ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/メガ・モンスターズ

 今回はメガ・モンスターズの記事です。
d0164702_19175048.jpg

 マインドベンダー博士の悪の研究所からやって来たおぞましい、遺伝学的に増強されたコブラ・メガ-モンスターズ! これらの戦士はこれまでにコブラが生み出した中で最もタフな兵士だ。 気をつけろジョー! こいつらは戦いをもたらすモンスターだ! (パッケージの説明文より)



-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「ARAH」 トイ全リスト の記事へ

------------------------------------------------------------------------------------- 
メガ・マリーンズ・コブラ側フィギュア・ラインナップ一覧


   G.I. ジョー
   → メガ・マリーンズ の記事を参照。

   コブラ
      メガ・マリーンズ
         メガ-ヴァイパー (#3)      サイバー-ヴァイパーv1 (#6)
      メガ・モンスターズ
         バイオ-ヴァイパー (#7)      モンストロ-ヴァイパー (#8)

-------------------------------------------------------------------------------------
コブラ側メガ・マリーンズ概要


 コブラ側からは通常のフィギュアのほかに 「メガ・モンスターズ」 と呼ばれるモンスターが2種類発売されました。
 メガ・モンスターズは約5.5インチの大型サイズで、どちらも 「モンスター・スメル」 という匂いが塗布されており、またそれぞれ特有のギミックも内蔵されていました。

-------------------------------------------------------------------------------------
フィギュア詳細


メガ-ヴァイパー (1993年)/メガ・マリーンズ (シングルパック#3)
d0164702_12280007.jpg Mega-Viper
 メガ・モンスターズの調教師として共に戦う兵士たち。
※下の画像は付属品が欠品状態。
 付属品の種類はサイバー-ヴァイパーを参照。
d0164702_12280757.jpg

素体:
   全て新規造形。
付属品:
   バイオ-アーマーは 「プレイ-ドー」 の流用。
   バイオ-アーマーの型は新規造型。
   メガ・ブラスター/メガ・ザッパー (スプリング式発射ギミックあり) はバトル・コーのクリムゾン・ガード・コマンダーから。
   以下はランナー成型としてはクリムゾン・ガード・コマンダーから。
    バトル・スタンドのほか、
    ミサイル×2はクリムゾン・ガード・コマンダーから。
    ライフルはARAH のトキソ-ヴァイパーv1 から。
    ライフル① (※H&K PSG-1) はARAH のロック-ヴァイパーv1 から。
    ライフル②はARAH のインシナレーターズから。
    サブマシンガンはアイアン・グレナディアーズのヴォルターv1 から。
コマンド・ファイル:
d0164702_22204898.jpgコードネーム:メガ-ヴァイパーズ  メガ・モンスター・トレーナーズ
主要軍事特技区分:メガ-モンスター調教師
第二軍事特技区分:バイオ軍事技術士
 「メガ-モンスターたちを戦わせるのは簡単だ、ただ食事の時間だと叫べばいい!」
 メガ-ヴァイパーズはコブラ・メガ-モンスターズの陰の原動力であり、それを証明すべく彼らはモンスターたちと共に激戦地へと直行する。 少数のメガ-モンスターと共に突撃してくる高度に訓練されたメガ-ヴァイパーズの一群より恐ろしいものはない……言わばそれは破壊の波だ! モンスターへの情報命令はマインドベンダー博士やその配下のサイバー-ヴァイパーズを通じて下されるが、攻撃任務を帯びたモンスターを率いるのはメガ-ヴァイパーズの熟練した戦術とその “ 戦い抜く ”姿勢である。 汚い仕事をするとき、メガ-モンスターを伴うかどうかに関わらず、メガ-ヴァイパーズはベストを尽くす!
   1.腕部装着、ミサイル発射メガ-ブラスター
   2.サイレンサー搭載速射マシンガン
   3.バイオ-テック・メカニカル・ツーリング・ポーチ
   4.バイオ-メカニカル・サイバネティック・レギュレーティング・コンピューター
   5.レーダー感知パッシブ・ソナー・ボディー・カバー
   6.ハイドロフォイルド下水道縦断アーマー・ブーツ
   7.脳統合頭皮及びマルチ・スペクトラム・フェース・シールド
   8.ハイ-テク、フィルター付きレスピレーター及び外部チューブ
   ・ 肩部装着スモッグ・スクリーン・ディチャージャー







サイバー-ヴァイパーv1 (1993年)/メガ・マリーンズ (シングルパック#6)
d0164702_12275888.jpg Cyber-Viper
 サイボーグ化された兵士たち。 メガ・モンスターズとそれを運用する作戦を管理。
特記事項:
 1993年のトイCM 及びトレーディング・カード 「サーチ&デストロイ」 では実写版が存在。
素体:
   全て新規造形。
付属品:
   バイオ-アーマーは 「プレイ-ドー」 の流用。
   バイオ-アーマーの型はメガ-ヴァイパーから。
   サイバー・ガン (スプリング式発射ギミックあり) はバトル・コーのクリムゾン・ガード・コマンダーから。
   以下はランナー成型としてはクリムゾン・ガード・コマンダーから。
    バトル・スタンドのほか、
    ミサイル×2はクリムゾン・ガード・コマンダーから。
    ライフルはARAH のトキソ-ヴァイパーv1 から。
    ライフル① (※H&K PSG-1) はARAH のロック-ヴァイパーv1 から。
    ライフル②はARAH のインシナレーターズから。
    サブマシンガンはアイアン・グレナディアーズのヴォルターv1 から。
d0164702_12280308.jpg

