ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/メガ・マリーンズ

 こんばんは、joefig です。
 前回はしばらく更新を休むと書いたのですが、思ったより早く仕上がった記事があるので更新します。
 「G.I. ジョー:メガ・マリーンズ」 (1993年) の記事です。
d0164702_2292255.jpg

 この専門チームは一つの特定の任務のために編成された:コブラのメガ-モンスターの撃退と破壊である! これらのバイオ-テック戦士は新たなコブラ・ヴァイパーたちとも戦うが、特筆すべきはその形成自在のバイオ-アーマー、画期的なバイオ-メカニカル装甲である! 「バグ退治」 の始まりだ!(※パッケージの説明文より)



-------------------------------------------------------------------------------------

                    ↑ 「ARAH」 トイ全リスト の記事へ

-------------------------------------------------------------------------------------
メガ・マリーンズ・ラインナップ一覧


   G.I. ジョー
      フィギュア
         ガン-ホーv5 (#1)      クラッチv3 (#2)
         ミラージュv1 (#4)      ブラスト-オフ (#5)
      ビークル
         モンスター・ブラスター A.P.C.

   コブラ
      メガ・マリーンズ
         メガ-ヴァイパー (#3)      サイバー-ヴァイパーv1 (#6)
      メガ・モンスターズ
         バイオ-ヴァイパー (#7)      モンストロ-ヴァイパー (#8)
   → メガ・モンスターズ の記事を参照。


-------------------------------------------------------------------------------------
メガ・マリーンズ概要


 「G.I.ジョー:メガ・マリーンズ」 は、当時のメイン・シリーズである 「G.I. ジョー:バトル・コー」 と並行する形で1993年に発売されました。
 コブラの Dr. マインドベンダーが生み出した怪物 「メガ・モンスターズ」 と戦うために編成された 「G.I. ジョー・メガ・マリーンズ」 (「メガ海兵隊」) を主役としたこのシリーズは、映画 『エイリアン2』 (1986年) に影響を受けており、例えばパッケージ説明文とガン-ホー(v5) のファイルカードにある 「バグ退治」(" bug-hunt ") は植民地海兵隊のセリフからの引用、ビークルのデザインは植民地海兵隊のAPC (装甲兵員輸送車) がモデルとなっています。

 フィギュアや付属品の雰囲気はバトル・コーと同じようなものですが、メガ・マリーンズの特色として 「モールダブル・バイオ-アーマー」 のギミックがあります。
 モールダブル・バイオ-アーマー自体はハズブロ製の小麦粘土 「プレイ-ドー」 と同じものと思われ、これを付属品の 「型」 を使ってフィギュアのボディーやミサイルの先端に盛り付けるというものです。

 フィギュアのパッケージには G.I. ジョー側/コブラ側/メガ・モンスターズの区別なく通し番号がありました。
 ビークルは G.I. ジョー側の1種のみが発売されています。

-------------------------------------------------------------------------------------
メガ・マリーンズ (G.I.ジョー) 詳細


ガン-ホーv5 (1993年)/メガ・マリーンズ (シングルパック#1)
d0164702_16065484.jpg Gung-Ho
 メガ・マリーンズの指揮官。
特記事項:
 1993年のトイCM 及びトレーディング・カード 「サーチ&デストロイ」 では実写版が存在。
素体:
   全て新規造形。
   右胸に①のモールドあり。
付属品:
   バイオ-アーマー (粘土)は 「プレイ-ドー」 の流用。
   バイオ-アーマーの型、ヘルメットは新規造型。
   キセノ (ゼノ)・ブラスター・レーザー・キャノン (スプリング式発射ギミックあり) はバトル・コーのデュークv4 から。
   以下はランナー成型としてはデュークv4 から。
    バトル・スタンドのほか、
    ミサイル×2はバトル・コーのバズーカv3 から。
    ライフルはARAH のグラントv3 から。
    サブマシンガン (※H&K MP5K) はARAH のトラッカーv1 から。
    ショットガン (※ベネリM1 スーペル90)、マチェーテはARAH のマスクラットv1 から。
d0164702_16065008.jpg

