ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

設定探訪/U.S.S.フラッグ

 今回はG.I.ジョー・チームの航空母艦U.S.S.フラッグについて記事にしたいと思います。
 購入したというわけではないのですが!

 下の画像は1985年のカタログより。
d0164702_18134938.jpg




-------------------------------------------------------------------------------------


U.S.S.フラッグ  U.S.S.Flagg
 G.I.ジョー・チームが使用するアメリカ海軍所属の航空母艦。
 U.S.S.またはUSS はアメリカ海軍艦船 (United States Ship) を表す艦船接頭辞。
 Flagg はG.I.ジョー・チームの初代指揮官ローレンス・J・フラッグ准将 (コミックではコブラとの戦闘で死亡) の名から。

-------------------------------------------------------------------------------------
『G.I.ジョー:ARAH』 全般


 ニミッツ級航空母艦 (“GI Joe Vs Cobra: The Essential Guide” p.122)。 船体分類記号/艦種番号はCVN-99。
※ただし、デザイナーのグレッグ・ベルンソンは近代化されて以降の U.S.S. イントレピッド (CVS-11) をイメージしていたとされる。

 艦長はコミックとトイではキール-ホール提督ことエヴェレット・P・コルビー中将。 アニメではレッジャー提督ことウォーレン・D・レッジャー中将。 艦長が異なる理由について特に説明はない。


トイ

航空母艦U.S.S.フラッグ (1985年)/ARAH (ビークル)

 G.I.ジョーの最大級のビークルのひとつ。 当時の値段は109.99ドル。 全長は約7フィート (約2m10cm) 以上で、艦橋などを外して子供用ベッドの下に収納されることを想定していたとされる。
 ARAH が日本でも 『地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー』 として展開された1986年、タカラが輸入。 カタログ写真やデパートの店頭用ディスプレイ、「パワーアップ改造コンテスト」 優秀賞 (1名) の賞品とされたほか、一般にも販売されたらしい (日本展開時のカタログやコンテストについては当ブログのこちらの記事を参照)。
d0164702_12385423.jpg

 艦首甲板の艦首番号は前方から見たときに 「99」 と読めるが、実際のアメリカ海軍の空母の場合に従うとこれは 「66」 であることになってしまう。 艦橋や艦載機から見たときに 「99」 に見えるのが正解。

 下は艦橋上部に掲げられた旗に描かれたG.I.ジョーのインシグニアの画像。 旗の反対側はアメリカ国旗。
d0164702_10244676.jpg
 紋章学においてスクロール (巻物) と呼ばれる部分に中央・左・右の順で、G.I. ジョーのモットーである “DUTY HONNOR   COURAGE” (「義務、名誉 勇気」) の文字が記されている。
 このインシグニアはヘッドクォーターズ・コマンド・センター (1983年) で初登場したもので、ウォッチ・タワー (1984年)、タクティカル・バトル・プラットフォーム (1985年) にも使われている。

付属フィギュア:
   キール-ホールv1 (こちらの記事を参照
付属品:
   “ロー・トー” トラクター (トウ・ビークル/牽引車)
   フューエル・デリバリー・トレーラー (フューエル・トレーラー/燃料補給トレーラー)
   提督用ランチ (艦載の大型ボート)
   U.S.S.フラッグ・サウンド・システム (スピーカー)
兵装:
   ミサイル・ボックス (0018N/スフィンクス×6基)
   76mm 速射 “ブラスター” 対艦砲
レーダー:
   フェイズド・アレイ・ターゲティング・レドーム
   エア・サーチ・ネット・レーダー
   前方ミサイル・コントロール・レーダー
   艦尾ミサイル・コントロール・レーダー
その他の装備:
   “フック-アップ” 70t油圧クレーン
   チタニウム・フレームド・ブラスト・ディフレクター
   グラファイト・コンポジット・アレスター・フック