コマンド・ファイル:
d0164702_22214553.jpgコードネーム:サイバー-ヴァイパーズ  サイバネティック・オフィサー
主要軍事特技区分:サイバネティック作戦
第二軍事特技区分:バイオ諜報戦
 「おれたちはコブラのエリート・サイバネティック器官:悪意ある歩くコンピューターだ!」
 マインドベンダー博士がサイバー-ヴァイパーズを造り上げたのは2つのものを必要としたからである:それは、非常に危険なバイオ工学手術研究所を運営できる優秀な兵士であり、遺伝学的に増強されたメガ-モンスターズの管理の維持である。 サイバー-ヴァイパーズはその両方をこなすのだ。 彼らはマインドベンダー博士自らの手によって拡張された悪の頭脳を持つ一流の戦士である。 彼らは半分人間、半分ロボットであり、併せてメガ-マリーンズと戦う一人のタフな敵を形成している。 このバイオ工学の兵士は、メガ-モンスターズの最高レベルの戦闘作戦の管理を助け、その破壊的な攻撃の責任を担っている。 彼らはモンスターの守護者、破滅の管理人である。
   1.前腕発射サイバー-ガン・ミサイル・ランチャー
   2.バイオ・メカニカル、脳統合コンピューター・ヘルメット
   3.フル・スペクトラム・サイティング・レンズ
   4.バイオ-メカニカル・アーム&レッグ
   5.ベルト装着アモー・ポーチ×2
   6.コンピューター・チップ交換パーツ・ポーチ
   7.ラジオアクティブ・ブラスト手榴弾
   8.ヴァイパー追跡通信コンピューター
   9.バーティカル・グリッピング・ソール装着衝撃吸収ブーツ
   ・ バイオ-メカニカル、気体感知アーム・チューブ

-------------------------------------------------------------------------------------
メガ・モンスターズ詳細


バイオ-ヴァイパー (1993年)/メガ・モンスターズ (シングルパック#7)
d0164702_12121793.jpg Bio-Viper
 Dr.マインドベンダーにより、コブラ・イールから改造されたメガ・モンスター。
特記事項:
 1993年のトイCM 及びトレーディング・カード 「サーチ&デストロイ」 では実写版が存在。
d0164702_12121438.jpg

素体:
   全て新規造形。
   5.5インチ・サイズでヘッドはソフトビニール製。
   モンスター・スメル塗布。
   レバーでテラー・テンタクルズ (触手) が動くギミックあり。
付属品:
   ミサイル・ランチャー (スプリング式発射ギミックあり)、ミサイルはいずれも新規造型。
コマンド・ファイル:
d0164702_22235551.jpgコードネーム:バイオ-ヴァイパーズ
主要軍事特技区分:生体合成メガ-マリーン・ハンター
第二軍事特技区分:水中テロリズム
 コブラ・コマンダーからマインドベンダー博士のDNA 変更の実験の “ 志願者 ”となることを命じられるまでは、バイオ-ヴァイパーズはかつては通常のコブラ・イールズの軍勢だった。 マインドベンダー博士はイールズと様々な海で最も致命的な捕食動物とを生物遺伝学的に掛け合わせ、彼らを干潮のような悪臭を放つ獰猛なメガモンスターに変えた! 彼らはサメのような紙やすりの皮膚、鋭利なピラニアの歯、巨大イカの体力と触手を持っている! 彼らは暴力的でコントロール不能となったため、マインドベンダーは彼らをコントロールするためにコンピューター統合身体&脳移植を付け加えなければならなかった! 今、悪の増援を必要とする時、コブラ・コマンダーは深淵からバイオ-ヴァイパーズを呼び出し、G.I. ジョーの上に解き放つ。 コブラのために働いていない時のバイオ-ヴァイパーズは、海を汚し、重要な航路を妨害し、罪のない海洋生物を探すことを楽しんでいる! 彼らを止めなければならない! だがそうなるまでは、一人で泳ぎに出かけてはならない!!!
   1.爛々とした、ナイト-ビジョン、モレイ・イール・バブル・アイ
   2.鋭利な、鋸刃状のピラニアの歯
   3.遅延信管コブラ攻撃手榴弾
   4.生体合成、コンピューター統合オーバーライド・プロセッサー
   5.耐水圧、保温性シャークスキン及びロック-フィッシュの鱗
   6.超ワイド水かきに拡張されたカモノハシの足
   7.防スピアー、耐水トルソー・スーツ
   ・ ボディー・グラビング、ジャイアント・スキッド・テラー・テンタクルズ






