ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

日本版ARAH/プレイカード⑤ G-13 - G-14P

G-13からG-14Pです。
d0164702_22304340.jpg




G-13  スノージョブ  北極警備隊員
本名:ハーラン・ニッカネン  特技:スキーパトロール、ライフル射撃教官  出身地:ノルウェー

スノージョブは、オリンピックのバイアスロン競技の選手でゴールドメダリストであった。数々のかがやかしい記録を打ちたてた彼は、その技能を買われて陸軍の技術兵員となったが、さらに自分の可能性をためすためにGIジョーチームに志願した。どんなことでもスキーをはいて実行できる彼であるが、なかでもライフル射撃がすごい。ほとんど人間技とは思えないほどである。猛スピードで滑走しながら、長距離射撃の技術で、コブラのヘリコプターを狙撃する。これは芸術だ、と言われるほどである。


本国版のスノー・ジョブv1(1983年)に相当。本名ハーラン・W・ムーア。バーモント州ラトランド出身。
本来のファイルカードでは、コードネームのスノー・ジョブは彼の任務とは関係なく、「巧みな嘘」の意であることをロックンロールが指摘しています。
付属のXMLR-3Aレーザー・ライフルはアニメ版ではG.I.ジョー・チームの標準装備扱いとなっていました。


G-14  スカイストライカー(コンバットジェット)
最高速度:M2.3  航続距離:500km  装備:対空バルカン砲、50mmバルカン砲、対空ミサイル、スパロウミサイル、フェニックスミサイル

スカイストライカーは、G.I.ジョーチームが誇る最強のコンバットジェットである。高速飛行時には主翼が後退し、機体の安定とスピードの向上を計る可変翼が採用されている。装備も一級のものをそろえ、各地に出現するコブラ基地や破壊兵器に対抗している。


本国版のスカイストライカー(XP-14F)(1983年)に相当。モデルはグラマンF-14Aトムキャット。
ビークルはみんなそうですが、ステッカーが一部日本仕様となっています。
25thではリメイクされませんでしたが、30thでスカイ・ストライカーXP-21Fとして再登場することが決定しています。


G-14P  エース  スカイストライカーパイロット
本名:アームブラスター・ブラッド  特技:固定翼パイロット、情報活動、トランプ  出身地:アメリカ

エースは、空を飛ぶことが何より好きだ。高校在学中から、授業の後や週末を飛行訓練に費やしていた。はじめはアラスカのパイプラインを手始めにしだいにスタント飛行にもはげむようになった。空軍に入隊したのは22才の時だった。空軍ではエリートであるが、彼には1つだけ欠点があった。それはギャンブル好きなことである。空を飛んでいる時以外はギャンブルに明けくれている。特にトランプのポーカーが得意で夢中になってよく徹夜をするが明け方にはしっかりと任務についている。


本国版のエースv1(1983年)に相当。本名ブラッド・J・アームブラスター。ロードアイランド州プロビデンス出身。本国版のファイルカードでは、コードネームのエースは「撃墜王」「切り札」の意というよりは、むしろポーカー絡みっぽく記述されています。25thではキャプテン・エース。
なお、12インチの初代G.I.ジョーの最初のラインナップのひとつアクション・パイロット(1964年)は、試作段階ではエースという名前だったそうです。



次回はG-15からG-16です。それでは!
[PR]
by joefig | 2011-03-25 19:03 | 資料 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/13201081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。