ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/1987年のコブラ側トイ

 今回は1987年のコブラ側トイの記事です。
d0164702_22275842.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「ARAH」 トイ全リストの項へ

-------------------------------------------------------------------------------------
1987年のコブラ側トイ・ラインナップ


      フィギュア
         ビッグ・ボアv1      コブラ・コマンダーv3      クロック・マスター v1
         クリスタル・ボールv1      ラプターv1      テクノ-ヴァイパーv1
      コブラ-ラ・チーム (3パック)
         ゴロビュラスv1      ネメシス・エンフォーサーv1      ロイヤル・ガードv1
      ビークル
         コブラ・マンバ + ジャイロ-ヴァイパーv1  
         コブラ WOLF + アイス・ヴァイパーv1
         コブラ・シー・レイ + シー・スラッグv1
         コブラ・マゴット + W.O.R.M.S. v1
         バズ・ボア      コブラ・ジェット・パック      コブラ・ポーゴー
         エア・スキッフ + ザンジバルv1
         ドレッドノック・サイクル
      アクション・パック (モータライズド) (コブラ)
         アース・ボーラー      ロープ・クロッサー      マウンテン・クライマー
         ポン-ポン・ガン

-------------------------------------------------------------------------------------
1987年のコブラ側トイ概要


 怪人風のメンバーが増えました。

-------------------------------------------------------------------------------------
フィギュア


ビッグ・ボアv1 (1987年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_18173992.jpg boa は熱帯アメリカに生息する、全長4~5mに達する大型のヘビのこと。
 未発売に終わったロッキーのライバル的なキャラクターとして企画されたもの。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   パンチング・バッグ (“JOE ” の表記あり)、スタンド、フレックススチール・ボクシング・グラブ×左右はいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ビッグ・ボア  コブラ・トレーナー
ファイル名:不明
 コブラ・トルーパーたちはともすれば手に負えない一群ともなり得る。 彼らは愛国心、部隊への忠誠心、名誉や義務感といった動機は持ち合わせていないのだ。 彼らを戦闘態勢へ駆り立てるのは残忍で無慈悲な監督であり、ビッグ・ボアはその条件を完全に満たしている。 彼は拡声器のような声、凍った七面鳥ほどのサイズの拳、気が立った灰色熊のような気性を持っている。
 「ビッグ・ボアは午前5時にコブラの兵舎のドアを蹴り開け、全員に匍匐前進で鼻先でボウリング・ボールを押しながら山を登らせる。 その後、茨の茂みの中での20マイル走、知りたくもないほどの回数の腕立て伏せ、防弾ジャケットとヘルメットを装着したまま上流での2マイルの水泳がある。 朝食の後、彼は厳しい訓練を始めるのだ!」

※「気が立った灰色熊」 の部分が 「短気な熊」 となっているバリエーションあり。




コブラ・コマンダーv3 (1987年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_18174189.jpg マーベル版コミックでは、バトル・アーマーを製作したのはクリムゾン・ガードのフレッド7号で、彼はコブラ・コマンダーを撃った後、このアーマーを装着して長期にわたりコマンダーになりすました。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ライフ・サポート・バックパック、ホース、オート-アサルト・ピストルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:コブラ・コマンダー  with バトル・アーマー
ファイル名:機密
 コブラ・コマンダーは自分のヴァイパーズ、イールズ、シージーたちがG.I. ジョー・チームに対峙する際にはその活動の真っただ中の正面にいることを好む。 激しい戦いにおいて自分たちのリーダーを保護すべく、デストロの軍需工場の最高の技術者たちはベリリウム鋼板コンポーネントとフレキシブル防弾ポリマー繊維を組み合わせたボディー・アーマーによる特製スーツを作製した。 スーツは全身に空調、抗溶解、放射線保護が施されている。 ヘルメットにはインテグラル通信システム、内蔵型環境状況分析装置、小型化されたコンピューター・ディスプレイが取り付けられている。
 「我々は少なくともコブラ要員の全ユニットにこうしたスーツが支給されるとは心配しなくていい。 一着あたりのコストがジェット戦闘機並みなのだ! プレート・パーツは重機関銃の直撃に耐えることもでき、フレキシブル・パーツは357 マグナムまでのものは何でも止めるだろう。 我々は、ヘルメットには半ポンドのプラスチック爆弾が直結された対開封装置が仕掛けられているものとにらんでいる!」





