ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

PoC/レコンド

今回紹介するのは、PoCのレコンド(2010年)です。
d0164702_17251544.jpg

Yo Joe! の分類ではレコンドv7 にあたります。ジャングル戦のエキスパートです。



初代レコンドの登場は1984年。
25thではアサルト・オン・コブラ・アイランド(7パック)(2009年)の中の一体として初代がリメイクされました。

今回のものは過去のレコンドとはまったく似ていません。愛用のスラウチ・ハットに名残りが見られるだけです。
d0164702_1816933.jpg

ファイルカード(意訳)

No.1011  レコンド
本名:ダニエル・M・ルクレア  シリアル・ナンバー:158-24-DM87
階級:E-4(スペシャリスト、特技兵)
作戦装備:テレスコピック・サイト付きMR-Jジャングル-ヴァリアント・マークスマン・ライフル

レコンドはG.I.ジョー・チームのジャングルにおける戦闘とサバイバルのエキスパートである。彼はコブラの軍団を偵察するためにチームの先頭に立ってジャングルへと分け入る。コブラ・トルーパーを捕えて、彼らが熱帯雨林の中に隠しているものが何であるかを探るため、彼はクローJSマルチ・スネア・トラップを装備した太陽電池内蔵の原野用サバイバル・パックを用いる。

秘密取扱資格:最高機密


素体。
全て新規造型。
マッチョな雰囲気になりました。
d0164702_1817124.jpg

バストアップ。
スキンヘッドとなり、これまでのレコンドの面影はなくなりました。あとでガン・ホーとかに流用されそうな気配が漂っています。
d0164702_18174520.jpg

付属品。
ディスプレイ・スタンド、バックパック(ギミック内蔵)、ソーラー・パネル左右、アーマー・ベスト、スラウチ・ハット、ネイティブ・アメリカン・マスク、ベアー・トラップ×2、アックス左右、バレットM82A3 ロングレンジ・スナイパー・ライフル、ベレッタARX-160。
d0164702_18182478.jpg

素体のままでも貫禄充分。
d0164702_18205124.jpg

男臭い面構えです。
d0164702_1822948.jpg

ヘッドは常に下を向いたような角度になってしまっているのが惜しいです。
左下腕にはダーツのような小型ミサイルを装着しています。
d0164702_1823323.jpg

RoCのベンチプレス、PoCのデューク(ジャングル・アサルト)と並べてみました。
僧帽筋の盛り上がりでマッシブな体型に見えますが、背格好そのものは大柄ではなく標準的なサイズです。
d0164702_1826414.jpg

レゾリュートのデュークビーチヘッドとも並べてみました。
レッグ・ゲーターを付けていたりするなど、装備は結構似ています。
d0164702_1829950.jpg

25thのレコンドと並べて。
ずいぶんキャラが違って見えます。
なお、写真には写っていませんが、スラウチ・ハットはこの25thのものを流用しています。
d0164702_1831639.jpg

Tシャツ姿のままで付属品をいろいろ装着してもさまになります。
スラウチ・ハットを被って。
d0164702_18331197.jpg

アックスを両手に。
d0164702_18332964.jpg

バレット・ライフルは、ベストを着用していないほうが両手持ちが決まります。
d0164702_18334410.jpg

d0164702_1834054.jpg

ジャングル・アサルトのチームを映画『プレデター』に見立てるなら、レコンドは元プロレスラーのジェシー・ベンチュラが演じたブレイン・クーパーといったところでしょう。
d0164702_18364481.jpg

ジェシー・ベンチュラといえば、彼は後に政界入りを果たしてミネソタ州知事(在任1998~2002年)になったそうです。あのときジャングルで宇宙人と派手にドンパチしていたのは、未来のカリフォルニア州知事とミネソタ州知事だったんですね~。

アーマー・ベストを装着。
d0164702_18371417.jpg

ベストの左肩にはハンディーGPSまたは衛星携帯電話のようなデバイスのモールドが装着されていますが、取り外すことはできません。
d0164702_1837426.jpg