キール-ホールv3 (2014年)/GIJCC (FSS シングルパック)
 USS フラッグの旗が付属。
d0164702_17160582.jpg

アイス・ストームv2 (2014年)/ジョー・コン限定 (レスキュー・オプス2パック)
 ジャケットに 「CVN-99」 の表記、星条旗、ジョリー・ロジャーのインシグニアあり。


マーベル・コミック
 U.S.S.フラッグはメキシコ湾で発生した大津波から残存し、新たに出現したコブラ・アイランドに対する攻撃の部隊集結基地として運用された (ARAH 第40・41号/1985年)。
 G.I.ジョーがシエラ・ゴルドのコブラ勢力を攻撃する際、フラッグは再び部隊集結基地として運用された(ARAH 第55・56号/1987年)。
 コブラはG.I.ジョーがプンタ・デル・ムコサに建設した秘密空軍基地とU.S.S.フラッグを目標に攻撃を仕掛けてきた。 コブラのステルス機パイソン・コンクエスト、新型機コンドルZ-25、スティレットに苦戦するG.I.ジョーだが、ドッグファイトの操縦するレシプロ機マッドファイターと宇宙から帰還したU.S.S.デファイアント (U.S.S.クルセイダー?) の活躍で撃退する (スペシャル・ミッション第28号/1989年)。
 G.I.ジョーが中東のベンジーンを攻撃する際、フラッグが登場。 スカイストライカーXP-14F とファントムX-19 が不時着した (ARAH 第115号/1991年)。

サンボウ版アニメ
d0164702_123568.jpg

 コブラの攻撃により本部が破壊されたG.I.ジョー・チームは、レッジャー提督の協力を得てU.S.S.フラッグを仮の拠点とした (第12話<暗黒のピラミッド・パート2> 「死の都市のランデブー」/1985年)。
 宇宙から反物質を回収してきた探査機が海に墜落し、これを巡ってG.I.ジョーとコブラが戦闘。 反物質はコブラ・ヘリキャリアに奪われるが、シップレックがU.S.S.フラッグから発射したミサイルがヘリキャリアに命中したため、ヘリキャリアはフラッグに激突。 フラッグは沈没してしまった (第72話 「コンピューター障害」/1986年)。
 コブラは海中に沈んだヘリキャリアに搭載されていた反重力ポッドを狙うが、フラッグの内部にはヘリキャリアに搭乗していたB・A・レカーがB.A.T.を率いて生存していた。 レカーはフラッグの内部をレカー・シティー、自分の居住地をコブラ・ヴィルと名付け、コンブ畑を作って生活していた。 コブラの狙いを知ったG.I.ジョーが出動し、結局フラッグはヘリキャリアの反重力ポッドを使って引き上げられた。 フラッグは修理のためバージニア州ノーフォークに向かうことになった (第85話 「フラッグを引き上げろ!」/1986年)。
登場リスト (計18話) :
   第12、14、15、26、38、40、44、45、53、58、63、64、65、72、74、85、87、92話。
   ほか、第2シーズンOP、コミック第80号をフィーチャーしたアニメCM、シー・レイ/WOLFのCMにも登場。

アクション・フォース
 イギリス版の 『アクション・フォース』 第29号 (1987年9月19日)、第30号 (1987年) に登場。 エースがフラッグからスカイストライカーで発艦・着艦している。

-------------------------------------------------------------------------------------
マイクロ・マシーンの空母


 1998年、「マイクロ・マシーン」 などで知られるトイメーカーのガルーブ社がハズブロに買収された。
ハズブロはその後も2007年までマイクロ・マシーンのブランドを引き継いでいる。

 1998年、マイクロ・マシーンのミリタリー・コレクションから航空母艦が発売された。
 パッケージを見る限りこの空母に特定の艦名はないが、艦種番号は 「99」 となっている。 単に発売年度に近いキリのいい数字として採用されたということも考えられるが、ハズブロはU.S.S.フラッグを示唆していたのではないだろうか。
ハズブロ マイクロ・マシーン・ミリタリー/シー・ランチ・コマンド (1998年)
d0164702_21202529.jpg

