ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

25th/コブラ・コマンダー(ブラック・スーツ)

25thから、2008年サンディエゴ・コミコン(SDCC)限定コブラ・コマンダー(ブラック・スーツ)を紹介します。
d0164702_16411023.jpg

アメリカの小都市スプリングフィールドに現れたこの男は、世の中に怒りを抱き、いつしか賛同者を集めて「コブラ」を組織し、その指導者として君臨することになります。



今年のサンディエゴ・コミコンも、コミック原作ものの映画のキャストはもとより、アンジェリーナ・ジョリーとかハリソン・フォードのような超大物セレブがゲストとして登場するなど大いに盛り上がっていたようですが、今回紹介するのは、2年前のSDCC限定フィギュアです。

パッケージ。
通常のブリスターが、透明のコレクター・ケースで覆われていました。
d0164702_272149.jpg

d0164702_274775.jpg

カード裏の上部の拡大。コミックの一場面のようです。
d0164702_284882.jpg

「コブラは今はまだ小さいかもしれない。しかし、我々は日々成長している!
間もなくスプリングフィールド全体が我々のものとなろう。そしてその後は……どれだけの規模になるか想像できるだろうか?
約束しよう。来年の今頃は、全てのメンバーは自分のユニフォームを手にしているはずだ!」
──と、大体こんなことを言っています。後ろで驚いたように見ているのは息子のビリーでしょうか?

ファイル・カード。
d0164702_291925.jpg

コブラ・リーダー  コードネーム:コブラ・コマンダー
ファイル名:機密
主要軍事特技区分:諜報
第2軍事特技区分:調達(実験的兵器類)
出身地:機密  階級:最高司令官(コマンダー-イン-チーフ)

コブラの台頭(ザ・ライズ・オブ・コブラ)は、一人の男から始まった。失意の人生に苦しみ、怒れるこの男は、自分を虐げた社会に対して大掛かりな復讐を開始した。彼は怪しげなセールスマンとして町から町へと渡り歩きながら、自分と同様に人生に絶望した人々を募っていった。その顔をフードの下に隠し、不気味な声で、新しい世界的な帝国というその歪んだビジョンを人々に説いた。何人かの人々が彼に追従するようになり、やがてその数は膨れ上がった。こうして彼の詐術はスブリングフィールドの街全体を魅了し、スプリングフィールドは悪のコブラ機関の発祥の地となったのである。

「我が組織が巨大なコブラのように全世界に巻き付くまで、私は立ち止まるつもりはない!」


──ちゃんと訳すのは難しいし面倒なので、ちょっと意訳です。

素体。
ヘッドは新規造型。
ボディーはG.I.ジョーの規格ではなく、インディー・ジョーンズ3作目公開時にリメイクされた『レイダース/失われたアーク』のトート用として造られたものを流用しています。トートのほうは結局キャンセルされてしまったようです。
そのような事情から、胴体には横ロールのみがあり、背中のジョイント穴はなく、たぶん股関節はSWフィグのような構造で、膝は二重関節ではない代わりに横ロールがあります。
d0164702_1495663.jpg

なお、管理人joefigが入手したのはブラック・スーツ姿のものですが、バリアントとして、造型は同じながら青いブレザーとカーキのパンツという組み合わせのものがあり、そちらは胸にはコブラのマークと融合したスプリングフィールド・カントリー・クラブのワッペンを付けています。

バストアップ。
案外可愛らしい目をしています。
d0164702_1501176.jpg

首のジョイントは規格が異なるので、他のジョーのヘッドとの互換性はありません。
d0164702_151962.jpg

付属品。
演台、マイク・スタンド、マイクです。演台にかかるコブラのマークは紙製です。
joefigが入手したものは、演台の建て付けが今イチで、少し斜めっていました。
肉眼では我慢できるのですが、写真に撮ってみると傾いた感じになるのが否めません。
d0164702_1515081.jpg

