ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

資料/U.S.S.ベンフォールド

 G.I. ジョーの艦船シリーズ第3回。 今回はU.S.S.ベンフォールドです。

 下の画像は、これもおそらくファンライズ社製と思われる G.I.ジョー/モーターライズド・デストロイヤー (2004年)。 拾い画像です。
d0164702_21142650.jpg

(クリックで拡大)



-------------------------------------------------------------------------------------
モータライズド・デストロイヤー


モータライズド・デストロイヤー (2004年)/G.I. ジョー
 Motorized Destroyer
 パッケージはクラシック・ロゴではなくARAH のVvV 期のデザインになっていますが、3.75インチの G.I. ジョー・チームやコブラとは関係ない商品です。
d0164702_1542288.jpg

d0164702_155224.jpg

 機種不明のヘリコプターとクルーのフィギュア12体が付属。
d0164702_1555633.jpg


 艦橋には 「U.S.S.DESTROYER」 と 「65」 の表記がありますが、destroyer は 「駆逐艦」 の意です。
d0164702_1552994.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------
モーターライズド・デストロイヤーのモデル


U.S.S.ベンフォールド  U.S.S.Benfold
 アメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の15番艦。 艦種番号は DDG-65。
 艦名は朝鮮戦争で戦死し、名誉勲章を受章したエドワード・クライド・ベンフォールド三等衛生兵にちなむ。
d0164702_294039.jpg


-------------------------------------------------------------------------------------

 ということで、U.S.S.ベンフォールドでした。

 12インチでも3.75インチでもない G.I.ジョー・ワールド。 ネットでこれをはじめて知ったときはちょっと驚きました。 こういうのも結構発売されていたんですね。

 さて、次回は何にするかまだ未定です。 それでは!

-------------------------------------------------------------------------------------
おまけ記事


 この記事は、アメリカのG.I.ジョー (12インチ) ファンサイト "THE JOE REPORT" の記事 "Huge 1:6 Scale Aircraft Carrier Discovered in FL" からネタを拾いました。 THE JOE REPORT さん。無断転載ごめんなさい。



 ディーラー業の G.I. ジョー・ファン、リッキー・スミス氏がフロリダ州ペンサコーラでとてつもないものを発見!


 なんと1/6 スケールの空母だ!
d0164702_2015105.jpg

 この通り、12インチの G.I. ジョーにぴったり!
d0164702_20152663.jpg

 誰が? 何のために?
 フロリダの G.I. ジョー・クラブのメンバーか? はたまた博物館用のディスプレイ?
d0164702_20154268.jpg

 全長約60フィート!
d0164702_2016280.jpg



 その正体は、1955年にフロリダで国軍の日のパレード用に製作されたパレード・フロートでした。
 12インチのG.I.ジョーが登場するよりも10年ほど前ですね。
 下の画像は近年のもの。
d0164702_20162878.jpg

 地元のボランティアによって維持され、今でもパレードで活躍しているそうです。
d0164702_2016177.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------
1/6 空母のパレード・フロートのモデル


U.S.S.オリスカニー  U.S.S.Oriskany
 アメリカ海軍のエセックス級航空母艦の11番艦 。 艦種番号はCV/CVA-34。
 艦名はアメリカ独立戦争のオリスカニーの戦いから。
d0164702_20384765.jpg

 日本語版ウィキペディアには次のような記述がありました。

   <朝鮮戦争時の1953年、オリスカニー内部には核兵器 (新型原子爆弾 Mark 5) の組立工場が
   設置されており、核兵器製造の為の 「工場艦」 として稼動していた。北朝鮮 への核攻撃を想定して
   Mark 5 を搭載したまま日本の横須賀港に寄港していたという。この事実は2008年11月9日放映の
   『NHKスペシャル』 「こうして“核”は持ち込まれた~空母オリスカニの秘密~」 において紹介された。>

   <オリスカニーは1954年公開の朝鮮戦争を舞台とした映画 「トコリの橋」 で、空母サヴォ号として
   登場し、日本海上で北朝鮮空爆に向かう航空機の離着陸シーンと、横須賀寄港シーンが撮影された。>


 写真を見て 「1/6 の巨大空母だー!」 なんて他愛もなく喜んでいたら、核だの北朝鮮だのと物騒な話が出てきました……。

 おしまい
[PR]
by joefig | 2013-04-15 18:00 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/18504473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。