ブログトップ

The Pit

joefig.exblog.jp

ハズブロ社の 「G.I. ジョー」 に関するランダムな記事のブログです。

RoC/ジェームズ・マッカラン24世

 前回に引き続き、2009年のサンディエゴ・コミコン(SDCC)限定デストロ2パックのレビューです。
d0164702_03592.jpg

ジェームズ・マッカラン24世(1973─)
 マッカラン家の現在の当主にして、巨大兵器産業M.A.R.S.(マーズ)インダストリーズ社のCEOです。



 コードネームのDestro は、映画の中では敵味方の双方に武器を販売して反逆罪で罰せられた彼の祖先が「国家の破壊者」としてデストロと呼ばれた、と説明されていました。

 I.D. カードは付いておらず、台紙の裏面に説明文があります。

ジェームズ・マッカラン24世
 先祖同様、ジェームズ・マッカラン24世は最先端の技術と先鋭的な戦術に基づく軍事兵器の天才的設計者である。彼の利己的な傲慢さは、情報と富を持ち、思い描いた通りに世界的な事件を起こすだけの力があるという認識によるものである。
火傷を負った顔の治療のためにナノマイトが注入されるとき、極小サイズのマシーンは、彼の肌を先祖ジェームズ・マッカラン9世が被せられた鉄仮面に不気味に酷似した銀のマスクへと変える。


 映画版では以下のような公式設定があったようです。

コードネーム:デストロ
氏名:ジェームズ・マッカラン  国籍:スコットランド  職業:武器開発者、及び武器商人
現在の地位:MARS産業の創立者および最高経営責任者
プロフィール:
 巨大軍事企業として名高いMARS産業のCEOジェームズ・マッカランは、自らを威厳のない“武器商人”と呼ばれるよりは“軍事アドバイザー”と呼ばれたいと考えている。
 どのような肩書きかには関係なく、マッカランは世界の武器取引の最前線にいる。彼は家業を継ぎ、経営者として世界で最も成功を収めた企業にへと成長させた。彼の哲学は「世界は統一を必要としている……。たとえどのような手段によろうとも」というものだ。


 以上、公開時の日本語版宣材をもとに構成してみました。

素体。
 ジャケットの部分など、非常に良く出来ています。
 ただ、両脚の長さが微妙にずれており、直立させる時にバランスがとりにくいのが少々気になります。
 膝は二重関節ではありませんが、その代わり横ロールがあります。
 なお、映画ではマッカランの身長は180cm とされていました。
d0164702_0214962.jpg

 頭部は映画でマッカランを演じたクリストファー・エクルストンの印象そのままの、最高に素晴らしい造型です。
d0164702_0252573.jpg

 付属のディスプレス・スタンド。 デストロではなくジェームズ・マッカラン24世と表示されています。
d0164702_0295597.jpg

 付属品。
 まずは黒いアタッシェ・ケース。
 表にはマーズ社のロゴが。このケースは25thのデストロの付属品を流用しているため、映画版のマーズ社のロゴよりもチープです。
 蓋を開けることができ、中には小型の銃1丁を実際に収納可能。他に予備マガジンやナイフ、通信機といったモールドもあります。
d0164702_0451580.jpg

d0164702_0453367.jpg

 RoCシリーズのネオヴァイパーなどに付属するパルス・ガンに銀メッキを施したもの。専用の特注品ないし試作品という雰囲気で、このフィギュアにとても似合ってます。
d0164702_0563299.jpg

また、RoCのヴァイパー・コマンドーに付属するライフルの銀メッキVer.も2丁付属します。
管理人joefigはこれを見て映画『メン・イン・ブラック』を思い出しました。
d0164702_103762.jpg

 この射出器のような銃は、設定によると火炎放射器です。
d0164702_142428.jpg

 一番重要な付属品、RoCのデストロの頭部と同じものに銀メッキを施したもの。
 眼の周辺はきちんと肌色に塗装されています。このあたりは、ナノマイトを注入されて頭部自体が変形するという映画での描写よりも、先祖代々伝わる銀色の仮面を被っているという本来の設定を感じさせてくれます。
d0164702_1323110.jpg

 デストロのフィギュアに装着。
d0164702_1393196.jpg

d0164702_141453.jpg

 コブラの幹部たちと。
d0164702_1423736.jpg

 新型兵器の試作品をG.I.ジョー・チームにもプレゼンテーション。
d0164702_144197.jpg

d0164702_1463717.jpg

 以上、ジェームズ・マッカラン24世のフィギュア紹介でした。
 先祖の9世のほうはいまひとつでしたが、こちらの24世はとても良い出来です。2パックでしかも一応限定品という扱いなので値段は高めとはいえ、それでも手に入れる価値は充分にあると思います。おすすめです。
[PR]
by joefig | 2010-05-31 02:07 | フィギュア | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://joefig.exblog.jp/tb/11214090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カメレオン at 2010-05-31 21:31 x
DVD見ててデストロたんにはやくならないかなーー
と思ってたら最後になって終わり.........
ショックでかかったですwww
もっとコブラが暴れるのを期待してたのに

できいいですなこのフィギュアwww
顔似てるし横ロールあるとはGIジョーの完成系ですな

いいですなぁ............
割高感あるジョーは買わないんでwww
Commented by Gun0826 at 2010-06-01 20:46 x
このセットはさすがに限定だけあって豪華仕様なんですなぁ。
つーかこの人、ROCでも出色の似加減ですし。
まぁある意味、あの映画の主役でしたしねw
幹部の面々の画像はおぉ! と燃えました。こういうの大好き。
デストロコスに素顔ヘッドもいいなぁ。
マスクの塗装が違ってるのは芸コマという感じですね。

そしてナノマイトの件、仰る通り! でしたwww
面白かったんだけど、ちょっと強引つーか、無理やりでしたからねぇ。
Commented by joefig at 2010-06-01 23:59 x
>カメレオンさん
最後、なんだかちょっと被害者みたいな感じでデストロ誕生……迫力に欠けましたよね。次回作に期待しますか。でも、もしかしてまた別のバージョンのフィギュアを買わなきゃならないのかな?

>Gunさん
本来は兵隊人形であるG.I.ジョーに、こうしたスーツ姿のフィギュアまでもがラインナップされるのも限定ならではですね。

ナノマイト、ザルたんもデス様もバロ姉もみんなすっかりお世話になっちゃって、次回作ではホーク将軍が変身させられたりしないか非常に心配です。