ベストの背面はアーマー・プレートがモールドされています。
ベストの両サイドには小径のジョイント穴があり、ここにアックスを取り付けることができます。
d0164702_1840155.jpg

バックパック。
ファイル・カードによればこれはソーラー・パワード・ウィルダネス・パックという名称だそうです。
発電機に荷物をくくりつけたようなディテールとなっており、上部にはソーラー・パネルが設置されます。
d0164702_18425239.jpg

パッケージにはソーラー・パネルが上部に展開した状態で入っていましたが、行動中や戦闘時には邪魔になると思うので、向きを反対にしてみました。
d0164702_18453730.jpg

d0164702_18455964.jpg

d0164702_18461470.jpg

スノー・ジョブのバックパックを装着したベンチプレスと並べてみました。
ジャングルの長期偵察に出かけるイメージです。
d0164702_18481118.jpg

バックパックにはギミックが内蔵されています。
下部にぶらさがっているジョイント・パーツを引っ張って紐を伸ばしたあと、バックパックの赤いボタンを押すと勢いよく巻きとられます。
d0164702_18563398.jpg

ジョイント・パーツにはベアー・トラップが装着できます。
これは大型獣用のフットホールド(レッグホールト)・トラップで、和名ではトラバサミと呼ぶようです。
ファイル・カードによるとクローJSマルチ・スネア・トラップという名称だそうです。
中央のプレート部分にはペグがあり、この上にフィギュアの足を固定できるようになっています。
付属する2つとも同じ向きのものですが、バラして組みかえれば逆向きのようににすることもできます。
d0164702_1923240.jpg

引き出したトリップワイヤーはそれほど長くはありません。
d0164702_1935974.jpg

光学迷彩で姿を隠したジャングルヴァイパーを捕らえるのに有効なのかもしれませんが、ここではザコ役をやらせたら右に出る者がいないレゾリュート版コブラ・トルーパーにつかまってもらいました。
d0164702_1971425.jpg

ここで赤いボタンを押してみたところ、哀れなトルーパーは一瞬で引きずられてきましたが、同時にベアー・トラップもはじけ飛んでしまいました。巻き取るスピードはスタープラチナにしか見ることができないほどのえらい勢いです。

ベアー・トラップは2つともバックパックに装着しておくことができます。
d0164702_19134726.jpg

スナイパー・ライフルを構えて。
モデルはバレットM107(またはM82A3)ロングレンジ・スナイパー・ライフル。
ただしファイルカードではMR-Jジャングル・ヴァリアント・マークスマン・ライフルとなっています。
ライフル・ラップでカモフラージュされていて雰囲気はいいのですが、ベストを着用していると両手持ちができないのが残念です。右肘が90度まで曲がらないのもネックになっています。
d0164702_19341159.jpg

アサルトライフルを構えて。
モデルはベレッタARX-160。
こちらは両手持ちができました。
d0164702_19174940.jpg

ネイティブ・アメリカン・マスク。
未開の部族の仮面といった雰囲気のプリミティブなマスクです。
ファイル・カードには何も言及されていませんが、ハイダ族のようなアメリカ・インディアンが用いたマスクと思われます。意匠はおそらく熊(グリズリー)でしょう。
d0164702_19195438.jpg

d0164702_19201739.jpg

ちなみにコミックでは、メジャー・ブラッド率いるコブラの部隊がシエラ・ゴルド(南米にある架空の国)の奥地にあるトゥカロ村を襲撃した際、その地の先住民族トゥカロスと共に戦ったレコンドは戦闘の末に消息を絶ちました。
G.I.ジョー・チームの公式記録ではレコンドは戦死したとされていますが、実は彼がまだ生きているということを、トゥカロスとG.I.ジョー・チームのスパークスだけは知っているのです。

