ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/1988年のコブラ側トイ

 1988年のコブラ側トイです。
d0164702_16060578.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「ARAH」 トイ全リストの項へ

-------------------------------------------------------------------------------------
1988年のコブラ側トイ・ラインナップ一覧


 レギュラー・シリーズ
   コブラ
      フィギュア
         アストロ・ヴァイパーv1      ハイドロ-ヴァイパーv1      トキソ-ヴァイパーv1
         ロード・ピッグv1 (ドレッドノックス) 
      ビークル
         コブラ BUGG + セクト-ヴァイパーv1
         コブラ・ステラ・スティレトー + スター-ヴァイパーv1
         コブラ・アダー      コブラ・インプ      コブラ・バトル・バージ
      アクション・パック (モータライズド) (コブラ)
         コブラ・マシン・ガン・ネスト      コブラ・ツイン・ミサイル・レーダー
         ドレッドノック・バトル・アックス
      ビークル・パック (モータライズド) (コブラ)
         コブラ・ジャイロコプター      コブラ・ロケット・スレッド
      ビークル (メール-イン)
         ファイアーバット

 アイアン・グレナディアーズ (バトル・フォース 2000)
  ※記事はまだ作成していません。

-------------------------------------------------------------------------------------
1988年のコブラ側トイ概要


 レギュラー・シリーズでは、1988年のコブラ側は特に大物幹部は存在せず、ビークルもコブラ BUGG が目立つ程度です。
 この時期にはマーベル版コミックでコブラ内線が勃発しました。

-------------------------------------------------------------------------------------
コブラ・フィギュア (1988年)


アストロ・ヴァイパーv1 (1988年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_16573552.jpg ストラト-ヴァイパーから徴集された兵種。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ジェット・パック、コントロール・ハンドル×左右、ガン×2、ヘルメットはいずれも新規造型。
   ホース×2。
コマンド・ファイル:
コードネーム:アストロ-ヴァイパー  コブラノート (※コブラ宇宙飛行士)
 衛星監視技術は現代の軍事諜報に絶対不可欠だ。 複雑な追跡衛星はサイトで維持され修理される必要があるが、コブラの “ 空の目 ” のネットワークが古くなればますます多くの修理が必要となり、繰り返される高いG の打ち上げや軌道上での長期間に耐えることのできるより多くの技術者が必須となる。
 「コブラノーツはストラト-ヴァイパーズの階級から徴集される; 彼らナイト・レイヴン・パイロットは、高高度飛行と高Gの機動のために資質的及び人工的に調整されている。 コブラノーツは打ち上げ及び帰還用ビークルを操縦し、軌道衛星に乗り組み、衛星修理を行う。 彼らはそこが好きなのだ、寒くて暗い所が」





ハイドロ-ヴァイパーv1 (1988年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_16573367.jpg イールズからの志願兵で構成された兵種。
素体:
   全て新規造型。
   左手に水掻きあり。
付属品:
   SCUBA パック、レギュレーター/ヘルメット、ハープーン・ガン、ファゾム・フィン×2、ダガー、“デビル・レイ (※小型イトマキエイ) ” はいずれも新規造型。
   ホース×2。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ハイドロ-ヴァイパーズ (デーモン・オブ・ザ・ディープ)  コブラ・アンダーウォーター・エリート・トルーパー
 ハイドロ-ヴァイパーズは、窒素酔いや深海潜水のその他の副作用に耐えるべく外科手術による変更に志願したイールズ (コブラ潜水工作員) の有資格者である。 彼らの指には人工水掻きが施され、自然な断熱材とするために化学物質を注入して皮下脂肪生産を刺激されている。 これらの施術の長期的影響として、精神的に不安定になることが判明している……。
 「残念ながら、この連中はもはや人間ではない。 彼らの握手は死んだサバのようであり、一切の家具はゴミ捨て場に捨ててしまった。 ホホジロロサメと同様,彼らは水面下の戦闘では事実上打破不可能であると理解できる──そして賭けてもいいがサメのほうがずっと親しみやすい!」





