ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

ダラー・ストア/ストーム・シャドウ(ブラウン)

 今回はダラー・ストア限定のストーム・シャドウ (ブラウン) です。
 
d0164702_2185583.jpg

 Yo Joe! の分類ではおそらくストーム・シャドウv46 にあたると思われます。



-------------------------------------------------------------------------------------

 ダラー・ストアの第1弾のストーム・シャドウのリペイントですが、O-リング時代のニンジャ・フォースの 「ギン-ズ」 のパッケージ・アートへのオマージュとなっています。
d0164702_19193353.jpg

 ギン-ズについては以下の通りです。

-------------------------------------------------------------------------------------
ギン-ズについて


 T'Gin-Zu は同じくニンジャ・フォースの T'Jbang (おそらく正しい読みは 「チェバン」) と並んで難読コードネームのひとつで、「英語では正確に発音できない単語」 のニュアンスを出すために語頭が 「T'」 で、続く文字も子音であるため、アメリカ人のファンもどう読んでいいか分からないようです。 

 とはいえ、もちろん当時のスタッフは正解を知っていたわけで、一定の読みがあるのは間違いありません。
 joefig が調べた限りでは、次のような読みが考えられます。

 T'Gin-Zu は  「ギン-ズ」 で、おそらく  「ギンス・ナイフ」  で有名な刃物のブランドのギンス Ginsu に由来するものと思われます。
 
 ギンス・ナイフの CM はインフォマーシャルという手法の草分けで、アメリカでは広く知られる商品となったため、例えば当時のミステリー小説などではギンス・ナイフが凶器としてよく登場していたようです。
 そんなところから、ニンジャ・フォースの他のメンバーであるヌンチャクやチェバンと同様、武器の名称としてコードネームに採用されたものと推測できます。 ただし実際のギンス・ナイフ自体は武器ではなく包丁にすぎません。

  「ギンス」 のブランド名自体は日本語の 「銀簾 (ぎんす)」 から。 銀簾 (ぎんす) はガラス製の棒を天蚕糸 (てぐす) で編んだスダレ。 「ぎんすだれ」 とも。 
 「ギン-ス」 ではなく 「ギン-ズ」 と濁っている理由は不明ですが、仮説として、ブランド名のギンスの語源 「銀簾」 の字が 「銀子 (ぎんす)」(金銭の意) と誤認された可能性があります。 「銀子」 は中国語ではありませんが、中国語風に読むとイン-ズ yin-zi です。  
 
トイ
d0164702_1322898.jpgギン-ズ (1993年)/ニンジャ・フォース (パイル・ドライバー)
 パイル・ドライバーに付属。
素体:
   ニンジャ・フォースのストーム・シャドウv3 (1992年) のリペイント。
   腰に布製の帯。
   内蔵スプリングによるアクション 「サムライ・シェイブ」 のギミックあり。
付属品:
   カタナ・ソードはストーム・シャドウv3 のニンジャ・マスターズ・ソードから。
コマンド・ファイル:
コードネーム:ギン-ズ  パイル・ドライバー操縦士
ファイル名:ジョセフ・R・ライノーネ
認識番号:272-3712-TD
主要軍事特技区分:パイル・ドライバー・ビークル操縦士
第二軍事特技区分:ニンジャ・ソード・マスター
出身地:ニューヨーク州サマーズ  階級:E-4 (※コーポラル、伍長)
d0164702_1325852.jpg 「ニンジャ・レイダーを操縦するということは稲妻に縛りつけられるようなものだ!」
 ギン-ズはかつてストーム・シャドウに教わった中で最高の武術の生徒だった。 ニンジャ・マスターの称号を得るまでの間、彼は20年以上に渡って武術を学んだ。 彼はアラシカゲ・ニンジャ一族の護ってきた秘密の一部、とりわけ隠密活動における振舞いや自己鍛練と耐久訓練に関する多彩な技術を学習した。 ニンジャ・フォースに加わった最初の週に、ギン-ズはニンジャ・レイダーの操縦士となることを志願した。 それ以降、彼はコブラのレッド・ニンジャの全集団を捕らえるため、世界に股がる追跡でコブラを打ち負かした……単独で!!!
   1.早投げ用、スチール製スパイク手裏剣
   2.遅延型攻撃手榴弾
   3.ダガー・エンド付きファースト-グラブ・バトル・シックル×2
   4.レイザー-シャープ・スチール製カタナ・ソード
   5.特別性カモフラージュ戦闘服
   6.ソフト-トレッド・フット・ラップ
   7.スチール編み覆面


-------------------------------------------------------------------------------------


 それではレビューを開始しますが、ストーム・シャドウとしてではなく、ギン-ズに見立てて書いていくことにします。

素体。
 ダラー・ストアのストーム・シャドウv44 (2012年) のリペイント。
 詳しく書くと、ヘッドはレゾリュートのストーム・シャドウv28 (2009年) から。
 ボディーはレネゲイズのストーム・シャドウv41 (2011年) から。
d0164702_19193660.jpg

バストアップ。
 ストーム・シャドウの “カメレオン”・カモフラージュ戦闘服の色違いの忍び装束。 加えて 「カメレオンの外套」 の術も伝授されているはずです。
d0164702_19193928.jpg