コマンド・ファイル:
d0164702_2214366.jpgコードネーム:ガン-ホー  メガ-マリーン・コマンダー
ファイル名:エティーン・R・ラフィッテ  認識番号:656-2456-ER89
主要軍事特技区分:バイオ-ミリタリー専門家
第二軍事特技区分:重火器出身地:ルイジアナ州フェル-ド-ランス  階級:E-9 (サージェント・メジャー) (※海兵隊最上級曹長)
 「これはただの “バグ退治 ”なんかじゃない──こいつは戦争だ!」
 河口上に生まれたガン-ホーの劣悪な環境の生い立ちとアメリカ海兵隊での経験は、メガ-マリーン軍を指揮するという当然の選択を生んだ。 メガ-モンスターズがどこにいつ現れるかは誰も知ることができないため、常時備えていなければならないことをガン-ホーはわかっている。 彼はメガ-マリーンズに片目を開けて寝るよう要求するが、それはメガ-モンスターズか実際に攻撃してきた時にただの悪夢と思い込まないようにするためだ! ガン-ホーは最も危険な敵を制圧する際の実効性で知られる──その技術がこの遺伝学的に増強された怪物共との戦いで試されるのだ!
   1.赤外線サイト装着キセノ (ゼノ)-ブラスター・レーザー・キャノン
   2.腕部装着生命維持レギュレーター・センサー
   3.胸部装着、メガ-ブラスト散弾
   4.特別仕様メガ・マリーン・マシンガン
   5.バンダリア装着弾薬ポーチ×2
   6.両刃、脛装着ダガー
   7.ヘルメット及びメガ・マリーン通信用インターコム・システム
   8.モンスター記録用ヘルメット・カメラ
   9.腿装着サバイバル/医療キット
   10.ダイヤモンド編み、耐レーザー・防弾ケブラー・スーツ







クラッチv3 (1993年)/メガ・マリーンズ (シングルパック#2)
d0164702_14474512.jpg Clutch
 メガ・マリーンズのモンスター・ブラスターA.P.C.のドライバーという設定。
特記事項:
・ v1 やv2 にあった髭はなくなった。
・ 本来は海兵隊ではなく陸軍の兵士。
素体:
   全て新規造型。
   帽子に3、右腿側面に③のモールドあり。
付属品:
   バイオ-アーマー (粘土)は 「プレイ-ドー」 の流用。
   バイオ-アーマーの型は新規造型。
   メガ-コンカッション・ミサイル・キャノン (スプリング式発射ギミックあり) はバトル・コーのデュークv4 から。
   以下はランナー成型としてはデュークv4 から。
    バトル・スタンドのほか、
    ミサイル×2はバトル・コーのバズーカv3 から。
    ライフルはARAH のグラントv3 から。
    サブマシンガン (※H&K MP5K) はARAH のトラッカーv1 から。
    ショットガン (※ベネリM1 スーペル90)、マチェーテはARAH のマスクラットv1 から。
d0164702_14474821.jpg

コマンド・ファイル:
d0164702_22151213.jpgコードネーム:クラッチ  モンスター・ブラスターA.P.C.ドライバー
ファイル名:ランス・J・スタインバーグ  認識番号:RA757-340-802
主要軍事特技区分:輸送エンジニア
第二軍事特技区分:歩兵
出身地:ニュージャージー州アズベリーパーク  階級:E-4 (※コーポラル、伍長)
 「おれはまだ髪に潤滑油でグリースを塗っているが、このメガ-モンスター共ほど粘ついちゃいないぜ!」
 クラッチはプロのレーシング・サーキットで数名のトップ・ドライバーのメカニックとして働いていた。 インディ500 での勝利を支えた後、デュークは彼をG.I. ジョー・モータープールを担当する車両技術主任として徴集した。 それが名誉であり挑戦でもあるとわかっていたクラッチは、デュークの申し出を受けた。 レースの日々で緊密なつながりのピット・クルーとして働いたクラッチは、チームワークの重要性とよく油が差された機械のように機能させる方法を知っていた。 彼はモンスター・ブラスターA.P.C. を最高の状態に維持し、全ての機会を逃さずメガ-モンスターズにメガ-コンカッション・ミサイルを発射するというチームの質をメガ-マリーンズにもたらしている。 彼はM-16、M-60、A.P.C.の巨大ミサイル・キャノンの名射手だ!
   1.赤外線サイト装着メガ-コンカッション・ミサイル・キャノン
   2.ヘッド・ギア及びモンスター記録用カメラ
   3.バンダリア装着爆弾及び弾薬ポーチ
   4.前腕固定スローイング・ナイフ
   5.耐衝撃、フレキシブル・アーマー・ブーツ及びクライミング・スパイク
   6.ダイヤモンド編み、耐レーザー・防弾ケブラー・スーツ
   7.徹甲弾サイレンサー・ガン
   8.メガ-マリーンズ多目的ユーティリティー・ベルト