トキソ-ヴァイパーv1 (1988年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_16573112.jpg 懲罰として任命される兵種。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   インヴァイアメンタル・ヘルメット、バックパック、ピストルはいずれも新規造型。
   エアー・ホース。
コマンド・ファイル:
コードネーム:トキソ-ヴァイパー  コブラ・ホスタイル・エンヴァイアメント・トルーパー (※有害環境兵)
 コブラ・トキソ-ヴァイパーは主として劣悪で不快な環境を作り出すために戦場に投入され、コブラを有利にする。 彼らの戦闘服には適度な気密性があり、ほとんどの溶剤に耐性がある。 もしこのスーツが外気の危険を完璧に遮断するようであったなら、それは厄介なものとなり、動きが遅く、何より重要な点として高価なものとなっただろう。 コブラのリーダーたちは、コブラ・トキソ-ヴァイパーを重く高価な装備で縛りつけずに、できるだけ速く任務をこなせるようにすべきだと思っている。
 「言うまでもなく、トキソ-ヴァイパーはコブラ・トルーパーが志願するような性質のものではない。 事実上、この職務には重大な違反に対する罰として任命されている。 この “漏れスーツ軍団 ” に転属されるというちょっとした脅威は、最も騒々しい兵士たちをも整列させておくには十分だ」




ロード・ピッグv1 (1988年)/ARAH (シングルパック) (ドレッドノックス)
d0164702_16572839.jpg rad pig は悪質なドライバーやライダーを指す road hog と同じ意味。
 準備稿の名称は 「テオポリス・カリカック」。 貧困や犯罪と遺伝の関係を短絡的に説明した、リチャード・ルイス・ダグテールによるジューク家 (テオポリスはその一人) の研究と、ヘンリー・H・ゴッダードによる 『カリカック家──精神薄弱者の遺伝についての研究』(1912年) から。 カリカックはギリシア語カロス (「良好な」)とカコス (「好ましくない」) の合成語。 なお、ロード・ピッグはコミックでは二重人格者であるという設定。
 氏名はハズブロのデザイン・ディレクターであるドン・デルーカ Don Deluca の名から。
 出身地の Goblu は架空の地名。 地図製作元が無断転載を防ぐために仕掛けた 「著作権トラップ」 の一例で、ミシガン州立大学のフットボール・チーム 「ウルヴァリンズ」 のスローガン “Go Blue ! ” が元。
 コスチュームは映画 『マッドマックス2』 (1981年) に登場したウェズの影響あり。
素体:
   全て新規造型。
   左上腕にドレッドノックのインシグニア (“A”) のタトゥーあり。
付属品:
   ハイ-インテンシティー・インパクト・パッド、スパイク付きバトル・シールド、シンダーブロック・ハンマー、ハイ-パワード・クロスボウはいずれも新規造形。
d0164702_16572664.jpgコマンド・ファイル:
コードネーム:ロード・ピッグ  ドレッドノック
ファイル名:ドナルド・デルーカ  社会保障番号:576-44-3345
出身地:ミシガン州ゴーブルー
逮捕歴:スピード違反、過失傷害、ゴミ投棄、暴行、車両重窃盗、高利貸、重度の唾吐き、軽収賄、スクールバス停車区間での高速度の追い越し
 ロード・ピッグが生まれた時、医者は彼を取り上げてこう言った、“ これまで見た中で一番醜い赤ん坊だ!”。 彼はミルク代を奪ったために幼稚園から追い出され、カブ・スカウトからは不名誉として除名された。 彼らの基準からしても我慢ならないほどひどく匂うため、下層階級のアウトローのギャングから締め出された後、彼は仮採用のメンバーとしてドレッドノックスに加わった。 彼らは彼をどう扱ったらいいものか決めかねている……。
 「醜いかって? 彼はそのあまりの醜さからフットボールの試合に出してはもらえなかった! 母親は、犬を彼と遊ばせるためには彼の首のまわりにポーク・チョップをくくりつけなければならなかった。彼がエンパイア・ステート・ビルを訪れただけで大騒ぎになった! 美しさは皮一枚のことかもしれない、だが醜さが消えるのは骨になってからと言えよう!」