モンストロ-ヴァイパー (1993年)/メガ・モンスターズ (シングルパック#8)
d0164702_11583456.jpg Monstro-Viper
 Dr.マインドベンダーにより、レンジ-ヴァイパーから改造されたメガ・モンスター。
d0164702_11583120.jpg

素体:
   全て新規造形。
   5.5インチ・サイズでヘッドはソフトビニール製。
   モンスター・スメル塗布。
   ボディーの腹部が開き、内部の型によってバイオ-アーマー (小麦粘土) を 「ガット・ボム (腸爆弾)」 に成型。
   さらに、スプリングにより右腕が回転し、腸爆弾を投げつける 「パワー-ショット・アーム」 のギミックあり。
付属品: 
   バイオ-アーマーは 「プレイ-ドー」 の流用。
   ライフル、フレイル (スパイク付き鉄球) はいずれも新規造形。
コマンド・ファイル:
d0164702_2225251.jpgコードネーム:モンストロ-ヴァイパーズ
主要軍事特技区分:生体合成メガ-マリーン・ハンター
第二軍事特技区分:森林伐採/山火事による破壊
 コブラ・コマンダーからDNA 変更の実験の “ 志願者 ”となることを命じられるまでは、モンストロ-ヴァイパーズはかつては通常のコブラ・レンジ・ヴァイパーズのチームだった。 実験はマインドベンダー博士によって実行され、彼はヴァイパーズと凶暴な狼男、巨大な “ ビッグフット ” の怪物、発見しうる最も陰惨な灰色グマを生物遺伝学的に掛け合わせた。 恐るべき融合プロセスは彼らを1/4は人間で3/4は怪物──かつて地上を跋扈した中で最も残忍な戦う野獣にした! 彼らの恐怖を飼い慣らす唯一の方法はコンピューター・コントロールのプロセッサーを彼らの身体と心に移植することで、またそれを行う際、マインドベンダー博士は彼らに爆発性のガット・ボムを処理する内部ボディー・チャンバーを与えた! 獲物に忍び寄る時の彼らの鋭い嗅覚は何マイルも先からG.I. ジョーを感知できるため、全ての兵員はいつでも引き金を引けるよう警戒態勢にあるよう命じられた! 今度森にいる時に小枝の折れる音が聞こえたら、振り返ってはならない……走れ!!! 
   1.胃袋反芻ガット・ボム・プロセッサー
   2.爛々としたナイト・ビジョン、トラウマ-トランス・バット・アイ
   3.熱核融合、コンピューター制御パワー-ショット・アーム・メカニズム
   4.生体合成、コンピューター統合オーバーライド・プロセッサー
   5.装甲バイオニック左腕
   6.フィンガー-フューズド、灰色グマの右爪
   7.棘耐性 “ ビッグフット ” 脚部
   8.皮膚突出、醜いモンスター・ボーン
   9.灰色グマ/狼男/ビッグフットの毛

-------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by joefig | 2017-02-15 00:14 | 資料 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/19803911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NOR at 2017-02-24 19:26 x
この頃に実写の宣伝素材が多数用意されてたりするのは、ジョーを実写トクサツドラマ化する予定なんかもあったのかもしれないですね。
まぁ、それでパワーレンジャーに対抗できたかっていうと怪しいですけど。

しかし、「3.75規格で最大サイズのアイテムを作ったら、5.5規格になっちゃいました」っていうのは、バカと言っていいのか、やるな!と感心していいのか悩みどころです。
「モンスター・スメル」、どんなイタダケない臭気がするんだか。とドキドキしながら開封したら、ビックリするほど良い匂いでした。揮発性らしく、匂いは消えちゃうのが残念です。

「ガット・ボム」は世界一イヤな爆弾ですね!これ食らって生き残るくらいだったら、普通の爆弾で爆死したいです!
Commented by joefig at 2017-02-25 00:52
>NORさん
実写の宣材についてはいつか記事にまとめてみたいですね。
練習を兼ねて、まずはエクストリームのアバンタイトルでも記事にしてみようかな。

メガ・モンスターが5.5インチなのはきっと確信犯でしょうね。
「いいかい、君たちが持ってる他社製品のフィギュアは怪物や巨人なんだよ。G.I.ジョーと戦わせてやっつけて遊んでね」的な。

今はネットでいろいろ検索できますが、モンスター・スメルだけは手に入れた方しか嗅げないですね! 貴重な情報ありがとうございます! しかし、よりにもよって良い匂いでしたか。そこはドブのような臭気が欲しかったところです。

粘土を型にはめてガット・ボムを作るというのもイヤ~なギミックですが、それを投げつけるアクションまで採用というのはなんかスゴイです。企画会議でそんなことばっかり話し合っていたんでしょうね~。議事録が見たい。
現実世界でも某国には抗議活動として卵や人糞を投げつける人いますけど、ああいうのをまとめてカテゴリー的にガット・ボムと呼ぶことを提案したいです。