裏側から見たところ。
あまり目立たない部分なのですが、手を抜かずなかなかきちんと造られています。
d0164702_1523238.jpg

プロパガンダの天才の最大の武器は、最新兵器ではなくむしろマイクだったのかもしれません。
d0164702_154612.jpg

ポージングには幅がないし、武器などは付属しないので、ひたすら演説するのみです。
d0164702_1541911.jpg

「最低でも県外!」
d0164702_1543268.jpg

「グアムやサイパンへの移転も考えている!」
d0164702_1544799.jpg

「低所得者層には還付する!」
d0164702_27341.jpg

「私がリーダーだからコブラ新党だ!」
d0164702_155143.jpg

「みんなの命を、守りたい!」
d0164702_1552616.jpg

RoCのザ・ドクターと。
それぞれの設定のままでは、両立しないキャラクターですね。
d0164702_1565376.jpg

RoCのバロネス、2009年のSDCC限定デストロ2パックのジェームズ・マッカランと。
何の武装もモールドされていない、スーツ姿のフィギュアなんて普通に販売しても売れないんでしょうが、単なる戦闘服では出せないリアリティーのあるドラマを感じさせてくれるので、joefigは好きです。
d0164702_1572260.jpg

レゾリュートのコブラ・トルーパーと。
このユニフォームかどうかはともかく、演説で約束した通りちゃんと配給したわけですね。
d0164702_1575547.jpg

レゾリュートのコブラ・コマンダーと。
こう見比べると、レゾリュート版コマンダーはなかなか貫禄がある気がしてきました。
d0164702_1582250.jpg

上記コブラ・コマンダーのケープを装着してみました。
過渡期にはこんな格好をしていたこともあったのではないでしょうか。
d0164702_1593913.jpg

d0164702_201226.jpg

以上、2008年SDCC限定コブラ・コマンダーでした。
お値段高めで(5,000円弱。ただし今頃になって入手しているという部分もあるのでしょう)、造型に甘い部分もありますが、どうしても手に入れたかったので満足しています。
[PR]
by joefig | 2010-08-22 23:03 | フィギュア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/11781568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Gun0826 at 2010-08-23 12:39 x
その正体はインディジョーンズフィグだったのですねw
これは随分と法外な値段で出ていたのでさすがに
購入できなかったのですが、よくゲットできましたねー。
今年のサージェント・スローターもぼーっとしてる間に
相次いで売り切れに・・・あわわ

にしても演説の内容がルーピーなのは・・・w
そんなだからマインドベンダーさんにコブラにされちゃうのよね。

スーツ姿って確かにフィギュア界では珍しいです。
バットマンのブルース・ウェインとかぐらい?(あ、ハービー・デントもか)
戦闘服じゃない軍服のホークとかもあったらなぁ。
Commented by joefig at 2010-08-23 18:15
>Gunさん
お値段は高いですよね。joefigのように出して遊ぶより、開封しないタイプのコレクター向けかもしれません。
サージェント・スローターはまだまだ予算が回せませんが、通常販売のものよりは早めに押さえないと、入手しづらくなりそうですね。

マインドベンダーさんが実在したら、こんな発言してる人たちはみんな動物に変えられそうですね!

軍服のホーク! いいですね~。次回作が公開されるときは、大統領はぜひ出してほしいです。コミコン限定でもいいので。
Commented by カメレオン at 2010-08-23 20:54 x
これに手だしましたか
おもしろそうな商品なので気になっていたんですが値段がorz

演説スタンドがほしいいいいいいい

サージェントスローターもほしいけど高いいいいいい!!!
Commented by joefig at 2010-08-23 22:42
>カメレオンさん
なんというか、今頃になってこんなフィギュアに手を出しているせいで、新作PoCになかなか予算が回せません。

スローターもミリタリー風のほうはなんとかゲットしたいのですが、いつになることやら……。