※「SN」 (シリアル・ナンバーの略) という項目は、G.I. ジョー・メンバーの場合は 「認識番号」 と訳していますが、ロード・ピッグは軍人ではないので社会保障番号としました。 ただし普通は社会保障番号 (ソーシャル・セキュリティー・ナンバー) は 「SSN」 と略します。

-------------------------------------------------------------------------------------
コブラ・ビークル (1988年)


コブラ BUGG (バグ)(1988年)/ARAH (ビークル)
 セクト-ヴァイパーv1 付属。
 説明書では B.U.G.G.。
 B.U.G.G. が何の略かは不明。 ネーミングは bug から。 bug は 「昆虫」、「細菌」 などの意。
 B.U.G.G. 本体、ホバークラフト/サブマリン・ポッドから構成され、ホバー・スキー×2台搭載。
d0164702_17363308.jpg

B.U.G.G.  B.U.G.G.
 B.U.G.G. 本体。
主要諸元:
   外部ガス・タービン水中推進ユニット
  ■“ ダブル・バブル ” 耐圧ドライバー・キャノピー
  ■サイド・ハッチ・コンパートメント・ドア/ホバー・スキー・アクセス
  ■後部搭載装甲兵員用アクセス・ハッチ
  ■側部搭載外部水平ポジション兵員用プラットフォーム×左右
   浮上/潜航エアー・タンク・パージ・ベンチレーター
武装:
  ■FT-109 “ フォークド・トング ” 地対空サイド-マウンテッド・ミサイル×2基
  ■シングル・バレル50口径自動装填旋回マシンガン
  ■“ ストライク ” VT-60 フロー-スルー・デザイン・アルコール・パワード・トルピード
  ■ロー・プロファイル防弾ディフレクション・マシンガン・キャノピー
     ■後部搭載デュアル・バレル50口径旋回マシンガン
  ■シングル・バレル・“ ショート・スロー ” 自動装填50口径底部搭載マシンガン
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   27    3754EX


ホバークラフト/サブマリン・ポッド  Hovercraft / Submarine Pod
 B.U.G.G. の右前部に搭載されている小型潜水艇。
主要諸元:
  ■水中圧試験済防弾キャノピー (開閉)
    ■耐圧/ウォータータイト2名用コックピット (フィギュア2体搭乗可)
   シームレス・“ フレックス ”・スキン・ポッド・ボディー
  ■ボロン-エポキシ方向舵 (可動)
武装:
  ■旋回式二連給弾自動装填パイロット操作50口径マシンガン×2門 (旋回)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   699727  BUGG


ホバー・スキー  Hover Ski
 B.U.G.G. に2台搭載。
d0164702_17363543.jpg
主要諸元:
  ■ハンドル (折りたたみ式)
武装:
  ■ミサイル×2基 (着脱可)
インシグニア/識別番号:
   699727  BUGG


セクト-ヴァイパーv1 (1988年)/ARAH (コブラ BUGG)
d0164702_17363238.jpg コブラ BUGG に付属。
 sect は宗教や政治などの 「分派」 の意。 しばしば強硬で過激という否定的イメージを伴う。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ヘルメット、ピストルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:セクト-ヴァイパー  コブラ BUGG ドライバー
 コブラ・アイランドの海岸線をパトロールする専門部隊として編成されたセクト-ヴァイパーズは、上陸作戦と海洋監視に特化したスペシャリストである。 全てのセクト-ヴァイパーは、海岸線の特定の区域に配属され、平方インチ毎にその全てとそこに接する海洋底の地形を把握しておくことを要求される! 彼らは世界中の軍で現用の全ての水陸両用上陸用舟艇に徹底的に精通しており、それらの “ 甘い ” 点と脆弱なエリアを暗記し暗唱することができる。
 「セクト-ヴァイパーは熱心過ぎる。彼らは常に砂丘の上を飛ばしているか、波の下に潜るかしている。非番のコブラの兵員は、上層部に取り入って点を稼ぎたいらしい熱心過ぎるセクト-ヴァイパーに見咎められることなしに、ビーチでタオルを広げて日光浴もできない。士気にとって最重要なことではないからだ!」