付属品 (名称はjoefig 調べ):
   パイロット×3
   マクダネル・ダグラスF-15 イーグル   
   グラマンF-14 トムキャット VF-103 ジョリー・ロジャース (#504)
   マクダネル・ダグラスFA-18 ホーネット (#501)
   ロッキードP-3C オライオン
   ミサイル・ランチャー
   上陸地点 (ビーチヘッド) ベース

ハズブロ マイクロ・マシーン・ミリタリー/スペシャル・ミッション (1998年)
 上記のバリエーション。 イーグルとオライオンは付属せず。
d0164702_20203662.jpg

ハズブロ マイクロ・マシーン・ミリタリー/エアクラフト・キャリア (1999年)
 継続販売。 「マイクロ・マシーン」 のロゴが変わっている点に注意。
 画像はインターナショナル版のパッケージ。 英語表記のみのパッケージもあり。
d0164702_128109.jpg

d0164702_1282726.jpg

 なお、これと同時期の1999年~2002年にかけてマイクロ・マシーンから 「G.I.ジョー」 のシリーズ名の商品が多数発売されている。

-------------------------------------------------------------------------------------
『G.I.ジョー:レゾリュート』


 G.I.ジョー・チームのメイン基地。 艦種番号は 「99」。 艦首はデュアル・カタパルト形状。
 ストーム・シャドウが侵入してバズーカを殺し、爆弾で兵器庫全体を破壊し、沈没寸前に追い込む。 そしてコブラ・コマンダーはHAARP兵器を使用して船を蒸発させたが、乗組員は既に避難していた。
d0164702_12262375.jpg


トイ
 レゾリュートのラインからU.S.S.フラッグの商品化の計画があったらしいが、キャンセルとなった模様。
d0164702_12263948.jpg

d0164702_12265296.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------
『G.I.ジョー』 (ライズ・オブ・コブラ)


 コブラとの戦いが終わった後に登場。 艦種番号は 「99」。 艦首はデュアル・カタパルト形状。 艦載機はハウラー・ジャンプ・ジェット。
 内部にはデストロ (ジェームズ・マッカラン) とコブラ・コマンダー (レックス・ルイス) が監禁され、バロネス (アナ・ルイス/アナスタシア・ディコブレイ) もナノ-マイトを除去するために保護拘束されている。
 フラッグを訪れたデュークはアナに面会した後、ホークやチームと合流するために去った。
d0164702_11574626.jpg

d0164702_1158026.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------
アニメ 『G.I.ジョー:レニゲイズ』


 シップレックがゲスト出演するエピソードの最後にフラッグという船が名前だけ登場。

-------------------------------------------------------------------------------------
U.S.S.フラッグ(ARAH) のモデル