クロック・マスター v1 (1987年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_18174332.jpg croc は 「クロコダイル」 の略。
 マーベル版コミックではペットのワニたちの名前が登場。 ティファニー、ロリータ、チェルシー、マチルダ、タラ、メリッサなど。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ニューロ-ラッシュ (※神経鞭)、バインダー・ケーブル、クロコダイルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:クロック・マスター  コブラ・レプタイル・トレーナー (※爬虫類調教師)
ファイル名:不明
 コブラ・アイランドへの思いがけぬ訪問者は、あるエリアへの通行が迷路のような浅い運河の水系で阻まれていることに気付くだろう。 この入り組んだ水路には、意図的に敵対的、凶暴、絶食状態にされた貪欲で空腹な人食いクロコダイルがたっぷり仕込まれている。 こうした嫌な爬虫類どもの責任者であるクロック・マスターは、元アリゲーター・レスラーでありアリゲーターを用いたホーム・セキュリティーを商売にしてガード-ゲーターズ株式会社を設立した防犯警報機のセールスマンだった。
 「クロック・マスターは、ぬるま湯の風呂の水面に鼻だけを突きだして仮眠しながら余暇を過ごす。 彼は歯ぎしりをし、強力なあごを噛みしめながら奇妙な緑の夢を見る。 彼は自分をとらえて放さない飢えに苛まされるのだ……」





クリスタル・ボールv1 (1987年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_18071464.jpg crystal ball は占いなどに使う 「水晶玉」 のこと。
 コマンド・ファイルは作家のスティーブン・キングが書いたとされる (息子のオーウェンが G.I. ジョーの熱心なファンであった)。 クリスタル・ボールの母の出身地であるメイン州バンゴーは、キングの妻タビサ・スプルースの出身地。 同年発売された G.I. ジョー側フィギュアのスニーク・ピークの本名は息子オーウェンの名前からとられている (スニーク・ピークの出身地もバンゴー)。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   リフレクテッド・ライト・パルス・モジュレーター (ヒュプノ-シールド) は新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:クリスタル・ボール  コブラ・ヒュプノティスト (※催眠術師)
 ルーマニア人の父 (“千里眼”の持ち主だったという) とメイン州バンゴー出身のアメリカ人の母のもとで誕生したクリスタル・ボールは、実に七番目の息子のそのまた七番目の息子だったが……こうした男は、迷信深い古いジプシーによると、超自然的な力を宿しているのだ。 それが本当かどうかはともかく、クリスタル・ボールは時折心を読むことができ、彼をコブラ軍の一風変わった増員、とりわけ捕らえたジョーの尋問官としている。 コブラは捕虜を訊問するのに拷問を用いない;クリスタル・ボールの調子さえ良い日であれば、彼らにはそんなものは必要ないのだ。
 「水晶板が回ったら、喋ろうとしなくて結構;考えに集中したまえ!」





ラプターv1 (1987年)/ARAH (シングルパック)
 raptor は 「猛禽」 の意。
 準備稿の名称は 「ペレグリーン (鷹匠のタカのこと)」、「ゴス (鳥類の雁のこと)」、「スクリー (昆虫の飛翔時などの擬音語)」。
d0164702_18034301.jpg
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ウルトラライト・エア・フォイル・システム、“タロン ” (ファルコン/ハヤブサ) はいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ラプター  コブラ・ファルコナー
ファイル名:不明
 ラプターはヤッピーの税理コンサルタントだったが、娯楽としてタカ狩りを始めて間もなく鳥類による流血的なスポーツに取りつかれるようになった。 彼はより大きくて強い鳥を飼育し、彼らの爪の先端に鉄を施すことではるかに有益な獲物を攻撃できることに気付いた。 コブラのミンク牧場で密猟していたところをデストロに捕えられたラプターは、コブラ軍団の仲間に加わってG.I. ジョーに攻撃できるほどに強い猛禽の開発の研究を始めた。
 「ラプターはバード・スーツでドレスアップしていることに何の迷いもなく、自分の時間のほとんどを巨大な鳥かごの中で過ごしている。 それも目的のための手段であり、ラプターの決算は非課税の利益にある」