ミラージュv1 (1993年)/メガ・マリーンズ (シングルパック#4)
d0164702_14282098.jpg Mirage
 メガ・マリーンズの重火器砲兵。
 mirage は 「蜃気楼」 の意。
素体:
   全て新規造形。
   背面に④のモールドあり。
付属品:
   バイオ-アーマー (粘土)は 「プレイ-ドー」 の流用。
   バイオ-アーマーの型、ナイト・ビジョン・ゴーグル (初期は接着済み、後期は着脱可) は新規造型。
   バイオ-バズーカ (スプリング式発射ギミックあり) はバトル・コーのキール-ホールv2 から。
   以下はランナー成型としてはキール-ホールv2 から。
    バトル・スタンドのほか、
    ミサイル×2はバトル・コーのバズーカv3 から。
    サブマシンガン (※H&K MP5SD3) はエア・コマンドーズのクラウドバーストから。
    ライフルはエコ-ウォリアーズのフリントv3 から。
    ナイフはバトル・コーのビーチ-ヘッドv2 から。
d0164702_14281803.jpg

コマンド・ファイル:
d0164702_22155039.jpgコードネーム:ミラージュ  バイオ砲撃エキスパート
ファイル名:ジョセフ・R・バークン  認識番号:5060-JB-824
主要軍事特技区分:突撃射撃
第二軍事特技区分:重火器砲撃
出身地:ワシントン州モルセン  階級:E-6 (スタッフ・サージェント、二等軍曹)
 「バズーカ砲もいいだろう。だがおれが常に手にするのはショルダー-マウンテット・ロケット・ランチャーだ!」
 コブラ・メガ-モンスターズと戦うための強力な武器とそれを使用すべく訓練された熟練の兵士;ミラージュはまさにそんな兵士だ。 彼はバズーカ、AK-47アサルトライフル、MAC-10サブマシンガン、“ リプル-ファイアー ”・ロケット・ランチャーを含む重火器兵器のスペシャリストである。 ミラージュはロードブロックから訓練を受け、激しい援護射撃の中で身を低くし、敵の攻撃の中でショルダー-マウンテッド・ロケットを発射する方法を教わった。 メガ-マリーンズがハイテク重火器を扱うことができる者を徴募した時、彼らが最初に選んだのがミラージュだった。

   1.ショルダー-マウンテッド、ロケット発射バイオ-バズーカ
   2.モンスター記録用ゴーグル・カメラ
   3.防弾ナイト・ビジョン・ゴーグル
   4.体力拡張、外骨格ボディー・アーマー
   5.重量分散ボディー-アーマー調整コンピューター
   6.ハイテク、ブーツ-マウンテッド・ショックアブソーバー
   ・ チェスト・マウンテッド・ベースボール・グレネード×2
   ・ スーパー-バースト・キャニスター・グレネード







