ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

PoC/サイバー-ヴァイパー

PoCから、コブラ・ディーヴィアント(2010年)付属のサイバー-ヴァイパーです。
d0164702_2231189.jpg

Yo Joe !ではサイバー-ヴァイパーv2 にあたります。



コブラ・ディーヴィアントと。
d0164702_19345668.jpg

サイバー-ヴァイパーという兵科は、O-リング時代にARAHのメガ・マリーンズというシリーズからリリースされたことがあります。
サイバー-ヴァイパーv1(1993年) の設定は、生体工学研究所の運営とメガ-モンスターズたちの制御のために、Dr. マインドベンダーによって生体工学手術を施された兵士たち、というものでした。半分人間・半分ロボットという、いわゆるサイボーグですね。

サイバー-ヴァイパーv1 、バリケードv1 (1992年)、ロボ-J.O.E.(1993年) など、この頃のキャラクターの設定やデザインには映画 『ロボコップ』(1987年)からの影響が感じられます。

今回のものは v2 にあたり、生体工学手術が施された兵士という点は同じながら、デザイン上の共通点はまったくありません。


ファイルカード(意訳)

No.1024  8888-CY  サイバー-ヴァイパー

サイバー-ヴァイパーには生体工学的な移植が施されており、高度に先進的なコブラ・ディーヴィアント・モービル・メック・スーツのようなコンピューター制御システムに対し、それは生体インターフェースとして機能する。相方向接続によって彼らは意志と身体の延長としてスーツを操縦し、夜の闇に覆われた市街地でG.I.ジョー・チームと対峙するとき、それは敵を上回る強力なアドバンテージとなる。

作戦装備:D57-A極限環境仕様タクティカル・ライフル


素体。
ヘッドは25thのワイルド・ウィーゼルv6(2008年)から。
トルソー、ウエストはRoCのM.A.R.S.インダストリーズ・トルーパー(2009年)から。
腕部、脚部は25thのザルタンv13(2007年)から。
d0164702_1937124.jpg

頭、腕、胴、脚の各パーツのバランスがまったく揃っていない感じです。

バストアップ。
d0164702_19372932.jpg

付属品。
ボディー・アーマーは25thのナイト・クリーパーv11 から。
ナイフは25thのザルタンv13 から。
d0164702_19374829.jpg

ヘルメットのアップ。
ワイルド・ウィーゼルのものと同型のフライト・ヘルメットで、ヘルメット・マウント・ディスプレイが搭載され、クリアー・バイザーにターゲット・サイトが表示されています。
d0164702_19382174.jpg

ひと手間かけているわりには、かえって元のワイルド・ウィーゼルのときよりも造型の悪さが目立っている気がします。

横から見ると頭部が小さすぎて不自然です。
d0164702_19393766.jpg

PoCのコブラ・ヴァイパー、コブラ・トルーパーと。
d0164702_19391141.jpg

ナイフ。右足首のシースに収納されています。
どちらの手に持たせてもユルユルでした。白兵戦では役に立たない兵士に違いありません。
d0164702_19401449.jpg

以上、サイバー-ヴァイパーでした。
せめてヘルメットだけでも新規造型してほしかったです。

さて、次回はコブラ・ディーヴィアントです。それでは!
[PR]
by joefig | 2011-12-10 21:00 | フィギュア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/14968799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメレオン at 2011-12-10 22:27 x
おぉ!こちらも買いましたか!
やはりセットで買わないと!ですね

俺はなんだかこの弱そうな感じがすごく気に入ってしまいました
すごく卑怯なキャラ設定で遊んでます
Commented by joefig at 2011-12-12 01:39
>カメレオンさん
いや~、今頃になってようやく買えました! これはやはり2機揃えて対決させたいとずっと思っていたので、やっと念願が叶いました。

「すごく卑怯なキャラ設定」っていいですね! トイで遊ぶときはそうやって遊ばなくちゃイカンですね!