テクノ-ヴァイパーv1 (1987年)/ARAH (シングルパック)
d0164702_18034523.jpg素体:
   全て新規造形。
付属品:
   バックパック、油圧クランプ、鍛鉄性スレッジハマー、ヴァリオ-レンチ、フェーズ-パルス・プラズマ・ライフルはいずれも新規造形。
   ホース×2。
コマンド・ファイル:
コードネーム:テクノ-ヴァイパー  コブラ戦場技師
 現代の戦いでは高価で複雑な機械が欠かせないが、敵に受けた損傷、操縦者のエラーによる負荷、純然たる故障など、これら機械の故障は避けられない。 前線のコブラ部隊に対する戦場メンテナンス支援と戦闘工兵能力はテクノ-ヴァイパーの使命だ。 テクノ-ヴァイパーはHISS タンクを修理し、橋を築き、一見アクセスが不能な場所からでも大きく重い機械を回収することができる。
 「テクノ-ヴァイパーがレンチやジャッキを運ぶだけなどと過小評価してはならない! 彼らは自らのやり方でヴァイパーの階級から昇進し、またそれぞれは有資格のコブラ歩兵だ。 さらに彼らは工兵として機能し、厳重に警備された地点を攻撃する際には常に第一波として招集されるのだ!」


-------------------------------------------------------------------------------------
コブラ-ラ・チーム


コブラ-ラ・チーム (1987年)/ARAH (3パック)
 ゴロビュラスv1、ネメシス・エンフォーサーv1、ロイヤル・ガードv1 のセット。

-------------------------------------------------------------------------------------
ビークル


コブラ・マンバ (1987年)/ARAH (ビークル)
 ジャイロ-ヴァイパーv1 付属。
 mamba はアフリカ南部産のコブラ科の毒ヘビ。
d0164702_19424232.jpg
主要諸元:
  ■“ サーボ-トクス ” NT-58 ターボシャフト・エンジン (エンジン・カバー着脱可)
  ■“ スラッシャー ” 多層エポキシ反転ローター (機体下部のノブで回転)
   アドバンスト・“ リフティング・ホディー ”・エアロダイナミック胴部
     ■メイン・キャノピー (開閉、フィギュア1体搭乗可)
  ■デタッチャブル MOLT (マンバ・オフェンシブ・ライト・タクティカル)・アタック・ポッド×2基
      (各フィギュア1体搭乗可。 分離可)  
   SMASH (センサー・システム:マンバ・エア・サプレッション&ヒート-リダクション)・ノイズ・エリミネーター        
武装:
   “ サーペントール ” 9mm RRF (ラピット・レート・オブ・ファイアー) マシンガン×2門 (各アタック・ポッド)
   “ ネメシス ” 対戦車ミニ-ミサイル×2基 (各アタック・ポッド)
   “ ディアブロ ” 超音速空対空ミサイル×4基
   大型爆弾×1基
  ■小型爆弾×2基 (投下ギミックあり)
識別番号/インシグニア:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   225V


ジャイロ-ヴァイパーv1 (1987年)/ARAH (コブラ・マンバ)
d0164702_13102859.jpg コブラ・マンバに付属。
 準備稿の名称は 「ローター-ヴァイパー」。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ヘルメットは新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ジャイロ-ヴァイパー  マンバ・ドライバー
 ヘリコプターを操縦するのに必要な連携作用とは、左手でヨーヨーを操りながら右人差し指の先でパイの皿を回し、足先では水一杯のグラスの平衡を保つも同然のことだ。 戦闘時に攻撃ヘリコプターを操縦するのは、その全てを行いながら、狩猟期の半ばに12 ポイントの角の牡鹿にまたがって森を駆け抜けるようなものである。 マンバ・パイロットたちはそのトレーニング・プログラムをくぐり抜けるだけでも相当に神経質でなければならない。
 「攻撃ヘリコプターには2種類ある:大型で、重装甲でより遅いものと、小型で、より速いが全く装甲がないものだ。 マンバは後者のカテゴリーに属する。 ジャイロ-ヴァイパーズは、自分たちの飛行技術に自信過剰な確信を持ち即断即決型の傾向があり……後には引かない」





