ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

日本版ARAH/プレイカード⑥ G-15 - G-16

G-15からG-16です。
d0164702_22413159.jpg




G-15  フライングドラゴン(アサルトヘリコプター)
最高速度:時速310km  航続距離:750km  装備:25mmバルカン砲、レーザー誘導160mmキャノン砲、地対空ミサイル、HEミサイル、M34グレネード砲、80mm軽機関砲

G.I.ジョーチームの戦闘用ヘリコプター。G.I.ジョー最高機密武器システムから設計された。数々の武器を装備し、その攻撃力、機動力はG.I.ジョーチームの中でもトップレベルの力を持つ。その俊敏な動きと正確な命中率は、地上のコブラにとって大いに脅威である。


本国版のドラゴンフライ(XH-1)(1983年)に相当。
モデルとなったベルAH-1コブラはすでに退役(ただし海兵隊が改良型のAH-1Zヴァイパーを運用していますが)、さすがに古臭いせいか25thではリメイクされませんでした。
なお、現行のマクドネル・ダグラスAH-64アパッチもAH-74デザート・アパッチ(1992年)としてリリースされたことがありますが、出来はドラゴンフライには及ばなかったようです。


G-15P  ワイルドビル(フライングドラゴンパイロット)
本名:ハーディ、ウィリアム・S  特技:作戦参謀、ヘリコプターパイロット、固定翼パイロット、航空兵器係
出身地:テキサス州ブラディー

ハーディは、長距離偵察パトロール隊に勤務していたが航空准士官学校に任命されて以来、現在のヘリコプターパイロットとなった。特殊訓練を受けており、自動拳銃を好んで使う。その腕前には自信を持っていて今でも訓練を欠かさず続けている。冷静な判断と素早い決断力はG.I.ジョーの仲間から厚い信頼を受けている。彼はやさしくゆっくり話し、ふだんはカントリーウェスタン歌手のファッションをしている。正直な男で、仲間たちとふざけ半分のホラ話をしたりするようなことはないが、酒を飲むと陽気になって踊りだすこともある。


本国版のワイルド・ビルv1(1983年)に相当。本名ウィリアム・S・ハーディー。テキサス州ブレイディー出身。
25thではシングルカードやコミック2パックなどで何度かリリースされ、RoCではドラゴンホークXH-1(2009年)のパイロットでした。


G-16  バンプジープ(バトルアクションジープ)
最高速度:時速230km  最高登坂力:35°  装備:コンピューター連動7.62mmマシンガン  4.8ℓツインターボエンジン搭載

バンプジープは偵察から攻撃まで、道なき道を進む万能ジープである。合金ホイール使用のオフロードタイヤは路面を強力にグリップする。どんな弾をもはじくタフな超合金ボディーと軽快な操縦性はG.I.ジョーの乗員から高く信頼され量産が進められている。


本国版のVAMP(ヴァンプ)(1982年)に相当。1977年型ランボルギーニ・チーターがモデル。2座であるところは、チーターの原型である1971年型FMC XR311(通称G.I.ホットロッド)と同じです。
25thではイメージはそのままに大幅にリファインされました。
PoC版では、チーターの市販モデルである1986-1993年型ランボルギーニLM002の改造車のようなデザインに一新されました。
なお、当ブログに記事を追加しました(こちらです)。


次回はG-16DからG-18です。それでは!
[PR]
by joefig | 2011-03-27 10:30 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/13201254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。