コブラ・ステラ・スティレトー (1988年)/ARAH (ビークル)
 スター-ヴァイパーv1 付属。
 説明文ではステラ・スティレトー。
 stellar は 「星の」、stiletto は尖った刃を持つ 「短剣」。
d0164702_17363749.jpg
主要諸元:
   液体燃料デュアル・“ ステラー ”・メイン推進エンジン
      スラスト・ディフュージョン・ノズル
      最高速度:マッハ20 (ボックス裏の説明文)
   外部水冷耐熱燃料タンク
   外部 “ プランビング ”・スラスター・インジェクション・ネットワーク
   強化カーボン-カーボン (RCC) 耐熱ノーズ・コーン
  ■7層式アルム-グラス耐熱キャノピー (開閉)
     ■シングル・クルー操縦/指令シート (フィギュア1体搭乗可)
   目標捕捉/衛星追跡データ-リンク
   ガイダンス/ナビゲーショナル・コントロール・システム・コンピューター
  ■スウィプト-バック垂直安定ラダー (垂直離陸/飛行姿勢に可変)
      垂直ポジショラング・“ キック-アップ ”・スタビライザー・ヒンジ・メカニズム
武装:
   “ スティレトー ”・ピン-ポイント・エンジン・ディバーテッド・レーザー (ボックスではプラズマ・ガン)
  ■“ SLICE (※スライス) ” (超音速レーザー発射迎撃)・デュアル・パーパス・ミサイル (着脱可)
  ■“ ストライク ” DK-87 長距離データ-リンク・ミサイル (着脱可)
  ※ミサイル2種はボックス裏の説明ではディープ・スペース・ミサイル。
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   GNP 0918.82
その他:
   撃墜マーク (アメリカ軍国際標識×4)
説明文:
コブラ・ステラ・スティレトー
 大気圏をマッハ20で駆け抜けるコブラ・ステラ・スティレトーは、レーザー・ガンとディーブ・スペース・ミサイルを作動させて G.I. ジョー・ディファイアント・スペース・コンプレックスを軌道上から叩きだす!




スター-ヴァイパーv1 (1988年)/ARAH (コブラ・ステラ・スティレトー)
d0164702_17363811.jpg コブラ・ステラ・スティレトーに付属。
 ストラト-ヴァイパーの中から外科手術で改造された兵種。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   なし。
コマンド・ファイル:
コードネーム:スター-ヴァイパー  コブラ・ステラ・スティレトー・パイロット
 スター-ヴァイパーは外科手術で右脳に電磁気短絡路を埋め込まれたコブラ・ストラト-ヴァイパーの有資格者である。 高速の、大気圏上層部でのドッグ-ファイトにおいて、電気インパルスは短絡路を通って伝わり、反射神経を刺激して瞬時の決断のために意識を高めるのだ。
 「活動中のスター-ヴァイパーは極めて危険だ! 彼らは昆虫のような効率で機械的な速い動きをこなす。 しかし、彼らは仲間のコブラからは “ジョルト-ヘッド ”と呼ばれ、任務中に錯乱したり概して方向感覚を失うことで知られている」