コブラ WOLF (1987年)/ARAH (ビークル)
 アイスヴァイパーv1 付属。
 WOLF はウインター・オペレーションズ・ランド・ファイターまたはウインター・オペレーショナル・ライト・ファイティング・ビークルの略。
d0164702_19451473.jpg
d0164702_20291243.jpg主要諸元:
  ■エンジン (パネル開閉)
   焼結型ダブル・スキー
     ■窒素圧ショック (ピボット可動)
  ■デュアル・トラック推進ユニット (コロ走行、格納・展開可)
  ■クロス-ウェーブ・カーボン・ベース・リア・スキー×左右
      (着脱可、フィギュアにスノー・ボード状に装着可)
  ■二層内蔵ヒーティング式キャノピー×2 (開閉)
     ■パイロット・コマンド・シート/HUD (ヘッド・アップ・ディスプレイ)
          (フィギュア1体搭乗可)
     ■高視界リア・ガナー・シート (フィギュア1体搭乗可)
         ガナー操作火器管制コンピューター
  ■サイド-マウンテッド兵員輸送プラットフォーム (ペグ×3×左右)
   ウェザー-カッティング PNVS (パイロット・ナイト・ビジョン・システム)
武装:
  ■“ リッパー ”・ピボッティング 20mm リピーティング・キャノン×2門 (仰角・旋回可)    
  ■SS/AM ラック (ピボッティング・リモート・ミサイル・ランチャー・パネル) (格納・展開可)
     ■WHAM-4 (ウインター-オリエンテッド・ヘビー-オードナンス地対空ミサイル) ×4基 (着脱可)
d0164702_20351765.jpg  ■“ SNARL ” (スノー・エンヴァイアメント-アドバンスト・アタック・レンジ・レーザー)・スキー・トルピード×2基
      (着脱可。 ヘビの顔のインシグニア/エンブレムあり)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   コブラ WOLF インシグニア
   BY 6308-24
その他:
   撃墜マーク (スノー・キャット・インシグニア×4)

   
アイス・ヴァイパーv1 (1987年)/ARAH (コブラ WOLF)
d0164702_17211703.jpg コブラ WOLF に付属。
 準備稿の名称は 「ワーウルヴズ (人狼)」、「ワー-ウォーラス (人間セイウチ)」。
素体:
   全て新規造型。
付属品:
   ヘルメット、サイ×2はいずれも新規造型。
ファイル・カード:
コードネーム:アイス・ヴァイパー  コブラ WOLF ドライバー
 アイス・ヴァイパーズはスノー・サーペンツの機械化部隊であり、そのどちらもまず最初にコブラ・イールズ (コブラ潜水工作員) の資格がなければならない。 彼らはテクノ-ヴァイパーズの補足訓練を受けて、厳しい極地環境下においても自らのビークルを修理し復旧する準備ができなければならない。 アイス・ヴァイパーズは体温維持の補助として特性高脂肪食を与えられ、また自分たちの息で髭が凍るのを防ぐために顔面を除毛している。
 「零下40度のツンドラでシェルターの中の誰もがボタンをきつく留め、氷雪の嵐が北から吹き付ける時は、忍び寄るアイス・ヴァイパーズのことを心配しなければならない。 外は一面が白一色で、隠れる場所はない。 戦うには寒すぎるなどとまず最初に着膨れするような者は、敗れるのだ!」





コブラ・シー・レイ (1987年)/ARAH (ビークル)
 シー・スラッグv1 付属。
 sea ray は 「海のエイ」 の意。
 フォワード・アタック・クラフトとワン-マン・グライダーに分離。
d0164702_19541379.jpg

フォワード・アタック・クラフト  Forward Attack Craft
 シー・レイの前部を形成する小型潜水艇。
d0164702_20291535.jpg主要諸元:
  ■“ スラスター ”・マッハ2 26kポンド・ターボジェット・エンジン (エンジン・カバー着脱可)
   ハイドロジェット推進システム
  ■耐水・耐衝撃キャノピー (開閉可)
     ■強化型衝撃吸収コマンド・シート (フィギュア1体搭乗可)
         HUD (ヘッド・アップ・ディスプレイ) パイロット誘導システム
  ■兵員用作戦/輸送プラットフォーム (フィギュア1体搭載可)
武装:
  ■“ パルヴァライザー ” 30mm 密閉燃焼式キャノン×2門 (上下回転)
  ■“ スネーク・アタック ” 200ポンド空対地ミサイル×2基
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   シー・レイ・インシグニア
   LAx41RA