最後に、25thのレコンドにアーマー・ベストを装着してみたのですが、さすがにPoCとは造型に差があるため、なんとなくコミカルな感じになってしまいました。
d0164702_192225.jpg

d0164702_11574864.jpg

以上、レコンドでした。造型も装備もPoCの水準を満たしているし、キャラも立っているのですが、ヘッドの角度とか、フル装備だとせっかくのバレット・ライフルを両手持ちできない点など、ちょっと惜しい点がいくつかありました。このあたりがクリアされていれば文句なしだったのですが。

さて、次回はファイアーフライです。それでは!
[PR]
by joefig | 2010-11-15 19:53 | フィギュア | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/12223076
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメレオン at 2010-11-15 22:55 x
ずいぶんと男らしく、ワイルドになりましたね
25th版は知的な感じがしましたが

トラップとかおもしろいですね
こういうのって玩具には大切よね
Commented by joefig at 2010-11-17 18:11 x
>カメレオンさん
出来はPoC版のほうがずっといいんですけど、25th版──というかアサルト・オン~の7体──はなかなか味があるんですよね。
すっかり別人のようになっちゃってちょっと残念です。

遊べる小物とかギミックがあるとやっぱり楽しいですよね!
Commented by NOR at 2010-11-20 20:29 x
こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。

う~ん、このレコンド、カッコいいですね!
なるほど、ジャングルアサルトはプレデターが元ネタって考えるといろいろしっくりきますねぇ。
しかし映画では今年最新作の「プレデターズ」が公開されたというのに、このタイミングで20年以上前の初作をパクってくるあたり、「さすがハズブロ!」って感じで妙に安心しました(笑)
ジェシー・ベンチュラは「バトルランナー」でもシュワちゃんと殴り合いしてましたね。きっと2人は仲がいいんでしょうね。

このレコンドは表情や帽子の形から察するにARAHのナウガハイドの意匠が入ってる感じがします。
そういえばPOCのスノージョブに付いてるライフルもナウガハイドの当時品のやつにそっくりです。
僕は銃の事はサッパリなので実銃モチーフがあるのかはわからないのですが・・・
Commented by joefig at 2010-11-21 01:03
>NORさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
なるほど、1989年のGnawgahyde(グノーガハイドと読むような気がします)ですね! Yo Joe!で画像を見てきましたが、もうこのレコンドが彼にしか見えなくなってしまいました! あとは適当なベストに豹柄ペイントを施してイノシシを用意すれば、ハズブロさんいつでもリリース可能ですね。

それよりも、NORさんのブログにお邪魔して度肝を抜かれました。凄いですね! シーモンキーになっちゃうチャックルスとカバーガール……スバラシすぎます!
Commented by joefig at 2010-11-21 09:07 x
>NORさん
失礼しました、上のコメントでグノーガハイド……なんて書いてしまいましたが、おそらくはGnaw(ナウ)+ノーガハイド(人工皮革のひとつ)の合成で、やっぱりナウガハイドと読むのが正しいようですね。余計なこと書いてしまってごめんなさい!
Commented by NOR at 2010-11-21 11:02 x
GNAWGAHYDEは僕もどう呼んだもんか果てしなく悩んだんですけど、アニメ(オペレーション・ドラゴンファイア等)を見たところ、「ノーガハイ」と発音しているように聞こえるんですよ。発音そのままを表記するのもどうかなぁと思い、勝手に私のセンスで「ナウガハイド」と呼んでいるので、全く正確ではないですのでどうかお気になさらず。

キャラの呼称については海外表記に従うか国内的に解釈するか悩むところですよね。
国内にこだわると「スネークアイ」だけど、海外ではスネークアイ「ズ」にしないと、息子の幸運を望んで父がつけたあだ名、「親の総取り」っていうニュアンスが消えてしまうし、ブリーカーにしようかブレーカーにしようか、だとかしょっちゅう悩みます。

