ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

PoC/スカイダイブ(ジャングル・アサルト)

PoCのウェーブ4から、スカイダイブ(ジャングル・アサルト)(2011年)です。
d0164702_056196.jpg

Yo joe! の分類ではスカイダイブv2 にあたります。



はじめリップコードとして企画されたフィギュアだったようですが、別人に変更されてのリリースです。
d0164702_2101184.jpg

初代スカイダイブ(1990年)はスカイ・パトロールというサブ・チームのリーダーでした。
今回のものは、造型上の共通点は特にありません。

ファイルカード(意訳)

No.1106  スカイダイブ
本名:リントン・N・フェリックス  シリアル・ナンバー:131-45-FX90
階級:E-8(マスター・サージャント、曹長)
作戦装備:ターボジェット・エンジン及びエアロソニック・ウイング装備ゼータ・ロケット・パック

スカイダイブはG.I.ジョー・チームの空中機動戦のスペシャリストである。彼はHALO(ヘイロー、高高度降下低高度開傘)及びHAHO(ヘイホー、高高度降下低高度開傘)に熟達している。彼は先進的ロケット・パックを用いてジャングルの中に建設されている謎のコブラ基地へと降下し、着地して建物へと向かうが、シャドウ・トラッカーの追跡を受けていることには気付いていない。

秘密取扱資格;最高機密


素体。
ヘッドはRoCのSgt.フラッシュから。
トルソー、ウエストはRoCのシップレック(ネイヴァル・コマンドー)から。
腕部、脚部は新規造型。
d0164702_9404768.jpg

バストアップ。
初代は口髭を生やした顔でしたが、今回はSASタイプのバラクラバで顔を隠しています。
d0164702_941635.jpg

付属品。
ディスプレイ・スタンド、パラシュート・ハーネス、ゼータ・ロケット・パック、ミサイル弾×2、バーニア×2、ヘルメット、H&K P30。
d0164702_9412436.jpg

RoCのデューク(リアクティブ・インパクト・アーマー)、レゾリュートのビーチヘッドと。
d0164702_9475695.jpg

フル装備。
バーニアはなぜか上向き。
d0164702_9482857.jpg

で、ゼータ・ロケット・パック本体には推進装置らしくものが見当たらず。
あと、ミサイルがこの位置じゃ危険でしょう。発射した途端、バーニアに当たって爆発すると思います。
爆弾みたいに投下するのかな? 一度腕にぶつかってから……。
真ん中のボタンでウイングが開きます。
d0164702_9485366.jpg

エアロソニック・ウイングを展開。
d0164702_9494387.jpg

ミサイルを付けておくのを忘れました。どうでもいいや。
d0164702_950481.jpg

ゼータ・ロケット・パックを外した状態。
バーニアはこっちについているという……。
d0164702_9511963.jpg

ヘルメットを外して。
d0164702_9513828.jpg

素体にヘルメットのみを装着した姿。
コブラ側のランプリーのような雰囲気です。
d0164702_9523190.jpg

d0164702_9591181.jpg

d0164702_9525639.jpg

ハンドガンを構えて。
モデルはH&K P30。RoCのホークに付属したものです。
ミサイルのほかはこれ一丁でジャングルに殴りこみだ!
足首のホルスターにきっちりと収納可能。
d0164702_953362.jpg

ゼータ・ロケット・パックを直接装着。
これだとバーニアがないですけど。
d0164702_958617.jpg

飛び出し式のフライト・ユニットをお持ちの皆さんと。
d0164702_100013.jpg

RoCのチャーブロイルのヘルメットを装着し、レゾリュートのデューク、RoCのエア・レイド(ヘッドは違いますが)と並べて。
もっと格好良くなるかと期待していたのですが、ずんぐりした感じになってしまいました。
d0164702_101136.jpg

d0164702_2074179.jpg

もういいでしょう。以上、スカイダイブでした。
ウェーブ4はどれもなかなかの傑作揃いですが、このスカイダイブだけはあまり魅力を感じませんでした。ディテールなどは優秀なんですが、あまり格好良くないし、彼が役に立つシチュエーションがあまり思い浮かんでこないです。

さて、次回はデストロの予定です。それでは!