ワン-マン・グライダー  One-Man Glider
 シー・レイの後部を形成する一人乗り攻撃グライダー。
主要諸元:
   “ スムース-フロー ”・プライマリー・リフティング・サーフェイス・ウイング
  ■兵員用作戦/輸送プラットフォーム (フィギュア1体搭載可)
      コントロール・パネル
武装:
  ■“ スネーク・アタック ” 200ポンド空対地ミサイル×6基
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   シー・レイ・インシグニア


シー・スラッグv1 (1987年)/ARAH (コブラ・シー・レイ)
d0164702_17211975.jpg コブラ・シー・レイに付属。
 sea slug は 「ウミウシ」 の意。
素体:
   全て新規造型。
   左胸にシー・レイのインシグニア/エンブレムあり。
付属品:
   ピストルは新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:シー・スラッグ  シー・レイ・ナビゲーター
 シー・スラッグはイールズ (コブラ潜水工作員) の中から選抜される。 そのため、彼らは水中爆破、小型ボート戦術、広範なソナー・ギアの資格を持つ。 シー・スラッグの特殊訓練はシー・レイ戦術潜水艦とその派生機種の使用に特化している。 シー・レイ訓練は3つの課程:砂州の河岸、深海、北極からなる。 訓練幹部は北極課程における損耗率を35%と見ている。
 「シー・レイは既存の全てのソナーに極めて不明瞭な “反響 ”を送り返すラバー製のダンパーで覆われている。 また、ザトウクジラが発する音に擬態できるノイズ発生機を装備している。 熱識別特性がほとんどなく、水面上にいる時は水面より低く待機する。 言い換えれば、彼らの探知は非常に難しく、ひとたび彼らを発見すれば彼らが乗るシー・スラッグに対処しなければならないのだ」





コブラ・マゴット (1987年)/ARAH (ビークル)
 W.O.R.M.S. v1 付属。
 maggot は ① 「ウジムシ」、② 「奇想」 の意。
 モデルは強いて言えばスウェーデンの UDES-XX-20 か。
 高速装甲対戦車車両、装甲偵察/戦場管制車両、長距離155mm 砲台に分離。
d0164702_19494446.jpg

ハイ-スピード・アーマード・アンチ-タンク・ビークル  High-Speed Armored Anti-Tank Vehicle (ATV)
 コブラ・マゴットの前部を形成する高速装甲対戦車車両。
主要諸元:
  ■“ スピンナップ ” 1,000hp ターボ・ディーゼル・エンジン (カバー開閉)
  ■コロ走行可
  ■ATV ドライバー/コマンド・シート (フィギュア1体搭乗可)
  ■MAG-61 ジャイロ補足コンピューター・レーダー (回転)
   油圧式連結/分離ジョイント
武装:
  ■ドライバー操作 240rpm/40mm キャノン (旋回可)
  ■“ HEAT ”(ハイ・エフィシェンシー・アンチ-タンク/高効率対戦車)ジャイロ誘導レーザー (旋回・仰角可動)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   KΨQ-XT3    5


アーマード・リコネサンス・ビークル  Armored Reconnaissance Vehicle
バトルフィールド・コントロール・ビークル  Battlefield Control Vehicle
 コブラ・マゴットの後部を形成する装甲偵察/戦場管制車両。
 ロング・レンジ・ガン・エンプレースメントを積載可。
主要諸元:
  ■コロ走行可。
  ■フィギュア1体搭乗可。


ロング・レンジ・ガン・エンプレースメント  Long-Range Gun Emplacement
 コブラ・マゴットの後部に積載される長距離砲台。
主要諸元:
  ■戦場火器管制ステーション (フィギュア1体搭乗可)
  ■油圧式作動サポート・アーム×4基 (格納・展開可)
武装:
  ■“ RAP ” (ロケット・アシステッド・プロジェクタイル) 長距離155mm キャノン (仰角可動)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   5