コブラ・アダー (1988年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではロード・ピッグが操縦。
 adder は 「ヨーロッパクサリヘビ」、「ハナダカヘビ」、その他の毒ヘビ、マムシのこと。 「計算者」 の意もあり。
 対戦車用の地対地ミサイル搭載という設定だが、シールのモニター画面は航空機を捕捉している。
d0164702_17464096.jpg
主要諸元:
  ■車両操縦士管制ステーション/火器管制要員 (フィギュア1体搭乗可)
      火器管制/車両操縦電磁式レバー
   多機能フェーズド・アレイ・レーダー・コンピューター
  ■“ QD ” クイック-デリバリー・パンク防止タイヤ×6輪 (コロ走行) 
武装:
  ■ミサイル・ラック (ミサイル発射システム) (昇降可)
     ■“ ホワイト・ヒート Ⅱ” SSM (地対地ミサイル)
         ベルント LR-58 固形燃料エンジン
            デュアル・スラスト・エンジン・エキゾースト・システム
         防爆ミリ波識別センサー
         対戦車クラスター弾薬
         小型十字形調整ベーン
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   特殊文字による識別番号




コブラ・インプ (1988年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではトキソ-ヴァイパーが操縦。
 imp は 「小鬼」、「悪童」 といった意。
 G.I. ジョーの前哨地点を攻撃するミサイル戦車。
d0164702_17552359.jpg
  
主要諸元:
   “ ドラゴンⅢ ”・スーパー・デューティー 400bhp ターボ・ディーゼル・エンジン
   トラック推進モーター・アクセス・パネル (モールドのみ)
   超強化兵員保護ハウジング
     ■着座/露出用操縦士搭乗エリア (フィギュア1体搭乗可)
   “ スーパー・スムース ”・シールド・ベアリング・トラック・ボギー
  ■クロス・リンク焼入鋼トラック (ダンベル・ホイールによるコロ走行可)
  ■後部プラットフォーム (ペグ)
武装:
  ■“ ショート・スロー ” 50口径スプリング-マウンテット・マシンガン
  ■ミサイル・ラック (可動)
     ■“ アンブッシュ ” 地対地ミサイル×3基 (着脱可)
        ■赤外線画像プログラマブル・“ インプ ”・ミサイル (分離可)
        ■地雷×8個
         MK53 “ ビッグ・ブラスト ” 固形燃料推進ロケット・エンジン
         “ ヒート・ディテクティブ ” H10-57 赤外線追尾誘導システム
         マイクロプロセッサー搭載 DC サーボ式上昇コントロール・サーフェース
         “ ストップ・ジャム ” 電子対対策装置データ・システム
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   IMP-Ø95
その他:
   撃墜マーク (スラッシュ×7)




コブラ・バトル・バージ (1988年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではトキソ-ヴァイパー、ハイドロ-ヴァイパー、テクノ-ヴァイパーが搭乗。
 barge は 「はしけ船」 のこと。 コブラ・アイランド沿岸に浮かぶ防衛線。
d0164702_17552736.jpg
主要諸元:
  ■フォーム封入ポリ-サック浮力ポッド (フロート可)
   “ ラフ・ウォーター ” 油圧式自動浮力コンペンセーター
   オーバーフロー油圧ポンプ・システム
   ナイロン・マイクロメッシュ密閉式浮力防護カバーリング
   “ PULSE (※パルス) ”(防御/超音速リキッド・フィルド監視エミッター) レーダー
   メイン受信中央レーダー・ディッシュ
   マグネティック・アレイ・ディテクション・レーダー
   超感度目標捕捉スキャナー
  ■防弾クロス・カバード油圧制御ガナー・シート (フィギュア1体搭乗可)×3座
      ジョイ・スティック・プラットフォーム・ディレクショナル・コントロール
武装:
  ■“ クール・イット ” 水冷式 20mm 内部装填キャノン (ボックス裏の説明ではレーザー・ガン)×3門
      密閉式オート-ポンプ・ウォーター・ジャケット
      ガン・ローテーション・サーボ・システム
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   「バトル・ハージ」

-------------------------------------------------------------------------------------
コブラ・モータライズド・アクション・パック (1988年)