おまけコーナー
「扉の画像」

今回は、前回と今回の扉の画像について、どんなふうに作ったかを書いてみたいと思います。
(※画像加工をやったことはないけどやってみたい、という方向けに書くことにします)

まずは前回のシャドウ・トラッカーから。

はじめに、画像の内容を決めます。
「シャドウ・トラッカーが木の上から襲いかかり、ネットを投げつけてくる」という画像にすることにしました。
フィギュアがただ立っているだけの画像を作るよりも、作業はちょっと面倒になります。

次に、背景にする画像をネット上で探します。
欲しいのは、ジャングルの木々を下から見上げているような画像です。
今回はYahoo ! で、「rainforest」(熱帯雨林) と 「canopy」(林冠) を組み合わせて検索しました。
海外の画像の方が種類もたくさん見つかり、画像も大きいことが多いです。いつも適当に探しますが、結構すぐ見つかります。
そしてこれを背景にすることに決めました。
撮影された方、勝手に使ってごめんなさい。
d0164702_10123670.jpg

その背景に合わせてフィギュアのポーズを決め、パソコンに映した背景画像の前で撮影します。
今回は手で支えなければならないポーズでした。
背景画像の前で撮影したほうが、あとで細部の処理が楽になる場合があります。
d0164702_10131344.jpg

このとき、画面に対して斜めから撮影しないと、モニター画面にカメラとか自分の顔が映りこんでしまいます。
どうしても正面から撮りたいときは、映りこむ箇所にフィギュアがくるようにすればOKです。

投げつけるネットも撮影します。
カメラの前で動かすか、カメラのほうを動かすかして、ネットが迫ってくるようなブレた画像にしました。
これはフリントの画像を作ったときに試してみたやり方です。
何枚か撮影して、よさそうなのを選びました。
d0164702_10133361.jpg

背景の画像の上にレイヤーを2つ作って、フィギュアの画像、ネットの画像をそれぞれに貼り付けます。
(※joefigが使っているのは、ペイントショップ・プロ 5 という、6年以上前のソフトです)
ネットはフィギュアが隠れないようにするために角度を回転させました。

フィギュアの写ったレイヤーだけを表示して、この画像からフィギュアだけを残して背景を消します。
この作業には20~30分ぐらいかかりました。
管理人joefigはいつも扉画像はあまり大きなサイズにはしないので、輪郭に忠実にするというよりも、輪郭をほんの少し切り取るぐらいのつもりで大雑把にやります。
d0164702_1745167.jpg

必要な部分だけが残せたら、全部のレイヤーを表示します。
d0164702_20172493.jpg

そこから、いらない部分をトリミングして、サイズを最終的な大きさに縮小します。
たいてい、もとの画像の3分の1ぐらいにしてしまいます。小さくするとボロが出ないので。

加えて、フィギュアが背景より目立つようにするために、背景全体をぼかします。

フィギュアのほうは、逆にシャープにして、コントラストもやや強めにします。

ネットはぼかしたままで、ふちの部分などを大雑把に修正します。どうせピントは合っていないので、適当です。
d0164702_10165338.jpg

頭と胸のあたりだけをもう一度シャープにし、最後に全部のレイヤーを結合して完成です。
d0164702_10171824.jpg

ブログをはじめた当初は作業にかなり時間ぐらいかかっていましたが、それからずっと作り続けているうちに、時間的にはだいぶ効率よく作れるようになりました。

うまくいった気がする場合もあれば、ちょっとヘンな画像になることもありますが、いちいち気にしないことにしています。練習と思って、完成度にはあまりこだわらずにたくさん作りたいと思います。


続いて、今回の扉の画像。

ネットで「skydive」で検索して空の画像を見つけたあと、こんな風にしてアップで撮影したものです。加工はトリミングだけ。
d0164702_10174966.jpg

5分でできました。楽チンでした。

おしまい。
[PR]
by joefig | 2011-02-04 21:25 | フィギュア | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/12789497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by NOR at 2011-02-06 23:49 x
あらま!私もてっきりこれリップで商品化されてる思ってました。
まぁ、リップはちょっと商品出すぎな感がありますしね。

これ、カッコいいんですけどねぇ。やっぱりなんか微妙な感じがしますよね。
軍用の戦闘飛行ユニット。っていうよりは「個人の趣味で空飛んでるおじさん」って感じですねぇ。
Commented by joefig at 2011-02-07 21:03
>NORさん
RoCの俳優ライクなデュークとザルタンは、PoCでは顔が変わってしまったから、リップもそのままでは出せなくて、かといって新規造型するほどでもなく……という流れだったんでしょーかねー。せっかく本来の降下兵に戻れそうだったのに。

単体で見ればこのデザインもSFっぽくて悪くはないんですけど、違和感が激しすぎますよね。一体どのくらい未来の話なの? と言いたくなります。