私は90年代以降のARAHラインが超好きなんでこの頃の玩具をぜひリメイクしてほしいところなんですが、人気ない時代のものなのでなかなか難しいですね~・・・

リンクの件はぜひぜひ。こちらからも張らせていただきますね!
Commented by joefig at 2010-11-21 21:12 x
>NORさん
アニメで確認するというのはよく考えたら基本ですね! うっかりしてました! お恥ずかしい……。英語の文化圏でないもどかしさといいますか、トリップワイア/トリップワイヤーとか、コマンドウ/コマンドー、バトル・コー/バトル・コープス、トーピドー/トルペード、カヴァー・ガール/カバー・ガールなど、迷うところ多々あるんですが、あまり原音に近づけようとしたところでしょせんカタカナ。かえって意味不明みたいな感じになってしまうのでまあまあ妥協点に軟着陸するようですかね! 迷ったらNORさんに相談 にのっていただけたら嬉しいです!

リンクの件はありがとうございます。 これからもよろしくお願いします!
Commented by joefig at 2010-11-26 16:23
>再び、NORさん
実は今までコードネームの意味をあまり深く考えてきませんでしたが、NORさんにいただいたコメントをきっかけに興味がわいたので、ちょっと調べてみました。

スネーク・アイズは、カジノ用語でサイコロの1のゾロ目とかルーレットの0や00が出たのを、蛇の小さな眼がふたつ並んでいることに見立てたもので、これが出ると「親の総取り」になってプレイヤーはボロ負けしてしまい、このことから、一般に「不運の象徴」とされているらしいです。
これが正解かどうかわかりませんが、最強のニンジャのコードネームを「不運」としたところに、アイロニカルな意味をこめたのではないでしょうか。

ブレーカーは、本来は「遮断する者」みたいな意味だと思いますが、この場合は特に、アメリカのCB無線用語で「交信に割って入る」際に用いられるコール(「ブレーカー、ブレーカー!」と復唱)からきていると思われます。

合っているかどうかわかりませんが、いかがでしょうか!
Commented by NOR at 2010-11-28 10:49 x
私もコミック部分は未読なのでネット情報がソースなんですが、
http://www.myuselessknowledge.com/joe/characters/snakes.html

"His father wished him luck and added that luck can run out quick, "and the next thing you know... 'Snake-Eyes'."

という記述を参考にしたんですが、父がベトナムに従軍する息子(スネークアイズ)の幸運を祈るのと同時に、早いところ彼の運が尽きて帰ってくるように(笑)「スネークアイズを忘れるな」みたいな意味の言葉を贈った「らしい」です。←少々自信無し

ブレーカーは、それありそうですねぇ。

コードネームの命名についてはハマ師匠の従軍時代の友人のアダ名なんかからも、けっこう取ってるらしいですね。
「ストーカー」なんて、レンジャーのアダ名としてはありそうですけど、現代ではちょっとムリですね(笑)
Commented by joefig at 2010-11-28 14:06
>NORさん
おお~、そんな記述があったのですか! 実はそのHPを見たことはあったのですが、不覚にも私が使っている翻訳コンニャクはデタラメなことしか伝えてくれませんでした……。
どのキャラについても、私が書いていることは、ハズブロがトイに付けた名前の詮索という程度の、浅薄なものでしたね!
コミックなどの中でちゃんとコードネームの由来が語られているというのは、よく調べておかないとわかりませんねー。
ごく最近でも、ビーチヘッドの名が、本来の意味とは別に、"G.I.Joe : Origin " #11の中で、G.I.ジョー・チームに入隊してコードネームを決める際、「ナイト・レンジャー」とか「ウルフマン」という候補を蹴って彼が選んだのは、記憶を失って南米の海岸に漂着したときに収容されていた病院の看護士に付けられた仮名「カベサ・デ・プラヤ」を英訳したものであった、とする新たな設定が加えられたようですね(英語版wikiのビーチヘッドの項に記載されていました)。
たいへん恐縮ですがぜひNORさんには、今後も私の記述に誤りなどありましたら遠慮なくご指摘いただき、ビシビシ鍛えていただけたらありがたいと思っています! よろしくお願いします。