ブラスト-オフ (1993年)/メガ・マリーンズ (シングルパック#5)
d0164702_14191644.jpg Blast-Off
 メガ・マリーンズの火炎放射兵。
 blast-off は 「(ミサイルやロケットなどを) 発射する」、「吹き飛ばす」、「撃ち落とす」 などの意。特記事項:
 1993年のトイCM 及びトレーディング・カード 「サーチ&デストロイ」 では実写版が存在。
素体:
   全て新規造形。
   胸に②のモールドあり。
付属品:
   バイオ-アーマー (粘土)は 「プレイ-ドー」 の流用。   
   バイオ-アーマーの型はミラージュv1 から。
   耐火カメラ・ヘルメットは新規造型。
   耐熱ランチャー (スプリング式発射ギミックあり) はバトル・コーのキール-ホールv2 から。
   以下はランナー成型としてはキール-ホールv2 から。
    バトル・スタンドのほか、
    ミサイル×2はバトル・コーのバズーカv3 から。
    X-66 “ シュアショット ” 速射ピストル (※H&K MP5SD3) はエア・コマンドーズのクラウドバーストから。
    ライフルはエコ-ウォリアーズのフリントv3 から。
    ナイフはバトル・コーのビーチ-ヘッドv2 から。
d0164702_14191303.jpg

コマンド・ファイル:
d0164702_1339834.jpgコードネーム:ブラスト-オフ  火炎放射兵
ファイル名:ジェフリー・D・トンプソン  認識番号:J8675-30-9
主要軍事特技区分:火炎放射兵
第二軍事特技区分:消防士
出身地:ミズーリ州カークウッド  階級:E-4 (※スペシャリスト、特技兵)
 「おれが燃料満タンの火炎放射器を手に戦闘の中に突入すれば、事態はますます熱くなるぜ!」

 ブラスト-オフはこれまでのミズーリ州で最高の消防士だった。 かつて彼は、他の消防士が気道熱傷で無力となった時、単独で全ての山火事を鎮火させた。 根気と技術によるこの勇敢な努力は、彼にG.I. ジョー・チームでの地位をもたらしたが、消火するためではなく、火をつけるために採用された……コブラの尻に! コブラ・メガ-モンスターズが炎と極度の熱に弱いことが判明した時、ブラスト-オフは非常に強烈な火炎放射兵となって直ちにメガ-マリーンズ・チームに配属された。 ガン-ホーは彼にたった1つの命令を与えた:この怪物どもをキャンプファイアーのマシュマロみたいに焼いてやれ!
   1.燃焼炉付属耐熱ランチャー
   2.耐火性、外装型ボディー・クーラント・チュービング
   3.X-66 “ シュア-ショット ” 速射ピストル
   4.パイロテクニカル小型火炎放射コンピューター
   5.熱遮断、耐熱防弾ボディー・アーマー
   6.モンスター記録用耐火カメラ・ヘルメット
   7.対気道熱傷冷却式レスピレーター (※ガスマスク)
   ・ 温度表示式腕部装着型ヒート・センサー類


-------------------------------------------------------------------------------------
ビークル詳細


モンスター・ブラスターA.P.C.(1993年)/メガ・マリーンズ (ビークル)
 Monster Blaster A.P.C.
 付属フィギュアなし。 設定ではドライバーはクラッチ。
 フィギュア20体搭乗可。
特記事項:
・ 元ネタは映画 『エイリアン2』 (1986年) に登場した植民地海兵隊の装甲兵員輸送車 M-577 APC。
  なお、M-557 APC はR.H.I.N.O.(2005年) でも再び元ネタにされている。
・ 後にリペイント商品が VvV のラインのコブラ側ビークル A.P.C.トランスポート (2004年) として発売された。

d0164702_13273724.jpg

d0164702_18445717.jpg

d0164702_2210497.jpg主要諸元:
  ■ドライバーズ・シート (装甲キャノピー開閉、フィギュア1体搭乗可)
  ■ガナーズ・シート (フィギュア1体搭乗可)
  ■トランスポート・ベイ (開閉、フィギュア6体搭乗可)
  ■サイド-マウンテッド・ランニング・ボード×左右 (ペグあり)
  ■リア・プラットフォーム (ペグあり)
武装:
  ■“ ロックンロード ”・ミサイル・キャノン (スプリング式発射ギミックあり)
      モンスター・アナイアレーティング、熱戦追尾M-44 ミサイル×4基
  ■二連ターゲティング・レーザー・ガン (仰角可動)
  ■レーザー・コンカッション・ガン×2門 (旋回、仰角可動)
インシグニア/識別番号:
   星条旗    アメリカ軍国際標識
   G.I. ジョー・ロゴ
   メガ・マリーンズ・インシグニア
   7 (車両識別番号)
   メガ・マリーンズ J. M: B-2; 11 70
   VAA/323/91