W.O.R.M.S. (ワームズ) v1 (1987年)/ARAH (コブラ・マゴット)
d0164702_17212139.jpg コブラ・マゴットに付属。
 W.O.R.M.S. は Weapons Ordnance Rugged Machine Specialist (大砲で武装した頑丈なマシーンのスペシャリストといった意)の略。
 worm は 「蠕虫」 (ミミズやウジムシなど) の意。
 ヘルメットのデザインはパシフィック・コミックスの 『ロケッティア』 (1982年デビュー) 風。
素体:
   全て新規造型。
   左胸に略綬や記章あり。
付属品:
   ヘルメット、アンテナはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:W.O.R.M.S.(※)  マゴット・ドライバー
 W.O.R.M.S.はコブラ地上軍の自走砲スペシャリストであり、その専門分野全般のクロス-トレーニングを受けている。 いずれの単独の W.O.R.M.S.も、ドライバー、ガナー、ローダー、ディーゼル・メカニックのどのポジションでもマゴットに乗り込むことができる。 最適条件化では、マゴットには4名のクルー:コマンダー、ドライバー、ガナー、ローダーが乗り込む。 戦闘状況下では、クルーが2名まで減ってもマゴットは活動を続行してその火力を維持できる。
 「マゴットの一群は中央火器管制ビークルから目標情報を得ることができ、ECM (※) 耐性、撃ち放し、自立照準、近接信管HEAT (※) 弾などといった誘導式の見事な弾薬を発射できる。 マゴットの乗組員には深く考える必要はなく、W.O.R.M.S.であるための唯一の条件は、片手にボギー車輪、もう片手に 155mm 砲弾を持って歩けるだけの能力があることだ」

※ウエポンズ・オードナンス・ラグド・マシーン・スペシャリスト
※エレクトロニック・カウンター・メジャーズ (※電子対抗手段)
※ハイ・エクスプローシブ・アンチ-タンク (※高性能爆薬対戦車榴弾)




バズ・ボアー (1987年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 ボックス・アートではヴァイパーが登場。
 buzz boar は 「唸るイノシシ」 といった意。 説明書ではコブラ・バズ・ボアー。
 モデルは 『ポピュラー・サイエンス』 1933年11月号に掲載された1輪ウォー・タンク。
d0164702_20015386.jpg
主要諸元:
  ■定粘圧式ローラー・システム (回転) 
      “ ボアーズ・ティース ” 特殊硬化ピッチ可変掘削ティース
  ■前方ヒンジ式エントリー・ドア (開閉。 ヒンジ部にコブラ・コマンド・インシグニアあり)
     ■単座操縦密閉式キャビン (フィギュア1体搭乗可)

武装:
  
  ■“ パウンダー ” 50口径デュアル・リピーティング・マシンガン (仰角方向に旋回)
  ■DAO (デストロ・アンチ-オブスタクル/対妨害物) 側面発射ミサイル (着脱可)×2基
インシグニア/ 識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア



コブラ・ジェット・パック (1987年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。ボックス・アートではクリスタル・ボールが操縦。
d0164702_20041600.jpg
主要諸元:
   “ ダブル・パック ” 推力5M/ポンド ・ターボファン・エンジン
   “ スクリーナー ”・マイクロメッシュ・アロイ・ジェット・インテーク
  ■多層振動緩衝式兵員固定装置 (フィギュア1体搭乗可)
      “ クイック-スティック ” 速度・上昇コントロール
      マイクロ-アジャスト方向コントロール
武装:
  ■“ クアッド・ブラスト ” 25mm 同軸射撃マシンガン
  ■“ ニュートラライザー ” AIM-44 空対空ミサイル×2基
インシグニア/ 識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   219LsCMp




コブラ・ポーゴー (1987年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 ボックス・アートではコブラ・コマンダーv3 が搭乗。
 バリスティック・バトル・ボール。
 pogo はホッピング (飛び跳ねて遊ぶばね付きの棒) の商標名。 1920年にドイツでパテントを得たマックス・ポーリヒとエルンスト・ゴットシャルのラストネームを組み合わせたもの。
d0164702_19390781.jpg
主要諸元:
   “ ショート・ブラスト ” 推力30M/ポンド噴射コントロール式ロケット
      二段階式液体燃料槽
  ■“ クラム ” 耐衝撃有色キャノピー (開閉、フィギュア1体搭乗可)
   “ リアル・フィール ” 地形対応着陸ポッド×3脚
      窒素圧リリーフ・ショック
   “ ライブ・ワイヤー ” 通信アンテナ
武装:
  ■マシンガン (ヒンジ可動)
  ■“ HOBO (ホーボー) “ (ホーミング・ボム・システム) KM4-560 赤外線誘導爆弾×2基 (着脱可)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   ZΘX-699