付属品。
 スタンドのほか、
 フードはレゾリュートのザルタンv19 (2010年) から。
 たすき上のギア・スリング、帯、刀 (※忍者刀) はレネゲイズのストーム・シャドウv41 (2011年) から。
 コンパウンド・ボウはRoC のスピリット・アイアン-ナイフv4 (2010年) から。
d0164702_19194462.jpg

 刀を構えて。
 成型色のみで塗装がなく、鞘もないためチープです。
d0164702_19201301.jpg

 ギン-ズのコマンド・ファイルには 「レイザー-シャープ・スティール製カタナ・ソード」 (鋭利な鋼鉄製の刀) とあるのみで特に固有の名称はありませんでしたが、joefig が俺設定で命名するとしたら 「ギンス・ホーチョー (銀簾包丁)」 です。

 今回の記事とは何の関係もない話なのですが、たまたま昨日床屋での待ち時間に原哲夫の漫画 『SAKON (左近) -戦国風雲録-』 というのを読んでいたら、柳生八虎の愛剣 「地割包丁」 というのが出てきたので、 それをパクって命名したくなったのでした。  
d0164702_19201644.jpg

 ギン-ズは第2軍事特技区分が 「ニンジャ・ソード・マスター」 となっているぐらいだから、剣術には秀でているはず。
「今宵の銀簾包丁は一味違うぞ……」
d0164702_19202198.jpg

 バッ!
d0164702_19202760.jpg

ビュッ!!
「……またつまらぬコブラを斬ってしまった……」
d0164702_19203503.jpg

 コンパウンド・ボウ。
d0164702_19203933.jpg
d0164702_19204533.jpg

 たすき状のギア・スリングとボディーの間の隙間に差し込んでおけます。
d0164702_19204275.jpg

 サムライ・シェイブ!
 ギン-ズのギミックを意識してみました。 格闘時に、上下に構えた両手を交差させて敵にダメージを与える技のようです。  
 ストーム・シャドウの技である 「スクリーミング・ワールウインド」 を会得したものでしょう。  
d0164702_19204988.jpg

 フードがないといまひとつです。
d0164702_19205600.jpg

 流用。 リタリエーションのフリントのウェブ・ギアを装着してみました。 ギン-ズのパッケージアートにあるグリーン系の肩当てをイメージしています。
d0164702_19210123.jpg

 カマクラと。
d0164702_19210690.jpg

 ダラー限定のシップレックと。
 シップレックには25th のデュークのギア・スリングを装着しています。
 ダラー限定のものは装備が簡素ですが、流用品を付け足してあげるというのも楽しみ方のひとつかもしれません。
d0164702_19211084.jpg

d0164702_19211433.jpg

 以上、ストーム・シャドウ (ブラウン) でした。 
 GIJCC 限定などでマイナーなキャラクターが発売されるとやたら高値になってしまうので、ダラー限定という廉価版でいろいろと出してもらえるとありがたいです。

 さて、次回は何にするか未定です。 それでは!
[PR]
by joefig | 2013-12-28 20:57 | フィギュア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/19844909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユウジ/なまノフレ at 2013-12-30 18:46 x
でた!影武者徳川家康だったはずが忍者バトル漫画になるSAKONw
ダラーストア限定品の色選びはいいですよね、ニンジャフォースが蘇るw
Commented by joefig at 2013-12-30 21:22
>ユウジ/なまノフレさん
そうなんですよねー! 影武者徳川家康は読んだことあったので続編というつもりでSAKONを読んでいたらまったく違うノリに!
でも面白かったので問題ナシ。joefigの脳内G.I.ジョー忍者バトルは一時的にすっかり感化されてしまいました。

マイナーキャラはGIJCC限定などでしかフィギュアになりにくいですが、値段が高すぎるので、ダラー限定の今後の展開にぜひ期待したいですね! 
Commented by NOR at 2014-01-01 15:16 x
私も「影武者家康」からの「SAKON」にはひっくり返ったクチです(笑)
原先生的にはSAKONの方がノリノリで描かれている感じで、妙に安心しました(笑)

ギン・ズやらレッドニンジャはビークル付属フィギュアですが、ビークルそのものが稀少らしくて単品でもやたらなプレミアなんですよね。
つうかこのストームシャドーがギン・ズオマージュだったってのは不覚にも気が付きませんでした・・・

名前の読み方は難しいですよね。GIジョースト2のテレビCMナレーションでも、「リュウ」の事を自信満々のでっかい声で「ライウー!」と呼んでましたが、スト2を「いんちきカンフーコンバット」として解釈すれば「ライ・ウー」もアリに思えてくるから不思議です。
Commented by joefig at 2014-01-03 00:27
>NORさん
「SAKON」、原先生が楽しそうに描かれている点、同感です。えらく方向転換したなと思いつつも安心感のあるクオリティーなんですよね。

ギン-ズのあの手漕ぎトロッコみたいなビークルが高値なんですか! 販売数がはけなかった故のプレミア化ということなんですかね。

名前の読みについては、当時のCMの発音もあまりアテにできませんね~。