ニミッツ級航空母艦 Nimitz class aircraft carrier
 アメリカ海軍が開発した世界最初の量産原子力空母の艦級。 40年以上の期間をかけて全10隻が建造された。 世界最大の軍艦としても知られる。 建造はいずれもバージニア州のニューポート・ニューズ造船所。
   U.S.S.ニミッツ (CVN-68)
      艦名はチェスター・ニミッツ海軍元帥から。1968年着工、1975年就役。
      映画 『ファイナル・カウントダウン』 (1980年) に登場したことで有名。
   U.S.S.ドワイト・D・アイゼンハワー (CVN-69)
      艦名は第34代大統領から。 アイゼンハワーは1997年に12インチのG.I.ジョーになっている。
   U.S.S.カール・ヴィンソン (CVN-70)
      艦名はカール・ヴィンソン下院議員から。
   U.S.S.セオドア・ルーズベルト (CVN-71)
      艦名は第26代大統領から。 ルーズベルトは1999年に12インチのG.I.ジョーになっている。
      U.S.S.ジョン・C・ステニスと共に映画 『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年) に登場。
      ディセプティコンの攻撃を受け沈没した。
      ただし沈没シーンでは艦守番号が 「74」(U.S.S.ジョン・C・ステニスの番号) になっていた。
   U.S.S.エイブラハム・リンカーン (CVN-72)
      艦名は第16代大統領から。
      映画 『トランスフォーマー』 (2007年) に登場。
   U.S.S.ジョージ・ワシントン (CVN-73)
      艦名は初代大統領から。 ワシントンは1998年に12インチのG.I.ジョーになっている。
   U.S.S.ジョン・C・ステニス (CVN-74)
      艦名はジョン・C・ステニス上院議員から。
      U.S.S.セオドア・ルーズベルトと共に映画 『トランスフォーマー/リベンジ』(2009年) に登場。
   U.S.S.ハリー・S・トルーマン (CVN-75)
      艦名は第33代大統領から。
   U.S.S.ロナルド・レーガン (CVN-76)
      艦名は第40代大統領から。
      ハズブロのトイの映画化である 『バトルシップ』(2012年) に登場。
   U.S.S.ジョージ・H・W・ブッシュ (CVN-77)
      艦名は第41代大統領から。 ニミッツ級最終艦。




U.S.S.ニミッツ  U.S.S.Nimitz
 アメリカ海軍の原子力空母。 ニミッツ級のネームシップ。 艦種番号はCVN-68。
 艦名はチェスター・ニミッツ海軍元帥から。1968年着工、1975年就役。
 映画 『ファイナル・カウントダウン』 (1980年) に登場したことで有名。
 U.S.S.ニミッツ (CVN-68) の画像。 艦種番号の向きに注意。
d0164702_11413949.jpg

サンボウ版アニメ
 艦種番号 「89」 の空母が登場。 艦名は不明。 フィラデルフィア海軍工廠に停泊していたところを、コブラ側に寝返った戦艦U.S.S.モンタナに攻撃される (第73話 「モンタナを撃沈せよ」)。
「89」 はおそらくフラッグ同様の誤りで、U.S.S.ニミッツ (CVN-68) のつもりであったと思われる。
d0164702_1749478.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------
U.S.S.フラッグ (ARAH) の支援装備 (サポート・イクイプメント)


“ロー・トー” トラクター  “Low Tow” Tractor with High Torque Transaxle (説明書による)
トー・ビークル  Tow Vehicle (組立説明書による)

 牽引車 (トーイング・トラクター)。
 ARAH/航空母艦U.S.S.フラッグ (1985年) に付属。
 画像はYo Joe! より。 Yo Joe! さんごめんなさい。
d0164702_17302219.jpg

 特定のモデルはないと思われるが、A/S32A-32 の雰囲気が比較的似ている。
 下はA/S32A-32 エアクラフト・トーイング・トラクター “スポッティング・ドーリー” の画像。
d0164702_1962378.gif


フューエル・デリバリー・トレーラー  Alloy Armored Fuel Delivery Trailer (説明書による)
フューエル・トレーラー  Fuel Trailer (組立説明書による)

 燃料給油車 (補給車)。
 ARAH/航空母艦U.S.S.フラッグ (1985年) に付属。
 画像はYo Joe! より。 Yo Joe! さんごめんなさい。
d0164702_17303752.jpg

提督用ランチ  Admiral' s Launch with Storage Hatch (説明書による)
 艦載の大型ボート。
 ARAH/航空母艦U.S.S.フラッグ (1985年) に付属。
 画像はYo Joe! より。 Yo Joe! さんごめんなさい。
d0164702_17305085.jpg

------------------------------------------------------------------------------------

 以上、航空母艦U.S.S.フラッグでした。
 改めてトイの画像を見るとやっぱり強烈なサイズですね! いつかは手に入れてみたいという気もするのですが、収納場所の問題がどうにもなりません!

