ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

日本版ARAH/プレイカード⑦ G-16D - G-18

G-16DからG-18です。
d0164702_22575510.jpg




G-16D  クラッチ  バンプジープドライバー
本名:スタインバーグ・ランス  特技:ドライバー、メカニック、カーレース  出身地:オーストラリア

クラッチはG.I.ジョーに入いる前は自動車整備工場でメカニックをしながら、休日には自分の改造した車でカーレースに熱中していた。自分のメカニックの腕と運動技術に自信をもったクラッチは入隊を決意し、レンジャースクール、機密情報学校、特殊警護学校等を優秀な成績で卒業した。レーサーの経験からバンプジープの運転を進んで志願した彼は自分の好きな仕事を続けられることに満足している。車に夢中の彼は、オシャレにはまったく関心がない。ひげは1月に1度剃るだけだし、髪の毛にはモーターオイルがしみついている。


なぜか本国版のVAMP付属のクラッチv1.5(1983年)(グリーン)ではなく、VAMPマークⅡ付属のクラッチv2(1984年)(タン)となっています。本名ランス・J・スタインバーグ。ニュージャージー州アズベリーパーク出身。
25th以降はコードネームがダブル・クラッチに変更されています。
なお、当ブログにレビュー記事を追加しました(こちらです)。

G-17  ポーラバトルベア(スノーモービル)
最高速度:時速50km  最高登坂力:35°  装備:ダブルマシンガン、ランページミサイル

ポーラバトルベアは、極地の安全をコブラの破壊工作から守るためG.I.ジョーチームが開発した偵察用スノーモービルである。極地の深い雪原は地上の乗り物を寄せつけないが、このポーラバトルベアは高出力エンジンと特殊ゴム製キャタピラによって力強く疾走する。


本国版のポーラー・バトル・ベアー(1983年)に相当。最近ではRoCのターゲット限定パースト&プレズント・セット(2009年)で再販されましたが、名称はロックスライドATAVとされていました。


G-18  ラピッドファイアーバイク(アクション速射バイク)
最高速度:180km  装備:ラピッドファイアーガン

ラピッドファイアーバイクはサイドにラピッドファイアーガンを装備したアクションバイクである。その威力は絶大で、その軽快な機動力と相まってコブラ隊員たちをおびやかす。コブラの攻撃をさけ速射砲を撃ちながらの運転は多少の技量を必要とするようだ。


本国版のRAM(ラム、ラピッド・ファイアー・モーターサイクル)(1982年)に相当。海外サイトではエンジン部分について空冷直列2気筒ということでホンダCB400ホークの名が挙がっているようですが、形状は違っていると思います。特定のモデルはないのでしょう。ヘッドライト周りのデザインはカワサキのGPz系に近いと思います。
当ブログでは25thでリファインされたバージョンのレビュー記事があります(こちらです)。
RoCでも最近カラバリが出ました。


次回はG-19から未発売分を挟んでG-27Dです。それでは!
[PR]
by joefig | 2011-03-28 19:33 | 資料 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/13201425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NOR at 2011-04-03 19:42 x
ヴィークル付属のカードってナニゲに貴重ですよねぇ。国内版のクラッチがイラストじゃなくて写真なとことか。
タンVer.のイラスト素材の用意が間に合わなかったんですかねぇ。

各種写真のライティングが独特というか、微妙に昭和ミクロの宣材ぽくって味わいがありますね。
Commented by joefig at 2011-04-03 22:35
>NORさん
ビークルにもプレイカードが用意されているというのは日本版独自の仕様だと思いますが、最近ちょっとびっくりしたのは、25th版のビークルにもファイルカードがあると知ったことです。

クラッチだけ写真なのは、きっとタンver.のイラストを使うと今度はVAMPマークⅡの一部が写ってしまって、どのみち「なんじゃこりゃ」となるから……といったところでしょうかね。

昭和ミクロの匂いは宣材の随所に垣間見られますよね。日本ではありえないサイズのビークルなどに、果たしえなかったミクロの夢を託したスタッフたちもいたのでしょうね。そもそも3.75インチのジョーの存在そのものがミクロなくしてはありえなかったでしょうし。昭和ミクロは偉大です。