エア・スキッフ (1987年)/ARAH (ビークル)
 ザンジバルv1 付属。
 skiff は一人乗りの小舟のこと。
d0164702_18515461.jpg
d0164702_18515674.jpg主要諸元:
   800bhp “ スキッフ ”・シャフト・タービン・エンジン
   3,000psi. 油圧ダクト回転システム
   可変姿勢制御システム (VSS) ダクティング・シュラウド
     ■プロペラ (回転)
  ■フロー-パック・エルゴ-フィット・シート (フィギュア1体搭乗可)
  ■武器ストレージ×左右 (フィギュアの付属武器を固定)
武装:
  ■M-11B カップルド・パントグラフ照準 7.62mm マシンガン (仰角方向に旋回)
  ■AIR-99 ターミナル・ホーミング・センサー・ミサイル×2基 (着脱可)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   固有のインシグニア (ジョリー・ロジャー+727 Z)
   748■mwp


d0164702_18515284.jpgザンジバルv1 (1987年)/ARAH (エア・スキッフ)
 エア・スキッフに付属。
 Zanzibar (ザンジバー) はアフリカのザンジバル諸島から。 ザルタンのようにZ で始まるスペルゆえに採用されたものと思われる。
 本名のモーガン・ティーチはかつてカリブ海で活躍したイギリスの海賊ヘンリー・モーガンと 「黒髭」 ことエドワード・ティーチの名前から。
素体:
   全て新規造型。
   頭部に植毛。
付属品:
   スピアー、ハンマー、ピストルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ザンジバル  ドレッドノック・パイレーツ
ファイル名:モーガン・ティーチ
出身地:ケイマン諸島
 ザンジバルはごみ運搬船の上で育ち、込み合った桟橋上で他人のポケットからスリを働くことで成長期を過ごした。 彼はリバー・パイレーツ、倉庫詐欺、密輸を試してみたものの、それらはただ現実的な仕事でしかなく、彼好みの危険さに欠けていた。 彼に運が巡ってきたのは、ザルタンの所有するガソリン・スタンドに密売品のガソリンの積荷を配達し、直ちにドレッドノックに誘われた時だった。
 「この男はとても卑劣なので、他のドレッドノックスは彼の性根を嫌っている! 彼は夜になると周囲に忍び寄り、小銭目当てに彼らのポケットを探る。 彼はチョコレートのかかったドーナツを、手にして一度かじってはそれを放ってまた箱に戻す。 彼はグレープ・ソーダで歯を磨き、靴下を交換したことはない!」





ドレッドノック・サイクル (1987年)/ARAH (ビークル)
 付属フィギュアなし。 ボックス・アートではザンダーとザラーナが搭乗。
 説明書ではドレッドノック・トライ-サイクル。
d0164702_18404644.jpg
d0164702_18404808.jpg主要諸元:
   水冷 DOHC 16 バルブ・エンジン
  ■“ サン・フラン ”・スタイル・チョップド・フロント・フォーク (ステアリング)
   デュアル-ディスク・アンチ-ダイブ・フロント・プレーキ
   空圧調整式反動減衰ショック
   アルミニウム・アロイ16インチ・フロント・ホイール
   V-レーテッド48-シリーズ・パンク防止フロント・タイヤ (回転)
   “ スーパー・スリック ” パンク防止リア・タイヤ (回転)
武装:
  ■360度回転ガン・シート (旋回)
     ■“ ブレイジング ” 衝撃吸収 106mm 無反動ライフル (仰角可動)
  ■WAAM (ワイド・エリア・アンチ-アーマー・ミサイル) レーザー誘導ミサイル (着脱可)
インシグニア/識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   ドレッドノック・インシグニア
   ⑬
   26<Zo─38




アース・ボーラー (1987年)/ARAH (コブラ・アクション・パック)
d0164702_17121049.jpg 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではクロック・マスターv1 が操作。
 説明書では 「コブラ・アース・ボーラー」。
ギミック:
   グラウンド・ユニットとバックパックとして使用。
  ■グラウンド・サポート (可動)
  ■ドリル (ゼンマイで回転)
インシグニア/ 識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   PLG■30