 さて、次回はU.S.S.サラトガの記事の予定です。 それでは!
[PR]
by joefig | 2013-04-09 21:00 | 設定探訪 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/18474857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメレオン at 2013-04-11 20:02 x
これはほんとにとんでもないサイズですよね
男の夢です
アメリカ人でもびびったことでしょうに、、、
一回これであそんでみたいですねぇ
Commented by joefig at 2013-04-12 11:24
>カメレオンさん
日本では考えられないサイズのものが多いアメトイですが、フラッグはまた特別なんでしょうね~。 まさに男の夢サイズ。 joefigも一度この上に手持ちのフィギュアやビークルを並べてみたいです。
現実にはRoC のピットですら持て余している状況ですが! あれを収納ケースから引っ張り出した回数は指で数える程度です……。
Commented by TORO at 2013-04-13 15:44 x
管理人様
オオオオッ‼伝説のUSSフラッグは、何もかもがケタ違いです。
子供のベッドの下に入れるよう考慮されてるのはすごいですが、これを広げることの出来るアメリカの子供部屋もすごいです。まさにメリケン波止場。

甲板下の格納庫も目を見張りました。どれだけのビークルが格納出来るのか・・・。
TFも、このサイズの基地が発売されレバ、基地GUY達も狂喜しそうです。置き場を考えると発狂しそうですが。

『レゾリュート』『ライズ・オブ・コブラ』で発売されなかったのは残念です。
いずれはデファイアントの紹介もお願いします。

ところで、名前のモデルになったフラッグ将軍は、アニメではどういう扱いなのでしょうか?
Commented by joefig at 2013-04-15 17:30
>TOROさん
ふふふ、メリケン波止場ですか。 子供部屋にこんな原子力空母が寄港できるメリケン波止場はやはりスケールが違いますよね~。
TFでこれくらいのサイズを出すとしたら、ユニクロンとかでやってほしいです。 あと、ここまで大きくなくても、G.I.ジョーが乗れるサイズのオプティマスとかはいつか見てみたいな~。
デファイアントもいずれは記事にしてみたいですね。

フラッグ将軍は、コミックではサングラスをかけた渋い指揮官でしたが、アニメではずんぐりした人のよさそうなおじさんで、コミックにおけるオースティン将軍のような雰囲気でした。 役回り的にはG.I.ジョーの後見人的な将軍といったところでしょうか。
Commented by KEITEN29 at 2013-05-03 10:35 x
いやはや、スゴイ画像と内容で、目を見張りました!
まさか、こんなものが商品化されていたとは!?
アメリカのやることはすごいんですね~!

私も昔、中学生の頃に、さんざん原子力空母のプラモを作ったので、「空母」には、いまだに何故かとても惹かれてしまいますね~!
家の近くにメーカーの会社があって、ランナー番号を云えば、1シート単位でパーツを譲ってもらえたので、
確か、こうした原子力空母の環境を、当時の同じスケールの「ウォーター・ライン」シリーズの日本の巡洋艦に移植して、当時の第7艦隊の旗艦「ロングビーチ」を造ったこともありました。

このドデカいアイテムも「アオシマ」の「アトランジャー」のように、分割して売れば、なんとか収納できそうな気がしますが、
そういうことは、アメリカ産は、まずやらないんでしょうね~!
欲しいなぁ~、コレ!
Commented by joefig at 2013-05-04 01:07
>KEITEN29さん
日本では考えられないサイズのトイが発売されるアメリカでも、さすがにこのフラッグの規模は強烈だったようです。 トイ史に残る不滅の金字塔と言える商品でしょうね~。

メーカーから1シート単位でパーツを譲ってもらったというのはなかなかすごい話ですね! そういう対応をしてくれた大人がいたことに驚きです。

「アトランジャー」、懐かしいですね~! 分割して販売されたタイガーシャークという戦艦がありましたよね。 でもフラッグの場合、4つやそこらに分割しても相当デカそうです。
joefig もこれ欲しいですけど、値段はともかく、収納スペースが絶望的にどうにもなりません!