コブラ・マシン・ガン・ネスト (1988年)/ARAH (モータライズド・アクション・パック)
d0164702_18055095.jpg フィギュアは付属せず。
 グラウンド・ユニット状態ではワインドアップ・モーターでマシンガンが可動。
 バックパックに変形。
武装:
   マシンガン
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
※右の画像にある 「45」 のシールは製品版にはない。










コブラ・ツイン・ミサイル・レーダー (1988年)/ARAH (モータライズド・アクション・パック)
d0164702_18054738.jpg フィギュアは付属せず。
 説明文ではコブラ・ツイン・ミサイル・ランチャー。
 グラウンド・ユニット状態ではワインドアップ・モーターでレーダー・シールドが可動。
 バックパックに変形。
武装:
   ミサイル×2基
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   SZ:B2£











ドレッドノック・バトル・アックス (1988年)/ARAH (モータライズド・アクション・パックd0164702_18071886.jpg (ドレッドノックス)
 フィギュアは付属せず。
 グラウンド・ユニット状態ではワインドアップ・モーターでアックスの振り下ろし。
 バックパックに変形。
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   固有のマーキング
   A1X єZ











-------------------------------------------------------------------------------------
ゴブラ・モータライズド・ビークル・パック (1988年)


コブラ・ジャイロコプター (1988年)/ARAH (モータライズド・ビークル・パック)
d0164702_18024978.jpg フィギュアは付属せず。
 エアー・アサルト・ユニット (プルバック・モーター内蔵)、バックパックに変形。
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   32










コブラ・ロケット・スレッド (1988年)/ARAH (モータライズド・ビークル・パック)
d0164702_18023532.jpg フィギュアは付属せず。
 ロケット・アサルト・ユニット (プルバック・モーター内蔵)、バックパックに変形。
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   ;8U-Ø3ë






-------------------------------------------------------------------------------------
コブラ・ビークル (1988年メール-イン)


ファイアーバット (1988年)/メール-イン (ビークル)
 コブラ・テラー・ドローム (1986年) に付属したファイアーバットのリペイント。
 A.V.A.C. (v1) 付属。
 成型色がマルーンから明るいレッドに変わった。
 それ以外は変更なし。


A.V.A.C. (v1) (1988年)/メール-イン (ファイアーバット)
 コブラ・テラー・ドローム (1986年) のファイアーバットに付属した A.V.A.C. (v1) と同じ。

-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、1988年のコブラ側トイでした。
 SF メカ的なビークルはアイアン・グレナディアーズのほうで発売されたためか、主力兵器っぽさに欠けたビークルばかりという感じですね。

 さて、次回は12インチの G.I. ジョーの記事の予定です。 それでは!


[PR]
by joefig | 2015-09-13 21:58 | 資料 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/20419870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by テペロ at 2015-09-15 21:30 x
この年はデストロにとっては革命的な時代でしたねコブラの内乱といい90年までから作られるアイアングレナディアシリーズといい、しかしコブラ・ステラ・スティレトーが地上、宇宙用戦闘ロケットとは恐ろしい・・・ちなみにアストロ・ヴァイパーの武装コンセプトはレーザーヴァイパーと似てる点がありますね・
Commented by joefig at 2015-09-16 14:30
>テペロさん
アイアングレナディアについてもそのうち記事を作りたいと思います。
ステラ・スティレトーは小型なのにすごい性能ですよね。コメントいただいたことを機に、ボックス裏の説明文の訳も付け加えてみました。マッハ20というのはサンダーバード1号と同じスペックでした。
アストロヴァイパーやレーザーヴァイパーのバックパックは確かにコンセプトが似ていますね! 当時のSF モノのトレンドの一つだったのかもしれませんが、設定上の面から推測するとしたら、コブラでは宇宙関連やレーザー兵器といった先進技術を開発する部署が同一だったのかもしれませんね。それはさておき、フィギュアがリメイクされるとしたら間違いなくパーツが流用される気がします。