ロープ・クロッサー (1987年)/ARAH (コブラ・アクション・パック)
d0164702_17121285.jpg 付属フィギュアなし。 パケージ・アートではテクノ-ヴァイパーv1 が操作。
 説明書では 「コブラ・ロープ・クロッサー」。
ギミック:
   トランスポート・ユニットとバックパックとして使用。
  ■スリング・ループ (可動)
  ■クレードル (ゼンマイによるロープの巻き取り。 上部に別売フィギュアの武器×2個搭載可)
インシグニア/ 識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   9148C


マウンテン・クライマー (1987年)/ARAH (アクション・パック)
d0164702_17125845.jpg 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではビッグ・ボアv1 が操作。
ギミック: 
   グラウンド・ユニットとバックパックとして使用。
  ■ウインドシールド、スキー (可動)
  ■フック (ゼンマイで巻き取り)
インシグニア/ 識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   HOa■450371o


ポン-ポン・ガン (1987年)/ARAH (アクション・パック)
d0164702_17131816.jpg 付属フィギュアなし。 パッケージ・アートではラプターv1 が操作。
 モデルはヴィッカーズ QF 2ポンド砲 (“ ポンポン砲 ”)。
ギミック:
   グラウンド・ユニットとバックパックとして使用。
  ■アーム、サポート・アーム (可動)
  ■機銃×2門 (ゼンマイで前後に可動)
インシグニア/ 識別番号:
   コブラ・コマンド・インシグニア
   11

-------------------------------------------------------------------------------------

 以上、1987年のコブラ側トイでした。
 O-リング時代の記事は、今後も少しずつ更新していきたいと思います。

 さて、次回は何にするか未定ですが、今週末の土日には久々にレビュー記事にとりかかりたいと考えています。 それでは!

[PR]
by joefig | 2015-05-13 22:33 | 資料 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/20387873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆーじ/なまのふれ at 2015-05-13 23:39 x
やばい空気がでてきた年ですねw
すがすがしいまでの怪人路線!
Commented by カメオ at 2015-05-14 01:29 x
この年のコブラ側はメンツもビークルもなかなかブッ飛んだのが多いですね~w
ラプターは初めて知りました!現行で連載中のトランスフォーマーvsG.I.ジョーに1コマだけラプターがいるコマがあって、なんて名のキャラなんだろうか・・と悩んでましたが思わぬところで解決しましたw

マンバやバズボアー等かなり風変わりなビークルも素敵ですが、個人的にはアクションパックのバックパックにも武器や乗り物にもなるギミックの面白さもイケてますね
Commented by ドーチ at 2015-05-15 15:40 x
リクエストありがとうございます。コブラ・ポーゴーが鳥山 明似のメカでもう・・・それはそうとコブラの海のビークルが多いのは気のせいでしょうか?やっぱりほとんど陸軍主体のG.I.ジョー・チームとは違う結果でしょうかね?
Commented by joefig at 2015-05-15 22:36
>ゆーじ/なまのふれさん
ようやくゆーじさんお気にのラプターが紹介できました。
このv1 に忠実なリメイクを、羽根状のチープなマント込みでぜひリリリースしてほしいです。
Commented by joefig at 2015-05-15 23:24
>カメオさん
確かに、この年あたりからは特にブッ飛んできてますね~。リアル・アメリカン・ヒーローとかどの口で言うか、というレベルです。でも、今となってはむしろこの辺りからのほうが掘り下げ甲斐もあるという……。

アクションパックみたいな小ぶりのアイテムって、ある意味大きなビークルよりも気になりますね。新規でこんな感じのものを出してくれないかな~。
Commented by joefig at 2015-05-15 23:43
>ドーチさん
確かに鳥山明がこんなメカ書いていた気がしますね!
似たようなサイズ・機能のメカとして、『イデオン発動編』のジョングだと壮絶な白兵戦を思わせるのに、コブラ・ポーゴーだと何かの罰ゲームにしか見えないのは作品のイメージの差でしょうか。

コブラに海のビークルが多いのは、コブラ・アイランドが拠点という設定が多少影響しているのかもしれませんね。
Commented by クラント at 2015-05-27 00:38 x
アクションパックに出てくるポン-ポン・ガン はレーザーヴァイパー、アストロヴァイパーの武器と似ていますね。あと5周年おめでとうございます!