-------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by joefig | 2017-02-13 20:59 | 資料 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/19803782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NOR at 2017-02-22 23:13 x
出ましたね、メガ・マリーンズ!
ネタとしてはけっこう好きなんですけど、やっぱすげぇダッセェのは否めません(笑)

ジョーのエイリアン2指向はバトルフォース2000の頃から漂っていましたが、なんでスト2みたく、版権取ってキチンと玩具化してくれなかったんだヨ!とも思いましたが、そんなの商品化させたら本家喰っちゃいますね。
Oリングスタイルのバスケスとかウィルツボスキーとか、絶対欲しいですけど(笑)

ガンホーはまんまエイポーン軍曹みたいな立ち位置なんでしょうね。
モンスターブラスターAPCが、まぁ、まんまというか、「そうそう、こういうの欲しかったんだよ」みたいなカンジなだけに、ますますジョー側フィギュアのコレジャナイ感が際立ちます。

SF路線に見せといて実はゼンゼン宇宙じゃないあたりも、なんじゃこりゃです。
Commented by joefig at 2017-02-23 02:49
>NORさん
これを最初に見た時、SF路線なのはわかったものの、設定的にスター・ブリゲードとはどう差別化されているのかな? なんて思ってしまいました。
全然宇宙じゃないんですね。

ダッセェと言っても、単に造形や成型色がまずいだけじゃなく、粘土で装甲を表現て、いやそれ絶対カッコ良くなるわけないだろという……。
現行の25thスタイルではタクティカル・ベストやウェブ・ギアなどが別パーツになってますが、粘土じゃなくて本当によかったです。

ジョーのパクリ傾向についてですが、キチンと版権とったスト2がアレですからね。正攻法で絡んでいたとしても、果たしてどんな香ばしいリプリーやバスケスになったかと想像すると軽い胸騒ぎを覚えます。いずれにせよ粘土は付属したことでしょう。
Commented by NOR at 2017-02-26 21:34 x
言われてみれば、ケナーの正規エイリアン2玩具も、アレンジが大概でしたねぇ(笑)

ただケナーのアレンジセンスって、あれはあれで正統派アメトイの格調高さがあって、「アリ」に思えるんですけど、ハズブロのアレンジセンスには全く信用が置けないのは確かです(笑)

ネンドも、ミサイル命中→バトルダメージとか、モンスターにひっかかせて破かれる。とか、従来よりもハードな遊びを狙った意図はわかるんですよね。

ただまぁ、やっぱり企画会議で大企業のエラい人達(ゴツいアメリカ人のオッサン)が会議室でブンドドしながら、「ネンドはもうちょっと柔らかくしてくれたまえ!」とか言ってる姿を想像してしまい、オカシイです。

joefigさんの記事見てメガマが楽しくなってきたので、次回ウチの更新は変ジョー・メガマ編とさせていただきます(笑)
Commented by joefig at 2017-02-26 23:50
>NORさん
当時の企画会議についての想像は基本、NORさんの描写の通りですが、付け加えるなら、ホワイトボードに大きく「スライムぶっかけ」と「粘土でアーマー」とか書いてあって、投票の結果、僅差で粘土の勝ち、みたいな展開ですかね。最後は「決まりだな。ん? なんだお前たちまだいたのか! ほらほら、さっさと粘土を調達しに行かんか!」とボスが無駄にリーダーシップをアピールして幕。

おおっ、NORさんの次回記事は久々の変ジョーですか! これは楽しみです!