識別番号/インシグニア:
   コブラ・エンペラー・インシグニア (※初出はエアー・チャリオット)
   DR X 9.29 (テール・コード)
その他:
   撃墜マーク (☆×5)






パラサイト (1992年)/ARAH (ビークル)
 Parasite
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではデストロv3 が操縦、フラック-ヴァイパーズが跨乗。
 parasite は 「寄生虫」 の意。 計17体のフィギュアを搭載できる兵員輸送車。
 説明図の名称は 「コブラ・パラサイト」。
 コブラ・コマンダーv5 のコマンド・ファイルによると命名者はコブラ・コマンダー。
 コブラ・コマンダー(v5、1992年)、フラック-ヴァイパー (v1/v2、1992・1993年)、スライス (v1、1992年)、アレイ-ヴァイパー (v2/v3、1993・1994年) は操縦資格あり。
d0164702_00282794.jpg

d0164702_16172691.jpg
d0164702_16361858.jpg主要諸元:
  ■H.A.L. ステアリング装着ドライバーズ・コックピット (フィギュア1体搭乗可)
  ■トランスポート・コンパートメント (装甲兵員ハッチ開閉、フィギュア6体搭乗可)
  ■サイド・ランニング・ボード (ペグによりフィギュア8体搭乗可)
  ■リア・ランニング・ボード (ペグによりフィギュア2体搭乗可)
武装:
  ■噴射冷却装置搭載リボルビング・フロント・マシンガン×4門 (旋回可)
  ■噴射冷却装置搭載リボルビング・リア・ガン (6連ガトリング・ガン)×1門 (旋回可)
  ■熱センサー照準装置搭載旋回式レーザー・チン・ガン×4門 (仰角・旋回可)
  ■爆弾発射カタパルト (ラバー式爆弾発射ギミックあり)
      マルチ爆発ジャイロ・カタパルト爆弾×3基
識別番号/インシグニア:
   「PARASITE」
   コブラ・パラサイト・インシグニア/エンブレム
   675 Δ ARMORED TRANSPORT (※装甲輸送車)
   2 HYD (※油圧ハッチの表示)






アースクエイク (1992年)/ARAH (ビークル)
 Earthquake
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではオーバーキルが操縦、B.A.T.s v2 が搭乗。
 デストロ (v3、1992年)、オーバーキル (v1、1992年)、H.E.A.T. ヴァイパー (v1、1993年) は操縦資格あり。
 earthquake は 「地震」 の意。 説明書では 「コブラ・アースクエイク」。
d0164702_00283203.jpg

d0164702_16491270.jpg

主要諸元:
  ■フリップダウン装甲キャノピー (フィギュア2体搭乗可)
  ■フリー・オート-ハイドローリック・ディガー・バトル・スクープ (バケット部可動)
武装:
  ■噴射冷却装置搭載50mm ターレット・マシンガン (旋回可)
  ■オート-ファイアー迫撃砲 (スプリング式発射ギミックあり)
      “ドロップン・ショット” EXQ-1 迫撃爆弾×3基
   速射レーザー・キャノン装着ミサイル・ラック
     ■地対地 “ グラウンド-ポンダー ”・ミサイル×4基 (着脱可)
識別番号/インシグニア:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   「EARTHQUAKE」
   ⑤  675 H






ラット (1992年)/ARAH (ビークル)
 Rat
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではファイアーフライv2 が操縦。
 コブラ・コマンダー (v5、1992年)、イールズ (v2、1992年)、ダイス (v1、1992年) は操縦資格あり。
 rat はドブネズミなど大型の 「ネズミ」 の意。 高速攻撃ホバークラフト。
 説明書では 「コブラ・ラット」。 コブラ・コマンダーv5 のコマンド・ファイルによると命名者はコブラ・コマンダー。
d0164702_00282443.jpg

d0164702_16491484.jpg

主要諸元:
   エアロダイナミック・ヴォーテックス・チャージャー搭載ジェット・パワード・ターボ・エンジン×2基
  ■チタニウム強化キャノピー (開閉、フィギュア1体搭乗)
武装:
  ■ダブル・バレルド、回転マシンガン (6連ガトリング・ガン×2門×2基、計4門) (旋回可)
  ■ショート・リコイル、ダグロン強化フラック・ローター・ランチャー×2基 (発射ギミックあり)
      姿勢制御スポーク搭載対空フラック・ローター×2個
  ■ジャイレーティング・スライサー・ブレード×2基 (回転可)
識別番号/インシグニア:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   「RAT」
   「COBRA RAT DG-3 HOVER 3」

-------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by joefig | 2017-01-30 23:25 | 資料 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/20423940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジールズ at 2017-01-31 00:14 x
当時のCMは実写かつ吹っ飛んでいましたね・・・・まさに何でもありwwww
Commented by joefig at 2017-01-31 01:01
>ジールズさん
CM、トイで遊ぶ子供たちが情け容赦なくコブラ軍をなぎ倒していくところも好きです。
Commented by NOR at 2017-02-05 00:45 x
このへんになると玩具の仕様は悪名高いバトルコーとそう大差無いですね。

「来た 見た 発破」(笑)
やっぱこの中での見所はファイアーフライでしょうか。
ここでようやくV2ってのも意外ではあります。
「ニンジャ・フォース」展開には乗っからなかったせいか、せっかくのニンジャ設定も今ひとつ浸透しなかった印象ですね。

むしろ正統派(?)覆面テロリストってキャラが、ファーアーフライの魅力のように思いますね。
Commented by joefig at 2017-02-05 23:33
>NORさん
まともなのはデストロぐらいで、後は全員NORさんのおっしゃる「鼻水みたいな色」の始まりです。

ファイアーフライのモットーに触れていただきましたね。さすがお目が高い(笑)。もともとの英語表記は " I came, I saw, I blew it up! " なのですが、元ネタの勢いを出せるよう意訳してみました。

お言葉通り、ここでようやくv2というのは確かに意外です。
しかし、必殺技が爆弾コマ回しというのはどうなんですかね~。
必殺仕事人、通り名は「暴れ駒の無面」。ふだんの仕事は街中でコマの行商など。